2002/12/31

グループ魂『Run魂Run』(2002)

  2001~2年はキワモノ的バンドが表舞台に出る機会が多かったような気がします。「ロマンポルシェ。」であったり氣志團であったり、今回紹介するグループ魂であったり。ある種、お笑い的要素を持ち込んだロックバンド(あるいはテクノユニット)だったりするのですが、俺ら世代だと古くはYMOと合体したスネークマンショーやS.E.T.(スーパーエキセントリックシアター)というのがあるし、もっと古いとドリフターズだって元はベンチャーズ譲りのGSバンドだったわけですし(ま、あそこまでいくとコミックバンドですけどね)。

  で、今回紹介するグループ魂。結構前にNHK「トップランナー」(2002年春に終了済)にグループ魂の「暴動」こと宮藤官九郎が出演した時、伝説の名曲"竹内力"を演奏したことで一部で有名になってしまったような‥‥あ、氣志團も確かあの番組出てから人気が急に出てきたような(で、その後同じく宮藤官九郎脚本のドラマ「木更津キャッツアイ」に氣志團が出たんだっけ)‥‥そんな感じで俺もあの番組をチラッと観て初めて「グループ魂」の存在を知ったわけで。

  活動歴は結構長くて、元々は劇団「大人計画」の阿部サダヲ(=暴動)とクドカンが始めた「デビルデモクラシー」というコミックバンドが原型で、その後村杉蝉之介(=バイト君)が加わり今のグループ魂となったそうで‥‥もうね、「パンク・コント・バンド」なんていわれてるけど、その言葉通りだと思うし、尚かつパンクロックとしても十分楽しめるし(俺的にね)。こういうのが苦手って人が多いのは知ってるんですが、やっぱり普通にロマンポルシェ。とか取り上げてきて、氣志團も普通に推してきた「とみ宮」としては、このグループ魂も十分に魅力的だし、取り上げるに値する存在だと思うんですよ(けど、何もそれを2002年を締め括る大晦日に取り上げなくても‥‥)。

  やっぱり個人的には"竹内力"のインパクトですよね。ジョンスペかと思うような、引きずる重いリズム&リフに「リキ! リキ! 竹内力! ミナミの帝王」ですよ!?(笑)これで心が動かないなんて嘘だ! Vシネ大好きっ子としては、その後に出てくる「哀川翔」「大杉漣」「伊佐山ひろ子」「石橋凌」「白竜」の名前に悶絶ですよ。つうか「伊佐山ひろ子」って!(爆)曲のカッコよさに相反する歌詞。いや~泣くよマジで。「哀しい川を翔ぶと書いて 翔! 翔!」って(笑)

  俺的にはこの1曲で十分なのに、更に他の楽曲も‥‥スターリンだったり映画「爆裂都市」だったり外道だったりARBだったり‥‥個人的にツボな'80年代前半の日本のアングラロック/パンクから影響受けまくりの楽曲(歌詞除く)が次から次へと登場。いや、マジでカッコイイと思いますよ(逆に言えば、この歌詞にこの演奏だから許される、というのもありますが)。

  で、問題は‥‥後半のコント部分に登場する、ナンバガなんですよね。一応ナンバガとしての最後のスタジオ音源が"あの歌の故郷を訪ねて"という、10分にも及ぶコント+歌。ナンバガの4人もコントに参加していて、しかもクドカン作詞・向井作曲のオリジナル曲が4曲も収録されているという‥‥あ、一応念のため書いておきますが、コアなナンバガファン以外は期待してこれを聴いてしまうと、逆に怒ってしまうんじゃないかと‥‥シャレの判る人のみ聴いて下さいね。で、その曲。4曲中3曲("屍ブレイクダンス"、"廃人の森が紅に染まる夜"、"ヴィレッジ・ナイトメア")が向井の弾き語りで、しかも"ヴィレッジ・ナイトメア"に関しては三線による弾き語り。けどね‥‥歌詞が‥‥歌詞が‥‥(笑)ネタバレするんで書きませんが‥‥向井サイコー!(爆)いや、中尾くんもひさ子ちゃんもアヒトも(笑)

  最後の1曲"ソルト・オア・ソース"のみバンドによる爆音演奏。全部数十秒程度の曲なんであれなんですけど、最後にこういうお茶目なナンバガが見られたってだけでも、何か救われますね(‥‥へっ、俺だけ!?)

  ‥‥やっぱり、こういうネタバレすると面白味半減しそうな音源を紹介するのは、ちょっと無理があるかな? とにかくね、これ呼んで興味を持った人なら絶対に気に入ると思うんで、CDショップの視聴機で聴いて店頭で爆笑してくださいね。

  最後に。日高大将。本人達も劇団の公演を休んででも、何してでも出たがってるようなので、是非2003年のフジロックに出演させてあげてください、前夜祭でもいいんで!



▼グループ魂『Run魂Run』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2002 12 31 01:52 午前 [2002年の作品, グループ魂] | 固定リンク