2017年12月31日 (日)

2017年総括(2):邦楽アルバム編

洋楽アルバム編に続いて、邦楽アルバム編。こちらのエントリーでは2017年もっとも気に入った邦楽アルバム10枚(+次点10枚)を紹介します。順位は付けませんが、特に印象に残った作品には「●」を付けています。


■邦楽10枚(アルファベット→五十音順)

・Cornelius『Mellow Waves』(amazon)(レビューはこちら

・DYGL『Say Goodbye to Memory Den』(amazon

・Hi-STANDARD『The Gift』(amazon)(レビューはこちら

・LOVEBITES『AWAKENING FROM ABYSS』(amazon)(レビューはこちら

・Maison book girl『image』(amazon

・ONE OK ROCK『Ambitions』(amazon)(レビューはこちら

・片平里菜『愛のせい』(amazon

・ドレスコーズ『平凡』(amazon)(レビューはこちら

●道重さゆみ『SAYUMINGLANDOLL~再生~オリジナルサウンドトラック』(amazon

・米津玄師『BOOTLEG』(amazon)(レビューはこちら


<次点>
・Boris『DEAR』(レビューはこちら
・coldrain『FATELESS』
・Creature Creature『Death is A Flower』
・HAWAIIAN6『Beyond The Reach』
・LOW IQ 01『Storie Noticed』
・Mondo Grosso『何度でも新しく生まれる』
・OUTRAGE『Raging Out』(レビューはこちら
・PUNPEE『MODERN TIMES』
・10-FEET『Fin』
・私立恵比寿中学『エビクラシー』


ギリギリまでブクガとCorneliusとハイスタのどれかで悩みに悩んだのですが、最終的には初志貫徹。問答無用で道重さんです。ごめんなさい、真面目な音楽評論とかそのへんを求めている方々。こういう管理人がやってるサイトなんです、19年前からずっと。

古いファンから散々叩かれまくったワンオク(傑作とかそういうことではなく、これが“起点”であって、本当の傑作は次だと思いますよ)、コンセプチュアルかつ新境地のドレスコーズ、国内HR/HMでは問答なしでトップクラスのLOVEBITESなど、本当に優れた作品ばかりでした。

ちなみに、今回も乃木坂46と欅坂46のアルバムは選外としました。理由は昨年述べたとおり、アルバム複数仕様によって曲がバラけてしまっていることで、“アルバム”として機能していないと感じたので。ただ、乃木坂と欅坂、どちらが好きだったか言われると、最初のインパクトでは欅坂でしたが、ずっと安心して楽しめたのは乃木坂のほう。前作以上の内容だと思います。

アイドルソング&印象的なライブ編に続く)



▼乃木坂46『生まれてから初めて見た夢』
(amazon:初回生産限定盤 / 初回仕様限定盤TYPE-A / 初回仕様限定盤TYPE-B / 通常盤

投稿: 2017 12 31 11:01 午前 [2017年の作品, Boris, Cornelius, DYGL, Hi-STANDARD, LOVEBITES, Maison book girl, ONE OK ROCK, Outrage, 「1年のまとめ」, ドレスコーズ, 片平里菜, 米津玄師, 道重さゆみ] | 固定リンク

2017年11月 1日 (水)

米津玄師『BOOTLEG』(2017)

前作『Bremen』で一気に“開けた”感の強かった米津玄師だが、昨年から今年にかけて発表してきた楽曲ではその開け方がさらに激化。結果、数々のタイアップや他アーティストへの楽曲提供へとつながったのではないかと考えていた。だからこそ、続くアルバムではどうなってしまうのかと、特にこの1年は本作の完成を心待ちにしていた。

いざ完成したアルバムは、菅田将暉や池田エライザらのゲスト参加により予想以上により“開けた”ものに仕上がったのと同時に、良い意味での“閉じた”感も備わっている。だからといってそこに閉塞感が見えるかと言われると、まったく逆。原点であるハチ名義で久しぶりに発表した「砂の惑星」のセルフカバーなどは、閉じた世界をこじ開けてひとり前進しようとする心強さが色濃く表れている。

シンガーとしても前作からの2年で大きく成長し(『Bremen』と聴き比べ、特に声の太さの変化には驚かされた)、芸術家としても破格の進化を遂げた彼。年明けには初の武道館2公演も控えており、そこで本作をどう鳴らすのかにも期待が高まる。いやはや、すごい地平にたどり着いたもんだ。

※このレビューは本作リリース時、『TV BROS.』に掲載されものを加筆・修正して掲載しています。



▼米津玄師『BOOTLEG』
(amazon:国内盤CD / 国内盤CD+DVD / 国内盤CD+アナログ / MP3

投稿: 2017 11 01 12:00 午後 [2017年の作品, 米津玄師] | 固定リンク