2017年12月31日 (日)

2017年総括(1):洋楽アルバム編

2017年もあと半日で終わりということで、毎年恒例となった今年の総括を書いていこうと思います。

その年のお気に入りアルバムを洋楽10枚(+次点10枚)、邦楽10枚(+次点10枚)、2016年気になったアイドルソング10曲(次点なし)、そして今年印象に残ったライブ5本をピックアップしました。アルファベット順、五十音順に並べており、順位は付けていませんが特に印象に残った作品には「●」を付けています。

特にこの結果で今の音楽シーンを斬ろうとかそういった思いは一切ありません。ごく私的な、単純に気に入った/よく聴いたレベルでの「今年の10枚」です。

まずは洋楽アルバム編です。


■洋楽10枚(アルファベット順)

・Björk『UTOPIA』(amazon)(レビューはこちら

・CIGARETTES AFTER SEX『CIGARETTES AFTER SEX』(amazon

・CONVERGE『THE DUSK IN US』(amazon)(レビューはこちら

・DEPECHE MODE『SPIRIT』(amazon)(レビューはこちら

・KENDRICK LAMAR『DAMN.』(amazon

・KREATOR『GODS OF VIOLENCE』(amazon)(レビューはこちら

●MASTODON『EMPEROR OF SAND』(amazon)(レビューはこちら

・MIGOS『CULTURE』(amazon

・RIDE『WEATHER DIARIES』(amazon)(レビューはこちら

・SHOBALEADER ONE『ELEKTRAC』(amazon


<次点>
・BONOBO『MIGRATION』
・CODE ORANGE『FOREVER』(レビューはこちら
・DEAD CROSS『DEAD CROSS』(レビューはこちら
・FOO FIGHTERS『CONCRETE AND GOLD』(レビューはこちら
・KELELA『TAKE ME APART』
・LINKIN PARK『ONE MORE LIGHT』(レビューはこちら
・MACHINE GUN KELLY『BLOOM』
・PAUL DRAPER『SPOOKY ACTION』(レビューはこちら
・SLOWDIVE『SLOWDIVE』(レビューはこちら
・THUNDERCAT『DRUNK』


楽曲単位の年間ベストは年末売りの『TVブロス』に、HR/HMやラウド系にジャンル限定した年間ベストは『リアルサウンド』に掲載されていますが、こちらは洋楽オールジャンルになります。

ギリギリまでビョークにしようかMIGOSにしようかと悩んだのですが、年間を通してもっとも聴いたアルバムとなると、結局MASTODONだったんですよね。特に今年は、久しぶりに胸を張って「HR/HMが面白い!」と言えるアルバムばかりだったので、自分の気持ちに素直になろうと思い選出しました。

31日に入ってから10枚選んでみたものの、たぶん明日には次点と数枚入れ替わっていると思います。それくらい、他のアルバムも良かったので。

ちなみに、↓は上記20枚には選ばなかったものの、年末に手元に届いて「お? こ、これは……?」という予感の1枚。

邦楽アルバム編に続く)



▼MORBID ANGEL『KINGDOMS DISDAINED』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2017 12 31 11:02 午前 [2017年の作品, Björk, Cigarettes After Sex, Code Orange, Converge, Dead Cross, Depeche Mode, Foo Fighters, Kendrick Lamar, Kreator, Linkin Park, Mastodon, Migos, Paul Draper, Ride, Shobaleader One, Slowdive, 「1年のまとめ」] | 固定リンク

2017年12月24日 (日)

CODE ORANGE『FOREVER』(2017)

アメリカ・ペンシルベニア州出身のハードコアバンドCODE ORANGEによる、通算3枚目のフルアルバム。今作からRoadrunner Recordsに移籍し、Billboard 200でも最高62位という好成績を残しています。とはいえ、メジャー感の強い方向性ではないですし、インディーズからメジャーに移籍したからといってそのサウンドが大幅に変わったわけではないので、それだけ彼らが注目され始めたという証拠でしょう。

2008年の結成時はまだ中高生だったというメンバーも、すでに20代半ばから後半に差し掛かり、本作ではそれまでのカオティックなサウンドにより磨きをかけつつも、より深みを増したハードコアサウンドを聴かせてくれます。スピードよりも重さを重視したそのサウンド&アレンジは、とにかく気持ち良いものばかり。先が読めない展開という点においては初期の作品ほどではないものの、適度に取り入れたエレクトロ/インダストリアルサウンドとの相性も相まって、どこか感情を殺したかのようなひんやりした音像が楽しめます。そういった意味では、少々ポストロック的な要素も感じられるかもしれません。特に終盤の2曲「Hurt Goes On」「dream2」にはそのカラーが濃く表れているのではないでしょうか。

ちなみに本作のプロデュースを手がけたのは、過去2作から引き続きCONVERGEのギタリストであるカート・バルーと、数々のエクストリームミュージックに携わってきたウィル・イップ。エンジニアやミキシングで携わったウィルの手腕によるものか、前作よりも若干音が整理されいてる印象もあります。が、この手のサウンドにおいての話なので、誤差範囲内と言われてしまえばそこまでですが(笑)。

カートとの相性は今さら言うまでもなく、とにかくCONVERGEなどの世界観が好きなら気に入ること間違いなし。特に本作はスピードを抑えめにしたぶん、後ろから後頭部を100kgくらいあるハンマーで不意打ちされるくらいのインパクトとずっしり感があるので、とにかく大音量で楽しんでほしい1枚です。

実はこのアルバム、今年の1月に発売されてすぐに購入し、ずっとヘヴィローテーション中だったのですが、どうにもこうにも言語化するのが難しく。そうこうしてるうちに、SYSTEM OF A DOWNのサマーツアーでサポートを務めたり、THE DILLINGER ESCAPE PLANのラストライブに出演予定だったり、来年のグラミー賞にて「Best Metal Performance」部門にノミネートされたりと、相当話題になり始めています。なのに、ここまで日本盤化の話なし。勿体ないったらありゃしない。

個人的には間違いなく今年を代表する1枚に選ぶ作品なので、まだ聴いたことがないという人は、ぜひ年末のこのタイミングにチェックしてみてください。



▼CODE ORANGE『FOREVER』
(amazon:海外盤CD / MP3

投稿: 2017 12 24 12:00 午前 [2017年の作品, Code Orange, Converge] | 固定リンク