2004/01/15

YOSHII LOVINSON『SWEET CANDY RAIN』(2004)

  THE YELLOW MONKEYのシンガー、吉井和哉のソロプロジェクトといえる「YOSHII LOVINSON」名義の、2枚目のシングルとなる「SWEET CANDY RAIN」。昨年秋になってようやく、「TALI」という名曲と共に表舞台に戻ってきた吉井。しかしながらこのシングルがCCCDということもあり、うちでは取り上げることができませんでした。有線やラジオでは毎日何度も耳にしたこの曲、如何にも「イエモンの吉井」が戻ってきた!といったようなメロウでセンチな楽曲で、俺も大好きだったわけですが、今回のシングル‥‥これはある意味異色作であり、ここからが「YOSHII LOVINSONの本性」剥き出しといった感じなのかもしれません。

  "TALI" という楽曲が比較的「解りやすく」、従来のファンにも受け入れられやすい作風だったのに対し、今回のタイトルトラック "SWEET CANDY RAIN" はとても地味で、それでいて重くて暗くて深い。これまでの吉井だったら絶対にシングルには持ってこなかったタイプの楽曲なのですが‥‥これもまた吉井らしさ全開の1曲なんですよ。ドラム以外の楽器(ギターとベース)は全て吉井自身が手掛けていることも関係あり、バックトラックの演奏自体は無駄をそぎ落とした、非常にシンプルな構成。悪く言えばスカスカなんですが‥‥そうすることによって余計にこの曲の深みが増すという。その楽曲を作った人間だからこそ判るといいましょうか、全てにおいての責任を吉井が背負い込むことで、イエモン時代とはある意味正反対な表現方法を選んだようです。無駄をそぎ落とすという意味では両者に共通する要素なんですが、方やそれでも「煌びやかで艶やか」に出来上がる4人の個性のぶつかり合い、そしてこちらはそれをひとりで担うという重労働且つ自由度が高い「何でもあり」な空間。確かに各楽曲での作詞作曲の表現方法も以前とは少々異なっているように感じられますが、根本にあるものは変わっていない、いや、変わりようがないわけで。どこからどう聴いても吉井そのものなはずなのに、イエモンとは全く異質な何かを感じる。"SPIRIT'S COMING (GET OUT I LOVE ROLLING STONES)" なんていうシンプルなロックンロールも、イエモンだったらもっと違った表現手段を用いたはずなのに。勿論、他の3人の個性が加わらないから違うのは当たり前なのですが、両者でのソングライターは共に吉井なのに‥‥どこか違う。実験的で如何にも「ソロでやりそう」なイメージが強い "70 GO" にしても同様。

  イエモンでは一足先にヒーセがHEESEY WITH DUDES名義でシングルやアルバムをリリースしていますが、こちらは我々が想像する「イエモンのヒーセ」をそのまま絵に描いたかのようなグラマラスでワイルドなハードロックを展開してくれたのですが‥‥勿論、吉井にしろ「ソロとなるといろいろ考えるんだろうな?」とはファンも考えていたはずなんです。しかし、ここまで濃いものを持ってくるとは‥‥正直、想像してた以上の代物でしたよこれは。

  至極当たり前なことを書きますが‥‥やっぱりTHE YELLOW MONKYEは吉井ひとりでは成り立たない。あの4人だったからこそ成し得た「奇跡」だったんだな、と。だからといってヒーセや吉井のソロがイエモンよりも劣ると言ってるんじゃないですよ。愛着が強い分、これをすんなり受け入れるには、もうちょっと時間が必要かな、と。あと、たった数曲でこういう判断をしてしまうのも、ちょっと気が引けるんですけどね‥‥ひと月後にはいよいよ吉井のファーストアルバムが到着します。今のところCD-DAでのリリースみたいですが‥‥CCCDだったら相当凹みます。最終的な判断はそのアルバムを聴いて下すことにします。なので今回はここまで。

  あー、やっぱり俺ってイエモン大好きだったんだなぁ‥‥そんなことをふと思い出させてくれる、そんなシングル。「吉井和哉というソングライター/シンガー」が好きだったのではなくて「THE YELLOW MONKEYの吉井和哉」が好きだったんだなぁ、と。そう気づかせてくれた今回のソロ活動。改めて失ったものの大きさを実感すると同時に、今後起こる「何か」が全く想像つかないだけに‥‥楽しみであるのと同時に、非常に不安なわけですよ。大成功したバンドから独り立ちしてソロになり、マニアックになりすぎて失速するというパターン、過去何度も見てきてるわけですからね。有無を言わせぬ大傑作を期待しております。



▼YOSHII LOVINSON『SWEET CANDY RAIN』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2004 01 15 04:14 午後 [2004年の作品, YELLOW MONKEY, THE, 吉井和哉] | 固定リンク