2002/08/06

BUGY CRAXONE『NORTHERN ROCK』(2002)

  今年(2002年)1月にリリースされたサードアルバム「This is NEW SUNRISE」以来、快進撃の続くBUGY CRAXONE。6曲入り、30分少々の作品集だったが、他アーティストとのコラボレート等、内容は60分以上あるフルアルバム以上の濃さだった。勿論、コラボ作以外の単体楽曲の勢い・深さもハンパじゃなく、やっとBUGY CRAXONEというバンドが「何か」を掴んだ記念碑的アルバムだったと言い切って間違いないだろう。

  3月まで全国ツアーを行い、その後も6月には単発ライヴやイベントへの出演を果たしながら、曲作りとレコーディングを続けていった。既に年明けのツアーでは新曲も数曲披露されていて、中でも新たなアンセムソングと呼ぶに相応しい"YOUR SUNRISE"という曲を聴いてしまった後となっては、これに続く新作への期待が否が応でも高まってしまうものだ。

  そんな中、3月のツアー中にメンバーが発言した通り、この夏に早くも4作目のアルバムがリリースされることが決定した。タイトルは「NORTHERN HYMNS」。北海道出身の彼等らしいタイトルだ。そしてその先行シングルとして7月にリリースされたのが、今回取り上げる「NORTHERN ROCK」だ。

  シングルとしては随分久し振りとなるが、ここに収められた3曲がまた濃いの何のって。タイトルトラック"NORTHERN ROCK"はボーカルの鈴木由紀子とギターの笈川司との共作となる、爆走ロックナンバー。ギターのコード使いといい、サウンド全体の渇いた歪み具合といい、鈴木のボーカルパフォーマンスといい、前作「This is NEW SUNRISE」の更に数歩先をそのまま形にしてしまったかのような楽曲だ。今回のシングルには、エンジニアとして山口州治を起用。前作でも1曲だけ参加していたが、今回は恐らくアルバムもこの人が手掛けているのだろう。THEE MICHELLE GUN ELEPHANT等を手掛けてきたこの人、この手の破壊力のある疾走ロックを録音させたら天下一品である。勿論、今回のBUGYはただ突っ走るだけではない。鈴木のボーカルからは力強さも優しさも、突き刺さるような鋭さも包み込むような温かさも感じることができる(そうそう、山口州治は他にもTHE YELLOW MONKEYなんかも手掛けてきた、日本でも数少ない本当の意味でのロック・エンジニア/ミキサーなのだ)。

  それにしても、この勢い‥‥オフを取らずにツアー終了後、そのままスタジオに入ったかのようなテンション。BUGYのライヴを観たことがある人なら判ると思うが、あのテンションをそのまま凝縮することに成功している。どちらかというと、これまでのアルバムは「ライヴの延長としての作品集」というよりは、カッチリ作り込まれた「鑑賞用作品集」という印象が強かった。しかし、それが前作辺りから「実験と割り切ったスタジオ作」と「ライヴを想定した『RAW(生)』な感じの録音」とが上手い具合に同居し始めていた。たった3曲を聴いただけで判断してしまうのは危険だと承知の上で発言するが、次のアルバムは実験要素もありつつ、それらをステージ上で公開実験してしまうような、そんな作品集になるのではないだろうか。

  さて、話題をシングルに戻そう。そんな実験的要素の強いトラック2"箱庭"は、前作でも感じられたポストロック的要素が前面に出たサイケナンバー。作曲がバンド名義になっていることから、恐らくスタジオでジャムセッションしながら作り上げていった曲なのだろうと想像できる。ワンコードで引っ張る感じは正にそれといった感じで、そんな単調になりがちなところを、彩り豊かな演奏と、鈴木の表現力豊かなボーカルとで、見事な「世界観」を作り出している。セカンドアルバム「歪んだ青と吐けない感情の底」の頃とはまた違った「冷たさ」を持った1曲。是非ライヴで聴いて・感じてトランスしてみたいものだ。

  最後のトラックは、そのセカンドアルバムに収められていた"月光"のリアレンジバージョンだ。最近のライヴで演奏されているスタイル(サビに入るとパンキッシュな高速バージョンになるアレンジ)でレコーディングされている。BUGYの場合、こういった感じで古い曲が全く新しいアレンジで演奏されることが多いので、いざライヴで演奏されても「あれっ?今の曲って‥‥聴いたことあるけど!?」って感じで気付かないことがある。いっそのこと、リアレンジ集とまでは言わないものの、ライヴ盤でもリリースしてもらうか、今後のシングルにそういった過去の楽曲のリアレンジ版ライヴテイクを収録して欲しいものだ。それらの楽曲が生み出された頃と今とでは、バンドの状況もテンションも全く違う。過去を否定する意味ではなく、バンドの「成長過程」として「記録」を残して欲しいと俺は思っている。

  たった3曲、ほんの15分のシングルなのに、それこそアルバム並みに充実した内容を持ったシングルだ。これを聴いてしまうと、否が応でもアルバムに期待してしまう。そして、当然ながらライヴにも行きたくなる。ツアーは10月、ファイナルは18日(金)、下北沢SHELTERだ。これは行くしかないだろう。会社を早退してでも行こうと思う。いや、もう決めた。この脂の乗りきった今のBUGY CRAXONEを無視する、あるいは見逃すのは犯罪に近い行為だ。悪いことは言わない。ポール・マッカートニーに14,000円払うなら、このシングルとニューアルバム「NORTHERN HYMNS」、そしてツアーのライヴチケットを買った方があなたの為だ。全部買っても6,000円以上ものお釣りがくる。それで前作も買って欲しい。いや、本当にそれだけの価値があるバンドだから。



▼BUGY CRAXONE『NORTHERN ROCK』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2002 08 06 12:00 午前 [2002年の作品, BUGY CRAXONE] | 固定リンク

2002/03/24

BUGY CRAXONE LIVE TOUR 2002 "This is NEW SUNRISE"@下北沢SHELTER(2002年3月15日)

  2002年に突入して早くも1/4が経過しようとしているが、既に今年の名盤の1枚と呼んで差し支えないだろうBUGY CRAXONEのサードアルバム「This is NEW SUNRISE」。このアルバムを引っ提げたツアーを幸運にも観ることが出来た。東京方面への数日に渡る出張がなければ、今回の参加は考えられなかっただろう。激務で文句ばっかり言っていたが、たまにはそういう環境に対しても多少は感謝すべきなのかもしれない。

  会場は東京・下北沢シェルター。下北自体が4~5年振りなのに、シェルターとなると‥‥どれくらい振りだろうか? 地理感が曖昧になりつつも、何とか会場にたどり着いた。整理番号が200ヒト桁台だったが、まぁどうせ後ろでゆっくり観るつもりだったので、18時40分頃に会場前へ。かなり長蛇の列で、当日券目当ての人間までいる。実際、19時ちょっと前に入場したものの、かなりギュウギュウ詰めの状態で。何もしないのに汗が出る程。ビールで喉を潤しながらスタートを待つ。

  開演時間を10分程回った頃だろうか、急にS.E.の音がデカくなり、PRIMAL SCREAMの"Shoot Speed / Kill Light"が流れ始める。曲に合わせてバンドメンバー男性陣3人が現れ、客を煽る。向かって左側がギターの笈川、右がサポートベーシストの野崎。彼ひとりパンキッシュなイメージで、ちょっと浮いてる感じ。ドラムの三木は前方の人だかりで殆ど見えない状態。そして最後に紅一点、鈴木が現れる。イメージ通り、華奢で小さい。ブロンドに染めたストレートのロングヘアが様になってる。ギターを受け取り、軽く挨拶。「今夜は私達と君ら、互いの気持ちを確かめ合おう」というような事を言ってから新作トップの"New Sunrise"でライヴはスタート。いきなり会場はヒートアップ気味。俺の後ろにいた人達が前へ押し寄せてきたので、流れに巻き込まれないようにステージ真向かい後方へ移動。この日の時点で新作しかちゃんと聴き込んでおらず、ファーストとセカンドを数日前に買ったものの、出張疲れで殆ど聴いていなかった。ファーストをちゃんと聴いたのって、リリース当時だから‥‥2年以上も前の話。殆ど記憶に残ってなかった。そんな感じなので、完全に様子見状態。鈴木は何度もモニタースピーカーの上に乗って、後ろの方ともコミュニケーションを取ろうとする。何度もノリの悪い俺らの周り(苦笑)に煽りを入れるのだけど‥‥ゴメンなさいノリ悪くて。

  そのまま間髪入れずに新作からの"No idea"へと突入。新作の曲を演奏する鈴木の表情は非常に自信に満ち溢れていて、時には満面の笑みさえ見せる程。女性ボーカルものに弱い俺としては、途中何度も胸キュン状態に陥る(笑)。
  それにしても、このバンドはボーカルもいいけど、バックも素晴らしい。特にドラム。リズム感もジャストでパワーもありフレーズも豊富。タイプは違うが、俺の中ではMO'SOME TONEBENDERのドラムに匹敵する上手さだった。リズムが走るわけじゃないのに、ドラムがグイグイ引っ張ってく感じ。そうそう、こういうバンドが好きなんだよな、俺。とにかく安心して聴いてられた。
  その反面、ベースはちょっと弱かったしリズム感が悪かった気がする。サポートだと普通テク的なものを求めて引っ張ってくると思うのだが、きっとこの人を選んだ理由ってキャラだったんだろうな?と思わせる程、そのステージングは他の3人よりも派手だ。客の煽りといいアクションといい‥‥と思ったら、活きが良かったのは最初の数曲のみで、(まぁ中盤の曲調がミディアム系が続いたのもあるが)途中で息切れした印象を受けた。汗ダラダラで疲れましたって感じ。ドラムがジャストなタイプなのに対し、このベースは前のめりで突っ走るタイプなので、何度も噛み合ってない箇所が見受けられた。次のツアーやアルバムもこの人でいくのだろうか? 更にワンステップ上を目指すのなら、他の人間を捜した方がいいような気がするのだが‥‥
  そしてギターの笈川。新作を聴いて鈴木の歌以外で最も耳を惹き付けられたのが、この人のギタープレイだった。エフェクトを多用するタイプで、ちょっとRADIOHEADのジョニーを思い出してしまう程に多彩な「色」を持ったプレイヤーだ。この日のライヴでも、いろんなエフェクターを多用して、とてもシングルギターバンドとは思えない程の演奏を楽しませてもらった(基本的に鈴木は歌に専念し、ギターは数曲で弾くのみだった)。

  アルバム未収録の曲を何曲かプレイした後に(しかも"青空"なんて、スタジオ録音と全く違ったアレンジで演奏されたので、つい最近他のファンサイトでこの曲について触れられるまで気づきもしなかった程だ)、新作からの"O.M.D."を演奏。アルバムではaudio activeのリミックスワークが活きた作りとなっているが、ライヴでは装飾を出来るだけ排除した、シンプルなダブソングと化していた。

  この後、出来たばかりの新曲(タイトル不明)も登場。新作の延長線上にあるアッパーなロックチューンで、何となくTHERAPY?がパワポ路線に走った頃の曲に似てなくもないな?なんて思った。シングル収録のVELVET UNDERGROUNDのカヴァー"Sunday Morning"等も登場。カヴァー曲なんてやらなくても十分じゃない?って程にこのバンド、曲のバラエティーが豊富だ。特にファースト~セカンドの曲は、どんどん手を加えられて原曲が判らなくなるような新しいアレンジになっているものもあった。更に曲間にインプロっぽいソロプレイも入ってくるし(或いはあれすら計算?)‥‥「常に進化するバンド」なんてキャッチコピーがあったけど、正しくその通りだなと実感。アルバムだけでは見えてこなかった部分を目の当たりにすることができた。

  後半はシングルにもなったセカンド収録の"虹"や、ファースト1曲目の"ことり"等お馴染みの曲もバンバン登場し、個人的に新作の中で最も好きな"悲しみの果て"(勿論エレカシのあの曲とは同名異曲)、サビのアレンジが全く違うパンキッシュな"月光"等を熱演。本編最後は確かシングル収録の"枯れた花"だったと記憶している(ここまでの曲順、かなり曖昧)。最後にはただ傍観していた俺も調子に乗って、拳を振り上げる始末。すると、ボーカルの鈴木と目が合ってしまい(そんな気がしただけだろ?とか言うなそこ/笑)、ノリの悪かった後方も最後には大ノリとなっていたのを目にし、満面の笑みを見せる。会場が一体になったところで、ライヴは一旦終了。当然、観客はアンコールを求める手拍子を始める。

  すぐにメンバー全員が「AUDIENCE! This is OUR SUNRISE.」とプリントされたツアーTシャツを着て登場。すると、前方からハッピーバースディの歌が始まる。どうやらこの日はギターの笈川の誕生日だったらしく、ステージにはプレゼントが投げ込まれる。更に驚く事にこの人、31歳って‥‥俺とひとつしか変わらないのか‥‥鈴木が20代前半だったので、もっと若いバンドだと思っていたのだが(苦笑)、そうか‥‥何か余計に愛着が湧いてきた(笑)。
  アンコール1曲目は、デビュー曲にして俺が彼等を知る切っ掛けとなった"ピストルと天使"。グランジを通過したUKロック‥‥所謂「強弱法」を活用した楽曲なのだけど、悪い曲じゃないんだけど、やはり最近の曲と比べるとちょっと弱いかなぁ‥‥なんて気も。けど、あのギターソロパートでの、正しくレディヘのジョニーみたいな轟音プレイは鳥肌モノで、その後の鈴木の囁くような歌もセクシーでカッコよかった。けど、演奏や歌はスタジオテイク以上の爆発力なので、プラマイゼロかなぁ、と。

  続いて、最初は何の曲だか全く判らなかった、セカンドからの"夢想家"。あの印象的なガガッガッガッガッガッガッ‥‥っていうパートで初めて気付いたという。ホント、セカンドの曲は特にアレンジし直されてて、上手い具合にバンドと共に成長している。もうアンコールでは俺、気持ちよく踊ってた。

  最後の最後に、バンドは完全新曲の"Your Sunrise"を披露。これは今後の彼等の新しいアンセムソングになるかもしれない、そんな名曲だった。ライヴは「BUGY CRAXONEの新しい『夜明け』」を告げる"New Sunrise"で幕を開け、最後に「じゃあ、君達の『夜明け』はどうなのよ?」と問いかけるように"Your Sunrise"で閉める‥‥って歌詞は聴き取れなかったので勝手な憶測でしかないのだけど。とにかく初めて聴く曲にも関わらず、会場はこの日最高のボルテージでライヴを盛り上げた。あんなにギュウギュウのシェルターも初めてだったし、あんなに盛り上がったシェルターも初めてだったかもしれない。やる側も観る側も満足のいく、素晴らしいライヴだったのではないだろうか?

  曲数自体は15~6曲だったが、1曲1曲が長い曲があったりするので、終わって地上に出た時には既に21時近かった。結果、2時間近く演奏していた事になる。1時間ちょっとかなぁ?とか思ってたのに‥‥それだけ飽きさせない、内容の濃いライヴだったと言えるだろう。

  ボーカルの鈴木は終始、「今夜は私達と君ら、互いの気持ちを確かめ合おう」というような事を何度も口にした。互いの気持ちを確かめ合い、通じ合う。完全に解り合う事は出来ないのかもしれない。しかし、解り合おうという気持ちさえあれば、近づくことが出来る。そしてより一体感を感じることが出来る。この日、俺はそういう瞬間を何度も感じた。そしてそれは鈴木の笑顔が全てを物語っていたのではないだろうか。


[SETLIST]
01. New Sunrise
02. No idea
03. キラキラ
04. 青空
05. 罪のしずく
06. O.M.D.
07. タイトル不明(新曲)
08. Sunday Morning
09. 虹
10. ことり
11. 悲しみの果て
12. 月光
13. 枯れた花
 [Encore]
14. ピストルと天使
15. 夢想家
16. Your Sunrise(新曲)

投稿: 2002 03 24 12:00 午前 [2002年のライブ, BUGY CRAXONE] | 固定リンク

BUGY CRAXONE『This is NEW SUNRISE』(2002)

  BUGY CRAXONEの1年2ヶ月振りとなるサードアルバム。フルアルバムと呼ぶには少ない曲数(6曲で30分強)なのだが、これが想像以上に「濃い」内容となっている。

  このアルバム最大の特徴というか「売り」は、他アーティストとのコラボレーションだろう。2曲目"人と光"にはTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTのチバユウスケがデュエットで参加、4曲目"why?"にはWINOのボーカル・吉村とギター・外川が参加(吉村は作詞・作曲にも参加)、6曲目"O.M.D."には「remix and additional production」としてaudio activeの名前がある。

  チバ参加の曲は、これまでの彼のイメージからは考えられない、非常にニューウェイブ的な空気感、そして昨今のラウド系にも通ずる爆音系の色を持った異色作で、BUGYの曲にチバが参加しましたというイメージなのだが、これがまたいい味を出している。チバがこれまでに参加した他アーティストとのコラボ作(PEALOUTやスカパラ)とは全く違う、ある意味チバの新たな魅力を引き出した1曲といえるだろう(ま、歌唱はいつものあの感じだが)。

  WINO参加の曲は、BUGYの持つグランジ通過後のひんやりとしたUKロック色と、WINOが持つマッドチェスター通過後のダンサブルなUKロック色が見事に融合した、非常に個性的な楽曲となっている。鈴木・吉村両者共色の濃いシンガーなだけに、それぞれが唄い出すと互いのバンドの曲のような印象を一瞬受けるのだが、全体を見渡せばやはりこれはBUGY CRAXONE以外の何者でもない楽曲だ。

  そしてaudio activeが手掛けた曲。元々ダブの要素が強かった原曲を、見事にaudio active風に調理し、それでいながらBUGYらしさを崩さない完璧なリミックスワークではないだろうか。そもそもこの曲は原曲自体が発表されていたわけではなく、このリミックスされたバージョンが最初に世に出たわけなので原曲との比べようがないのだが(ライヴを体験した人ならそのライヴバージョンと比べることも可能だろう)、audio activeの持つスペーシーさを前面に出しつつも、それでもBUGYらしさを失わないでいられるのは、この曲がそういったエフェクトによって成り立っているのではなく、鈴木の「歌」そして「言葉」によって成り立っているからではないだろうか。

  これら3曲に総じて言えることなのだが‥‥元々BUGYには「RADIOHEAD以降」というイメージ(アルバムでいえば「THE BENDS」辺りだろうか?)があったのだが、ここでは更に「OK COMPUTER」あるいは「KID A」等で色濃く表れた「ポスト・ロック」的表現を上手く取り入れている。特にaudio activeとのコラボ曲等はそういったアーティスト達の曲と並べても何ら見劣りしない出来である。これを「時流に乗った」と切り捨てるか「大いなる成長」と好意的に受け取るかで、評価は大いに変わってくるのかもしれない。

  しかし、彼等にとってこれらの要素は、いろいろある引き出しの内のいくつかに過ぎないのだ。他アーティストが絡まない、純粋にバンドのみで仕上げた3曲‥‥"New Sunrise"、"No idea"、"悲しみの果て"の完成度が高いからこそ、こういった実験が上手く機能しているのだ。アルバム全体を他アーティストとのコラボのみで構成することも可能だろう。しかし、彼等はそうしなかった。それはコラボ以外の曲の完成度に自信があったからだろう。このアルバムはそういったコラボ曲を世に出す為に発表されたのではなく、あくまでそれ以外の、バンド単体でプロデュースした3曲を世に出したいからこそ作ったものだったのではないだろうか? 憶測だが、俺にはそう思える。それだけこれら3曲には「これから何かが始まる」という力強さがみなぎっているのだ。アルバムのブックレット内にも記されている(そして今回のツアーTシャツのデザインにもなっている)「AUDIENCE! This is OUR SUNRISE.」、この言葉が全てを物語っているのではないだろうか?

  このサイトをご覧の皆さんにとっても、このBUGY CRAXONEはまだノーマークなバンドなのではないだろうか? 最近、他サイトの影響で再び彼等に注目をし始めた俺だけど、暫く彼等からは目が離せないだろう。現在行われているツアーに続き6月にはツアー第2弾があるようだし、夏頃には4枚目のアルバム(あるいはシングル?)がリリースされるようだ。タイミングさえ合えば、夏フェスにも出演するんじゃないだろうか? 是非騙されたと思ってこのアルバムに手を伸ばし、一度ライヴに足を運んでもらいたい。特にUKギターロックファンにこそ聴いてもらいたいバンドなのだが‥‥ここでは例えとしてRADIOHEADの名前を挙げたが、既にBUGY CRAXONEはオリジナルの域に達している。だからこそチバユウスケ、WINOやaudio activeといった個性的な面々とのコラボレーションが実現したのだ。そしてBUGYはそれら個性的なバンド達に負けないだけの「色」を発している。何にも染まらない「色」‥‥それは自らが虹のようないろいろな色を放っているから染まらないのだ。逆に他の色をも飲み込んで更に大きくなっていく。このアルバムからはそういった印象を受けた。

  こういった出会いがあるから、ロックファンはやめられないのだよ。



▼BUGY CRAXONE『This is NEW SUNRISE』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2002 03 24 12:00 午前 [2002年の作品, BUGY CRAXONE] | 固定リンク