2003/04/27

藤本美貴 ファーストライブツアー2003春 ~MIKI①~@Zepp Tokyo(2003年4月26日 昼公演)

  2月に観たブリッツ公演のレポ最後に「今日のライヴ観て、4月のZEPP TOKYOも行きたくなっちゃったじゃないですかぁ!」と書いた俺。あれから迷わずチケットゲットに走ったわけですが‥‥藤本美貴初のソロツアー終盤戦、ラスト前となった東京追加公演。場所はZepp Tokyoという赤坂BLITZよりもキャパ的に500人近く多い会場で、昼・夜の2回公演を行ったわけですが‥‥やはりというか、昨今のハロプロ系チケット値上がりも影響してか、自分の行った昼公演は結構チケットがダブついていたようですね(自分もチケットを1枚余らせていたし、ヤフオクでも相当数流れていたし、しかも当日券まで出てたし)。これならブリッツ2公演の方がよかったんじゃないかなぁ。

  まぁそんな事言っても始まらないや。来週にはもうモーニング娘。としての初ステージを踏んでるわけですし、そういう意味では貴重なソロとして(現時点では)最後の関東公演を思いっきり堪能しようと思いまして。ま、前回から約2ヶ月。結局モーニング娘。加入前最後の音源はアルバム「MIKI①」となってしまいその後シングルがリリースされることもなかったわけで、曲目自体は前回と全く同じ、衣装も同じ、パフォーマンスも基本的には同じ。というわけで、細かいポイントについては2月のレポを読んでもらうとして、今回は前回との違い、そして気になった点について書いてみたいと思います。

  ミキサー卓周辺で観てたので音響面から。Zeppという会場の作りもあるんでしょうけど、カラオケの割りには音が良かったように思います。歌もかなりハッキリ聞こえてたし。

  ただ、この日のミキティの調子は最悪だった、とだけはちゃんと書いておきますね。オープニングの"ブギートレイン'03"では終始フラット気味で、所々声も裏返るし。声量はあるようですが、喉で歌ってるため、ハードなツアーにはまだまだ不慣れなようですね。モーニング娘。加入前ということもあるのか、相当ハードスケジュールだと思うんですが、そんな中毎週末行われるライヴをもっと大切にして欲しかったなぁ‥‥とスタッフに対して苦言を呈したいですね。このツアーの成功次第で今後のミキティの娘。加入後の人気も少しは変わってくると思うんですが‥‥続く"ロマンティック 浮かれモード"でも安定した歌は聴けず、"大切"においては歌のテンポがかなり突っ込み気味で、彼女自身が焦っているのか息切れしているのか判りませんが、相当厳しい印象を受けました。

  なのに続く"ケーキ止めました"では力強い、安定した歌を聴かせてくれたもんだから、俺は一瞬「‥‥口パクに切り替えた!?」と錯覚した程。音が良く聞こえるポジションでの観覧だったこともあり、マジで口パクだと思ってたんですが、やはり所々荒いところがあったので実際に歌っていたようです。それにその後も安定と不安定を行ったり来たりしてたので、この1曲だけ口パクとも思えないしね。

  そういえば、この日はお客に小さい子が前回よりも目立ちました。ゴールデンウィークが始まった事も影響してるのか、それともブリッツの時よりチケットが取りやすかったのか(ま、前回はブリッツ1日だけでしたしね)、親子連れとか小学生の女の子同士とか、松浦亜弥程ではないにしろ確かに前より増えてました。アルバムもセールス好調なようだし、モーニング娘。入りが影響してるのか(間違いなく「セクシー女塾」は影響してないと思われ)。喜ばしい限りです。ま、メロン記念日の時にもそういうお客が少なからず見受けられたので、ハロプロ効果なんでしょうかね。逆に、本当にモーニング娘。の状況というのは悪いらしいですね。いろんな分野の方から耳にする話題はあややの話題ばかりで、如何に現在のモーニング娘。が瀬戸際かが伝わってきます。ホント、ミキティに起爆剤になってもらいたいもんです。

  前回、MC代わりに使われたVTRも、ボーリング編はそのままでしたが、あややの応援メッセージは後半戦用に撮り直されてましたね。流れるPVも "草原の人" から "ね~え?" に変わっていたし。あややが登場した瞬間の会場の沸きっぷりはハンパじゃなかったですね。

  ライヴ後半戦も歌の調子は不安定だったんですが、ラストがブリッツでは"会えない長い日曜日"~"ボーイフレンド"という流れだったんですが、その後改善されたようで、今回は"ボーイフレンド"~"会えない長い日曜日"に入れ替わってましたね。うん、こっちの方がスッキリしてるし、実際盛り上がるし良かったと思いますよ。こういう曲順チェンジがもっとフレキシブルに出来るライヴだといいんですが、カラオケだとそうもいかないんでしょうね(少なくとも昼と夜で曲順を入れ替えるなんてのは不可能でしょうし)。けど、つんく♂の意見だったのかファンの声を参考にしたのかは判りませんが、こういう変更は大歓迎です。実際、ミキティも"会えない長い日曜日"の後半サビを客に歌わせたりして、結構フロントマンとしても頑張ってコミュニケーション取ろうと試みてたし。この2ヶ月間の成長の跡は伺えますね。

  そしてアンコール。やはりMCは苦手なのか、たどたどしいんですよね。が‥‥この人の「大物振り」を感じさせる出来事がありまして。MCで今日は楽しかったです、みたいなコメントをしてる途中で急に喋るのを止めたんですよ、彼女。そうすると客は「ミキティーっ!」って騒ぎ出しますよね。で、そのまま黙ってれば更に声援は大きくなる。感極まって黙ってしまったのか、それとも自分が黙ることで大きな声援が沸きそれを聞いてひとり楽しんでいるのか‥‥それを30秒くらい放置して聞き入ってるミキティ。どうも俺には後者のように受け取れたんですよね。わっ、こいつの「わたしミキティ、文句ある?」みたいなヒール振りを改めて実感しました‥‥つうか惚れ直した(笑)。いや、もしこれが本当に俺が感じた通りだったとしたら面白いんだけどなぁ。是非そうであって欲しい!

  というわけで、ライヴレポートというよりも最後は「ビッチなミキティ」賛歌となってしまったわけですが‥‥この人には是非モーニング娘。加入後もこういったダーティなイメージを守って欲しいですね。ま、こっちが勝手にそう思い込んでるだけかもしれませんが。6期メンをステージ裏で説教したり、新垣からカツアゲしたり、石川の靴に画鋲入れたり、そういうミキティであって欲しいなぁ(絶対ないって)。

  けど、やっぱり‥‥モーニング娘。に入れるの、勿体ないなぁ。


[SETLIST]
01. ブギートレイン'03
—MC—
02. そっと口づけて ギュッと抱きしめて
03. 大切
04. ケーキ止めました
—MC—
05. マイ・ピュア・レディ
06. 結婚しようよ
07. SHALL WE LOVE?
08. 恋よ!美しく
09. 満月
—VTR (ボウリング)—
10. Let's Do 大発見!
11. 銀色の永遠
12. 涙GIRL
—VTR (松浦亜弥からの応援メッセージ)—
13. ロマンティック 浮かれモード
14. 駅前の大ハプニング
15. ボーイフレンド
16. 会えない長い日曜日
—ENCORE—
—MC—
17. 幼なじみ



▼藤本美貴『MIKI①』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2003 04 27 12:35 午前 [2003年のライブ, ハロー!プロジェクト, 藤本美貴] | 固定リンク

2003/02/26

藤本美貴『MIKI①』(2003)

  デビューから11ヶ月。18歳の誕生日である2/26にリリースされる、藤本美貴のファーストアルバム「MIKI①」。全11曲中、シングルでの既発曲が6曲、「ごまっとう」での既発曲別アレンジ1曲。というわけで、完全なる新曲は4曲と、非常に淋しい感じ。先日リリースされた後藤真希のファーストソロ「マッキングGOLD①」も同様だった為、正直なところ「ああ、デビューだってぇのに、何か虐げられてるよなぁ‥‥」と凹んだもんでした。

  が、そういった印象を覆したのが、先日行われたファーストライヴで聴いたそれら4曲の新曲群の出来の素晴らしさでした。ライヴでの爆音で、アレンジや歌詞の細部までは聞き取り不可能でしたが、それでも全体像は把握できたし、それだけで十分でした。既発曲が大半ながらも、新曲があれだけ充実してるんだ、これはもしかしたらいいアルバムになるかも‥‥今度は逆に期待がドンドン膨らんでいったんでした。

  というわけで、ミキティのファーストソロアルバム、全曲解説をやってみたいと思います!(破格の待遇だな我ながら)


M-1. ブギートレイン'03
  '03年1月リリースの通算5枚目、現時点での最新シングル。詳しいレビューはこちらのシングルレビューを参照のこと。ライヴ同様、アルバムも1曲目ってことで、ここで勢いづきます。確かにトップにはもってこいのナンバー。「今の藤本美貴」を余すことなく表現した、奇跡的な1曲と確信しております。

M-2. ロマンティック 浮かれモード
  '02年9月リリースの通算3枚目となるシングルナンバー。詳しいレビューはこちらのシングルレビューを参照のこと。現時点で最も売れたシングル曲で、昨年末の紅白歌合戦でもこの曲が歌われたので、ミキティに疎い人でもこの曲は知ってるって人、いるんじゃないでしょうか。キラーチューンを2曲目に持ってくるとは。一体この先、どんな構成になってるんでしょうか?

M-3. 駅前の大ハプニング
  このアルバム用の新曲その1。アレンジャーは渡部チェル。如何にも彼らしいドリーミーなサウンドのシャッフルナンバー。ドラムとベースの歪み具合、そしてメインとなるブルースハープ(アンプを通して歪ませたオートハープ)といった楽器がローファイ的なんだけど、それ以外の上モノ(ストリングス系シンセ等)が非常にクリアで甘い雰囲気を作り出していて、その対照的なサウンドを繋ぐ役割をしてるのが、中音域メインで歌うミキティの声。ライヴで聴いた時よりも音が濁ってるように感じるのに、あの時以上にポップに聞こえるのは、このミキティの歌声によるものなのかもしれません。確かに松浦とか2期タンポポが歌ったらもっとハマるのかもしれないけど、これはこれでピッタリだと思いますよ。こういう曲も歌いこなせるんですね、ミキティは。もっと幅の狭いシンガーなのかと思ってました。

M-4. そっと口づけて ギュッと抱きしめて
  '02年5月リリースの通算2枚目となるシングル曲。初のトップ10入りを記録。詳しいレビューはこちらのシングルレビューを参照のこと。ここまでの流れ、完璧過ぎ。いろんな歌い方、いろんな音域、そしていろんな表情を見せるミキティ。彼女ってホントにこんなに多彩な面を持っていたっけ? もっと平面的なシンガーだと思ってたのに。特にこの曲がリリースされた頃は‥‥成長ってホント恐ろしい。

M-5. 涙GIRL
  このアルバム用の新曲その2。アレンジャーは鈴木俊介。ライヴレポにも書いたように、ハロプロ初のメタルナンバー。ジャーマンメタル系、特にGAMMA RAYとかマイケル・キスク在籍時のHELLOWEENを彷彿させる曲調・テンポ・演奏ですね。バスドラのブラストビート、ベースの歪み具合&ランニングフレーズ、ギターの歪み方等、これまでのハロプロ関係の楽曲からは見出せなかった要素満載です。ちょっとしたフレーズにIRON MAIDENとか、更には毛色は違うけどWiLDHEARTS系の爆走パンクロックの匂いも感じさせます。イントロなんてhideの "TELL ME" をちょっと思い出すしね‥‥まさか、つんく♂、俺が以前書いたあややシングルレビューでの「ハロプロがまだ手を出してないジャンル」を参考にしたんじゃ‥‥アワワワワ。
  それにしても、この曲でのミキティの歌いっぷりに感服。特に語尾のだらしなさが最高ですね。松浦や後藤が同じことやっても、つんく♂のコピーか、はたまた品が良すぎちゃうんですよね。この微妙さが彼女の売りのひとつだと信じて止まない俺です。

M-6. 会えない長い日曜日
  '02年3月リリースの、藤本美貴デビューシングルのタイトルナンバー。詳しいレビューはこちらのシングルレビューを参照のこと。歌いっぷりが初々しいですね。独特な硬さが苦手だったんですよね、当時の俺は。表情も今よりも更に硬かったし(それにちょっとボヤけた印象が強かったんですよね)。楽曲は今聴くと、特に悪いとも思わない。この流れで聴くと全然違和感ないし、取り立てて騒ぐ程の駄曲だなんて思えないんですが‥‥ま、言いたい人には言わせておきましょう。死んだ子供の歳を数えるのを続けるよりも、俺は今を、そしてその先を見据えて進んでいきますよ、ミキティと共に。

M-7. 銀色の永遠
  アルバム用の新曲その3。アレンジャーはAKIRA。彼得意のR&Bテイストのポップナンバーといった印象。「ブギートレイン'03」C/W曲 "大切"に通ずるタイプのナンバー、かな。あと、同じAKIRAが手掛けたモーニング娘。の "初めてのロックコンサート" にも似たアレンジですね。ただ、あそこまで派手な印象はなくて、もっと軽くて親しみやすい音。それはサビでマイナーキーからメジャーキーに転調するからかも。オープニングのオーケストレーションが一瞬MADONNAの "Papa Don't Preach" を思い出させます(ってそう感じたの、俺だけ?)これも既に名曲の域に達してると思うんですが、如何でしょう?

M-8. ボーイフレンド
  '02年11月リリースの通算4枚目となるシングル曲。詳しいレビューはこちらのシングルレビューを参照のこと。前半5曲の、てんでバラバラだけど「ポップ」をテーマにしたかのような構成に対して、"会えない長い日曜日"からの流れは「ダンサブル/R&B的」なイメージを受けます。この流れで聴くと、シングルとしてはちょっと弱かったかも‥‥と感じていたこの曲も非常に栄えてきます。メロの際立ちは他のシングル曲やアルバム曲同様、独特で素晴らしいものがあると思うんですけどね。

M-9. 満月
  アルバム用の新曲その4。アレンジャーは前曲から引き続き、鈴木Daichi秀行。彼だからというわけではないけど、EE JUMP辺りが歌ったらハマりそうな、適度にファンキーで適度にポップな、非常に印象に残るナンバー。このアルバム後半最大のハイライトといってもいいかもしれませんね。Aメロの運び方が黒人ファンクに影響を受けたニューロマンティック時代のDURAN DURANっぽいというか、そんなカッコ良さを持ってます。これ、ライヴで聴いた時は生バンドでの演奏だと思ってたら、実際には全部打ち込みだったんですね。ま、そんなの関係なしによく出来た楽曲。この曲での歌い方も、またそれまでとは違って、時に黒人ぽく喉を太くさせて歌ったり、時に可愛らしく歌ったり、そしてつんく♂ばりに「アー、アー、イェー」と合いの手入れたり。後半の「ダンサブル/R&B的」構成は、ここでひとつのピークを迎えるわけですね。この時点で、「もしかしてこのアルバム、名作の予感が‥‥」と誰もが思うことでしょう。

M-10. SHALL WE LOVE?(藤本Version)
  '02年11月に「ごまっとう」がリリースした同名シングルの、藤本ソロバージョン。当然アレンジは全く変わっていて、ここでは朝井泰生という人がバラード風R&Bとしてこの曲を蘇らせています。つうかこのアレンジ、お見事! ここまで、バラード曲が一切なかったので、丁度この辺りで聴きたいと思ってたところだったんですが、残り2曲は既発曲だし、ああ、バラードは今回望めないのか‥‥と思ってた矢先、この新たに生まれ変わった"SHALL WE LOVE?"が登場するわけです。松浦、後藤とそれぞれのアルバムの中でリアレンジされた"SHALL WE LOVE?"を披露してますが、もうミキティの一人勝ちといった印象。歌い方も当然、原曲のそれよりもちょっと力が緩んだかのような印象で、後半のフェイクは保田圭(モーニング娘。)のそれに匹敵するんじゃ!?と思わせる程。ミキティがモーニング娘。に編入後、保田のポジションを受け持つんじゃ‥‥という読みは、あながち間違ってないかもしれませんよ。

M-11. Let's Do 大発見!
'02年3月リリースの、藤本美貴デビューシングルのカップリング曲。詳しいレビューはこちらのシングルレビューを参照のこと。事実上のデビュー曲でアルバムを閉めるわけですか。後半のテーマとなった「ダンサブル/R&B的」構成は前曲"SHALL WE LOVE?"でしっとりと聴かせ、最後に原点であるこの曲で終わる形で完結。アルバムの構成としても完璧じゃないでしょうか? そして、こうやって聴くことで彼女の成長も一聴瞭然だし、このままリピートしてまた1曲目を聴くことで、それを具体的に体感したり。いろんな意味で興味深い1曲。そして「センキュー!」とミキティに言われて、「どういたしまして」と思わず返してしまいたくなる自分が、ちょっと好き。


◎総評
  途中で薄々気づいていたのですが‥‥これって名盤じゃないですか? 松浦が新曲7曲も入れながらファーストを越えられなかった点、後藤が満を持してのアルバムリリースだったにも関わらずコケた点を差し引いてこのアルバムと比べてみても、ダントツに「MIKI (1)」の方が優れてると思うんですよ。同じく既発曲が大半を占めた後藤の場合、古い楽曲のソロバージョン("赤い日記帳")や、同じ曲が別バージョンで2曲入ってる("手を握って歩きたい")といったマイナスポイントが目立つし、更にアルバムとしてのテーマもぼやけていて、統一感に欠けたんですよね(いい曲が多いだけに残念)。更に松浦も新曲7曲のクオリティーのバラつきが気になったし。新境地と呼べるようなナンバーもあるにはあったけど、誰もそういった路線を彼女に望んでいないというちぐはぐさ。悪くないアルバムなんですけどねぇ‥‥

  その点、ミキティのこのアルバムはどうでしょう。既発曲(シングル曲6曲)は当然クオリティが高いわけですが、それ以外の曲‥‥新曲4曲のバラエティー豊かさもハンパじゃないし、何よりもクオリティーの高さは折り紙付き。それぞれの楽曲を今のハロプロ界を代表するアレンジャー達によって手掛けられている点もさることながら、それらをミキティ自身が独特な色付けをしてる点も見逃せません。それはプロデューサーであるつんく♂によるところが大きいのは判っていますが、たった1年で彼の要求に十分応えられるだけの能力を身に付けたという事実には変わりないわけですからね。更に同じ曲を別のアレンジで、「ごまっとう」の3人に歌わせるというチャレンジも、ミキティは見事に戦いきったわけですよ。これはアレンジで得してますよね。松浦、後藤が原曲に比較的近いアレンジだったのに対し、ミキティのは違った印象を与える別モノ・アレンジとなっていたわけですからね。そういう意味では、藤本美貴のファーストアルバムっていうのは、我々が思っている以上に優遇されているんじゃないでしょうか?(その反面、後藤に対するケアが悪いように感じます。特にこれを聴いてしまうと尚更‥‥)

  誰もが期待してなかった作品が、実はかなり良かった、いや、もしかしたらこれは名盤なのかもと思えるようになってきた。そういうことってたまにあると思うんですが、これが正にそのアルバムですよね。松浦や後藤に期待するあまり、誰も藤本にまでそういった大きな期待を寄せていなかったのに、最後に勝ったのは松浦でも後藤でもなく、「ごまっとう」のナンバー3であるミキティだった、と。やはり2003年のモーニング娘。を、そしてハロプロを引っかき回すのは、間違いなくこのミキティですよ!

Name  けどね‥‥手放しで「名盤!」と叫べないんですよ‥‥ジャケットのミスプリントがねぇ‥‥(「last name : Miki」「first name : Fujimoto」って‥‥逆だろ普通!?)こんな凡ミスさえなければなぁ。ま、そこも含めてハロプロらしいってことで(いや納得出来るかぁ?)。セカンドプレスからちゃんと直ってるんですかねぇ‥‥未だオフィシャルから訂正が入ってないところをみると、今後はモーニング娘。加入を機に「姓を美貴、名を藤本」と改名するのかもしれませんね!(んなわきゃないって)



▼藤本美貴『MIKI①』
(amazon:国内盤CD


投稿: 2003 02 26 12:09 午前 [2003年の作品, ハロー!プロジェクト, 藤本美貴] | 固定リンク

2003/02/17

藤本美貴 ファーストライブツアー2003春 ~MIKI①~@赤坂BLITZ(2003年2月16日 昼公演)

  年が明けていきなり発表されたミキティの「娘。」編入。そんな中、新曲発表に続いてファーストソロツアーが開始。しかもアルバムまだ出てないし。大阪、名古屋と関東圏外からスタートした今回のツアー、いよいよ東京上陸。一体どんなステージになるのか‥‥今のミキティの勢いを正月ハロコン、そして新曲"ブギートレイン'03"から感じていただけに、数日前から非常に楽しみでした。

  整理番号が過去最高に悪かったものの、それでも何とか最前ブロックに潜り込み、会場が暗転したと同時に更に前方に移動。結果、ステージまで2~3メートルという距離まで近づくことに成功。位置的にはステージ向かってかなり左寄りでしたが、昨年観たあややの春コンも位置的にはこれくらいだったかなって気が。

  鉄道(しかも機関車)が走り出すS.E.と共に、あのブラスの音色が‥‥ってことで、2/26にリリースされるアルバム同様、ライヴ1曲目は新曲"ブギートレイン'03"。ハロコン同様、キッズが4~5人と、更にバックダンサーの女性がふたり加わり、かなり豪華なステージ(この女性ダンサーズはほぼ全般に渡って出演してました)。ミキティの声もかなり調子良さそう。テレビでは時々「あれっ!?」と感じる瞬間があったものの、今日はCDに近い、かなり力強いミキティが終始観ることができました。「あたし、ミキティ。文句ある!?」みたいな、そんなふてぶてしさ。それが得してるのか損してるのかは別として。

  軽いMCで自己紹介した後、"そっと口づけて ギュッと抱きしめて"に。ブギートレイン用の衣装を脱ぎ、比較的"そっと口づけて ギュッと抱きしめて"リリース時のそれに近い感じの衣装にチェンジ。キッズは既に引っ込み、ミキティの両脇には先のバックダンサーズが。多分、夏まゆみ先生のお弟子さんかと思われますが、何でこんなにブチャ(ry

  頭2曲で会場の空気を温めた後に、ちょっとクールダウン気味に最新シングルのカップリング曲"大切"を、CD以上にしっとりと歌いこなす。このライヴの前日に実験4号さんとも話していたのですが、やはり最後のストーンと落とすところは、ライヴでもゾクッときました。何時からミキティってこんなに器用な歌い手になったんだろう‥‥。

  続いて、元ルースターズの花田裕之アレンジでお馴染み"ケーキ止めました"。こういうロック調の曲、ミキティの野太い声にピッタリかと。ただ、客がノリ切れてない感じ。サビでの、あの'80年代のライヴ的な拳の振り上げ、あれだけはどうにかならないのかなぁ(苦笑)。ま、当のミキティも一緒になってそう煽ってたんだけど。

  さすがに90分以上のライヴをやるには曲が足りないのか(しかも今回のツアーってあややにおけるメロンや平家さん、稲葉さんみたいにゲストがいないし)、ここで昨年末リリースされた「FOLK SONGS 3」から2曲を披露。まずは尾崎亜美の"マイ・ピュア・レディ"。是非ライヴで聴いてみたい曲だっただけに、ちょっと得した気分。ミキティの歌い方もそれまでとちょっと違い、かなり肩の力を抜いた感じ。そして吉田拓郎の"結婚しようよ"はフォークというよりちょっとロック色の強いアレンジなので、ここまでの流れ的にも全然違和感なく馴染んでました。共にフルコーラスじゃなかったって点も良かったのかな。これはこれで貴重な体験でした(きっとモーニング娘。に加入したら、こういう曲を歌うミキティを体験できないだろうからね)。

  ここでまた衣装替えしたミキティ。ちょっとクールな感じの衣装に合った"SHALL WE LOVE?"のソロバージョンを歌う。が、バックトラックは「ごまっとう」のものと同じテイク。アルバムでは別アレンジらしいけど、今日は馴染みある「ごまっとう」バージョンでした。この曲もフルコーラスじゃなく、ちょっと残念。ただ、ソロで全部歌うミキティってのも、確かに新鮮だし、ごっちんやあややのパートも自分なりの解釈でちゃんと歌ってた点が好印象。そういえば、ここまでの7曲、音楽的にはてんでバラバラなんだよね‥‥以前、俺はミキティのことを「意外と歌える曲の幅が狭いんじゃないか」と評価したことがあったけど、どうやらそれは俺の誤算だったようですね‥‥いや、これは嬉しい誤算だわ。1年前、誰がこんな歌い手に成長すると予想してた? 俺はしてなかったね。そして、こんなにもミキティに夢中になってる自分をも想像できなかったよ(苦笑)。

  シングルカップリング曲の"恋よ!美しく"で再びしっとりモードに突入した後、いよいよファーストアルバム「MIKI①」からの新曲、"満月"を披露。これがね‥‥ホントにいい曲。いや、名曲ですわ。ダンス☆マンか鈴木俊介辺りがアレンジしたような、溌剌としたポップチューンをディスコ調にアレンジ、しかも生バンドのバックトラックなもんだから、これがかなり気持ちいい。実はこれ、鈴木Daichi秀行のアレンジだったんだね。驚き。そのDaichiが以前アレンジした"会えない長い日曜日"を更に昇華させたかのような名曲。当然、まだ聴いたことのない人が殆どだったにも関わらず、かなりの盛り上がり。これは今後のライヴでのキラーチューンになるでしょうね。いや~マジでアルバムが楽しみになってきた。

  ここでステージ後方に小さなスクリーンが降りてきて、MCで繋ぐ変わりにミキティがボーリングをする映像が流れる。スコアによって賞品が変わってくるんだけど、全部焼き肉絡みというのが何とも彼女らしいというか。結果は134という好スコア。つうか俺よりも上手いんじゃ‥‥(汗)

  映像が終わると、ステージに戻ってきたミキティが「初めて人前で歌った曲」というMCの後に"Let's Do 大発見!"を歌うんだけど‥‥1年前に正月ハロコンで聴いた時、何とも思わなかった彼女の歌に心惹かれている自分に、改めて驚いてるんだよね‥‥いや、そんな俺よりもミキティの方が凄く頑張って成長したんだよな‥‥先輩達(モーニング娘。やあやや等)のいいところを沢山盗んで、しかもそこにミキティらしい個性が加わって、他の何者でもない「藤本美貴」というシンガーが出来上がったんだよな‥‥そう考えると、改めてこの1年というのは本当に大きかったなぁ、と。その成長/成功に立ち会えたことを正直嬉しく思います。

  再びアルバムからの新曲タイム。"銀色の永遠"はAKIRAアレンジらしいんだけど、R&Bテイストの純ポップという印象。マイナーキーで徐々に盛り上げて、サビでメジャーに転調するところでゾクッときた。すげぇいい曲。で、これをまたミキティがしっかり歌いこなしてるんだわ。曲の良さとアレンジ力とミキティの底力が上手く噛み合った、かなりの名曲ではないでしょうか。

  続いて、それまでの空気を一変させる、ブラストビート風のツーバスサウンドが‥‥はっ!?何これ!?ブリブリのベース、スラッシュ並みのドラム、そしてザクザクと刻み込まれるギターリフ。これが噂のジャーマンメタル風新曲"涙GIRL"ですか‥‥確かにこりゃ、ジャーマンだわ。曲全体の印象はGAMMA RAYとかBLIND GUARDIAN辺りの、メジャーキーの疾走チューンなんだけど、中間部でのベースライン(というか、ベースのランニングフレーズ)が、ちょっとマイケル・キスク在籍時のHALLOWEENっぽいんだよね、"Eagle Fly Free" とか、あんな感じのベース。そう、曲の感じもあんな感じの疾走チューン。で、メロもしっかりしてるし、ミキティもノリノリだし、文句なし。つうかつんく♂、今更こんな曲やらせやがって、頭おかしいよ、ったく。既にここまでの3曲を聴く限りで、ファーストアルバムは名作の予感が。

  メロンの時みたいなボディサーファーやモッシュする奴らは皆無だったけど、まぁ無難に拳を振り上げて盛り上がった"涙GIRL"だったわけだけど(‥‥そうか、メロンのファン層と比べて、年齢層が低いのか?)、再びスクリーンが降りてきて、今度はあややの応援メッセージが。あややが登場して大いに沸く会場。つうか誰のライヴだよ!?(苦笑)話の内容は、ま、いつも通りの「一緒にプリクラを撮って遊んでる(そのプリクラも数点披露)」「お互いの家に泊まりに行ってる」「一緒に泡風呂に入る」「一緒の布団で寝る。しかもミキティ、寝ぼけて腕を上げて新聞を読みながら寝てるかのようなポーズを取る」「お揃いのツナギを原宿で買った」等々、確信犯的なあややトークが炸裂。あの時あの会場内で何かイケナイ気持ちになったのは、何も俺だけではあるまい(苦笑)。

  あややのぶっちゃけトークの後、そのあややが「紅白でも歌った、大好きな曲」ということで曲紹介を‥‥大ヒット曲"ロマンティック 浮かれモード"が。あのピンクレディ "UFO" 的ギンギラ衣装ではなかったものの、十分に魅力的。この頃になると、さすがにバックダンサーズが多少ウザく感じられるように‥‥可愛かったらまた違ったんだろうけど(ヲイヲイ)。

  アルバムからの新曲最後の1曲となる"駅前の大ハプニング"は、如何にも渡部チェルのアレンジらしい、ポップな1曲。モーニング娘。でいうところの "いいことある記念の瞬間" 的なモータウン調のリズムで、恐らくこれも生バンド演奏なんだろうね、バックトラック。ここでこういう小気味いい1曲を持ってくるのは上手い構成だな、と感心。続いてデビュー曲"会えない長い日曜日"。それ程いいと思えなかったリリース当時が嘘のように、今では普通に馴染んでて、しっかり口ずさんでる自分が‥‥それにしても、ステージ左右を「MIKI①」と書かれたフラッグを振って行き来するバックダンサーズは如何なものかと。さすがにこれは目障りだったよ。個人的にはこの曲で本編終わればよかったのに、と思ってたら最後にもう1曲、シングル曲"ボーイフレンド"を持ってくるとは。あややでいうところの "LOVE涙色" 的ポジションなのか、この曲って‥‥そうとは全然思えないんだけど。この曲は前半~中盤のまったりパートで聴かせて初めて活きる曲なんじゃないの!?と、さっきまで曲順構成をべた褒めしてた人間とは同一人物と思えない程の酷評っぷり。とにかくこの曲でライヴ本編を終えたことに、かなりの違和感が残りました。全体の構成が良かった分、余計にこの曲がこのポジションで鳴らされたことに対して、違和感を強く感じちゃったんでしょうね。残念です。けど、ミキティのパフォーマンス自体は終始ムラなく、立派なものでしたよ。

  ここで本編は終了。当然アンコールを求めるコールが始まるわけですが‥‥俺、ここでちょっと冷静になっちゃったんですよ。ほら、やっぱ"ボーイフレンド"で終わられてもねぇ‥‥で、数えてみたんです。ここまで演奏された曲を‥‥そしたら、もう主要曲は残ってないんですよね。あややみたいにアルバム用の新曲が7曲もあるわけでもなく、シングルヒット曲は全部やっちゃったし。と、なるとアンコールには何を歌うんだ‥‥

  再びステージに登場したミキティ。あややみたいな計算し尽くされたMCとは違い、ある程度の台本はあるものの、それを自分なりの言葉で表現しようと四苦八苦してる様が手に取れました。所々、絶叫に近い叫び声で誤魔化したり、とか。クールなイメージがあるものの、今日このステージを我々が思っている以上に興奮して楽しんでいたミキティ‥‥それを十分に感じ取れた瞬間でした。

  そして、最後の最後に「心を込めて」歌われたのは、その"ボーイフレンド"のカップリング曲である名バラード"幼なじみ"。おお、そうきたか‥‥バラードでしっとりと終わる気か‥‥歌い出しでの、つんく♂の「ウー、アー、イェー」が大音量で響く中(ホント、恥ずかしくなるくらいにウザいし、萎えるんだよね、これ)、笑いを堪えながらミキティを見つめる俺、そして一言一句を丁寧に、優しく歌うミキティ。いやぁ、正直感動した。泣くとかそういう感動じゃないけど、胸がキュンとした。恋した、っていうの、これ? いやいや、マジでそんな錯覚に陥りそうな程、藤本美貴というシンガーの力量が最後の最後に感じられました。そして、約90分に及ぶライヴは終了したのでした‥‥

  正直言って、ここまでいいライヴになるとは思ってませんでした。いや、いいライヴにはなると思っていたんだけど、ここまでとは‥‥勿論ヒット曲の良さもあるし、カップリング曲も捨て曲ないし、フォークソングも程々で良い感じだったし、"SHALL WE LOVE?"ソロバージョンも良かったんだけど、それ以上に今日初めて聴いたアルバム用の新曲4曲のクオリティの高さに驚かされたってのが一番大きかったです。アルバムはこの4曲に"SHALL WE LOVE?"+シングル5曲+事実上のデビュー曲である"Let's Do 大発見!"の、計11曲入りなんだけど‥‥当初、ごっちんのアルバムの例があったので「新曲4曲って‥‥シングル曲で誤魔化されそうな感じのアルバムだな」と、そこまで期待してなかったんですよ、新曲。けど、前評判はいいし‥‥いやぁ、4曲じゃ少ないよマジ。あややみたいに6~7曲は欲しかったなぁ、これだけのクオリティを持った曲が作れるんなら(ま、4曲だから、っていう取り方もありますが)。

  捨て曲がない、いい曲満載のライヴ。しかも余計なゲストがない分、藤本美貴を思う存分堪能することができる、素晴らしいライヴでした。正直、90分じゃ短いくらいですよ(実際、アッという間だったし)。今日のライヴ観て、4月のZEPP TOKYOも行きたくなっちゃったじゃないですかぁ!

  多分‥‥多分だけど‥‥ミキティ、娘。に入る前にもう1曲、シングル出るんじゃないかなぁ。4月頃に。ツアー後半戦、その曲がライヴでの新たなキラーチューンになるんじゃないかと、まだ聴いてもないのに(しかもあるかどうかも判らないのに)予想してます。

  ‥‥モーニング娘。に入れるの、マジで勿体ないって。


[SETLIST]
01. ブギートレイン'03
—MC—
02. そっと口づけて ギュッと抱きしめて
03. 大切
04. ケーキ止めました
—MC—
05. マイ・ピュア・レディ
06. 結婚しようよ
07. SHALL WE LOVE?
08. 恋よ!美しく
09. 満月
—VTR (ボウリング)—
10. Let's Do 大発見!
11. 銀色の永遠
12. 涙GIRL
—VTR (松浦亜弥からの応援メッセージ)—
13. ロマンティック 浮かれモード
14. 駅前の大ハプニング
15. 会えない長い日曜日
16. ボーイフレンド
—ENCORE—
—MC—
17. 幼なじみ



▼藤本美貴『MIKI①』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2003 02 17 12:30 午前 [2003年のライブ, ハロー!プロジェクト, 藤本美貴] | 固定リンク

2003/02/10

藤本美貴『ブギートレイン'03』(2003)

  「化けた。」その一言が第一印象となる、ミキティ通算5枚目、2003年一発目‥‥そしてモーニング娘。編入前最後となるであろうシングルは、とにかくいろんな意味で面白いものとなりました。

  まず、楽曲の良さ。人によっては「相変わらずつんく♂はダメ」って思うかもしれませんが、俺的にはかなりのヒット。メロン記念日「赤いフリージア」同様、発売前からかなり注目していた1曲です。こうやってCD音源にてフルコーラス聴いてみて、改めて楽曲の良さを実感。鈴木Daichi秀行らしい大味なアレンジは相変わらずですが、敢えてギターとピアノ以外を全て打ち込みで表現したことで、重いボーカルとは相反するバックトラックが生きてきたように感じられます。ギターもナチュラルなトーンを基本として、ソロパートでの歪み具合もかなり抑えられてます。そしてピアノ。タイトル通りの、ブギウギピアノプレイを堪能することが出来ます。

  そして先にも書いた、ミキティのボーカルの「重さ」。この曲一番のポイントは「シンガー・藤本美貴」の覚醒ではないでしょうか。既に既発の楽曲からも感じられていたし、何よりも「ごまっとう」での後藤真希や松浦亜弥との比較で、よりその特異性が際立ったのではないでしょうか。今回、ブギウギということで、かなり乱雑で蓮っ葉な歌唱スタイルで、尚かつ所々に飛び込んでくるファルセットや男っぽく喉をギュッと締め歌ったり等、これまで以上にいろんな技術を要する楽曲となっていますが、彼女はこれを見事にこなしています。彼女のこれまでの歌唱は、伸ばすフレーズの末音が不安定気味で、それが微妙なビブラートと相俟って、後藤とも松浦とも違った「個性」として受け入れられてきたり、また他の二人と比べてもかなり声質が太く、そしてベタっとした重さを持った、ハロプロ内でもかなり独特なものだと俺は認識しています。アイドルアイドルした楽曲("そっと口づけて ギュッと抱きしめて"や"ロマンティック 浮かれモード")でも決して媚びたような歌い方ではなく、自己主張を感じさせるような力強さすら感じられたと思います(逆にいえば、そういう危うさの希薄な点が、後藤や松浦と違って彼女をアイドルとして数歩劣った見方をさせていたのかもしれません)。

  しかし、俺はミキティにはそういった路線ではなく、もっと男性的な路線を与えることで、逆に彼女の女性らしさ‥‥艶っぽさのようなものが強く感じられるようになるんじゃないのかな?なんて思ってまして。「ごまっとう」で与えた路線も確かに面白いものではありましたが、やはり今回の楽曲を歌いこなすミキティを知ってしまうと「やっぱりこれだよ!」と思うわけです。

  歌唱スタイル、ちょっとした節回しは完全につんく♂のそれなのですが、ここまでコピーするか!?というような細かな癖(吐き捨てるような語尾の微妙さ等)も見事にトレースし、同じ「つんく♂作品」でも松浦や後藤とは全く異なる空気感を持った1曲となってます。後藤や松浦もかなりつんく♂歌唱のトレースは上手いと思いますし、ミキティのそれはまだふたりには追いついていないかもしれませんが、この微妙なさじ加減が個人的にはかなりツボなんですよね。

  とにかく、最初の歌い出し。これだけでもかなりゾクッとしますよ。ああ、ミキティもいよいよここまで来たか‥‥と思わずにはいられません。

  一方、カップリング曲の"大切"は、お馴染みAKIRA氏による今風のR&Bテイストのポップソング。とはいうものの、バックトラックがそれ的なだけで、メロディラインや全体の雰囲気はそこまで黒っぽくはなく、路線としてはメロン記念日「香水」に近いといえます。ここで聴ける抑えた歌い方は、前作"ボーイフレンド"カップリングの"幼なじみ"でのそれですね。メロディ的にも近いものを感じますし。こういう切ない感じの曲になると、彼女の力の抜き具合がどの程度上手くできるかで勝敗が決まるわけですが、今回もいい感じになっているんじゃないでしょうか。ただ、もっと緩くてもいいかなぁ‥‥と、個人的な趣味だとそう感じますけどね。ま、この辺は人それぞれの感じ方があるでしょうから、一般的に見れば結果オーライかもしれませんが。

  タイトルナンバーではアッパーで男っぽい力強さを誇張し、カップリング曲では女性的な切なさを表現。シンガーの表裏をみせる1枚のシングルとしては、上出来じゃないでしょうか? 昨年出たどのシングル曲よりもこのシングル収録の2曲が好きですね、俺。如何に今の藤本美貴が波に乗ってるか、(それが事務所の綿密な策略だとしても)如何にして彼女がモーニング娘。編入への切符を手にしたのかを感じさせるに十分な出来となってるのですからね。



▼藤本美貴『ブギートレイン'03』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2003 02 10 12:24 午前 [2003年の作品, ハロー!プロジェクト, 藤本美貴] | 固定リンク

2002/12/25

藤本美貴『ボーイフレンド』(2002)

  前作から2ヶ月足らずでリリースされることとなった4枚目のシングル。これまでのアッパーなメジャーポップチューンとは一転して、マイナー調の切ない印象のナンバー。あややでいうところの"100回のKISS"では?なんて声もありましたが、俺は全然そう思ってないんですよ。むしろ、ミキティにとってのそういう曲はまだ先になりそうな気がしますね。もう1~2曲いろんなタイプの曲を歌わせてみたいですね、マジで。

  この"ボーイフレンド"は俺、ミキティの声を想定して作られた曲だな、と思うんですよ。これをあややとかごっちんが歌ってるところ、俺は想像できませんね。ミキティだからこそ歌える、彼女の為に作られた1曲。最近、テレビで彼女がこの曲を歌っているところに遭遇する度、その思いは更に強くなっています。アレンジの鈴木Daichi秀行もデビュー曲での印象を一変するくらいのいい仕事振りですしね。

  一方、カップリング曲にはTATOOアレンジによるバラードナンバー"幼なじみ"は、つんく♂による「アー、イェー」がかなりウザいですが、曲とボーカルパフォーマンス自体はかなり良いと思います。セカンドシングルでもバラード調の曲をやっていましたが、同じような歌唱法ながらも、若干今回の方が肩の力の抜き加減を覚えてきた印象を受けます。いろいろな場で歌う経験を積んだ結果、あるいはレコーディングを数こなしてきた結果でしょうか。ホント、曲も唄もかなりイイだけに、つんく♂の声が邪魔で邪魔で‥‥わざとやってるんですかね、やっぱ?(だったら殺意を抱くね、つんく♂Pに対して)

  デビュー曲と聴き比べると、人間ってたった1年足らずでこんなにも成長するもんなんだな?と改めて実感。ルックスや表情的にもどんどんアイドルらしさに磨きがかかってきたし、「ごまっとう」を通過したことで今後、更に大化けする可能性を秘めてます。実際、ここ最近になって「ミキティかわいいよね?」という声を実世界でよく耳にしますし(多いんですよ、俺の周りでも)。

  来年2月にスタートする初のソロツアー、そして同月下旬にリリース予定のファーストアルバム「MIKI①」。そのちょっと前には5枚目のシングルも出るんだっけ?(確か「ブギートレイン'03」ってタイトルだっけ??)‥‥更に凄い快進撃が始まりそうですね。



▼藤本美貴『ボーイフレンド』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2002 12 25 12:22 午前 [2002年の作品, ハロー!プロジェクト, 藤本美貴] | 固定リンク

藤本美貴『ロマンティック 浮かれモード』(2002)

  またまた3ヶ月に満たないペースでリリースされたサードシングル。ここで一気にブレイクします。やっぱりここは楽曲の良さでしょう。まず"ロマンティック 浮かれモード"というタイトルでドカンとくるわけですよ。

  如何にもつんく♂なタイトル。で、曲も完全な王道アイドルポップ。衣装のイメージからピンクレディーを思い浮かべる人が多いようですが、俺はそれよりも楽曲のイメージや衣装の雰囲気、そしてミキティの表情やスタイルから、全盛期の森高千里を思い浮かべたのですが‥‥どうでしょうか? もう、なるべくしてなったという感じ。ここで俺の中でも一気に大ブレイクするわけですよ、ミキティが。あの中途半端な「ヘ~イ!」とか、もう最高なわけですわ‥‥あ、いや、楽曲の評価になってませんなこれ。えっと‥‥アレンジは上杉洋史。ここでちょっと変化球を投入された感じで、聴き手のこちらとしてもドキリとさせられました。

  更に変化球なカップリング曲"ケーキ止めました"は、かの花田裕之によるアレンジ。そう、伝説のルースターズのギタリスト/ボーカリスト、現在はROCK'N'ROLL GYPSIESとして活躍しているあの花田氏です。しかも楽曲の演奏を同じく元ルースターズ、現ROCK'N'ROLL GYPSIESの下山淳や、元AJICO、現在は花田のソロツアーのドラマーでもある椎野恭一が担当。実際、楽曲のスタイルもアーシーな感じのマイナーロックで、所々つんく♂っぽい変なエフェクトが入ったりしますが(ギターにまでエフェクトかけまくりなのにはちょっと萎えますが)、こういう無骨なロックナンバーはミキティの太めの声には合ってますね。

  あややはパンク、ミキティはアーシーなロックンロール。俺の中ではこういう方程式があったりします。つまり、あややはカリスマ的な存在になりうる可能性を秘めているわけですが、ミキティっていう子はもう庶民的に、ひたすら判りやすいスタイルで我々に近いスタンスを取って活動を続ける‥‥みたいな。この1曲でそんな妄想をしてしまう程、このシングルでの2曲の対比は面白いですね。これまで出来が素晴らしいシングルです。



▼藤本美貴『ロマンティック 浮かれモード』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2002 12 25 12:19 午前 [2002年の作品, ハロー!プロジェクト, 藤本美貴] | 固定リンク

藤本美貴『そっと口づけて ギュッと抱きしめて』(2002)

  あややと同じよなペースで3ヶ月後には早くもセカンドシングルをリリースするミキティ。ちょっとこの辺りからルックス的にもあか抜け始めます。で、俺の中でもちょっとずつ好印象に。あ、最初に断っておきますが俺、最初はミキティ、苦手だったのね。正月ハロコンのライヴレポ~娘。春コンレポを読んでもらうと判ると思うんだけど、イマイチ馴染めなくて。それがこの"そっと口づけて ギュッと抱きしめて"で急に馴染み始めるわけですよ。

  この曲はまずPVで最初に目に耳にしたんで、あのメインのサビ箇所でのミキティの視線にドキッとしつつ、曲のキャッチーさにやられたんですわ。如何にも渡部チェルらしいアレンジで、中間部ではお約束の如く「カノン」コードが登場したりします。つんく♂が得意とする二段サビ構成が上手く機能してる、とてもポップな1曲。Bメロとなる1段目のサビでのアイドルポップらしいサビと、一転してちょっとシリアスムード漂う大サビとの対比が絶妙。俺、今のところこの曲がミキティの楽曲の中では一番好き。ライヴでのショートバージョンよりも、フルサイズでの完璧に計算された構成の方が全然いいです。

  一方、高橋諭一アレンジによるカップリング"恋よ!美しく"も、煌びやかなサウンドを用いたシンプルなバラードナンバー。ただ、まだまだ一本調子な印象のミキティの歌唱法によって、完全にはこの曲に彼女の声がマッチしてない気がしないでもない、かな? もっと切ない感じで、肩の力を抜いて歌ってもいいかなぁ‥‥という気も。ま、その辺は今後経験を積むことでドンドン良くなっていくでしょう。楽曲としてもシンプルな小楽曲といった感じで、特に悪いとも感じないのですが‥‥ま、如何にもB面曲という印象は拭えませんが。やっぱりこのシングルはタイトル曲の完成度に尽きると思います。



▼藤本美貴『そっと口づけて ギュッと抱きしめて』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2002 12 25 12:17 午前 [2002年の作品, ハロー!プロジェクト, 藤本美貴] | 固定リンク

藤本美貴『会えない長い日曜日』(2002)

  藤本美貴はご存じかもしれませんが、モーニング娘。の4期メンバーオーディションでの落選組だったわけですよ。つまり、彼女は石川、吉澤、加護、辻の4人に負けたわけです。で2000年春に負けながらも、そのまま放っておくには勿体ないと判断した事務所が秘密裏にアイドルとして育成、2001年秋にスタートした「新・美少女日記」からレギュラーとしてテレビ出演開始。翌2002年1月のハロコンより我々の前に登場、という形で前年に同様のパターンでメディアに露出し始めた松浦亜弥と同じ道筋を辿り始めたのでした。

  本作はそんな彼女の、今年3月にリリースされたデビューシングル。当初はカップリング曲の"Let's Do 大発見!"が2002年1月から「新・美少女日記」のオープニングテーマ曲として使用、また正月ハロコンでもラストの横アリ以外で歌われていたため、こっちがA面曲だと思っていたのだけど(実際にメディアにもそうアナウンスされていたはずなんだけど‥‥)、発売前になって急遽この"会えない長い日曜日"に変更。その辺の事情はよく判らないけど、まぁどっちがデビュー曲としてよりキャッチーか?ということで差し替えたんでしょうね。

  で、そのA面曲となった"会えない長い日曜日"は、悪名高き鈴木Daichi秀行アレンジ曲。いや、悪くないですよ。悪くないけど‥‥可もなく不可もなくといった平均点的な出来とも言えるかな。打ち込み主体の、春っぽい感じのポップチューン。逆にカップリングに回された"Let's Do 大発見!"は生バンド演奏による、アッパーでファンキーなナンバー。アレンジが鈴木俊介というのも納得の出来。こちらの方がよりつんく♂的と言えなくもないかな。個人的な趣味でいえば、俺はこっちの方が好きなんだけど。

  けどね、今改めてこの2曲を聴き比べてみると‥‥やっぱり"会えない長い日曜日"の方がよりA面的かもと感じるわけです。テレビで使用されたテイクと若干違う"Let's Do 大発見!"は歌い慣れた感じがあるけど、ちょっと硬さが残る歌唱の"会えない長い日曜日"の方が初々しいかな。ま、あややのデビュー時を考えるとこういうタイプの楽曲が春デビューには向いてるのかもね。一聴してカッコイイのはカップリングの方で、耳に馴染みやすいのはA面曲の方という風に今は感じています。



▼藤本美貴『会えない長い日曜日』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2002 12 25 12:14 午前 [2002年の作品, ハロー!プロジェクト, 藤本美貴] | 固定リンク