2006/05/17

レミオロメン『HORIZON』(2006)

 レミオロメンのニューアルバムはこれまでのイメージを良くも悪くも裏切った、なんだかすごい作品に仕上がってます。前作から1年2ヶ月ぶり、通算3枚目のフルアルバムなんだけど‥‥ついに行き着くところまで行ったかな、というよりも、振り切っちゃったかな、という気がします。俺はメジャーデビュー後の2枚のアルバムは聴いてなくて、インディーズ時代の作品全部とメジャー後のシングル曲しか知らない程度の知識でこれを書いてるので、もしかしたらコアなファンからしたら見当違いなことを書いてる可能性もあるけど、それでも気になったことを書いておきたいと思います。

 リリース前にこのアルバムを聴く機会を得て、それ以来何度も繰り返し聴いていたんですが‥‥とにかくスゲーアルバムだな、と。バンドの力量が一気にレベルアップしたってのもあるんだろうけど、やはりプロデューサー・小林武史って男も改めてすごい奴だと思いましたね。小林が好きそうなプログレの要素も適度にアレンジに取り込みつつ、曲自体のクオリティも以前以上に煌びやかで多くの人に伝わりやすいものになってる。全体のバランスがすごく良いんですよね。通して聴いたとき、次々繰り出される楽曲にちょっとゾクゾクしたりもしてね。アルバムジャケットの色使いやイメージのせいもあるけど、これはもしかしたらMr.Childrenでいうところの「Atomic Heart」みたいな1枚になるんじゃないか‥‥そんな予感すら感じさせる作品だと。ていうのは言いすぎですかね?

 ただし、気になる点もあって。たとえばそれまで身近な「個」について歌っていた楽曲が多く感じられたのに、アルバムにはもっと壮大で大きなテーマを持つ楽曲が増えていること。この辺もミスチルの「Atomic Heart」っぽいと感じさせる一因なんですが。個人的には「雨上がり」「3月9日」で歌われているような世界観が好きだったので、ちょっと寂しい気もするんですけどね。その辺をファンがどう受け取るかで、今後の評価も変わってくるのかな、という気も。ま、どちらにせよ、これは良いアルバムには違いないですよ。

 「化けた」というよりは、変化の過程にあるような印象が強いこのアルバム。ひとつの「地平線」を超えて、次の目的地を探してるような、そんな時期なのかな。だとしたら、次の目的地を見つけた後に訪れる「この次のアルバム」はもっとすごいことになってるんじゃないか‥‥ミスチルとの比較でファンには大変申し訳ないですが‥‥あの人たちが「深海」にたどり着いたみたいに、ね。



▼レミオロメン「HORIZON」(amazon:日本盤

投稿: 2006 05 17 12:00 午後 [2006年の作品, レミオロメン] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006/01/07

COUNTDOWN JAPAN '05-'06@幕張メッセ(12/31)

 さ、いよいよ3日目、最終回です。大晦日のカウントダウンライヴなんて、'91年末のMETALLICA@東京ドーム以来、か‥‥約15年振りですよ。ワハハ。その後カウントダウンといえばサザンかX JAPANかジャニーズか、って感じになっちゃいましたからね。ここまでカウントダウンライヴが定着したのって、まぁ先の先駆者の功績も大きいでしょうけど、ここ数年ならやはりCDJの影響は大きいんじゃないですかね。いや判らないですけど。

 そんな感じで、ラストまでガッツリ楽しんできました(途中寝てたけどな)。その雰囲気が上手く伝わればいいんですが‥‥

●THE DAY 3 [2005.12.31.]


■真心ブラザーズ 4人バンドVersion [EARTH STAGE]
・真心4人Versionはエゾと全く同じ構成、同じ選曲だったと思う。
・3日前に観たばかりだから新鮮みはないけど、やっぱ良い。
・酔ってたせいもあるけど "素晴らしきこの世界" で泣いた。
・この1年を振り返って、ちょっとシリアスモードに入って反省。


▼真心ブラザーズ「PEACE AND LOUD〜MB′s Live Recordings Collection〜」(amazon


■エレファントカシマシ [EARTH STAGE]
・この後、少年ナイフで暴れようとか思ってたけど、そんな気分になれなくなって、何故かエレカシ観る羽目に。
・そのエレカシ。去年のCDJ以来1年振りってことで我ながら驚いた。
・セットリストは相変わらず、宮本がその場で決めてるのな。
・つまり1曲目だけ打ち合わせ済みで、曲が終る度に宮本が曲名をドラムに告げて次の曲のカウントが始まるという。
・"悲しみの果て"、"風に吹かれて" の哀愁2連発でグッときた。
・古めの曲は "やさしさ" と "デーデ" くらいか。定番曲。
・が、最後の最後にやった "ガストロンジャー" が素晴らし過ぎ。
・DATのシーケンステイクを使った音源バージョンも良いけど、それらを一切排除した今回みたいなバンドオンリーのバージョンも更にカッコ良い。いつぞやのRIJFでシーケンスの音が出なくなって急遽やったのが始まりだったんだっけ。偶然あの場に居合わせたけど、衝撃的にカッコ良かったんだよな。ふとあの時のことを思い出しました。


▼エレファントカシマシ「日本 夏(Amazon.co.jp 独占限定盤)」(amazon


■PUFFY [GALAXY STAGE]
・PUFFYは選曲的には夏のサマソニに近い感じ。1曲目が "Hi Hi" に変わってたのと、新シングル曲を削ってブルハ "人にやさしく" カバーを加えたくらいの違いか。
・"人にやさしく" は3年くらい前のサマソニでもやってたなぁ。
・サマソニと違ってGREEN DAY "Basket Case" カバーは思ったよりも盛り上がらなかった。この瞬間、このイベントの客層が見えた気がした。サマソニとエラい違いだったもん。
・あ、夏やってなかったJELLYFISH "Joining A Fanclub" やってたな。これも全然ウケてなかった。つーか元ネタ知らないだろうしな、ジャパンの客層じゃ。
・やっぱパワーポップですわ。

--SETLIST--
01. Hi Hi
02. 渚にまつわるエトセトラ
03. Joining A Fan Club [JELLYFISH]
04. これが私の生きる道
05. 人にやさしく [THE BLUE HEARTS]
06. Basket Case [GREEN DAY]
07. ブギウギ No.5
08. サーキットの娘
09. アジアの純真


▼PUFFY「THE VERY BEST OF PUFFY/amiyumi JET FEVER」(amazon


■bonobos [MOON STAGE]
・bonobosはなっちゃんかわいいに尽きる。
・いや、それだけじゃないて。バンドとしてのグルーヴ感が夏観た時よりも更に強靭になってた。
・やっぱ曲良い、演奏良い、気持ちいい。文句なし。
・裏がくるりと10-FEETってこともあって(「ってこともあって」?)集客に苦労してたけど、こっち選んで大正解だった。
・新年1発目の演奏にして最後の曲が "THANK YOU FOR THE MUSIC"。当然大合唱なわけですよ。鳥肌立った。


▼bonobos「electlyric」(amazon


■忌野清志郎 & NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS [EARTH STAGE]
・清志郎、人が少ないのをいいことに前の方へ。
・内容的にはいつも通りなんだろうけど、明らかに予定時間を超過してまで演奏してた。1時間くらいやってたかな?
・そのくらいやらなくちゃな、ロックだし。
・やっぱ "スローバラード" で目頭熱くなった。
・その後の "雨上がり〜" や "気持ちE" で汗だくに踊りまくって、最後に "JUMP" で終了。やっぱ最高だわオッサン。


▼RC SUCCESSION「ラプソディー ネイキッド」(amazon


■LOST IN TIME [GALAXY STAGE]
・ロストはどこに行ってもロストのまま。気負わず驕らず、普段通り。
・"ヒカリ" からスタートした時は、ちょっとだけ鳥肌。
・新作からの曲中心、逆にそれが今の彼等にとっての等身大なんだよな。
・会場全体が幸せムードに浸ってるような、そんな空気。
・海北くんも気持ちよさそうに歌ってたなぁ。
・そして俺も呑んだくれてたわけだが。
・サポートメンバーも何の仕掛けもない、ホントにシンプルなセットだったけど、だからこそいつも以上に歌がダイレクトに響きました。
・最後 "羽化" でちょっとだけ‥‥キた。


▼LOST IN TIME「時計」(amazon


■レミオロメン [EARTH STAGE]
・レミオロメンは正直ユアソンかドーパンかで悩んだけど、後者2組は今後イベントで観る機会多そうだし、こういうイベントだからこそ彼等みたいな「今が(バンドとしても、セールス的にも)旬なバンド」を観るってのもアリだな、と。
・実際、メジャーデビュー直前に観て以来のレミオロメンは、2年半を経て相当たくましくなってました。
・つーかやった曲の大半が大ヒット曲という現実にちょっと驚かされた。
・そうか、もう武道館満員にできるバンドだもんな。そこにきてこの "粉雪" の大ヒットだから、ラストでもあれだけの人が入るわけだ。
・ホントにスケールのデカいバンドに成長しててビックリした。
・まだまだ未熟な面も多々あったけど、それでも少年から大人に変わる過程を見た気がした。
・"粉雪" の時、既にアースステージ入り口の泡雪が終了してたのは完全にジャパン側の失敗だと思う。あそこの、あの瞬間にやらなきゃ!
・曲終わりと共に会場を後に。外は雪こそ振ってなかったものの、今年一番じゃないかってくらいに冷え込んでた。


▼レミオロメン「粉雪」(amazon

投稿: 2006 01 07 01:24 午前 [2005年のライブ, bonobos, LOST IN TIME, PUFFY, 「フェス」, エレファントカシマシ, レミオロメン, 忌野清志郎, 真心ブラザーズ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2003/08/24

レミオロメン『電話』(2003)

  前回の「雨上がり」の時に「メジャーに行ってどこまで化けるのか、そして『駄目押しの決定打・その2』が今から気になって仕方ありません」と書いていた俺。そんな役割を十二分に果たすであろうレミオロメンの新シングル、「電話」。曲自体はメジャーデビュー決定前からライヴで演奏されていた楽曲で、先日のROCK IN JAPAN FES.でも演奏されていた2曲。予感めいたものは十分感じていましたが、改めて音源として聴いてみると、うん、これは売れるわ。そう実感するのです。

  メディア側も完全に売る態勢に入ってるしね、レコード会社含めて。うちの近所のCDショップでさえも、このシングルを大プッシュしてる程ですから。特に大きなタイアップが付いたわけでもなく、テレビ出演したわけでもないのにこの扱い。それはきっと「かの小林武史が関わっている」というポイントが大きく影響してるんでしょうね。彼が過去に手掛けたアーティストを考えれば、まぁそれも判らなくないですが。「雑誌で話題騒然」とか言われても、騒いでるのって「あの」雑誌でしょ‥‥騒げば騒ぐ程、うちを観てるような人達には悪影響なんじゃないかって気がしないでもないですが、ここはまぁ無視しましょう。

  さてさて、肝心の楽曲。まずタイトルトラックの"電話"を聴いての第一印象。とにかく「いきなりスケールがデカくなった」の一言に尽きると思います。それまでがインディー制作だったことも影響してか、小難しいことをやろうとしても録音状況や技術がそれに追いついていないように感じられた「雨上がり」までの音源。勿論曲の良さやバンドの良さは十分に伝わっていたんですが、今回のは今までの比じゃない位にデカい。多分小林プロデュースではないだろうけど、彼の元で仕事をしてきたスタッフが携わることによって、そこで培ったノウハウを今回レミオロメンに使った結果、予想以上の効果を発揮した、といったところでしょうか。曲は問題ない。このスケール感のデカさを上手く活かすアレンジもさすがだし、ボーカル・藤巻の歌声もホントにいい。ああ、これで完全に人気がホンモノになるわな。

  カップリングの"タクシードライバー"もグルーヴィーなロックチューンで、好印象。"電話"とはまた違ったタイプで、どっちかっていうと流れ的にはそれまでのインディー時代のものに近いかな、全てにおいて。まぁカップリング曲、アルバムの中の1曲といったタイプかな。

  多分、こういうタイプのロック(サウンドだったり、歌われている歌詞だったり)が苦手、興味の範囲外という人も多いでしょう。けど、もし貴方がこういったタイプのロックが好きなのに「雑誌で騒がれてるから」とか「BUMP OF CHICKENみたいだから嫌」といった理由で敬遠してるのなら、それは間違い。まずは偏見持たずに"電話"聴いてみな。現在、CSの音楽番組でもPVをよく目にするし、多分大手CDショップでも大プッシュしてるはずだから‥‥ちゃんと聴いて判断して欲しいな。バンドとしてもしっかりしてるし、この手のバンドの中ではとにかく面白い存在だと思うな。まぁ最後に判断を下すのは、聴いた貴方ですえけどね‥‥



▼レミオロメン『電話』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2003 08 24 12:00 午前 [2003年の作品, レミオロメン] | 固定リンク

2003/06/06

レミオロメン『雨上がり』(2003)

  自分の耳を信じてるからこうやって取り上げるわけで。「rockin'on JAPAN」で騒いでるらしいね、今年の大型新人とかって。大型かどうかはこの際どうでもよく、確かに面白い存在だと思いますよ、このレミオロメンって。

  この3月にリリースされたファーストミニアルバム「フェスタ」を経て、5月にリリースされたファーストシングルがこの「雨上がり」。「フェスタ」の時点で何となくいいなぁ~程度だった気持ちが、"雨上がり"1曲で一気に突き抜けてしまったっていう点においては、BUMP OF CHICKENが「THE LIVING DEAD」からシングル「天体観測」で一気に化けたのと同じような衝撃を受けました。つうかこの曲、ホントにいいんだわ、うん。バンプとの比較で申し訳ないんだけど(実際メディアでは早くも「第二のバンプ」みたいな盛り上げ方してるみたいだしね。全然別のバンドなのに)、まずシンガーの声質が全く違う点。バンプみたいにハスキーなんだけどちょっと線が細い、おセンチなイメージがこのレミオロメンには全くないのね。太くて、ちょっと曇ったような声というか。まぁギターロックで等身大の自分達を歌うという点においては確かに共通しますが‥‥つうかさ、もう止めようや、そういう「第二の○×」ってのさ!

  疾走感があって溌剌としててポップで親しみやすいメロディがあって演奏もサウンドもしっかりしてる。そして日常のひとコマを切り取ったかのような歌詞。決して斬新ではないし、手垢のついた手法かもしれないけど、俺達はこういった楽曲を心のどこかで待っていたんじゃないだろうか? 革新的なロックを求めながらも、バンプの "天体観測" を大歓迎してしまうような、そんな感覚、みんなにはないかい? 俺にはあるよ。そして、現時点においてこの"雨上がり"は俺にとってそういう1曲なんだよね。

  カップリング曲"昭和"は、タイトルナンバーとはタイプの異なる、ミディアムテンポでマイナー調の1曲。何故「昭和」なのか‥‥歌詞からはその理由が伝わってこないんだけど、もしかしたらこのバンドにとって曲名ってそんなに重要なものじゃないのかなぁ、なんて思ったりして。ま、この曲のみに関しての話ですが。

  ミニアルバム「フェスタ」は確かに良い作品でしたが、決定打になるようなものではありませんでした。が、このシングルは間違いなくその決定打となることでしょう。そして彼等はこのシングルを最後にインディーズを離れ、夏にメジャーから音源をリリースします。既にこのシングルの時点でMr.ChildrenやMY LITTLE LOVERが所属する「烏龍舎」(プロデューサー・小林武史が運営する会社)と契約しているレミオロメン(シングルにもクレジットされてますしね)。一瞬「もしかして、このシングルって‥‥小林プロデュース!?」と勘ぐったりしましたが‥‥メジャーに行ってどこまで化けるのか、そして「駄目押しの決定打・その2」が今から気になって仕方ありません。それまではこのシングルとミニアルバムを聴いて更にその期待を高めつつ、いろんな人にこのバンドの良さを伝えていきたいと思います。



▼レミオロメン『雨上がり』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2003 06 06 12:00 午前 [2003年の作品, レミオロメン] | 固定リンク