2019年3月12日 (火)

「#平成の30枚」

Twitterのハッシュタグでよく目にする「#平成の30枚」という企画。これ、面白いですね。30年を30枚のアルバムで紹介するというのは、いろんな側面があると思うんですよ。一般的な名盤なのか、その年バカ売れしたものなのか、あるいはもっと私的な選出なのか。でも、そのどれを取ってもいろいろ見えてくるものがある。30枚くらいだからちょうどいいんでしょうね。これが昭和だったら……無理か(苦笑)。

ということで、こういうのに便乗するのが好きな私としては、とりあえず記録として残しておこうと。ただ、普通にTwitter上に残すのは違うよね、せっかくならこっちだよねってことで、無理くり1989年から2018年までの30年をすごい勢いで振り返ってみました。平成元年(1989年)っていうと、自分が高2〜高3の時期。音楽的にも多感だった10代後半の終盤ですね。特に90年代半ばまでは思い出深い作品がたくさんあるだけに1年1枚縛りはなかなかキツイものがありますが……あえて自分内でルールを作って選出しました。

① 同じアーティストのアルバムは複数枚選ばない(バンド/ソロは例外とする)
② 可能な限り今の自分の直感に従う(過去BEST OF企画の年間1位に選んだとしても今回も選ぶとは限らない。今の感覚で選ぶ)
③ 2枚同時発売など連作となっているものは例外として2枚選出も可(ガンズとかラルクみたいなね。ガンズは関係ないけど)

以上、これだけを守って選んだら……やっぱりキツかった(笑)。さて、個人的な思い入れ乱れまくりの30枚、ぜひご堪能あれ。


平成元年(1989年)
X『BLUE BLOOD』(Spotify

平成2年(1990年)
ユニコーン『ケダモノの嵐』(Spotify

平成3年(1991年)
BUCK-TICK『狂った太陽』(Spotify

平成4年(1992年)
佐野元春『sweet16』(Spotify

平成5年(1993年)
LUNA SEA『EDEN』(Spotify

平成6年(1994年)
THE YELLOW MONKEY『jaguar hard pain』(Spotify

平成7年(1995年)
スピッツ『ハチミツ』

平成8年(1996年)
Mr.Children『深海』(Spotify

平成9年(1997年)
中村一義『金字塔』(Spotify

平成10年(1998年)
THEE MICHELLE GUN ELEPHANT『ギヤ・ブルース』(Spotify

平成11年(1999年)
Hi-STANDARD『MAKING THE ROAD』

平成12年(2000年)
エレファントカシマシ『GOOD MORNING』(Spotify

平成13年(2001年)
SOUL FLOWER UNION『SCREWBALL COMEDY』

平成14年(2002年)
ナンバーガール『NUM-HEAVYMETALLIC』(Spotify

平成15年(2003年)
Theピーズ『Theピーズ』(Spotify

平成16年(2004年)
フラワーカンパニーズ『世田谷夜明け前』(Spotify

平成17年(2005年)
銀杏BOYZ『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』(Spotify)、『DOOR』(Spotify

平成18年(2006年)
ザ・クロマニヨンズ『ザ・クロマニヨンズ』

平成19年(2007年)
L'Arc-en-Ciel『KISS』

平成20年(2008年)
Perfume『GAME』

平成21年(2009年)
DEAD END『METAMORPHOSIS』

平成22年(2010年)
凛として時雨『still a Sigure virgin?』(Spotify

平成23年(2011年)
OGRE YOU ASSHOLE『homely』(Spotify

平成24年(2012年)
Ken Yokoyama『Best Wishes』

平成25年(2013年)
ももいろクローバーZ『5TH DIMENSION』(Spotify

平成26年(2014年)
BABYMETAL『BABYMETAL』(Spotify

平成27年(2015年)
星野源『YELLOW DANCER』

平成28年(2016年)
BOOM BOOM SATELLITES『LAY YOUR HANDS ON ME』(Spotify

平成29年(2017年)
ONE OK ROCK『Ambitions』(Spotify

平成30年(2018年)
Maison book girl『yume』(Spotify


以上、30枚。「そのアーティストがそのアルバム?」っていうやつ、たくさんあると思います。LUNA SEAは『MOTHER』(1994年)じゃないの?とか、THE YELLOW MONKEYは『SICKS』(1997年)じゃなくていいの?とか、星野源は最新の『POP VIRUS』(2018年)だろ?とか。わかります、その気持ち。でも、「あの年にあれが入るとそれは入れられないよね」とか「世の中的にこっちのほうが評価高いんだろうけど好きなのはあっちなんだよね」とか、そういう理由も含まれていますので、ご了承ください。

にしても、やっぱり偏ってるなあ(笑)。わかってはいたけど、こういう結果になりますよね。我ながらも清々しいくらいに納得できるものになりました。だいたいどのアルバムも、その年に聴きまくったもの、あるいは今でもよく聴く作品ばかりだもんなあ。そんな中で、2000年代半ば前後から後半にかけての一時期が、自分の中で非常に曖昧なことに気づきました。このサイトを一番やってた時期から前職で音楽の仕事に就いた頃だから、記事的にはいろいろ聴いていたはずなんだけど……で、気づくわけです。「あ、この頃ってハロプロばっか聴いてたからだ!」と(笑)。

ハロプロ。悩みました。どれか1枚入れるべきだろうと。ももクロやベビメタを入れているわけですし、個人史的にも絶対に必要だろうと。ただ、「今の視点」となると、また違うんですよね。残念ながら。そういう意味では、2010年にAKB48の『神曲たち』も入れるべきか悩みましたが、こちらも選外に。ただ、そのへんも考慮には入っていたことはご理解いただきたいです。

だって、いきなり元年からRED WARRIORSの『SWINGIN' DAZE』を外す羽目になるし。けど、今の感覚的にはやっぱり『BLUE BLOOD』だしなあ。難しいですね。

あと「この人たちの作品、サブスクで配信されてないのね」とか「この時期の作品だけ配信されてないのかよ」とか、新たな気づきもありました。いろんな事情もあるでしょうから深くは追求しません。けど、勿体ないな、と。

一応「平成」ってことで邦楽縛りで選出しましたが、これ洋楽編を作ったらどうなるんでしょうね……我ながら、ちょっと気になります。なので、続く……かも(笑)。

投稿: 2019 03 12 12:30 午前 [Mr.ChildrenKen YokoyamaTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTエレファントカシマシPerfume銀杏BOYZL'Arc-en-CielSoul Flower Unionザ・クロマニヨンズピーズ, TheフラワーカンパニーズDEAD ENDBUCK-TICKYELLOW MONKEY, THE佐野元春LUNA SEAX JAPANナンバーガール中村一義スピッツMaison book girlONE OK ROCKHi-STANDARDBOOM BOOM SATELLITESBABYMETAL星野源ももいろクローバーZ凛として時雨OGRE YOU ASSHOLEユニコーン「平成の30枚」] | 固定リンク

2016年7月27日 (水)

スピッツ『醒めない』(2016)

今年に入ってから3年ぶりのシングル「みなと」および同作を携えた久しぶりのMステ出演(口笛で大反響を呼んだスカート澤部渡含め)が話題となり、注目度が高まる中で発表される3年ぶりのオリジナルアルバム。

オープニング「醒めない」での飛ばしっぷりから最高すぎて、思わずガッツポーズを取ってしまうファンは多いはず。90年代のヒットシングルの系譜にありながらも、より純度の高い美メロを乗せた直近のミディアムナンバーは文句なしの完成度です。アルバムではそこに大人の余裕すら感じさせる王道アップチューンが交互に登場することで、問答無用の存在感を提示してくれるのですから、さすがとしか言いようがない。

こんな“刺激的だけど安心感もある”アルバムを、デビュー25周年を迎えた、結成時から不動のアラフィフ4人組が作り上げたこと。そしてアルバム冒頭で「まだまだ醒めない アタマん中で ロック大陸の物語が」と歌い上げてしまうことは、もしかしたら現在の日本の音楽シーンにおいて奇跡なのかもしれない。そんなことすら考えてしまうほど、当たり前のようで当たり前ではない本作の魅力に当てられ続けています。ホント最高。

※このレビューは本作リリース時、『TV BROS.』に掲載されものを加筆・修正して掲載しています。



▼スピッツ『醒めない』
(amazon:国内盤CD / 国内盤CD+DVD / 国内盤CD+Blu-ray

投稿: 2016 07 27 12:00 午後 [2016年の作品スピッツ] | 固定リンク

2004年1月21日 (水)

スピッツ『スターゲイザー』(2004)

  スピッツ通算28枚目のシングル、「スターゲイザー」は昨年秋からテレビ番組のテーマソングとして流れていたタイトル曲 "スターゲイザー" と、同年のツアーで既に披露されていたらしい "三日月ロック その3" の2曲を収録した、'02年9月のアルバム「三日月ロック」以来16ヶ月振りに発表される音源。'03年はツアーに明け暮れたこともあり、同年後半になると新しいマテリアルを求める声が少しずつ高まっていった中での "スターゲイザー" タイアップ、しかも王道中の王道スピッツ・ソングということもあって、多くの人が握り拳でガッツポーズを取ったんじゃないでしょうか。

  タイトル曲 "スターゲイザー" は確かにこれまでの王道路線にある1曲。良くいえば「絶対に誰の耳にも引っかかるであろう、大衆に消費されることを想定したポップソング」であり、同時に「‥‥って結局いつもと同じじゃねぇか?」という悪い言い方もできる、取り方によって諸刃の剣になり得るもの。確かにこれはヒットしますよ‥‥特にここ数作のシングルでは、大ヒットした "空も飛べるはず" や "チェリー" といった楽曲とは音楽的にも歌詞の内容的にもちょっと違った、非常にひねっているという印象を持っていたので、まさかここまで素直に「ヒット狙いました!」的なものを出してくるとは思わなかったのね。いくら彼らが「番組とのタイアップが決まり、番組から影響を受けて書いた」といっても、ここまで判りやすいものをこの時期に持ってくるとはねぇ‥‥既にミリオンヒットとかそういった類の世界から完全に離れたところにいる人達だと思ってただけに、ちょっとしたショックを受けましたね(勿論いい意味で)。決して今の彼らが売れてないとかそういった意味じゃないですよ? ただ今のスピッツにはそういったマスゲーム的なものが似合わないと、勝手に思い込んでいただけですから‥‥

  カップリングの "三日月ロック その3" は、まぁこれも従来の彼ららしいストレートなロックチューン。決してシングルのタイトルチューンになることはないけど、アルバムやc/w曲としていい味だして、ライヴでは盛り上げる為に一役買う、といったタイプの楽曲でしょうか。アルバム通して聴いた時にいいアクセントになるだろうけど、こうやって抜き出して1曲のみ聴かされても‥‥個人的には「ああ、いい曲だよね!」で終わってしまうタイプの曲かな、と。

  このシングル、過去に同番組に起用された曲を挙げるまでもなく、大ヒットを記録するでしょうね。それもミリオンに近いくらいの、あるいは久し振りのミリオンを記録するくらいの大ヒットに。それが今のスピッツに必要なのか否かは俺には判りません。これがアルバムへの起爆剤になるとは正直思えないんですよね。というのも‥‥この2曲が非常に優等生的なイメージが強くて、ここ2作くらいにあった「ひねくれ具合」だったり「ねじれ具合」があまり感じられなくて、全然先が読めないし、ここから次のアルバムが想像できないんですね。ま、幸いこの曲は次のオリジナルアルバムには収録されないようだし(代わりに3月に'99年以降にリリースされたアルバム未収録のシングル曲やc/w曲を集めた編集盤に収録されるそうです)。「次の一手」を占うという意味では、これに続くシングル曲の時まで待つことにしましょう。

  まぁそうはいっても、これは本当に良く出来た楽曲ですし、これまでスピッツに興味がなかった人達にも彼らの良さ/魅力を知らしめるに相応しい題材になると思いますよ。と同時に、離れて行くファンも少なからずいるような気も‥‥特に「隼」辺りの作風に惹かれて遅咲きのファンになったような人にとってはね。



▼スピッツ『スターゲイザー』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2004 01 21 12:00 午前 [2004年の作品スピッツ] | 固定リンク