2006/06/11

メロン記念日@中野サンプラザ('06.6.10)

 メロン記念日の単独コンサートに行ったのは、2004年12月のクリスマスライヴ以来。去年は夏のライヴもなかったしね(年末のクリスマスライヴは行けなかった)。そういう意味で今年はミュージカルもあったし、このサンプラとか夏のライヴハウスツアーとか、ちょっとだけ上向きになってきた感じ。

 開演前に斉藤が注意事項を読み上げたり、スタート15分くらい前からDJがメロンの曲をマッシュアップした四つ打ちかけたりで、ちょっとこれまでのハロプロのコンサとは違った印象。DJは誰だろう‥‥ヲタの人?

 セットリスト見てもらうと判るけど、今回はシングル曲が少なくて、カップリング曲多め/2ndアルバムの曲中心といった印象。考えてみたら「THE 二枚目」ってアルバムでツアーをやってないんだよね。あれが出た後のクリスマスコンサでもちょっとしかやってないし。全シングル曲を歌うライヴは去年の暮れにやってるし、そういう意味ですごい新鮮だった。頭2曲でちょっとノリが悪いように感じたけど、久しぶりに聴いた "電話待っています" では、思わず熱くなったわ。

 会場限定のニューシングル(一応これはスペシャル企画盤ってことで、正規のシングルにはカウントしないそうな。斉藤がラジオか何かでそう言ってたらしい)の2曲も本日初披露。"お願い魅惑のターゲット" は80年代的なビートロック‥‥脳内にリンドバーグという名前が思い浮かび、思わずサビでは "今すぐKISS ME" を歌ったりしてた。もう一方の "Crazy Happy!" はミドルテンポのロックナンバー。こっちの方がこれまでのメロンぽい。中盤にラップが入ったりするんだけど、完成度は高いと思う。つーか2曲共良い出来ですよ。さすが、プロデュース含めつんく♂が一切絡んでないだけある。

 その後は、久しぶりのソロコーナー。各自、自分の色を出しまくりの選曲で、斉藤・大谷は改めてその歌唱力に注目。柴田はもうその存在含めオールオッケー。そして‥‥


 村 田 が ヤ バ 過 ぎ る 。


 ピンクのパーティードレスみたいなの着て、カチューシャ付けて傘さしながら歌うわけですよ。どこの魔女っ子だお前は!ピンポイントすぎ!死ぬかと思った。

 んで、その後にソロMCコーナー。長い&グダグダ振りは相変わらず。ま、そこが好きなんだけどな。後半に念願の "レモンタルト" 初披露。続いて "キライ、スキ スキ スキ ホント、ウソ ウソ ウソ" と、サムエル今井千尋ナンバー2連発。完全に2ndアルバムのライヴだこれ。終盤は休憩なしで "夏"、"遠慮はなしよ!"、"さぁ!恋人になろう"、"かわいい彼" の4連発。気付いたら一緒に飛んでた。いや、俺他のハローのライヴではいたって冷静に、ただ気持ちよく踊ってるだけなんだけど、メロンだけはダメだわ。

 アンコールには上げ系2曲。考えてみるとアンコールラストで "This is 運命" って珍しくね? 今まであったっけ? ないよね? すごい意外な気がしたけど、あーこれで終わりだと思ったら自然と身体が動いてた。サビから始まる、去年のクリスマスライヴと同じバージョン。

 意外に短いように感じたけど、キッチリ2時間やってたんだね。ソロ曲以外は全部フルコーラスなのはいつもの通り。MCが無駄に長いのもいつも通り。完全に固定客のための閉じた世界なのかもしんないけど、もうここまできたらそれでいいや。これ以上ブレイクすることはまずないだろうし。あとはどれだけ長く続けてくれるか、続けさせてくれるかだしな。

 夏のライヴハウスツアー、当然横浜ブリッツに行きますよ。ローソンチケットの先行予約で申し込んでおかなくちゃ。


  【SETLIST】
  00. メロン記念日のテーマ
  01. THE 二枚目 〜ON MY WAY〜
  02. 恋の仕組み。
  --MC--
  03. 電話待っています
  04. 刹那さ Ranking
  --MC--
  05. お願い魅惑のターゲット
  06. Crazy Happy!
  --MC [斉藤除く]--
  07. 愛メラメラ 恋ユラユラ [斉藤ソロ]
  08. 香水 [大谷ソロ]
  09. 告白記念日 [柴田ソロ]
  10. 二人のパラダイス [村田ソロ]
  --ソロMC [村田→大谷→斉藤→柴田]--
  11. レモンタルト
  12. キライ、スキ スキ スキ ホント、ウソ ウソ ウソ
  13. ラストシーン
  14. 夏
  15. 遠慮はなしよ!
  16. さぁ!恋人になろう
  17. かわいい彼
  --encore--
  --MC--
  18. さあ、早速盛り上げていこか〜!!
  19. This is 運命



▼メロン記念日「THE 二枚目」(amazon:日本盤

投稿: 2006 06 11 01:00 午前 [2006年のライブ, ハロー!プロジェクト, メロン記念日] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006/03/17

メロン記念日『メロン記念日 コンサートツアー2005 冬「今日もメロン明日もメロン、クリスマスはマスクメロンで!」』(2006)

 メロン記念日の、本当に久し振りのリリースとなったこのDVD。収録されたライヴ自体も約1年振り(その1年前の2004年12月のクリスマスライヴ@渋谷公会堂って俺、観に行ってるんだよね)。その冷遇っぷりに、実は俺自身も気持ちが離れ気味だったりしたんだけど‥‥実際、この厚生年金会館で行われたライヴ、行かなかったしね。

 んで、注文してたこのDVDが今朝職場に届いて。もうね、ずーっと気が気じゃないわけですよ。職場でもDVD観れるけど、そこはグッと我慢して‥‥

 実は今、そのDVDを横目にこの文章を書いてるんだけど。もうね、書かずにはいられなくて。

 基礎情報としてはいろいろ、みんなの方が知ってると思うのね。例えば去年のクリスマスに行われたこのライヴ。2時間15分に及ぶ、ものすごく濃い内容だったこと。全シングルナンバー14曲を、フルコーラス歌ったこと(勿論、それ以外に歌われた人気曲5曲も全部フルコーラスだったわけですが)。等々‥‥俺も前情報としていろいろ耳に目にしてたんだけど、いざ映像を目にすると圧倒されるわけ。

 いろんなハロプロユニットの全国ツアーにゲストとして帯同したりはあったけど、単独コンサートは1年振り。だからってわけじゃないけど、ところどころ不安定なところはあるにはあるけど、それはまぁ前からだし。変なクセをつけちゃってるメンバーもいるけど、まぁそれも目をつぶるよ。

 とにかくセットリストがすごい。頭2曲でメロンが最もメロンらしかった時期(2002年前半)の曲が続き、その後にデビューシングルから3rdシングルまで立て続けに3曲。ユルーい彼女達らしいMCが10分以上続いた後に、名曲 "香水" や "シャンパンの恋" があって。更にそこからエロ路線3曲。最後にゃM字開脚の "肉体は正直なEROS" があって‥‥そこから最後まで、突っ走りっぱなし。ああ、俺が観たかったメロンだ、って。

 いろんな表情のメロン記念日が観れるって意味では、集大成的内容のライヴだと思います。選曲もそうだし、アンコールの最後の最後に "ENDLESS YOUTH" で終わる辺りも‥‥なんかね、てっきりこれで『最期』くらいに思ってたから。解散させられるんだって。そしたら今月に単独ミュージカルはあるわ、6月には中野サンプラザ(だっけ?)で単独ライヴがあるっていうし。いくらなんでもそりそろ新曲も用意されてるだろうし。もしかしたら本当の意味での「メロン記念日・第二章」が始まるのは、今年からなのかなぁって気もしてきて。

 これ、本当にいいライヴだと思いますよ。これからメロン記念日を聴こうって思ってる奇特な人がどれくらいいるかわからないけど、下手なCDに手を出すよりもこのDVD買って観た方が、より彼女達の本質が見えてくるんじゃないか、って思いましたね。で、俺みたいな少し離れ気味だった人は、これ観てメロンの本質を思い出して欲しいな、と。そういう意味で、これはちょっとした宝物になるんじゃないでしょうか。

 ハロー!プロジェクトで唯一メンバーチェンジのないユニット、メロン記念日。彼女達もデビューしてまる6年。正直、ここまで続くと思ってなかったよな‥‥もっと評価されてもいいはずなのにね。タンポポを除けば、今や一番好きなユニットは彼女達ですからね、俺。

 あ、"ENDLESS YOUTH" が始まった‥‥泣けるなぁ、この曲をライヴで聴くと。

 6月のライヴには久々顔を出そうかと思います。それまでの約3ヶ月、このDVDを何度もリピートして彼女達の魅力を、本質を忘れないようにしたいな、と。



▼DVD「メロン記念日 コンサートツアー2005 冬「今日もメロン明日もメロン、クリスマスはマスクメロンで!」」(amazon

投稿: 2006 03 17 02:27 午前 [2006年の作品, ハロー!プロジェクト, メロン記念日] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/12/13

メロン記念日コンサートツアー2004冬〜ザ☆メロンショー!〜@渋谷公会堂(2004年12月12日)

 思えば今年は一度もメロン記念日の単独コンに行きませんでした。というよりも、行けなかったといった方が正解なんですが。春ツアーは前日に「MAGIC ROCK OUT」がオールナイトであったから無理だったし(無理、というか起きられなかった、というのが正解)、6月のスペシャルライヴは直前に従姉妹の結婚式@盛岡に行ったりで無理だったし、夏ツアーはエゾロックに行ってて無理だったし‥‥という具合に、他のライヴを優先するばかりに、メロンを蔑ろにしてきたのね。ま、それは今に始まったことじゃないんですが。昨年はまだ「東京公演は無理だから、他の土地(千葉だったり仙台だったり)で観よう!」という気持ちがあったんですが、今年はそれが完全になくなりましたね。熱が冷めたのか、それとも「もう俺が応援しなくても大丈夫」と思うようになったのか‥‥

 ま、そんなことはともかく。丁度1年振りに観るメロンのライヴですよ。しかも会場は1年前と同じ、渋谷公会堂。昨年、柴田が泣いた、あの場所。斉藤が腰を痛めて全力でライヴに臨めず、悔し涙を流したあの場所ですよ。そういう意味では、非常に感慨深いものがありますね。

 というわけで、簡単な感想を書いてみたいと思います。セットリスト等ネタバレが多いので、これから大阪&名古屋公演に行くという人は、この先は読まない方がいいかもよ?

 んじゃ、まず最初にセットリストからいきますか。

  00. メロン記念日のテーマ
  01. シャンパンの恋
  02. 恋の仕組み。
   --MC--
  03. かわいい彼
  04. MI DA RA 摩天楼
  05. 雪
   --MC--
  06. 努力・系・美人
  07. 夏の夜はデインジャー!(ショートVer)
  08. ぴったりしたいX'mas!(大谷&柴田)
  09. 聖なる鐘が響く夜(村田&斉藤/ショートVer)
  10. 赤いフリージア
  11. キライ、スキ スキ スキ ホント、ウソ ウソ ウソ
  12. チャンス of LOVE(ショートVer)
   --VTR(「夏」オリジナルPV)--
  13. 遠慮はなしよ!
  14. さぁ!恋人になろう
  15. This is 運命
   --MC--
  16. 香水
   --ENCORE--
   --MC--
  17. さあ、早速盛り上げていこか〜!!
  18. THE 二枚目 〜ON MY WAY〜

 全18曲ですが、ご覧の通り3曲を除く全てがフルコーラスで歌われているので、実質2時間近くの濃い内容でした。個人的には久し振りにオープニングに流れる "メロン記念日のテーマ" にちょっと感動しつつ、そのままユルリと始まる "シャンパンの恋" への流れ、意外と好きですよ。初単独コンの時の "香水" を思い出しましたから。

 全体的に非常に安定したライヴでして、最初の頃みたいなハラハラ・ドキドキ感(ライヴ中何かトチるんじゃないか的な)は既になく、良い意味で予定調和の中進んでいく印象を受けました。そういう意味では、この1〜2年の数々のツアーで鍛え上げられたんだなーと感慨深かったり。またその反面、何か物足りないものも感じたり。

 選曲は2ndアルバム「THE 二枚目」リリース後ということで、アルバム曲(7曲の新曲)中心にいくのかな、と勝手に想像してたんですが、実際に披露された新曲は3曲。アルバムからの先行シングルとなった "シャンパンの恋" とそのc/w曲 "恋の仕組み。" といった曲も含めると、新曲は5曲というカウントになりますが‥‥個人的には人気曲だと思ってる "レモンタルト" や "ラストシーン" といった曲が選択されず、元Cymbalsの矢野さんアレンジの2曲が進んで選ばれている点が興味深かったですね。勿論それは完成度が高いからという理由もあるでしょうけど、それ以上に‥‥次への布石なんじゃないかな、と。2月のシングルはこの布陣(たいせー作曲/矢野アレンジ)でまた行くのかな、と‥‥それは嬉しい反面、非常に困るんですが。どうせなら矢野さんに作曲も任せてしまえばいいのに。

 そうそう。選曲でもうひとつ。完全に初期の曲を排除し、尚かつ人気のc/w曲も少なく("遠慮はなしよ!" くらいか)‥‥所謂メロン人気に火が着き始めた "This is 運命" 以降のシングル曲&2ndアルバム周辺の曲という構成が、これまでとは違った印象を与えてた気がしますね。予定調和的なイメージを受けたのは、もしかしたらこの辺の選曲にあったのかもしれませんね。ぶっちゃけ、もう "〜運命" も "さぁ!恋人になろう" も、両方共やる必要はないんじゃないかな、と。そういう時期に来てると思うし、実際今日のライヴから「それらを徐々に排除して、次のステップに進まなきゃ」というような空気を読み取りました。いや、勝手に読み取っただけですが。

 毎回お約束のハロプロ他ユニット曲のカバーも、今回は時節柄クリスマスソングが選ばれ、柴田&大谷はプッチモニ、村田&斉藤は初期タンポポの曲を聴かせてくれました。ま、柴田はタンポポ在籍経験があるから、プッチを選んで正解だけどね。実際ピッタリだったし。個人的には斉藤の歌で "聖なる鐘が響く夜" みたいな曲が聴けたのは、大きな収穫だったな、と。この人にはもっとこういう曲を、思いっきり歌って欲しいな。

 ハプニングも相変わらずでしたね。特にMC。大谷が素晴らしくいい味を出していて(チャックが空いてるのには、崩れ落ちた柴田同様、俺も倒れそうになった)、柴田は相変わらずカワイイし、村田はこれまでになかった程に「煽り」に回ってて、とても驚きました(この1年でそういう風に成長してったってことですか?だとしたら、すごくいい1年を送れたんじゃないかな)。そして最後に斉藤‥‥最後のMCの途中でいきなり泣き始めて‥‥一瞬何事かと思いましたが、昨年の自分自身の悔しさを思い出して、そしてあれがあったから今年1年頑張れたこと、等。そういういろんな思いが絡み合って泣けてきたんだろうね。俺の席からは確認できなかったけど、恐らく柴田や村田辺りは目に涙を滲ませてたんじゃないの? 勝手な想像だけど。

 何だろ‥‥このMCの時に俺、あぁ俺、まだメロンのことを見続けてくことができるな、と感じたのね。それまではライヴ観ながら「もう暫くは観なくてもいいなぁ。俺が応援しなくてもいいよな」って感じてたんだけど、こういう変わらない面を見ちゃったら、だったらもう少し付き合ってみよう、って思ってさ。ま、そうやってまんまと乗せられてる気がしないでもないけど。ええ、どうでもいいですよ!

 ファンの間では今回の内容、恐らくこれまで以上に賛否あると思うけど、今回はこの1年の試行錯誤、そしてこの先の新しいステップへのけじめなんだと、俺は思いたい‥‥そして年が明けて、レビュー&コンサートという新しい形態のショー、再び松浦亜弥のツアーに帯同する等、新たな試練が待ち構えてますからね。来年もまた挑戦が続くわけですよ。

 頑張れ、メロン記念日。どんなことになっても、俺は見守り続けるからさ。



▼メロン記念日「メロン記念日ライブツアー2004夏 〜極上メロン」(amazon

投稿: 2004 12 13 01:55 午前 [2004年のライブ, ハロー!プロジェクト, メロン記念日] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/12/06

 メロン記念日『THE 二枚目』(2004)

 メロン記念日のセカンドアルバム「THE 二枚目」が12月1日に発売され、ほぼ一週間が経ちました。ファーストアルバム「1st Aniversary」のリリースが昨年3月だから、1年9ヶ月振り。ほぼ2年と言い切ってしまってもいいでしょう。しかし、前回と今回とでは状況が違う。前作は、デビューから3年と1ヶ月。シングルを8枚リリースした末、ようやく掴んだ「ひとつのゴール」だったわけですが、今回の場合は‥‥この1年9ヶ月の間にシングルを5枚、DVDも4枚(ライヴDVDが3枚、PV集第2弾が1枚)、ソロツアーも数本‥‥それなりに順調だったと言えなくもないでしょう。いや、むしろ前作リリース前を考えれば、状況はかなり良くなったと言っていいでしょう。

 なのに‥‥何故かしっくりこない。それは何故か?

 残念ながら、「1st Anniversary」リリースを境に、メロン記念日はそれまでとはまた別の「トラップ」にハマってしまったように思います。一見順調に活動しているようで、だけど全然パッとしない。売る側の姿勢もあるんでしょうけど、とにかくシングル曲が‥‥いや、個人的には全然問題ないですよ。ファンですし、いくらでも好意的に捉えることはできますから。けど、「モーニング娘。の妹分」としてデビューしながらも、そのイメージは全くといっていい程世間には浸透せず、後から出て来た松浦亜弥に追い抜かれ、気づけば松浦や後藤真希のサポートに甘んじる。いや、それも個人的にはどうってことないんですよ。けど、世間的には‥‥

 そう。「1st Anniversary」リリース後の、メロン記念日にとっての約2年とは「世間一般層との戦い」だったように思うのです。"香水"、"赤いフリージア" と、上手い具合に世間から注目を集められるような状況になり(そしてそれに値する楽曲を貰い)、ほぼベスト盤と呼べるような1stアルバムをリリースし、待望の初全国ツアー。彼女達は成功を手にするはずだった‥‥なのに。状況は一変しなかった。製作陣はそれなりに頑張ったんだろうけど、彼等の感覚と世間の感覚が全く一致しなかった。だから折角貰った大きなタイアップ("涙の太陽")でも何も起きなかった。そして開き直って、つんく♂以外の作家を迎えた楽曲("シャンパンの恋")‥‥全くといっていい程ヒットしなかった。けど、それまでとは違った反応をファンから得た。これは何なんだろう?

 そんな微妙な空気の中、リリースされたのが今回のアルバム。全12曲中、シングル曲が5曲。他7曲がアルバム用完全未発表新曲ということになるんだけど‥‥本来なら大喜びすべきこの事実も、作曲につんく♂が全く絡んでおらず、その大半をはたけやたいせーといった「その他大勢」が手掛けたということで、水を差された感が非常に強く、殆どのファンが聴く前から異常なまでの敗北感を味わっていたのですよ。勿論、この俺も。

 ところが、だ。これが思ったよりも悪くない。いや、結構イケるんじゃ‥‥何度も聴き込んでいくうちに、どんどん馴染んできてるんだな、これが。

 最初に聴いた時の第一印象は、「非常に地味」。シングル曲とアルバム曲との落差を激しく感じたのね。それはアレンジや音の使い方だったり、メロディーの運び方だったり、全体的なイメージだったり。要所要所にシングル曲が配置されてはいるものの、アルバム曲になるとテンションがガクッと下がる。そしてまた、耳慣れたシングル曲で持ち返すんだけど、新曲でクールダウンして、最後はそのままの空気で終了する。そういうアルバムなんだと思ったのね、最初は。

 でもね。決して新曲は駄曲というわけではないんだわ。そりゃ確かに駄目な曲もあるよ(特にたいせー作曲のやつな。奴は本当にプロの作家を辞めた方がいいと思う。誰か本気で奴に気づかせてやってくれ)。けど、平均点はクリアしてると思うんだわ。シングル曲は「売る」こと、「耳につかせる」ことを目的としてる面もあるから、こういうアレンジや音使いで間違いないんだろうね。けど、こうやってアルバムとして他の新曲と並べてみると、どうしても空回りしてるような気がしてくるんだよね‥‥聴き込んでいくうちにさ。同じシングルでも "シャンパンの恋" とそれ以外のつんく♂作4曲を比べると、その方法論が若干違っているように感じられてね。その "シャンパンの恋" に用いた方法論は、しっかりアルバム曲にも流用されているのね。確かに地味だよ。けど、味わい深い。聴けば聴く程味が出る。そんな曲が揃ってると思うのね。

 "シャンパンの恋" 同様、サムシングエルスの今井千尋が手掛けた "レモンタルト" なんて、その最もたる例なんじゃないかな。決してシングルのタイトルナンバーになることはないけど、アルバムの中で活きる曲。そういう曲ってどんなアーティストにも必ずあるよね。地味だけど、ファンの間で大人気のナンバー。それに成り得る1曲でしょう、これは。もう1日‥‥これが11月にリリースされていたら、間違いなく今年の「ハロプロ楽曲大賞」に選んでたはず。しかもかなりの上位に。

 その他にも "キライ、スキ スキ スキ ホント、ウソ ウソ ウソ" も心地よさ(と思ったら、アレンジは矢野博康だった。当然か)、"愛してはいけない…" や "ラストシーン" のベタさ(初期のメロンを今敢えて演じるようなイメージ)、"努力・系・美人" のアレンジ(そう、あくまでアレンジ主体な。これも矢野アレンジ)とか‥‥聴くべき点は幾らでもあるんですよ。

 「1st Anniversary」がああいう作風(シングル・コレクション的内容)だったことから、この「THE 二枚目」こそがメロン記念日にとって真の意味でのファーストアルバムと言えるでしょう。と同時に、前作が「デビューから3年間の成長と苦悩の歴史」だとしたら、今回は「そこから更に、どのように実力を付けたか?」という結果発表、あるいは披露の場。与えられた楽曲が良かろうが酷かろうが、それを見事に「メロン記念日の曲」にしてしまう‥‥初期のような「歌わされてる感」を一切感じ取らせない、一流のパフォーマーへと成長した彼女達の、文字通りの「アルバム」なわけですよ。

 ‥‥ダメだ、メロンのことになると、必要以上に熱くなっちまう。必要以上に長くなっちまう。もっとクールに書くつもりだったのに。

 要するに、あれだ。この1週間、今回も前作同様に毎日聴きまくってるってことですよ。そのひと言に尽きるわけですよ!(結論短っ!)



▼ メロン記念日『THE 二枚目』
amazon

投稿: 2004 12 06 10:50 午後 [2004年の作品, ハロー!プロジェクト, メロン記念日] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/11/19

あちゃー、やっぱり。

メロン記念日、12月1日発売『THE 二枚目』編曲者など詳細天上の飛鳥経由)

 にしても‥‥酷い、酷過ぎる。たいせー&はたけが各3曲って‥‥あんまりだ。泣くに泣けねーよ。

 それでも‥‥かすかな「奇跡」に期待してしまうのが、ファンの悲しい性。にしてもなぁ‥‥つんく♂、完全に手放したか‥‥

 ‥‥ば‥‥バカやろーっ!!(号泣)



▼メロン記念日「THE 二枚目」(amazon

投稿: 2004 11 19 01:01 午前 [ハロー!プロジェクト, メロン記念日] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/10/27

メロン記念日『シャンパンの恋』(2004)

 別にメロン記念日がつんく♂作の曲を歌わないのは、今に始まったことじゃないし。彼女達の初期代表曲である "This is 運命" も "さぁ!恋人になろう" も、つんく♂作曲の楽曲ではない。厳密に言えば、歌詞もつんく♂と他の作家との共作。そういった楽曲が彼女達のライヴで一番盛り上がるという現実‥‥勿論これにはアレンジの妙技も関係してるんだけど。

 だから今度の新曲がつんく♂作じゃなくて、サムシングエルスの今井千尋が作曲だと耳にしても別段驚かなかったし、逆に「ここ最近の低迷振りを考えれば、これはチャンスなんじゃないの?」とさえ思った程。サムエル自体はここ数年ヒットに恵まれないものの、耳にする曲はどれもなかなかのもんだと思ってるし。

 実際完成した "シャンパンの恋" という曲、かなりクオリティーの高い1曲だと思いますよ。アレンジャーが鈴木俊介ってこともあり、打ち込みながらもかなり手の込んだ作りがなされているし、あのつんく♂の変声が入ってないから、普通のJ-POPとしてもかなり高水準なんじゃないでしょうか。

 曲調が比較的落ち着いていることから、かなり地味な印象を受けるんですよね。例えば‥‥同じハロプロでいうと、後藤真希のアルバムの中に、4曲目とか7曲目辺りに入ってそうな感じの、ミドルテンポのR&B調歌謡というか。この曲さ、バックトラック(シングルのカラオケ)だけ聴いてると、ホントにこれ、ハロプロの曲?って‥‥そんな曲。これ、つんく♂は作詞を担当してるけど‥‥レコーディングには立ち会ってないんじゃないの?って疑っちゃう。つんく♂が介入してないから、現場のスタッフの趣味(才能)が活かされた結果なんじゃないか、と。

 メロンの4人も、それぞれに見せ場があって、しかもそれをちゃんとモノにして活かしてるし。ここ数年の充実振りがしっかりと結果として出てる。それがセールスに結びついてないのは残念だけど‥‥いやー、本当にいい曲だ、これ。

 方やカップリング "恋の仕組み。" は作詞作曲共につんく♂作。アレンジはお馴染み高橋諭一。これはこれで悪くない、まぁ良くも悪くも「如何にもつんく♂」な作り。アレンジやバックトラックは "シャンパンの恋" に及ばないものの、平均点は超えたかな、と。正直、アレンジやバックトラック以上にメロンの歌が勝っちゃってる気がするんだけど‥‥周り(つんく♂やスタッフ)が思ってる以上に、彼女達の成長は著しいってことか。とにかく、まぁ如何にもシングルのカップリングといったナンバー。

 いやぁ‥‥"赤いフリージア" を境に、シングルでは代表曲と呼べるような1曲に出会えてないメロン記念日だけど、これは久し振りに俺内で超盛り上がってるね。待望のセカンドアルバムも12/1にリリースされるというし、これはもしかしたらもしかして‥‥いや‥‥どうせ他のハロプロユニットのカバーでお茶を濁してオリジナル新曲は2〜3曲程度だろうから、過度の期待はしないでおこう。



▼メロン記念日『シャンパンの恋』
amazon

投稿: 2004 10 27 11:06 午後 [2004年の作品, ハロー!プロジェクト, メロン記念日] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2003/09/07

後藤真希 コンサートツアー2003秋 セクシー! マッキングGOLD@市原市市民会館(2003年9月6日 夜公演)

  今回何故後藤真希の市原公演に足を運んだかというと、理由は幾つかあって、

①前回の春ツアーが絶賛に値する素晴らしいものだった
②ネット上にセットリスト等の情報が出回る前の、初日を観たかった
③単にメロン記念日が観たかった

‥‥え~っと、③ですスミマセン。冗談はさておき、6月の厚生年金会館が非常に素晴らしかったため、また秋も観たいと思ってたんですよ。で、東京公演にしようかなと考えてたんですが‥‥どうせなら初日を観よう、と。いつもセットリストを先に知ってしまうんで、ライヴ観てても「ああ、次はアレだな」とか先が読めちゃうからねぇ‥‥真っ新な初日を観れば「次は何を歌うんだ!?」っていうワクワク感が味わえるじゃないですか。だからね、ちょっと無理して市原まで行ったわけですよ。昼公演ではなくて夜公演を選んだのは特に理由があるわけではなくて、単により良い席が取れたのがたまたま夜公演だったという、ただそれだけ。6列目、殆ど完全に右側。隣は花道というそんな位置。ああ、ここまでごっちんやメロン記念日のメンバーがやって来るのか‥‥とか始まる前からワクワクしてね。正直冷静を保っていられるかどうか‥‥

  そんな感じで開演を迎えた俺。開演時間5分前に、それまで客入れS.E.として鳴っていたR&B調のダンスミュージックから、急に厳かなシンセサウンドが‥‥あっ、QUEENの "One Vision" だっ!! 偶然にもこの日、会場に向かう車中でこの曲から始まるQUEENのライヴアルバム「LIVE MAGIC」を聴いていたんですよ‥‥恐るべき偶然。イントロの段階で既に客、総立ちでオイオイ合いの手入れまくり。何もフレディ・マーキュリーの声に合わせてオイオイやらなくても‥‥

  曲がクライマックスを迎え、同時に音量もドンドン大きくなっていき、最後の「One Vision!」のコーラスが終わった瞬間に暗転、オープニングS.E.と共にスクリーンには後藤の幼い頃の写真が‥‥か、可愛い‥‥って別に俺、幼女好きとかそんなんじゃないですよ!(ここは力説)で、ある程度の年齢の写真が来て、最後に今の写真。ここで大歓声。そしてメロンの写真。最後にツアータイトルが‥‥それに合わせるかのように、聴き覚えのあるシンセの音が。おお、何といきなり"愛のバカやろう"、しかも「trance trip version」(シングルにc/w曲として収録されたトランス調リミックス)のイントロだよこれ! スゲェ、マジでビビッた。スクリーンには相変わらず後藤のシルエットだけ映ってて、曲に合わせて踊ってるんですよ。で、歌に入るところで舞台後方の高台から後藤がせり上がってくるという仕掛け。曲もここで普通のシングルバージョンのアレンジに。トランスリミックスはイントロだけでした。けどこれはちょっと意外性が感じられて個人的には嬉しかったな。後藤の歌はまずまずといった感じで、曲が弾けたタイプじゃなくて歌い上げるタイプなのだけど、まだ本調子かどうかの判断はつかず。そして2曲目にこれを持ってくるか!?という反則技、"やる気!IT'S EASY"。残念ながらメロンのバックダンスはありませんでした。後藤は完全にひとりで歌い切る。とにかくいい笑顔。

  2曲立て続けに歌った後、ようやくMCに。今日からツアーが始まったよ、パワー全開で行くからねーといった感じでしょうか。相変わらず「言わされてる」というよりも「自らの言葉で語ってる」といった印象は強いですね。うんうん、今日もいいライヴになりそうだ。

  3曲目は"溢れちゃう...BE IN LOVE"アルバムバージョンの方。ステージの真ん中にある中段舞台の床が回転するようになっていて、後藤が歩きながらダンスするんですが、床が動いてるもんだからまるでムーンウォークでもしてるかのような錯覚を受けたりして。いろいろセットも工夫されているようです。そして‥‥またまたこの位置にこの曲!?という"晴れた日のマリーン"が登場。ホント、セットリストの組み立て方が前回と完全に変わってて、初めて観るこちらとしても全然先が読めなくて。マジでドキドキしながら楽しんでましたよ。ここで舞台の左右にある花道に‥‥あ、目の前にごっちんが‥‥死にそうになった。マジで死ぬかと思った。とにかく、思った以上に小さいのな、後藤。更に細いし。けど足の筋肉しっかりしてるなぁ、とか。ってどこ観てるんですか俺。とにかく死にかかった。それだけはマジ。次来たらマジで命がないね俺。

  最初のクライマックスを迎えた後、前回同様スクリーンに絵日記調のアニメが。天気がいいんでピクニックに行こう、で自転車に乗りたくなったから借りよう、とかいうような感じで最後にオチがあるという‥‥ってこれだけじゃ意味判らないよね? 後はご自分の目で確かめてください。

  自転車が出てきたってことは、もしかして‥‥と思ってたけど、その予感は本当に的中。ずっとライヴで聴きたかった"特等席"のイントロがっ! すると舞台袖左側から、自転車に乗った後藤が‥‥っ! 普通に走ってきて右側で自転車停めて、籠に乗せてたマイクを持って歌い出すという‥‥前回のゴンドラ式ブランコに続くギミックというか見せ場‥‥なのかな? ファンならきっと「慢性的に萌え萌え((C)ムガさま)」なんでしょうね。気持ちは痛い程判る‥‥俺もまた死にかかったからさ(!)。舞台の段差に座ったりしながら歌うんですが、とにかくそれまでのアクティブな後藤とは正反対の、可愛らしい後藤を上手くアピールした1曲だなぁと。そして追い打ちをかけるように"手を握って歩きたい"ですよ。で、ふとここで気づくんですが‥‥ここまで、ずっとひとりで歌ってるんですよね。前回ならメロンがバックダンサーをしたりして華を添えてたんですが、今回は完全にひとりで歌い切ってる。ま、これはまた後で述べるので一旦この話は終わり。

  歌い終わると再びMC。シチュエーションコント風のMCなんですが、途中でメロンの4人がやっと登場。後藤の家にやって来るという設定らしく‥‥って説明は省きます。ホント、MCとかネタはこうやって書いてみると、面白味が上手く伝わらないと思うんで(単に俺の文章力不足なわけですが)。11月頃までツアーは続くと思うんで、どこかの公演で実際に目にするか、いずれリリースされるであろうDVDで確認してください。

  で、ここでオチと次の曲名をひっかけるわけですが‥‥そのタイトルが後藤の口から発せられた瞬間、頭が真っ白になりましたよ‥‥"未来の扉"って‥‥モーニング娘。のファーストアルバム「ファーストタイム」に収録されている、特別有名というわけでもない地味な1曲。後藤が加入する1年以上も前に発表されたこの曲を、メロンと一緒に嬉々として歌うわけですよ。2コーラス目をカットしたショートバージョンでしたが、それでも十分。歌い終わると「後藤が好きな曲を歌いました」と。本当に自分で選んだのか、それとも「言わされている」のかは判らないけど‥‥多分加入後のツアーで歌っていたはずだから、本当に好きだとしても何ら違和感がないわけで。けどなぁ、意外な曲を意外な人が歌うもんだから、ホントに驚いた。これだからセットリストを全く知らないでライヴに行くのは面白いんだよなぁ! これから行くって人でここ読んじゃった人、ご愁傷様でした。

  ここでメロンタイム。最初は来週リリースされる新曲"MI DA RA 摩天楼"のフルコーラス。まだ「Mステ」で歌ったのしか聴いたことなかったんだけど、これ楽曲として単純に好き。メロンぽくないという声も聞こえてきそうだけど、そもそも「メロンらしさ」って何さ? 第一このグループ、過去10枚のシングルどれもがてんでバラバラなタイプの楽曲じゃないの?‥‥ってこれ以上は近々やるレビューで書くとして。うん、歌パートも柴田あゆみメインなんだけど、それに匹敵するくらい斎藤瞳のパートが多いような。これもROMANS効果か? 村田めぐみのメガネも気になるし、大谷雅恵の腹(略)

  続いて"チャンス of LOVE"のショートバージョン。この曲はフルじゃなくて正解。6月の厚生年金会館の時はいきなりこの曲のフルバージョンから始まったもんだから、ちょっと‥‥って感じたし。で、今回のメロンはもう1曲あるんですよ! ここで各メンバー水を飲んだり衣装を脱いで軽装になったりして、最後は名曲"This is 運命"フルバージョン! しかもメロン、しっかりステージセットまで使っちゃってるのね。舞台中段(回転する舞台)が上方にせり上がってくのよ、KISSのドラムセットみたいに! 実はね、最初メロンが新曲を歌ってる時、客のリアクションが薄くて焦ったのよ。「あれっ、後藤ファンだけなのか!?」って。そしたら単に新曲が浸透してなかっただけで。次の2曲の盛り上がりはハンパじゃなかったし、特に"This is 運命"の盛り上がりは完全にメロン単独コンのそれでした。俺もこの日一番の盛り上がりを見せるわけです。ごっちんコンにも関わらず。

  メロンは完全に自分達の役割を、今出せる限り精一杯の力でそれを演じきりました。本当にいいグループになったもんだ。

  この熱いノリをそのまま受け継ぎ、後藤再登場。前回のツアー1曲目だった"うわさのSEXY GUY"。オープニングのサビを歌い終えると、舞台後方からジャンプして飛び出してくるという仕掛けが。とにかく今回、いろいろ工夫されてますね。今回は羽根は付いてませんでした。けど間違いなく女神。ありゃハンパじゃないね。そのまま"SHALL WE LOVE?"アルバムバージョンを歌った後に、また信じられない曲のイントロが鳴るわけです。聴き覚えのあるアコギのストローク。そう、俺が「3rd -LOVEパラダイス-」で一番好きだと言っても過言ではない1曲、"くちづけのその後"ですよ! うわーっ、モーニングの曲、今回は2曲も歌うのかよ!! じっくりこの曲を聴いてたんですが‥‥何かね、後藤の歌い方とか動きとか表情が、完全にモーニング時代のそれに戻ってるのね。ソロの曲の時は完全に「ソロシンガー・後藤真希」なんだけど、モーニングの2曲を歌う時は間違いなく「モーニング娘。の後藤真希」に戻っちゃってるのよ。勿論これは批判ではないですよ。むしろ嬉しいのよ、俺としては。ああ、どれだけ時間が経っても後藤は「モーニング娘。のメンバーだった後藤真希」なんだなぁ、本当にモーニングが好きだったんだなぁ、って。そんな事を考えながらこの曲に耳を傾け、そして後藤を暖かい眼差しで見つめていたのでした。こういうのを聴いちゃうと‥‥来年の今頃はきっと、安倍なつみも自身のソロコンサートで初期の曲をバンバン歌うのかなぁ、なんて考えてしまうわけですよ。中澤裕子も自分のライヴで初期の歌を歌ってるわけだし。そうやって巣立っていったメンバーが歴史の一片を引き継いでいってるんだなぁ‥‥

  多少感傷的な気持ちだったところに、後藤の煽りが入り、"盛り上がるしかないでしょ!"がスタート。ライヴのクライマックスに相応しい煽り系ロックナンバー。イントロや中盤のシンガロング・パートがCDの倍くらいに引き延ばされてて、一緒に盛り上がるに相応しいアレンジになってます。後藤も右に左にと走りまくり、歌もちょっと突っ込み気味になったり。そして最高潮のところにドロップされたのが、本編最後の曲となる最新シングル"抱いてよ!PLEASE GO ON"。1曲目がこの曲じゃなかった時点で、多分ラストなんだろうなぁ‥‥って思ってたら、本当に本編ラストでした。とにかく今回のライヴ、セットリストの組み立て方が上手い。曲も何だかんだいって沢山あるんだもんなぁ、後藤。アルバム曲もカットされ、前回歌われたシングルC/W曲もカットされてもまだ歌える曲がある。モーニングの歌もあるんだもん。この辺が松浦亜弥にもメロンにもない強みでしょうね。ごっちんコンが最強なわけ、よく判ったわ。残念ながらこの曲でのバックダンサー出演はなし。そう、ここまででメロンがバックダンサーやコーラスを務めたのはたった1曲のみ。前回のツアーは「初の単独ツアーだし、メロンと一緒にライヴを作り上げて盛り上げる」といった印象だったのに対し、今回は「あくまで『後藤真希』というひとりのシンガー」がメインとなるライヴ。確かに不安要素の強かった前回に対し、今回は「春ツアーの充実・大成功」という結果がまずあるわけ。そしてそれが後藤にとっても大きな自信になっていると。そういう意味では今回のツアーこそが後藤の真価を問うべきものになるんじゃないでしょうか? 最後まで観て、とにかくそういう印象を強く受けました。

  本編を終え、アンコールを求める声。すぐにステージに戻ってくる後藤。白い衣装を着た彼女は、あの名曲のタイトルを口にします。そう、シングルのC/W曲なのに既にライヴでは定番となりつつある"LIKE A GAME"。となると‥‥ああ、よかった。メロンも登場してくれた。この曲は春コンでもメロンがバックダンスを務め、後半にダンス合戦があるんですよ。今回もそんな感じなんですが、春とはちょっとフォーメーションが変わってたかな。それに後半のダンスバトルが短かったようにも感じられました。更に曲のテンポもちょっとゆっくり‥‥かな? なんか春コンの時はもっとアッパーな印象を受けたんですが。いや、悪くなかったですよ。アンコールだし終盤だし、そろそろ体力的にも‥‥って思ってたんだけど、全然そんな風には感じられませんでしたね、後藤のダンス。うん、良かった。

  で、ここでメロンが引っ込んでMC。市原は3年半振りくらいだという話を始めました。モーニングに入り立ての頃のツアーでこの会場でコンサートをやって、その時に保田圭の母親がモーニングのメンバーに、とおにぎりを作ってきてくれて、それが本当においしかったなぁってのを会場に着いて思い出しました、という話。モーニングに入った頃は13才だった後藤がもうすぐ18才になり、まさかここでこうやってソロでライヴを出来るようになるとは夢にも思わなかった、本当にみんなの応援のお陰ですありがとう‥‥といったようなことを話してたと思います。とにかく後藤、最後まで「自分の考えたことを、自分の言葉で語ってる」ように感じられました。やっぱり自分で考えてるんだよな、うん。だってあと1曲で終わりだっていうのに、随分と長々喋ってたもん。

  そして最後の最後は、既に名曲の仲間入りしたといってもいいであろう"スクランブル"。そうか、こういう終わり方もいいなぁ。本編はアッパーで攻撃的な曲で終わって、アンコールラストは明るくて大きなノリを持ったこの曲で終わる。後藤の二面性を見事に打ち出した選曲ではないでしょうか。最後のフェイク部分は何度聴いても鳥肌立つね。うん、最後までよく声が出てたと思います。

  というような感じで約100分に及ぶツアー初日の夜公演は無事終了。歌詞を間違えることもなく、また大きなハプニングもなく初日を終えることができました。

  何度も書くように、とにかく意外性の多いライヴだったなぁ、と。セットリスト知らなかったら本当に驚く内容だし、また選曲も本当にいいし、更にセットリストの組み立て方も上手い。考えてみると、"赤い日記帳" も今回は歌ってないんだよね。ホント、それだけ「歌うべき曲」「歌いたい曲」がまだまだ沢山あるってことでしょう。個人的にはもう1回、内容を完全に知っていても楽しめるライヴだと思いますね。

  ただね、後藤の調子はまだまだ本調子といったところまでは行ってないようにも感じられました。7~8分咲き、といった感じ。やっとエンジンがかかりだしたところでしょうから、1ヶ月後辺りのライヴ‥‥多分後藤の誕生日(9/23)辺りにはホントに凄いことになってると思いますよ。でも初日にしては上出来だと思ったし、他のハロー!プロジェクトのシンガー/ユニットと比べても、ここまで初日にやれる奴らは他にどれだけいるのかなぁ‥‥って思うわけですよ。まぁその辺は最初から「初日だし、完全に本調子ではないだろう」って判ってて観に行ったので、個人的には気にしてませんが。そういう意味からも、1~2ヶ月後にもう1回観てみたいなぁ、と素直に思います。

  というわけで、後藤は今回もホントに良かったです。絶対に行った人全てが満足するライヴだと思いますね。絶対に観るべきだと思いますよ!


[SETLIST]
01. 愛のバカやろう
02. やる気!IT'S EASY
—MC—
03. 溢れちゃう...BE IN LOVE
04. 晴れた日のマリーン
—VTR:絵日記コーナー—
05. 特等席
06. 手を握って歩きたい
—MC:途中でメロン記念日登場—
07. 未来の扉 [with メロン記念日]
08. MI DA RA 摩天楼 [メロン記念日]
09. チャンス of LOVE [メロン記念日]
10. This is 運命 [メロン記念日]
11. うわさのSEXY GUY
12. SHALL WE LOVE?
13. くちづけのその後
—MC—
14. 盛り上がるしかないでしょ!
15. 抱いてよ!PLEASE GO ON
—ENCORE—
16. LIKE A GAME [with メロン記念日]
—MC—
17. スクランブル



▼後藤真希『抱いてよ!PLEASE GO ON』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2003 09 07 01:16 午前 [2003年のライブ, ハロー!プロジェクト, メロン記念日, 後藤真希] | 固定リンク