2005/01/02

人生はすりこぎなんだよ

 小学生の頃から、結構ラジオっ子だったのね。三宅裕司のヤンパラ、アイドルがやってるような帯番組、そしてオールナイトニッポン。AMだけでなく、FM放送も。サウンドストリートはよく聴いてたなぁ。

 中学生になっても、高校生になってもよく聴いてた。いや、試験勉強やら受験勉強を言い訳に、夜更かししてラジオを遅くまで聴いてたんだよね。勉強そっちのけで。

 浪人してた頃も、ひとりの部屋で明け方までラジオを聴く日々。大槻ケンヂのANNが好きだったなぁ。筋肉少女帯が好きだったってのも大きいんだけど。

 でね、この番組から一部にジワジワと浸透してった『隠れた名曲』ってのが幾つかあってさ。山崎ハコの "呪い" とか、左とん平の "とん平のヘイ・ユウ・ブルース" とかさ。前者は深夜4時にひとりで聴く曲じゃなかったよな。怖いとかその類じゃないんだけど。

 で、"とん平のヘイ・ユウ・ブルース"。これがね、最初は役者が昔歌ったカルト・ソングの一種だと思ってたんだけどさ。大槻ケンジもラジオで語ってたんだけど、本当に歌詞が深いのよ。「人生はすりこぎだ」ってフレーズがさ。最初は全然理解できなくてね。何となくは伝わってくるんだけどさ、当時18〜9才の俺には‥‥まだ人生の深みには程遠い青春送ってた頃だったしね。


▼左とん平「とん平のヘイ・ユウ・ブルース」(amazon

 それから数年後。まさかホントにこの曲がクラブシーンでヒットするとは。20年後、こんなにも話題になるなんて、当の左とん平も考えてもみなかっただろうし、逆に大槻ケンヂも、そして俺も考えてもみなかった。レアグルーヴとかそういった流れで浮上したんですかね。何にしてもカッコいいもの、この曲。

 けどこれ、知らない間に生産終了してたみたい。ホントはオリジナルテイクを手にして欲しいんだけどね。店頭で見つけたら、即買いです。痺れてください、マジで。

 で。当の大槻ケンヂも'95年にこの曲をカバーしてます。カバー曲集「ONLY YOU」というアルバムの中で、ご本家・左とん平をゲストに迎えてデュエットしております。元々は筋肉少女帯でカバーしようとしてたんだけど、一部メンバーからの反対を受けて止めたんだそうな。このアルバム自体、日本の'70〜80年代アングラ・ロックの名曲を取り上げた傑作でして、「ばちかぶり」や「じゃがたら」といったところから、スターリン、INUといったジャパニーズ・パンクのオリジネーター等の名曲を凄いメンツでカバーしてます。是非こちらも一度聴いて欲しいですね。

 30才を過ぎた今、この曲の歌詞の意味、痛い程理解できるようになったよ。俺はもう、「すりこぎ」なのかな‥‥


▼大槻ケンヂ「ONLY YOU」("とん平のヘイ・ユウ・ブルース" カバー収録)(amazon

投稿: 2005 01 02 12:20 午前 [大槻ケンヂ, 左とん平] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック