2004/04/07

堂島孝平『FIRST BEGINNING』(2004)

もうね、単純に素晴らし過ぎ。自分が求める「ポップミュージック」の全てが、ここに詰め込まれてる。そう言い切ってしまってもいい程に、最高な1枚。全盛期の佐野元春 & THE HEARTLANDに匹敵する程、今の堂島孝平 × GO-GO KING RECORDERSからはもの凄いオーラと勢いを感じるわけです。

実は俺が堂島孝平に注目し出したのってかなり遅くて、しかもその理由も不純なもので‥‥彼自身に興味があったのではなくて、彼が他のシンガーに提供した楽曲に惹かれてたというね。KinKi Kidsに提供した "カナシミブルー" であったり、乙葉に提供した "一秒のリフレイン" であったり‥‥それらの作曲者が堂島孝平だったという。ホント、そんな切っ掛けなんですよ。

で、次がシングル曲‥‥しかも比較的最近の、"45℃" や "銀色クリアデイズ" といった曲を有線で耳にして、それが堂島の曲だと知り、更に彼に惹かれていったという。けど、何故か音源に手を出すことはしなかったのね。う~ん、警戒していたというか、何というか‥‥

ところが。先日店頭でこの新作「FIRST BEGINNING」と出会い、そのジャケットに惹かれて、気づけばCD片手にレジまで歩いていたというね。ホント、ジャケ買い‥‥とはまた違うのかもしれないけど、まぁこれもある種のジャケ買いだよね、と。その前に「堂島孝平のニューアルバム」という認識があったからってのも大きいけど。

いやー、参った。最初に書いた通り、本当に自分が好きな要素がそこら中に散りばめられたアルバムなのよ。なんつーの、言い方が古いけど‥‥シティ・ポップとでもいいましょうか。タイプというか流派(?)が違うものの、例えばキリンジ辺りにも通ずる流れがあるような。ただ、堂島の方がもっとはっちゃけてるというか、弾け切ってるというか。勿論キリンジも好きな俺ではありますが、心底好き!と言い切れるのは、やはり堂島の方かもしれませんね。

彼の書くメロディや歌詞は勿論なんですが、個性的な歌声もまた味わい深いし、それ以上に「GO-GO KING RECORDERS」という固定バンドの素晴らしさ。これは書いておかなければなりませんね。東京スカパラダイスオーケストラやLA-PPISCH、EL-MALOといったバンドのメンバーから成る凄腕集団という印象が強いんだけど、そういう意味からもやはり元春における「THE HEARTLAND」みたいだよな、と。決して「HOBO KING BAND」じゃなくてね。

決して過去の偉人達の焼き直しではなくて、ちゃんと2004年のリアルな音としてそこで鳴っている。だからこそ今の俺にちゃんと届いた‥‥それがこのアルバムですよ。20代だからこそ出せるメロディとサウンド‥‥なのかもしれませんね。とにかく大傑作。俺的に本年度のベスト10枚に絶対に入るね、これ。



▼堂島孝平『FIRST BEGINNING』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2004 04 07 03:34 午前 [2004年の作品, 堂島孝平] | 固定リンク