2002/12/31

ハナレグミ『音タイム』(2002)

  SUPER BUTTER DOGは苦手だけど、ハナレグミは好きって人が多いようですが、それも納得のいく出来なんですよね、"家族の風景"って曲は。出だしから何書いてるんだ君は?と突っ込まれそうですが、ホントそうだと思うんですよ。やっぱりああいったファンクものが苦手なロックファンって未だに多いと思いますし(あ、「ラ」のレビューで書いてるように俺はあれをドンズバのファンクだと思っておらず、ファンクロックだと認識してますので念のため)、そういった人からすればこの永積タカシ(SBDのボーカル)のソロプロジェクト「ハナレグミ」で奏でられる楽曲というのは、万人の耳に届く音だと思うんですよ(いや、SBDの音がそうではない、という意味ではないですよ)。

  元々、SBDで2001年末に発表された"サヨナラCOLOR"という曲が発端だったと思うんですよ、ハナレグミのコンセプトというのは。あの曲と"家族の風景"は地続きだと思うし。全く別物という気はしないんですよね。むしろ、あそこでやった事の発展型というか、これをSBDでやってしまうと、古くからのファンから敬遠されてしまうんじゃないか、ファンが離れていってしまうんじゃないか‥‥そんな危惧があったはずなんです。で、時同じくしてキーボードの池田が100式(中村一義のバンド)にアルバム/ツアー共に参加するから、その間SBDとしての活動を休んで、それぞれソロとしてやってみてはどうだろう‥‥ってことで、本格的にシングル~アルバム~ツアーという形での活動が可能になった、と。きっとそういうことなんでしょうね?

  実は俺もハナレグミについては数ヶ月前まで何も知らなくて、たまたまラジオで流れた"家族の風景"が切っ掛けだったんですよ。で、たまに有線でも流れていて、声は何となくSBDの永積だと判ったんですが、音楽雑誌とか全然読んでなかったのでそういった活動を始めたなんて知らなくて。そしたら余所のニュースサイトでハナレグミという名前を目にして。で、やっと認識したという。けどね、何故かシングルとか買わなくて。何ででしょうねぇ‥‥すごくいい曲だと思ったんですけど、"家族の風景"。

  俺的に"家族の風景"が2002年の10曲に選ばれる程、心にズシリときたのは‥‥12/8の100式ライヴ@大阪城ホールでのオープニングアクトとして登場した、永積ひとりによる弾き語りでした。ここでは"家族の風景"の他に"音タイム"他1曲の計3曲を弾き語りで演奏したんですが、下手な装飾がなくなった分、ホントに唄の持つパワーがこっちにまで伝わってきて‥‥「普通にいい曲」から「すげぇいい曲」に昇格しちまったんですよね、俺の中で。やっぱり生で聴いちゃうと、ちょっと印象変わりますよね。逆に悪くなる曲もあるけど、ああいった形で曲本来の持ち味を殺す事なく、更に印象をよくするってのはやはりメロディや歌詞本来の良さもあるけど、やっぱり根本にある永積の表現力・歌唱力だと思うんですよ。それが1対数千人という環境の中でも十分に伝わったと。もうね、それだけで感動でしたよ。

  アルバムの方ですが、"家族の風景"で見せたようなアコースティック色が強い作風になってますが、特にああいった曲がメインというわけでもなく、基本的には永積の唄を中心に、ゴスペルチックなソウル、レゲエ、スイング感の強いジャジーな曲、Natalie Wiseが全面的に参加した曲等もあり、いろいろな味を楽しめるようになってます。けど、やっぱりゆったりした落ち着いた雰囲気の曲がメインですね。だから"家族の風景"の空気感が気に入った人ならまず間違いなく気に入ると思いますよ。

  アルバムやライヴでバックを務めるのも、POLARISからオオヤユウスケ(Gt)と坂田学(Dr)、クラムボンからミト(Ba)と原田郁子(Key)というのも、何となくこの音を象徴するようで納得いくメンバーですし、Natalie Wise(高野寛やTokyo No.1 Soul SetのBIKKE)が参加してる点も妙に納得してしまうし。そう、音聴いてホント納得してしまうメンツですよね。

  好きな曲はホント多くて、どれも全部オススメなんですが‥‥やっぱりシングルの2曲("音タイム"と"家族の風景")もそうだし、Natalie Wiseが参加した"ナタリー"も独特な空気の曲でいいし、ラストの"一日の終わりに"も心地よいし、"かこめ かこめ"のハッピーなスイング感もツボだし‥‥そりゃSBDと比べればどうしても物足りなさとか出てくると思うんですよ。けどね、これはこれで落ち着いて聴けるし、十分楽しめるし、ホント捨て曲ないと思うんですよ。SBDが「よし、これから一発かますぞー!」っていう気合い入れで聴くことが多い反面、やっぱりハナレグミは"一日の終わりに"という曲目と同じように、個人的にはベッドタイム・ミュージックになることが多いですね。落ち着きたい時に聴くという。寝起きとか寝る前とかのリラックスしたい時に‥‥休日の、遅く目覚めた朝にボリューム絞って聴きたい音。そういうアルバムですこれは。

  大名盤!とかそういうアルバムではないけど、多分何年経っても、今聴いているこの瞬間と同じ輝きを持った作品だと思いますよ。来年の今頃も、きっと5年後も今と変わらない気持ちで聴けるアルバム‥‥そういうアルバムになってくれるといいなという思いを込めて、皆さんにこの「音タイム」をオススメします。



▼ハナレグミ『音タイム』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2002 12 31 01:44 午前 [2002年の作品, ハナレグミ] | 固定リンク