2005/10/19

DEF.DIVA『好きすぎて バカみたい』(2005)

 さ、2日続けてハロプロ・ネタです。もはやここを観てる人の中には重度のモーヲタはいないかと思います(以前はいたんだろうけど。さすが離れてったんじゃないかな)が、単純に自分が楽しめる曲が続いたんで、んじゃいっちょ取り上げてみっかーみたいな肩の力の抜け具合で接しようかと思いまして。一部の「普通はもう聴かねーよ」とかウダウダ言ってるカッコ悪いヲタ崩れの方々はどうでもいいです。我が道を行きます。っていうかほっとけって話ですよ、ええ。

 2002年末に「ごまっとう」があって、あれはまぁ1位を記録したわけでして。んで去年は「後浦なつみ」っていうのがあって、そっちは曲がアレだったことも大いに災いし(ま、それ以前にハロプロ自体が下火だったってのが最大の敗因でしょうが)4位止まり、セールス的にも惨敗。しかもそのまま紅白に出て翌年にはツアー‥‥のはずが、安倍のあの件でうやむやになり、まぁツアーだけはこの4月に辛うじて開催。非常に中途半端な形で終らざるを得ませんでした。

 がしかし。まさか今年もやるとは思ってなかった。さすがに意表をつかれた。しかもメンツが‥‥「後浦なつみと石川梨華(美勇伝)」な仲間達による、その名も『DEF.DIVA』ですよ。『DEF.』はDeffinitiveを意味するスラングで、まぁDef Techにも使われてるので馴染みのある単語かもしれませんね。ただ個人的にはDEF LEPPARの方を思い浮かべたんですが(こちらはちょっと意味が違って、「deaf Leopard」=耳の不自由な豹を意味する造語)。となると‥‥『耳の不自由な歌姫』‥‥皮肉ですか? いやいや、そっちの意味じゃないよな、ゴメンゴメン。

 んで、安倍なつみ・後藤真希・松浦亜弥・石川梨華というメンツによるこのユニット。単なる紅白対策と取ることも出来るし、今年の夏のシャッフルに加わらなかった人気所を寄せ集めた「もうひとつのシャッフルユニット」とも受け取ることができる。どうせなら後浦なつみのままでいいんじゃねの?とも思うし、何故ここに石川が加わるのか、その必然性も感じられない。コンセプトもイマイチ中途半端だし。ま、ケチの付いた後浦なつみを立て直すために石川を引っ張って来ただけなんでしょうけど‥‥しかしよりによって石川かよ‥‥と皆一斉に思ったはず。だって『歌姫』なのにさ‥‥

 最初テレビで歌うを聴いた時も、石川が足を引っ張ってるなーって思ったのね。でも曲自体はなかなかだと思ったし、アレンジも嫌いじゃなかった。むしろこの4人が代わる代わる1フレーズずつ歌っていく様にはちょっと目を奪われたし。やはり一時代を築いた者達による、それなりのオーラと貫禄を感じるわけ。あと‥‥何だかんだで、石川がいる/いないでやっぱり大きく違うわけよ。しなやかさというか柔らかさが加わるわけね、このグループに。後浦なつみの時はどうしても「ガチンコ勝負!」的なものを感じてたけど、石川が入るだけでやっぱり空気が一変するんだわ。そこはさすがだと思った、うん。

 さて。早速CDの方を聴いてみたんですが‥‥うん、やっぱり印象良いよ。'80年代ユーロ歌謡をモチーフにしたアレンジも悪くないし、何度か転調するサビのアイディアもありきたりではあるけど面白いと思ったし。実はCDで聴いて初めて気づいたんだけど‥‥石川の歌声が入ることで、耳障りがよくなるというか、いい意味でアクセントになってるのね。他の3人がどちらかというとごっついイメージが強いから、そこにボーンとあの石川の声が飛び込んでくると、やはり耳を奪われるし、意識を持っていかれる。この起用は間違ってなかったのかもしれない。ていうか、石川が入るとしっかり『石川梨華の曲』になっちゃうのは相変わらずで、さすがだと思います。正直今の美勇伝の曲の13倍くらいは良いと思う。

 同時収録されたリミックステイクも悪くない。個人的には田中直による「CRAZY J-G JAZZリミックス」が気に入ったし、AKIRAによる「女王リミックス」もまずまずだと思うし。原曲の平田祥一郎といい、今のハロプロワークスを引っ張る名アレンジャー3人による豪華なディナーといった感じかしら、このシングル。

 でも難点も書いておかないと。石川の生かしどころは良かったとしても、他の3人が‥‥上手いだけで終ってる気がするのね。上手いこと個性が生かされてないというか。松浦は良くも悪くも埋もれちゃってるし(この子はこういうユニットになると、完全に「何分の一」に徹して埋もれちゃうんだよな)、安倍も後藤も(曲調のせいもあるんだろうけど)今回は肩の力が抜けてるような気が。ワーと割りが良くないのかなぁ‥‥う〜ん。それと、1曲ってのは勿体ない。ホントに単なるシャッフルの一環ならまだしも、『2005年を代表するスーパーユニット』とか何とかいうなら、もっと4人の個性を巧みに生かした曲を2〜3曲は用意して欲しかった。まぁこの手のスペシャルユニットの時は決まって1曲のみで、あとはリミックスで水増しするパターンなので判ってはいたけどさ(去年の後浦は例外だったんだな。本気でシツレンジャーに差し替えたのか‥‥その神経が理解できない)。

 「これが売れないともう後がない」とか「このメンツで1位取らなきゃ意味がない」とかいろいろ意見はあるだろうけど‥‥全部無意味でしょ。実際「もう終ってる」わけだし、1位だって‥‥今年に入って1位を取ったハロプロ楽曲、どれだけある? 去年はどうだった? ねっ、考えるだけ無駄だよ。単純にこの曲を好きか、楽しめるか。それで十分なんじゃないの? ホントにダメダメなら、もうとっくに消えてるって。



▼DEF.DIVA「好きすぎて バカみたい」(amazon

投稿: 2005 10 19 01:00 午前 [2005年の作品, DEF.DIVA, ハロー!プロジェクト, 安倍なつみ, 後藤真希, 松浦亜弥, 美勇伝] | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2005/09/25

松浦亜弥『気がつけば あなた』(2005)

 松浦亜弥の作品を、リリースに合わせて新品で買ったのって、一体何時以来かな?って考えてみたら、実は昨年1月末の "奇跡の香りダンス。" 以来だったという(後浦なつみは除く)‥‥いや、その後のシングル数枚はリリースから数ヶ月経ってから中古で購入してるのね。でも今年に入ってからの音源は‥‥ベスト盤含めて、全然チェックしてなくて。勿論、彼女が今年に入ってからのリリースが少なかったってのも大きな要因なんだけど、それ以上に‥‥やっぱりね、バラード系がここまで続くと厳しいよね。少なくとも自分は「アイドル・サイボーグ」呼ばれてた頃の「あやや」が気に入ってたわけであって、そういう意味じゃ今の「あがり」感の強い「松浦亜弥」には興味が持てないんだよね。

 ところがさ。つい最近なんだけど‥‥テレビの歌番組で、ふたつの松浦を観る機会があって。それは決して俺が知る「あやや」ではなかったんだけど、結構胸にズシーンと来るものがあってさ。

 ひとつは、宇多田ヒカルの "FIRST LOVE" を生ピアノやパーカッション(あとストリングスもだっけ?)バックにして歌うシーン。歌としては荒いものだったし、宇多田のそれをコピーしてるに過ぎないんだけど‥‥でも松浦が歌うと、やはり松浦亜弥の世界観がしっかり広がっていくのね、それが例え宇多田のコピーであっても。

 もうひとつは、名曲 "LOVE涙色" を生ストリングスバックにして歌い上げるシーン。これはたまたま録画してたんで何度も観返してるんだけど‥‥良いのよ。去年、NHKの音楽番組に出演した際にも代表曲をリアレンジして、それに順応する松浦の感の良さみたいなものを存分に堪能したんだけど、今回はあれともまた違った、純粋に「歌い手・松浦亜弥」としてシンプルに楽しむことができたのね。そういう意味じゃ‥‥ここ4作くらい続いてたバラード系シングルも、それなりに彼女の血となり肉となってたのかな、と。今改めてそう思ったりするわけ。

 で、今回のシングル。珍しくリリース日に買ったよ、しかもDVD付き初回盤を。

 既に「午後の紅茶」テレビCMで何度も耳にしてる、あの曲。CM用にサビだけ作ったら評判が良くて、結局フルコーラス無理矢理作り上げちゃったという代物なんだけど‥‥悪くないよね。つーか、つんく♂が丁寧に作ったなーというのは何となく伺える。ま、松浦に関しては‥‥特にここ最近は‥‥手を抜かないよね、あいつは。今回もC/W曲 "友情〜上カルビ〜" 含めて、非常に丁寧に作られてますよ。アレンジは共に(悪名高き)鈴木Daichi秀行氏なんだけど、無駄な音を省いた分、シンプルで判りやすいし、松浦のストレートで屈託のない歌い方にピッタリ合ってる。変にこねくり回した歌唱とか感情を込めすぎることもなく、ある意味じゃ第二のデビュー曲みたいな印象を受ける今回のシングル、悪くないと思うよ。話題性も十分だし、まぁ最近のシングルの中じゃ久々のヒットになるんじゃないかな?

 この "気がつけば あなた" をCDでフルコーラス聴いた時‥‥何故だか先の "LOVE涙色" を思い出しちゃったんだよね。ストリングスによるリアレンジじゃなくて、原曲の方。シンプルな作風があの曲に通じるものがあるのかもしれないけど‥‥なんだかさ、あそこにまで戻りたい(戻したい)んじゃないかな、なんて気がしてね。"LOVE涙色" や "100回のKISS" とか、あの辺りにさ。ま、違うとは思うんだけどさぁ‥‥何となく、空気感が似てるような気がするんだよね。

 勿論、あの頃に戻ることなんて不可能だし、それこそそういった行為に意味があるのかどうかも判らない。でも‥‥ある種の奇跡を感じさせた、それこそ人間離れしてるオーラを出してたあの頃に、地に足の着いた「ニンゲン」松浦亜弥がタイマン勝負を挑んでるような‥‥ってのは言い過ぎかしら?

 でも、第二のデビューってのは、あながち間違ってないように思える。ベスト盤をリリースしてから、最初のリリースになるわけだしね。暫く時間を置いたことで、更にそういった感じが強くなってるのかもしれないし。どちらにしろ、ちょっと様子を見てみたいと思うよ、今後の松浦亜弥のさ。



▼松浦亜弥「気がつけば あなた」(amazon:CD+DVD通常盤シングルV

投稿: 2005 09 25 01:00 午前 [2005年の作品, ハロー!プロジェクト, 松浦亜弥] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005/01/14

松浦亜弥の次のアルバム。

 以前、このエントリで俺、「何となく、次の松浦のアルバムはベスト盤のような気がするんだけどね。これもタイミング的には今しかないと思うんだけど。」って書いたのね。去年の11月末に。

 そしたら、昨日こういう企画が立ち上がってたんですよ。そうかー、その手があったか。確かにこれまでにシングル15枚、来月には16枚目のシングルが出るようだし、それらを全部まとめようとすると、絶対に2枚組になってしまう。手軽な1枚モノのベスト盤として発表したいなら、そこから厳選した選曲になる。けど、松浦の場合は(まぁ他のハロプロ・ユニットに関しても同様だけど)シングルのc/w曲やアルバム曲に、ライヴでの定番曲/人気曲が結構な数ある。そうなると‥‥ファンに選ばせてしまえば手っ取り早い、と。ま、それも表面上の作業であって、実際には裏側で既に選曲が決まってるのかもしれませんが。いや判らないけど。

 これ、早速俺も投票してみました。ひとり3曲、1〜3位の順位を付けて投票するのね。1位に3pt、2位に2pt、3位に1ptが付いて、その総合点で収録曲を決めるみたい。現時点ではアルバムに何曲入るのか、またその結果がちゃんと発表されるのか、あるいはそれが完全に生かされるのか等の詳細が載ってませんが‥‥とりあえず、俺の3曲だけは紹介しておきましょう。


■1位:そう言えば(1stアルバム「ファーストKISS」収録)
 これは今でも大好きな曲だなぁ。もはや当時の面影があまり感じられない、今の松浦の歌声ではあの切なさは表現し切れないかもしれないけど。もう一度ライヴで聴いてみたい1曲ではあるよな、と。まぁ「ファーストKISS」自体が恐ろしいくらいに充実した内容なんで、あれをまるまる全曲ベスト盤に入れてしまえばいいと思う(それはあんまりか)。

■2位:I know(7thシングル「The 美学」c/w曲)
 モーニングでいうところの "真夏の光線" 路線といいましょうか、生ブラスを存分に生かしたファンク調のアレンジが素敵過ぎて。正直、このシングルに関しては「なんでA面曲と逆転しなかったかなぁ〜」とか思った時期もあったけど、結局はこのバランス感(A面にメジャー感の強いナンバー、B面に隠れた名曲的ナンバーという配置)が如何にもアイドルらしくて、素敵っちゃあ素敵なんですが。彼女のライヴに行ったことある人なら判るでしょう、今やなくてはならない1曲。

■3位:恋してごめんね(3rdアルバム「×3」収録)
 最近の松浦からも1曲選んでみました。ホントなら「ファーストKISS」収録曲か、"夕暮れ"、"デート日和"、"待ち合わせ" 辺りを選びたかったんだけど、バランスを考えるとこういうストロングな曲があってもいいよなー、と。同じファンク系でも "I know" にある柔らかさはここには希薄で、もっと泥臭くてやさぐれたイメージが強いかな。アイドル曲っぽくはないけど、こういう曲が歌えるからこそ、俺は今でも松浦に注目しちゃうんだよな、と。


 ‥‥とまぁ、こんな感じで。敢えてシングル曲は外してみました‥‥っぽく取られがちだけど、普通に好きな曲を選んだら自然とこういう選曲になっちゃったんだよね。まぁシングル曲で俺が好きなタイプは、"100回のKISS" とか "THE LAST NIGHT" みたいなタイプの曲だからなー。恐らく多くのあややヲタとはかけ離れてると思うので。まぁ前者は人気あるだろうけど、後者はね‥‥

 本当にこの投票が活かされるのか、そしてファンはどういった選曲をするのか。非常に気になるところです。〆切は2/5、リリースは3/24だそうです。どうせなら‥‥シングル曲から厳選した「シングルズ」と、それ以外(アルバム曲、c/w曲)から厳選した「裏ベスト」の2枚を作っちゃえばいいのにね。俺なら間違いなく後者を買うけどさ‥‥って俺、松浦の音源は全部持ってるから、新曲でも入らなきゃ買わないわ! アブネー、騙されて買っちまうところだった!!(って気づけよ俺)



▼松浦亜弥「ファーストKISS」(amazon

投稿: 2005 01 14 01:50 午前 [ハロー!プロジェクト, 松浦亜弥] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/10/06

後浦なつみ『恋愛戦隊シツレンジャー』(2004)

必ずしも「1+1+1」が「3」やそれ以上になるとは限らない。特に音楽の世界では常に共通の認識としてあるんじゃないのかな? 過去にいろんなバンドで名を馳せたアーティスト達が集ったスーパーバンドが誕生したからといって、それが必ず過去彼等が在籍したバンドを超えるような存在になるとは限らない。むしろそうなってしまうことの方が少ない。本当の意味での成功を手にするのは、ほんのひと握りの存在だけ。残念だけど、それが現実なんだよね。

 それはハロプロの世界においても同じ。過去「ごまっとう」というスーパーユニットを生み出したこともあったけど、あれはタイミング的にも絶妙だったんじゃないかな。ギリギリのタイミング‥‥ハロプロ人気がドンドン下り坂へと進み始める直前‥‥いや、その数歩を踏み出した後だったのかな。だからまだ成功を手にするできた。

 ところが今回はどうだろう‥‥明らかにタイミングとしては最悪だよね。もう後がない状況の中でのセッティング。周りからは「最後の最後に、一番やっちゃいけないことやっちゃった‥‥」みたいに言われる始末。しかもそのセンスも最悪だったもんだから、尚更批判的な声が目立つ。

 変なファッションで登場した「後浦なつみ」というユニット‥‥後藤真希、松浦亜弥、安倍なつみ、というハロプロ・ソロ組の稼ぎ頭3人をひとまとめにしてしまった、まるで「紅白対策」で即席に組ませてしまった感が強いこの組み合わせ。確かに「ごっちんとなっちの組み合わせがまた観れる!」という喜びはあったものの、今や既に時遅しといった印象は拭えないし‥‥

 これで曲が本気で素晴らしかったまだ良かったんだよね‥‥ところがさ‥‥

 後浦は完全に失敗だと思う、曲の差し替え。全然出来がいいもの、"LOVE LIKE CRAZY" の方が。「戦隊モノ」とかいう飾りが邪魔してる分、完全に一般リスナーを突き放してる感が強い "〜シツレンジャー" と比べれば、こっちの方が絶対にウケると思うんだけど。特に若い女の子達、こういうモダンR&B的な曲、好きじゃない。アレンジャーのAKIRAの仕事振りはさすがだと思うし、3人の個性のぶつかり合いという意味では完全にこっちの方が勝ってるよね?「LIKE CRAZY」だっけ、今回のコンセプト? 「CRAZY」の意味が違うもの、"〜シツレンジャー" と "LOVE LIKE CRAZY" とじゃ。

 あれでしょ、当初 "LOVE LIKE CRAZY" はデスチャ(DESTINY'S CHILD)とかあの辺の路線を狙ったわけでしょ。あの変なファッションといい。もっとちゃんとしたコンセプトを持ってれば、間違いなく成功したはずなのにね‥‥よりにもよって、あの「▼」な髪型はないよなぁ‥‥あれ、辻希美がコント(「ぴょ〜ん星人」とか「河童の花道」)でよくやる髪型と一緒じゃん。そりゃ3人とも嫌がるって。若い女の子なんだから。ビヨンセでも嫌がるよ、ありゃ。

 「1+1+1」が「3」やそれ以上になるには、勿論その「1」それぞれの力量も大切だけど、それを支える裏方の努力や才能も加味されるんじゃないの、こういう世界じゃ。だからこそ「3以上」になるんじゃないの? それに、「3」や「4」程度じゃ許されないよね、こんな最高の組み合わせなんだからさ‥‥ホント、安易な考えでいろいろ試みるのは面白いと思うけど、もうちょっとさ‥‥頑張ろうよ。尻に火着いてるんだからさ‥‥



▼後浦なつみ『恋愛戦隊シツレンジャー』
(amazon:初回盤通常盤シングルV

投稿: 2004 10 06 03:08 午前 [2004年の作品, ハロー!プロジェクト, 安倍なつみ, 後浦なつみ, 後藤真希, 松浦亜弥] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック