2004/12/14

飯田様。

 飯田圭織さんのモーニング娘。卒業があと1ヶ月半に迫ってるわけですが、そんな慌ただしい時期にまるで卒業を祝うかのように、彼女の通算3枚目のソロアルバムが今年の年末にリリースされます。

 しかし、このソロアルバム。これまでとは一線を画する内容なんですよ。勿論これまで同様「地中海レーベル」からのリリースなんですが、問題なのはその楽曲クレジット。カバーは1曲もなく、全曲日本語オリジナル楽曲。当然今年リリースされた2枚のシングル "エーゲ海に抱かれて" と "ドアの向こうでBellが鳴ってた" も収録されていて、恐らくそれらを軸にした内容になるかと想われます。

 それでは、現時点で判明している内容をこちらで確認してもらいましょう。

■飯田圭織3rdアルバム「アヴニール〜未来〜」

01. 未来図
 (作詞:佐藤純子 作曲:Rie 編曲:前野知常)
02. 歩いていこう・・・未来へ
 (作詞:飯田圭織 作曲:芦沢和則 編曲:前野知常)
03. ドアの向こうでBellが鳴ってた
 (作詞:三浦徳子 作曲:つんく 編曲:馬飼野康二)
04. 情熱のトビラ
 (作詞:渡辺なつみ 作曲:芦沢和則 編曲:前野知常)
05. 真珠貝
 (作詞:渡辺なつみ 作曲:金田一郎 編曲:前野知常)
06. 私の中にいて
 (作詞:並河祥太 作曲:羽場仁志 編曲:前野知常)
07. 旋律
 (作詞:岩里祐穂 作曲:たいせー 編曲:前野知常)
08. エーゲ海に抱かれて
 (作詞:三浦徳子 作曲:つんく 編曲:前野知常)
09. 世界で一番きれいな星空
 (作詞:岩里祐穂 作曲:松尾清憲 編曲:前野知常)
10. 真冬の輪舞曲
 (作詞:佐藤純子 作曲:芦沢和則 編曲:前野知常)
11. さよならまでにしたい10のこと
 (作詞:岩里祐穂 作曲:羽場仁志 編曲:前野知常)
12. ありふれた奇跡
 (作詞:佐藤純子 作曲:因幡晃 編曲:前野知常)


(参考)※作家陣
羽場仁志
 ‥‥最近ではタッキー&翼の「夢物語」や「愛想曲」等を手掛ける作家さんだそうな。
岩里祐穂
 ‥‥今井美樹作品等でお馴染みの作詞家。
渡辺なつみ
 ‥‥アイドルものを多く手掛けてる作詞家さん。あさみん(安倍麻美)の作詞もやってるのか。
松尾清憲
 ‥‥今更何も言うことはないでしょう。大御所!
・佐藤純子
 ‥‥20年前から活躍してる、アイドル系を多く手掛ける作詞家みたいですね。
芦沢和則
 ‥‥'80年代末に「JAG-TOY」というバンドのシンガーでデビュー。後に作家・ソロシンガーとして活躍。
金田一郎
 ‥‥柳ジョージ、池田聡といった人に曲を提供。
並河祥太
 ‥‥稲垣潤一、楠瀬誠志郎等の作詞。特に後者の 「ほっとけないよ」で有名なのかな。
因幡晃
 ‥‥UFA/地中海レーベル繋がり。


 全12曲中、既出はシングルの2曲のみ。新曲10曲の中につんく♂作は一切なし。たいせーは正直邪魔だけど、他の9曲は所謂「プロの世界」の方々ばかり。ま、最近活躍してるような若手皆無で新鮮さに欠けるけど、逆にこういう感じ('80年代歌謡曲的なノリ)の方が飯田さんの魅力を引き出すことが出来るのでは‥‥と勝手に想像。まぁ聴いてみないことには何ともいえないけど。それでも期待してしまうのは、やはりつんく♂曲がないからかな。

 俺ね、飯田さんのソロ曲の世界観、嫌いじゃないんですよ。「とみ宮」時代にも好意的に評価しましたけど、ホント個人的には懐かしい感じがして、また飯田さんの歌い方や声もあの時代を彷彿させるんだよね。松田聖子かどうかは疑問だけど(どっちかっていうと、完全につんく♂だけどな)彼女らしい歌を聴かせてくれるはずですよ、これらの新曲でも。

 飯田さんはライヴハウスや大きい会場でライヴをやるんじゃなくて、「Blue Note」みたいな超小規模のジャズクラブとか、あるいは中規模のホール‥‥日本青年館とかで、コンサートでもライヴでもない、「リサイタル」を是非やっていただきたい。いや、貶してるんじゃなくて、そういうことが出来そうなハロプロシンガーって、もう中澤さんか飯田さんしかいないんじゃない? そういう世界観も大切にして欲しいよな、と。ハロコンに来るようなガキンチョ(おっと失言)相手にするんじゃなくて、もっと上の世代‥‥歌をじっくり聴いてくれそうな層に向けて歌い続けてくれた方が、彼女のためにもなるように思ってます。勿論、そうなると今度はセールスや動員がどんどん厳しくなってくだろうけど、それでも歌い続けて欲しいし、周りの人間は彼女が歌えるだけの環境を常に維持していって欲しいな、と。切に願ってます。

 ここ最近のハロプロ系アルバム(メロン、娘。)がかなり良作続きだっただけに、まぁ色は違うものの、ここにも期待したいところ。いや、かなり期待してます。

 そして‥‥これが許されるんなら、松浦にはもっと金かけて、今「旬」な作家さんに沢山曲書いて与えてあげてくださいよ。自社のリサイクルカバーやらせとくには勿体ない逸材なんだからさ、歌い手としての彼女は。



▼飯田圭織「アヴニール 〜未来〜」(amazon

投稿: 2004 12 14 12:02 午前 [2004年の作品, ハロー!プロジェクト, 飯田圭織] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2004/11/23

最後の夜

 ゴメンなさい、3日連続でハロプロネタで。けど書かずにはいられないんです‥‥

 21日のモーニング娘。コンサート夏秋ツアーラスト。飯田圭織の娘。コン最後でもあったわけなんですが、もの凄いサプライズがあったようですね。

 開演前のS.E.としてタンポポの "聖なる鐘が響く夜" や娘。初期の "Good Morning"が流れたり。

 ラストの圭織MCの時に "タンポポ" が流れ(しかも本人も知らなかったらしい)そのままソロで歌い。最後の最後に "愛の種" をバックに万歳三唱って‥‥

 俺、その場にいたら間違いなく泣くわ。ホント、横アリのがDVDじゃなくて、こっちをDVDにすればいいのに‥‥矢口も石川も "タンポポ" の時は泣いていたらしいね。客席には中澤裕子の姿もあったそうで、彼女も泣いてたそうな‥‥もうそれ聞いただけで俺、涙ぐんでるから。

 それでさっきから道で拾った21日の音源を今聴いてるんだけど‥‥やっぱりいきなりの "タンポポ" の瞬間、泣きそうになった。ヤバい‥‥本当にサプライズだったんだな、これ‥‥それにしても、やはりオープニング前から "Good Morning" とか聴かされると、否が応でも涙腺緩むわな。そして大ラストでの "愛の種"‥‥こういう仕掛けができるのも、オリジナルメンバーである圭織だからこそなんだよね。そして‥‥これが最後なんだろうね、こういうサプライズ。いや、矢口の時も何かあるかもしれないけど‥‥でも‥‥

 ハロコン横アリラスト、行きたいけど‥‥本当に観たい人のためにも自分は行かないことにしようかと思案中。ま、来春の石川ラストには行くと思うけど。

 本当の本当に、終わりが近づいてるんだなぁ‥‥



▼モーニング娘。「ファーストタイム」(amazon

投稿: 2004 11 23 05:05 午後 [タンポポ, ハロー!プロジェクト, モーニング娘。, 飯田圭織] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック