2007/09/04

SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2007(2007.9.2)

 昨年まで日比谷野音で開催されていたスペシャ恒例の野外イベント「SWEET LOVE SHOWER」が、今年は山中湖畔で開催。しかも初の2日間開催ということで、フェス並みに豪華なアーティストが勢揃い。諸々仕事でもお世話になっていることもあり、昨年に引き続き今年もお邪魔させていただきました。

 が……


 当初の予定では、2日とも参加する予定でしたが、初日の9月1日はバスの集合時間に目覚めるという大失態を犯してしましました。もっとも、仕事も山ほど残っていたので、行ったら行ったで今頃大変なことになっていたわけですが……

 2日目の9月2日のみ、何とか参加することができました。会場は昨年オープンした山中湖交流プラザきらら。ホントに目の前に山中湖があって、ステージ裏が吹き抜け状態で、そこから富士山が一望できる……はずだったんだけど、初日もこの日もあいにくの曇り空。お日様が刺すことはなかったものの、やはりそれなりの標高ということで、しっかり日に焼けましたよ。初日は霧が酷くて一時はステージが見えない状況に陥ったみたいだけど、2日目はそこまで酷くはならず、まぁ夕方に小雨がぱらつく程度で済みました。

 会場も、そしてシチュエーションも最高の中で、2007年の夏フェスシーズンの最後を飾るこのイベント。いったいどんなもんだったかというと……楽しかったですよ。それなりにしっかりオーガナイズされていて、ほぼオンタイムでスケジュールが進んでいたし。ソールドアウト状態だったけど、1万人程度しか入れてないということで、そこまで人が多いとも感じなかったんだよね。適度に休める場所もあり、逃げ場も多い。これ以上のスケールアップを図ろうとしなければ、最適の場所だよね。今後、ここを使ったフェスや野外イベント、どんどん増えるんじゃないかな。

 さ、全体の感想はそんな感じで。観たアーテイストの簡単な感想でも書いていきますか。

■monobright
 この夏にメジャーデビューを果たしたギターロックバンド。音源を聴く限りでは可もなく不可もなくといった感じだったけど、ライブも正直そこまで「これ!」というスペシャルなものは感じられなかったかな。決して悪いバンドだとは思わないけど、今彼らを聴くならもっと聴くべき存在がたくさんいると思うんだけど……辛口かもしれないけど、これが正直な感想。


▼monobright「頭の中のSOS」(amazon:日本盤


■BEAT CRUSADERS
 先月「MELON LOUNGE」で観て以来だったけど、基本的にはあそこでやったセットリストに近いかな。途中で機材トラブルがあったみたいだけど、いつもどおりの盛り上がりでした。俺が観てる位置からステージ袖がよく見えたんだけど、マキシマム ザ ホルモンの亮くんとナヲ姉さんがノリノリでステージを楽しんでました。そんな亮くんのリクエストということで、サザン「希望の轍」のカバーが登場。レア曲だけに、ちょっとラッキーだったかも。ま、そばにあったのは湘南の海じゃなくて単なる湖だけどな。


▼BEAT CRUSADERS「EPopMAKING〜Popとの遭遇〜」(amazon:日本盤


■9mm Parabellum Bullet
 音源ではずーっと気に入っていたバンド。今回が初見だったけど、すんげーツボだった。「パンク・メタル・エモ・ハードコア・J-POPなどあらゆるジャンルを呑み込んだ独特な音楽性」とあるけど、実際ライブみて実感したのは、こいつらはAT THE DRIVE-INの日本国内における正統的な後継者なんじゃないかってこと。パフォーマンスといい、サウンドといい、本当にあの最高だったバンドのいい時代を思い出させてくれました。ヤバイね、今後のブレイクがすんげー楽しみ。


▼9mm Parabellum Bullet「The World e.p.」(amazon:日本盤


■YOUR SONG IS GOOD
 えーっと……寝ながら聴いてたけど、半分寝てた。最後のほうでSAKEROCKのハマケンがゲスト出演したとこは覚えてる。楽しそうでしたよ。ゴメンね、前日一睡もしてなかったもんだからさ。


▼YOUR SONG IS GOOD「HOT! HOT! HOT! HOT! HOT! HOT! 」(amazon:日本盤


■マキシマム ザ ホルモン
 今年のライジング以来だから、2週間ぶり。いやぁ、しっかり楽しませてもらいました。ライブ中盤、俺の目の前に某RO社の社長さんらしき人がじっくり観戦してるのが確認できたんだけど、例の「恋のおまじない」のときに苦笑いしながら、どこかへ行っちゃったよ。
 ま、そんな話題はどうでもいいんだけど……気持ちいいくらいにデス声が山中湖に響き渡ってた。セットリストはライジングとほぼ一緒かな。


▼マキシマム ザ ホルモン「ロッキンポ殺し」(amazon:日本盤


■Ken Yokoyama
 今年の夏フェスシーズンでは初めて。基本的に過去2枚のアルバム+シングル曲が中心。今年の夏フェスでは、9月発売のニューアルバムからの曲は演奏しないで、本ツアーに取っておくつもりだったみたい。でも9月のスペシャ「VIP」に選出されてる都合もあってか、新作からPVにもなった「Why」がライブ初披露されてました。あとHUSKING BEEトリビュート収録の「Walk」もライブで初披露。やっぱりこの人のステージを観ると、グッと来ちゃうんだよね……実際、この日一番暴れまくってたもん。連れがカヌーに乗って俺ひとりだけだったからかな。気付いたら思いっきり涙ぐんでた。いいライブだったなぁ……


▼Ken Yokoyama「Third Time’s A Charm」(amazon:日本盤


■チャットモンチー
 全曲シングル曲という豪華なセットリスト。ていうか、去年のこのイベントにも出演してたけど、あのとき初めてライブで「シャングリラ」聴いたんだよな。そういう意味じゃ、この1年で本当に大きく成長したバンドだね。1年前の感じた頼りなさは、今や感じられないものね。適度なユルさを残しつつ、強靱なバンドサウンドを鳴らすようになったし、これ今度のアルバムでさらに化けるかもしれないね?


▼チャットモンチー「橙」(amazon:日本盤


■ハナレグミ
 バンドスタイルでのライブ。春に「ARABAKI ROCK FEST」で観たときに近いセットリストでした。なんか永積くんが異常に陽気で、大丈夫?って途中で心配になったよ。いや、楽しそうだったからいいんだけどね。そういえば友人と話していて気付いたけど、俺もしばらくハナレグミを野外でしか観てないなぁ……


▼ハナレグミ「hana-uta」(amazon:日本盤


■ウルフルズ
 ウルフルズ、ひさしぶりにライブ観たなぁ……アラバキではSOUL FLOWER UNIONの裏で観れなかったからね。それにしても……ヒット曲満載の、すんげーセットリストだったなぁ。いきなり「サマータイム・ブルース」の子供ばんどバージョンだもんな。「ええねん」「泣けてくる」「サムライソウル」「バンザイ」「いい女」etc.……それでアンコールが「ガッツだぜ!!」だもんね。こういうフェスにピッタリのバンドですわ。そして、夏の締めくくりにふさわしいパフォーマンス。ライブ終了後には、いままでのフェスでは考えられない数の花火。あぁ、夏も終わりだなぁと改めて実感してしまいましたよ。


▼ウルフルズ「ベストやねん」(amazon:日本盤


 ……異常に長くなっちまったなぁ。こんな細かくレポート書くつもりなかったんだけどね。ひとまず夏フェスはこれで終わって、次は秋フェス……「朝霧JAM」ですわ。もちろん今年も行きます。今から楽しみですよ、1ヶ月後が。

投稿: 2007 09 04 03:50 午前 [2007年のライブ, Ken Yokoyama, 「フェス」, ウルフルズ, チャットモンチー, ハナレグミ, マキシマム ザ ホルモン, 9mm Parabellum Bullet] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005/10/15

ドキュメント・朝霧JAM '05

 2001年からスタートし、今年で開催5回目となる「朝霧JAM」に10/1〜2と行ってきました。2001年だけ行ってなくて2002年からの参加だったのですが、今年は初年度同様久し振りに「雨のない」朝霧となりました‥‥雨に見舞われることが多かった今年の夏フェスシーズン、最後の最後でこれですか‥‥お陰で山焼け(顔や腕が真っ黒で、数日後に皮が剥ける程)しちゃいましたよ。2週間経った今でもまだ腕が異常に黒いんだもん‥‥

 朝霧といえば毎年必ずといっていい程『雨』のイメージが強く、特に去年はライヴスタート直後から降り出し、結局2日目終盤まで降ったり止んだりの繰り返しで日が射すことはありませんでした。そういうこともあって、今年初めて行くという友人達には「雨は当たり前と思ってね」って口を酸っぱく言っておいたら、これですよ。なめられてますよ、朝霧! 来年大変な目に遭っても知らないぞ!?

   asagiri0501

 なんて冗談はさておき。今回は天気良かったのと、往復の交通状態が非常にスムーズで、まぁ朝早めに出たのもあったんですが、10時過ぎには駐車場入り、11時前には会場に着いてました。30分後にはテントも建て終わり、早くも乾杯‥‥この時点でライヴスタートまで残り2時間半‥‥今年のメンツは豪華過ぎて「飲んでる暇がないよ!」と違った方向に怒りをぶつけていた俺ですが、これでひと安心‥‥んん、何か間違ってるような‥‥

 今回も観たライヴに関して、軽めのレポを書く程度にとどめておきます。ここから先、長くなるので注意してくださいね。


■DAVID BOYLES(RAINBOW STAGE)
 実はテント建ててる最中に、この日のトップバッターであるデヴィッド・ボイルズがリハをやってたんですよ。アルバムはライヴ前に買ったばかりで全然聴いてなかったんですが‥‥リハで数曲聴いて、結構気に入ったなぁ。ジャック・ジョンソンみたいなフォーキーな要素も強く、だけどねちっこい黒さも備わっていて、リハなのにプリンスの "Kiss" を見事にカバーして大歓声を浴びてましたからね。プロフィールを見るとジャミロクワイやプリンスから影響を受けた、みたいなことが書いてあって非常に納得したのでした。
 でも‥‥ここで数曲聴いて、結構満足しちゃったかな。丁度裏のMELTONEが観たかったから、大変助かりました(オイオイ)。


▼DAVID BOYLES「THANK YOU」(amazon


■MELTONE(MOON SHINE STAGE)
 久し振りに観ました。去年のフジロック以来? 今年も夏場にフリーライヴとかに出演してたので観る機会はあったはずなんだけど、どうにもこうにも予定が合わなくて。やっと観れた感じですね。
 知らない間に出てた2ndアルバムの曲が中心だったと思うんだけど、更にプログレッシヴになった印象があったなぁ、ライヴを観た限りでは。ただひたすら肉感的に踊らせてくれた前作とはちょっと質感が違ったような。でも嫌いじゃないよ。結局(酔ってたせいもあるけど)終始気持ち良く踊らせてもらったし。初めて観た友人達も喜んでたようだし。


▼MELTONE「Wonderful View」(amazon


■ohana(RAINBOW STAGE)
 ハナレグミ+Polaris+クラムボン、という異色ボーカルユニット。しかもバックのメンバーも強者揃い。スカパラ(ていうかフィッシュマンズと言った方がいいか、この場合)からの刺客もいるし。
 まだ音源とか出てないし、この日が初ステージってこともあったんだけど、とにかくエンターテイメント性の強いボーカルグループだな、と。観ていて非常にほんわかさせられたし。曲もRAMONESのカバー等を取り混ぜて(しかもレゲエ調にアレンジしてね!)、まだ誰も聴いたことのないオリジナル曲を1時間近くに渡って繰り広げてくれたのですが‥‥これはかなり期待していいと思いますよ! 少なくとも俺は買う。無条件で買うもん!


▼ハナレグミ「hana-uta」(DVD付)(amazon


 この後、会場内をブラブラしつつA HUNDRED BIRDSやMO'SOME TONEBENDERをチラ観しつつ、酒呑んでました。そして、いよいよこの日のメインが‥‥


■FLOGGING MOLLY(RAINBOW STAGE)
 名前は知ってたものの、実は直前まで音は聴いたことなくてさ。ボーカルが元FASTWAY〜KATMANDUのデイヴ・キングだということを数週間前に知らされて、慌ててCDを注文したんですが‥‥いやーっ、何でもっと早くに聴いてなかったんだ俺!?と後悔したくらい、自分にとってツボでしたね、このサウンド。「アイリッシュ・パンク」‥‥所謂アイリッシュ・トラッドとパンクの融合なわけで、それこそPOGUESやSOUL FLOWER UNIONが好きなら絶対に気に入るサウンドじゃないですか(いや、それよりもDROPKICK MURPHYSが好きなら〜と言った方がいいか?)。とにかくそういう、自分にとってど真ん中のサウンドなわけですよ。
 で、ライヴも勇んで最前列近くまで行ったら‥‥始まった途端にモッシュ&ダイヴの嵐。当たり前だっつーの。けど朝霧でモッシュ&ダイヴは珍しいなぁ‥‥いや、SFU以来か、こんなに楽しく踊ってるのは!? 気づけば輪モッシュに加わって、知らない同志達と肩組んで笑顔で踊りまくる。いやーっ、すっげー楽しいこれ! しかもホントカッコいいのな、彼等。演奏は勿論だけど、スタイリッシュなステージングも感動モノ。デイヴ・キングは短髪・ヒゲ&メガネで昔の面影は皆無だけど、相変わらずいいシンガーであることには違いない。
 さすがに2曲終えた時点で息切れしたんで、ちょい後ろに下がり、後は最後まで楽しく踊らせてもらいましたよ。いやーっ、これ1時間じゃ短いよ!! さすがに終った後のアンコールを求める声はハンパなく、結局リクエストに応える形に。終了後はベースやアコーディオンのメンバーがステージから降りてオーディエンスと握手。気づけば俺も二人と握手してましたよ。ただひたすら、「Thank you!」を連呼してただけですが‥‥ホント、感謝するよ。こんな素晴らしいバンドをやってくれて、そして今日この場に居てくれたことを! 間違いなくこの日のベストアクト!


▼FLOGGING MOLLY「WITHIN A MILE OF HOME」(amazon:日本盤US盤


 さすがにこの後、電池が切れたかのように疲れ切って、STS9もSCIも殆ど観ないで、音だけ聴いて終了。STS9ってなんかジャーマンプログレっぽいのね。いや何となく。ていうか、気づいたら21時過ぎには寝袋に包まってた‥‥途中、エアロの "Walk This Way" カバーを挟むSCIのステージングはさすがっぽかたったけど‥‥夜中に一度起きて呑み食いして、また寝て。5時過ぎにダイヤモンド富士を観ようと思ったものの、早く起き過ぎて途中で挫折。結局7時ちょっと前にならないと観れなかったらしい‥‥嗚呼、今年は晴れたのに。やっぱりダメだったか‥‥運転手やってる限り、無理なような気がしてきたよ‥‥orz

 2日目(10/2)は7時半頃に目が覚めたものの、ウトウト夢見心地で結局8時過ぎに起き上がって顔洗ったりしたんだった。んで、腹ごしらえして、テントに戻ってまた呑んで‥‥気づいたら10時ちょっと前になって‥‥恒例のラジオ体操が始まったのね。去年は雨降ってたから昼過ぎまでずーっとテントで寝てたんだけど(しかもステージから離れた場所にテント張ってたし)、今年はちゃんと踊り(踊り?)ましたよ、ラジオ体操第一!

   asagiri0502

 んで、そのまま恒例のラジオ体操第二に突入! 酒呑んでちょい足下がふらついてたけど、いやー意外と覚えてるもんね。

   asagiri0503

 その後、すぐに「猪之頭 陣馬の滝太鼓」が始まって、10分くらいで終って。また呑んでるうちにSANDIIが始まって。前の方で飯食いながら観たんだった。途中で酒買いに行ったら友達に会って、そのままMOON SHINE STAGEまで一緒に行ってLITTLE CREATURESを観たのね。

   asagiri0504


■LITTLE CREATURES(MOON SHINE STAGE)
 10数年振りに観たんだけど、こんなにもアコースティックテイストが強くてポストロックチックなバンドだったっけ!? とにかく驚いた。ゆらゆらした彼等のサウンドが、山々にこだまするかのようで、聴いててホントに気持ちよかった。ま、酒のせいってのもあるんだけどさ。
 ホント‥‥いいバンドになったねぇ‥‥イカ天時代を知ってるだけに、しみじみしてしまったよ。


▼LITTLE CREATURES「NIGHT PEOPLE」(amazon


   asagiri0505

 終了後、AFRICAN HEAD CHARGEを観るためにテントに戻る。もう呑むのは止めた。後はひたすらテントの場所から楽しむ!


■AFRICAN HEAD CHARGE(RAINBOW STAGE)
 エイドリアン・シャーウッド絡み、ON-Uサウンドからアルバムリリース、今年春のASIAN DUB FOUNDATION来日公演でのオープニングアクトでADFを食った!とか、とにかく気になる情報ばかりが伝わってくる彼等。朝霧前に過去の作品を聴いてみたのですが、これがかなり好みのサウンドでして‥‥所謂ダブなんだけど、ホント気持ちよさそうで。これは朝霧にピッタリなバンドだよな、と。
 んで実際どうだったかというと‥‥終始笑顔で踊りっぱなしでしたよ。いやー気持ちいい! 上記以外の予備知識はほぼ皆無だったんですが、そんなの必要ないよね。そこに彼等の曲を楽しめる環境と、彼等の演奏・音さえあれば‥‥メチャメチャカッコいいわ、こりゃ! アッパーとダウナー(ていうかチルアウト系)が適度なバランスで挿入されてるから、あの炎天下の中でも踊り疲れることなかったし、とにかく多幸感に溢れたステージだったと思います。小さいライヴハウスで観るAHCもいいだろうけど、やっぱりこのサウンドは野外‥‥こういった山々の中で聴くのが一番ですよ。来年はフジロック、FIELD OF HEAVENで観たい!


▼AFRICAN HEAD CHARGE「VISION OF A PSYCHEDELIC AFRICA」(amazon


■GRAVENHURST(RAINBOW STAGE)
 このバンドも何の予備知識もなかったのですが、後で聞いてビックリ、かの「WARP」レーベルが放つシンガーソングライターによるユニットなんだそうな。ライヴはバンド形体で、恐らくフロントマン(ボーカル/ギター)がニック・タルボットという奴なんでしょう。
 サウンド的には‥‥グランジ直系といったサウンドで、暗くジメジメしたマイナートーンの曲が続くんですね。明らかに場違いというか‥‥モーサムもそうだったけど、残念ながらこのGRAVENHURSTもこの環境には合ってなかった気が。決して嫌いではない曲調とサウンドなんだけど‥‥良く言えば、スマパンと「OK COMPUTER」期のレディヘのいいとこ取り、みたいな印象。けど音源ではアコースティック主体みたいですね(今注文中でまだ聴けてない)。
 なんかそれまでの多幸感が嘘みたいに後退し‥‥非常にドンヨリしてきましたよ。んで、お空の具合も見事に日が落ち始めて‥‥ただ、才能は感じられたし、きっと別の機会に観たら気に入るとは思ったので、ひとまず音源聴いて(今月末には3rdアルバムも出るようなので、全部注文しておいた)、次の機会までしっかり準備しておこうかと思います。今度はサマソニかなぁ‥‥そっちの方が正直似合ってると思いました。


▼GRAVENHURST「BLACK HOLES IN THE SAND」(amazon


  asagiri0506 asagiri0507


■AIMEE MANN(RAINBOW STAGE)
 待望の来日!といったところでしょうか。自分にとっては特別なアーティストだったことはなく、普通に通過してきた女性シンガーソングライターのひとりなのですが、やはり感慨深いものがありますね。'TIL TUESDAYを中学〜高校時代に通過してる俺からしても、やはり今回の来日、そして朝霧出演は目玉のひとつだと思いますしね。
 最新作にして傑作「THE FORGOTTEN ARM」を引っ提げての公演ということで、やはりこの辺の曲が中心になってくるんですが、懐かしい曲も飛び出したり、バンド時代のよしみというか、2曲程アコギからベースに持ち替えたり等、非常に見せ場も多いステージだったと思います。まず何よりも、気負わずリラックスして、日が落ちて行くのを体感しながらその音とパフォーマンスを堪能出来る喜び。最高のシチュエーションですよ!
 出だしをトチってやり直す曲があって、そこで思わず苦笑いをしてたのが印象的だったなぁ‥‥とにかく夢見心地な1時間でした。気持ちよかった‥‥


▼AIMEE MANN「THE FORGOTTEN ARM」(amazon:日本盤US盤


   asagiri0508


■真心ブラザーズ(RAINBOW STAGE)
 エゾで観た4人バンドバージョンも良かったけど、やはりMB'Sを引き連れたフルバンドで観たかったから、こういう形で観れることになったのは本当に嬉しかったね。場違いとかいろんな声があったかと思うけど、最終的には(本人達も口々にしてたように)歓迎されていたように見えたし、何よりもその「歌」であんなに感動させられたんだから文句なしでしょう。つーか観ないで帰った奴ら、アホかと。勿体ない‥‥
 "空にまいあがれ" や "マイ・バック・ページ"、"JUMP" 等の懐かしい曲に混じって今月末にリリースされる新曲 "I'm in Love" や復活第一弾シングル "Dear, Summer Friend" といった曲で湧かせてくれたんだけど、やはり終盤の畳み掛け‥‥"エンドレス・サマーヌード"、"拝啓、ジョン・レノン"、そして最後の "RELAX〜OPEN〜ENJOY" で思わず涙ぐむ‥‥良い夏だったなぁ‥‥
 これで完全に終った、と放心状態のまま突っ立っていたら、何とアンコールに応えてくれるじゃありませんか! 全然用意してなかったらしく、バンドメンバーとすぐにできそうな曲をステージ上で緊急ミーティングして、結局決まった曲が "どかーん" という1分少々の名曲中の名曲。景気良く2005年の『野外フェス』を終了させることができました。
 嗚呼‥‥俺、やっぱり真心ブラザーズが大好きだ。



▼真心ブラザーズ「B.A.D. 〜MB's Single Collection」(amazon


 てな感じのレポートでしたが、如何でしたでしょうか? ベストアクトを選ぶのは非常に難しいのですが‥‥やはりFLOGGING MOLLYかなぁ。AFRICAN HEAD CHARGEも真心ブラザーズもohanaも素晴らしかったけど、やはり自分のルーツ的な部分を考えるとどうしてもこうならざるを得ないかな、と。

 今年は例年以上にバラエティ豊かな2日間でした。去年よりも2,000人も多い来場者のはずなのに、人の多さでイライラすることもなく、快適に過ごせました。なんだろう‥‥いろいろ改善されてるんだろうなぁ。けど人数的にはこれをMAXにして欲しいな。あと3,000人とかいったら‥‥無理だよ、マジで。朝霧は朝霧のままでいいじゃない。あとはフジロックに任せれば。

 あー本当に俺の夏が終った‥‥あれから2週間経ったけど、未だに余韻に浸ってるもんなぁ俺。

投稿: 2005 10 15 09:15 午後 [2005年のライブ, Polaris, 「フェス」, クラムボン, ハナレグミ, 真心ブラザーズ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2002/12/31

ハナレグミ『音タイム』(2002)

  SUPER BUTTER DOGは苦手だけど、ハナレグミは好きって人が多いようですが、それも納得のいく出来なんですよね、"家族の風景"って曲は。出だしから何書いてるんだ君は?と突っ込まれそうですが、ホントそうだと思うんですよ。やっぱりああいったファンクものが苦手なロックファンって未だに多いと思いますし(あ、「ラ」のレビューで書いてるように俺はあれをドンズバのファンクだと思っておらず、ファンクロックだと認識してますので念のため)、そういった人からすればこの永積タカシ(SBDのボーカル)のソロプロジェクト「ハナレグミ」で奏でられる楽曲というのは、万人の耳に届く音だと思うんですよ(いや、SBDの音がそうではない、という意味ではないですよ)。

  元々、SBDで2001年末に発表された"サヨナラCOLOR"という曲が発端だったと思うんですよ、ハナレグミのコンセプトというのは。あの曲と"家族の風景"は地続きだと思うし。全く別物という気はしないんですよね。むしろ、あそこでやった事の発展型というか、これをSBDでやってしまうと、古くからのファンから敬遠されてしまうんじゃないか、ファンが離れていってしまうんじゃないか‥‥そんな危惧があったはずなんです。で、時同じくしてキーボードの池田が100式(中村一義のバンド)にアルバム/ツアー共に参加するから、その間SBDとしての活動を休んで、それぞれソロとしてやってみてはどうだろう‥‥ってことで、本格的にシングル~アルバム~ツアーという形での活動が可能になった、と。きっとそういうことなんでしょうね?

  実は俺もハナレグミについては数ヶ月前まで何も知らなくて、たまたまラジオで流れた"家族の風景"が切っ掛けだったんですよ。で、たまに有線でも流れていて、声は何となくSBDの永積だと判ったんですが、音楽雑誌とか全然読んでなかったのでそういった活動を始めたなんて知らなくて。そしたら余所のニュースサイトでハナレグミという名前を目にして。で、やっと認識したという。けどね、何故かシングルとか買わなくて。何ででしょうねぇ‥‥すごくいい曲だと思ったんですけど、"家族の風景"。

  俺的に"家族の風景"が2002年の10曲に選ばれる程、心にズシリときたのは‥‥12/8の100式ライヴ@大阪城ホールでのオープニングアクトとして登場した、永積ひとりによる弾き語りでした。ここでは"家族の風景"の他に"音タイム"他1曲の計3曲を弾き語りで演奏したんですが、下手な装飾がなくなった分、ホントに唄の持つパワーがこっちにまで伝わってきて‥‥「普通にいい曲」から「すげぇいい曲」に昇格しちまったんですよね、俺の中で。やっぱり生で聴いちゃうと、ちょっと印象変わりますよね。逆に悪くなる曲もあるけど、ああいった形で曲本来の持ち味を殺す事なく、更に印象をよくするってのはやはりメロディや歌詞本来の良さもあるけど、やっぱり根本にある永積の表現力・歌唱力だと思うんですよ。それが1対数千人という環境の中でも十分に伝わったと。もうね、それだけで感動でしたよ。

  アルバムの方ですが、"家族の風景"で見せたようなアコースティック色が強い作風になってますが、特にああいった曲がメインというわけでもなく、基本的には永積の唄を中心に、ゴスペルチックなソウル、レゲエ、スイング感の強いジャジーな曲、Natalie Wiseが全面的に参加した曲等もあり、いろいろな味を楽しめるようになってます。けど、やっぱりゆったりした落ち着いた雰囲気の曲がメインですね。だから"家族の風景"の空気感が気に入った人ならまず間違いなく気に入ると思いますよ。

  アルバムやライヴでバックを務めるのも、POLARISからオオヤユウスケ(Gt)と坂田学(Dr)、クラムボンからミト(Ba)と原田郁子(Key)というのも、何となくこの音を象徴するようで納得いくメンバーですし、Natalie Wise(高野寛やTokyo No.1 Soul SetのBIKKE)が参加してる点も妙に納得してしまうし。そう、音聴いてホント納得してしまうメンツですよね。

  好きな曲はホント多くて、どれも全部オススメなんですが‥‥やっぱりシングルの2曲("音タイム"と"家族の風景")もそうだし、Natalie Wiseが参加した"ナタリー"も独特な空気の曲でいいし、ラストの"一日の終わりに"も心地よいし、"かこめ かこめ"のハッピーなスイング感もツボだし‥‥そりゃSBDと比べればどうしても物足りなさとか出てくると思うんですよ。けどね、これはこれで落ち着いて聴けるし、十分楽しめるし、ホント捨て曲ないと思うんですよ。SBDが「よし、これから一発かますぞー!」っていう気合い入れで聴くことが多い反面、やっぱりハナレグミは"一日の終わりに"という曲目と同じように、個人的にはベッドタイム・ミュージックになることが多いですね。落ち着きたい時に聴くという。寝起きとか寝る前とかのリラックスしたい時に‥‥休日の、遅く目覚めた朝にボリューム絞って聴きたい音。そういうアルバムですこれは。

  大名盤!とかそういうアルバムではないけど、多分何年経っても、今聴いているこの瞬間と同じ輝きを持った作品だと思いますよ。来年の今頃も、きっと5年後も今と変わらない気持ちで聴けるアルバム‥‥そういうアルバムになってくれるといいなという思いを込めて、皆さんにこの「音タイム」をオススメします。



▼ハナレグミ『音タイム』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2002 12 31 01:44 午前 [2002年の作品, ハナレグミ] | 固定リンク

2002/12/11

100式(中村一義)博愛博+@大阪城ホール(2002年12月8日)

  まさか大阪まで中村くんを観に行くことになろうとは‥‥って自分で望んだこととはいえ、この突拍子もない行動、特に今年は多いよね‥‥年始一発目のライヴが福井までハロプロ観に行ってるし、夏は夏で「フジロックと重なって観れないから」ってだけの理由で、夏のハロコンを初日・名古屋まで観に行ったり‥‥異常だよ、異常。大体俺、そんなに中村くんのこと、好きだったっけ??

  確かに俺は「ERA」というアルバムと出逢うことで中村一義というアーティストを再認識して、そして去年のRIJFでの「100式」としての初ステージに更に感銘を受けた。そして今年、"キャノンボール"、更に"新世界"というシングルに心を鷲掴みにされた、と‥‥それで十分じゃない? 残念ながら春のクラブツアーには行けなかったけど、今回チャンスがあった、と。そしてそれがたまたま大阪で行われるライヴだった、と。いや、それもどうかと思うけどな。

Pass1  念願の「城ホール」は想像以上に大きかった。「中澤姐さん卒業ライヴDVD」で何となく感じは掴んでいたものの、やっぱり映像で観るのと自身がこの目で観るもの、多少の違いは出てくるわけで‥‥もっと円型なのかと思ったら、代々木体育館とか横浜アリーナに近い感じかも。

  客席を極力観やすい位置のみにして、斜めになって全体が見渡せない位置は全て客席として使わない、アリーナでも左右の端の方は「A席」として料金を安くする、等々、観る側にとってかなり気を遣ったステージの作り、是非他のアーティストも見習ってもらいたいなと思ったよ。どこぞのアーティストみたいに、糞席でほぼステージ真横のくせにS席料金取るなんて論外。しかも今回のチケット、一般プレイガイドでの発売がない分、こうやって右の写真みたいにパスポート型になってるんですよ(写真をクリックするともう少し大きい画像がご覧になれます)

Pass2  中には本物のパスポートみたいに名前とか顔写真貼る欄があったり、「査証(VISAS)」ページがあって、入場時に半券切る代わりにここに出入国審査みたいにハンコを押してくれるわけ。もうね、これだけで記念になるじゃないですか。最近ハロプロのチケットがファンクラブ限定で名前入りのチケットになったのも、記念の品になるので個人的には嬉しいし(ま、こっちは転売対策の為なんですけどね)

  この日はジョン・レノンの命日。当日のSEでもレノンが流れていただけに、もしかしたらライヴ中に中村くん自身から何かコメントがあるかも‥‥なんて思ってライヴを待っていたところ、開演時間15分前だというのに、ひとりの男がアコギを持って登場。ローディーか?と思ったら、前の方から歓声が。本人の口から自己紹介があって初めてその人が誰だか判ったわけだけど‥‥何と、ハナレグミの永積タカシその人でした。大阪限定っぽいことを言ってたので、もしかしたらホントにこれだけの為に大阪まで単身やって来たのか?? とにかく、今俺が最も「生歌」聴きたい男。それがSUPER BUTTER DOGの、そしてハナレグミの永積タカシだったわけで、その念願がいとも簡単に叶ってしまったわけ。まだこの日はアルバム「音タイム」を買っていなかったので、当日演奏された3曲の内1曲目だけタイトルが判らなかったけど、続く2曲目はラジオや視聴機で何度も耳にしたシングル曲"家族の風景"。そして最後は"音タイム"。客電が点いたままの状態で、ホントに歌とアコギのみ。数千人のオーディエンスがシーンとして彼の歌に聴き入ってる。バター犬の時とは違った、繊細で消え入りそうな歌声に、噛みしめて唄うその歌詞に耳を、心を奪われました。当然、翌日にアルバムを購入したのは言うまでもありません。

  約15分程のステージを終え、永積は大きな拍手を背に退場していき、そのままステージ上が慌ただしくサウンドチェックに突入。5分程度過ぎた頃だろうか、急に聴き覚えのある曲が‥‥ファーストアルバム「金字塔」1曲目である"始まりとは"がSEとして流れ出す。ただ、中村くんの朗読パートはカットされた、ギターのみのバージョンだったけど。まだ客電は点いたまま。そんな中、突然アリーナ左側の扉が開いて、そこからメンバーが歩いて登場! アリーナの客、大興奮。メンバーが客席に歩み寄り、握手を求めようとするオーディエンスが席を無視して柵の前まで突進。プロレス並みの入場だな、こりゃ。

  ステージに揃った100式の6人。かなり気合いが入った感じ。急に奇声を上げたり、暴れまくったりして‥‥そして中村くんの口から、またしてもあのカウントが‥‥「4、3、2、1‥‥どぉ~?」そう、またしてもライヴ1曲目は名曲"犬と猫"。まず驚いたのが、中村くんの声の伸びと声量。1年前と全然違う。あの頃はまだライヴ慣れしてない素人に毛が生えた程度だったのに(そりゃ言い過ぎだろ)、今じゃ声が太くなり、数千人の歓声にも全然負けない力強さが感じられる。これこそ、ツアーによって鍛え上げられたものなんだろうな。とにかく、いきなり鳥肌。そして、バンド自体のグルーヴ感もバッチリで、既に独特なノリを作り出してた‥‥特にドラム。ワンヒット、ワンヒットがメチャメチャ力強くて、それでいて前へ突進してくタイプ。手数は決して多くないけど、安定感はバッチリ。ギターもひとりはロックンロール然としたスタイルで、終始アクション決めまくり。もう一方のギターはアルペジオとか細かいフレーズを黙々弾くタイプ。それでも要所要所でアクションキメてたけど。ベースは如何にもベーシストといったタイプ。こういう人がバンドには必ずひとりは必要って感じか。そしてキーボード‥‥バター犬の池田氏。この人がこのバンドのキーパーソンといっていいでしょう。サウンド面においても、バンドの空気においても。

  とにかくこのバンド、クルーヴィーなミドルチューンをやらせたら文句なしに上手い。"1、2、3"や"ジュビリー"といった「ERA」からのシングル曲も、アルバムとは別物として、完全にロックンロールしてた。そしてそれに続く新作からの"グッデイ"も、それらに引けを取らないグルーヴ感を持った演奏だった。

  この日、特に印象に残ったのが、中村くんが自己紹介する時必ず「どうも~100式です」と、個人名(中村一義)ではなく、バンド名(100式)を名乗った事。結局最後まで一度も「中村一義です」とは言わなかった辺りに、この男の覚悟というか拘りを見たような気が。とにかくね、1年前が嘘みたいに、完全にバンドになっちゃってるの。

  ライヴの構成自体は新作「100s」と前作「ERA」から半々ずつ、そこに初期の曲を数曲混ぜるといった感じ。土地土地で若干曲が変わるらしいけど、基本的にはこんな感じみたい。初期の曲では特に感動したのが"永遠なるもの"かな? これも強弱がかなりハッキリしたロックチューンと化していて、終盤のファルセット&フェイクのパートなんて、ポール・マッカートニーがロックンロールしてるような錯覚に陥った程。元々力強かった歌が更にパワーを付けた感じ。

  ご当地ネタでタイトルが変わってくるブルースセッションは、大阪→通天閣→新世界ってことで、"新世界ブルース"と命名されてました。ここではオーディエンスからそのお題を頂戴するわけですが、誰かが「ジョン・レノン」と叫んだわけですよ‥‥ああ、いよいよ何か発言するのかな‥‥そう思ってたんです。ところが中村くん、「ジョン・レノンと大阪、関係ねぇじゃん!」ってツッコミ入れてスルー‥‥ま、池田氏が「ジョン・レノンは同じアパートに住んでた」とか「よく銭湯にショーン君を連れてきてて、頭洗ってた」と笑いの小ネタとして拾ってくれたのが、幸いといいますか‥‥つうか中村くん、気づいてなかったのか??

  ブルージーなノリのまま、"メキシコ"~"ラッタッタ"へと続き、更に"グレゴリオ"~"君ノ声"へ。この辺の流れ、メチャメチャ良かった。ゆったりめの曲が暫く続いてるけど、全然飽きがこない。むしろ、バンドとしてのグルーヴ感が独特なので、同じようなテンポの曲でも全く違うノリを感じることができるし。そして何より、中村くんの歌。やっぱりこれが一番大きいかな。

  エンディングに向けてノリのいい曲を続けざまに。"ショートホープ"はちゃんとイントロのパートも付いていて、個人的に大満足。エンディングでひっぱってそのまま"キャノンボール"へとなだれ込む流れ、完璧。そしてアルバム「100s」でもエンディングを飾る2曲‥‥"新世界"と"ひとつだけ"。"新世界"は一旦終わったと見せかけて、また徐々に、徐々にと盛り上がっていき、最後に大盛り上がりで終わるという構成。正しくライヴヴァージョンといった感じ。"ひとつだけ"も当然ながらエンディングのリフレインをオーディエンスに何度も唄わせるんだけど、中村くんが最初に言った「ひとつになる感じ」がそこにはちゃんと存在したと思います。本当の意味でひとつになることはできない。だけどそれに限りなく近づくことはできる。あの日あの時のみんなの歌は正にそれだったと思うのです。

  アンコールは結局都合3回も登場してくれて、他地方の公演と比べても如何に大阪公演が盛り上がったかが伺えるのではないでしょうか? 特に最初に演奏したスピッツ・トリビュート収録の"冷たい頬"にはみんな、奇声を通り越したもの凄い歓声でしたし。いや、俺もまさかこの曲を聴けるなんて思ってもみなかったから、ホントに嬉しい誤算。そのまま、これも意外だった"謎"、そして中村くん曰く「博愛博のテーマとも言える曲」"笑顔"。アンコールは正に「へっ、そんなのやっちゃうの!?」っていう曲目白押し。もうこの時点でお腹いっぱい。

  「だけど‥‥これで"ハレルヤ"が聴ければもう何も思い残すことは‥‥」と思ってたら、2回目のアンコールでやってくれました(アルバムヴァージョンではなくて、シングルの方でしたけど)。ここでは、サンタの格好をした永積も登場して、楽器をみんなに配って、途中でワンフレーズ一緒に唄ったりもしました。ステージ両脇にあったクリスマスツリーが点灯して、最後にはみんながクラッカーを使って大はしゃぎ。正にアンコールの後のアンコール‥‥おまけといった感じ。

  もうないだろう、つうか大満足だってぇの‥‥それでもアンコールを求め続けるオーディエンス。さすがに客電点いたので帰る人もちらほら。ところが! いきなり全員が走ってステージに再々登場。ギターのマッチ(担当:ロケンロール)はいきなり着ていたTシャツを脱いで客席に投げ、池田氏も中村くんと向き合って訳の判らない踊りを始めたりして、全員訳の判らないテンションのまま、最後の最後に"ロックンロール"をプレイして、2時間に及ぶステージは終了。これで満足しない奴がいたら出てこい!って位に素晴らしいステージでした。

  正直、ここまで満足させられるとは思ってもみなかったよ。大阪まで来たわいいけど、ひたちなかの時とあまり変わり映えしなかったら‥‥とか思ってたんだけど、そんな心配、無用だった。もうね、完全に別モノ。あれは「中村一義」ではなくて、やっぱりMC通り「100式」のライヴだったんだなぁ、と改めて実感。ホント、年末になって今年のベストライヴ候補に巡り会うとは。

  けどさ‥‥正直複雑な気分でもあるのさ。6年近く前、小岩にある古びた小さいレコード屋で偶然出逢った、あの小柄な青年が、今じゃあんなに力強い歌を唄う頼もしい男に成長してたんだから。去年ひたちなかで観たときはそこまで感じなかったけど、今回のは正直キた。ライヴ終わった後ひとりになった時、いろいろ考えちゃったもんなぁ‥‥俺、こんなとこで何やってんの?って。

  まぁジェラシー焼いてても何も始まらないって。俺は俺の道を進むだけ。「僕として僕は行く。」ってとこかな?


[SETLIST]
00. 始まりとは
01. 犬と猫
02. 1、2、3
03. ジュビリー
04. グッデイ
05. セブンスター
06. 永遠なるもの
07. 新世界ブルース
08. メキシコ
09. ラッタッタ
10. グレゴリオ
11. 君ノ声
12. ショートホープ
13. キャノンボール
14. 新世界
15. ひとつだけ
---encore-1---
16. 冷たい頬(cover of スピッツ)
17. 謎
18. 笑顔
---encore-2---
19. ハレルヤ
---encore-3---
20. ロックンロール



▼中村一義『100s』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2002 12 11 12:00 午前 [2002年のライブ, ハナレグミ, 中村一義] | 固定リンク