2017年12月31日 (日)

2017年総括(1):洋楽アルバム編

2017年もあと半日で終わりということで、毎年恒例となった今年の総括を書いていこうと思います。

その年のお気に入りアルバムを洋楽10枚(+次点10枚)、邦楽10枚(+次点10枚)、2016年気になったアイドルソング10曲(次点なし)、そして今年印象に残ったライブ5本をピックアップしました。アルファベット順、五十音順に並べており、順位は付けていませんが特に印象に残った作品には「●」を付けています。

特にこの結果で今の音楽シーンを斬ろうとかそういった思いは一切ありません。ごく私的な、単純に気に入った/よく聴いたレベルでの「今年の10枚」です。

まずは洋楽アルバム編です。


■洋楽10枚(アルファベット順)

・Björk『UTOPIA』(amazon)(レビューはこちら

・CIGARETTES AFTER SEX『CIGARETTES AFTER SEX』(amazon

・CONVERGE『THE DUSK IN US』(amazon)(レビューはこちら

・DEPECHE MODE『SPIRIT』(amazon)(レビューはこちら

・KENDRICK LAMAR『DAMN.』(amazon

・KREATOR『GODS OF VIOLENCE』(amazon)(レビューはこちら

●MASTODON『EMPEROR OF SAND』(amazon)(レビューはこちら

・MIGOS『CULTURE』(amazon

・RIDE『WEATHER DIARIES』(amazon)(レビューはこちら

・SHOBALEADER ONE『ELEKTRAC』(amazon


<次点>
・BONOBO『MIGRATION』
・CODE ORANGE『FOREVER』(レビューはこちら
・DEAD CROSS『DEAD CROSS』(レビューはこちら
・FOO FIGHTERS『CONCRETE AND GOLD』(レビューはこちら
・KELELA『TAKE ME APART』
・LINKIN PARK『ONE MORE LIGHT』(レビューはこちら
・MACHINE GUN KELLY『BLOOM』
・PAUL DRAPER『SPOOKY ACTION』(レビューはこちら
・SLOWDIVE『SLOWDIVE』(レビューはこちら
・THUNDERCAT『DRUNK』


楽曲単位の年間ベストは年末売りの『TVブロス』に、HR/HMやラウド系にジャンル限定した年間ベストは『リアルサウンド』に掲載されていますが、こちらは洋楽オールジャンルになります。

ギリギリまでビョークにしようかMIGOSにしようかと悩んだのですが、年間を通してもっとも聴いたアルバムとなると、結局MASTODONだったんですよね。特に今年は、久しぶりに胸を張って「HR/HMが面白い!」と言えるアルバムばかりだったので、自分の気持ちに素直になろうと思い選出しました。

31日に入ってから10枚選んでみたものの、たぶん明日には次点と数枚入れ替わっていると思います。それくらい、他のアルバムも良かったので。

ちなみに、↓は上記20枚には選ばなかったものの、年末に手元に届いて「お? こ、これは……?」という予感の1枚。

邦楽アルバム編に続く)



▼MORBID ANGEL『KINGDOMS DISDAINED』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2017 12 31 11:02 午前 [2017年の作品, Björk, Cigarettes After Sex, Code Orange, Converge, Dead Cross, Depeche Mode, Foo Fighters, Kendrick Lamar, Kreator, Linkin Park, Mastodon, Migos, Paul Draper, Ride, Shobaleader One, Slowdive, 「1年のまとめ」] | 固定リンク

2017年12月30日 (土)

CONVERGE『THE DUSK IN US』(2017)

前作『ALL WE LOVE WE LEAVE BEHIND』から実に5年ぶりの新作となる、CONVERGE通算9枚目のオリジナルアルバム。とはいえ、彼らはここ最近名作『YOU FAIL ME』(2004年)のリミックス盤『YOU FAIL ME REDUX』(2016年)や、同じく名盤『JANE DOE』(2001年)の再現ライブを収めた『JANE LIVE』(2017年)を連発していたので、そんなに待たされたという気がしていなかったし、特に今年に入ってからは「新作の準備をしている」的な発言もあったので、そこまで待たされることはないだろうと思っていたので……でも、まる5年も経ってたんですね。こうやって振り返ると、改めてその空白期間に驚きました。

1曲目「A Single Tear」のそのサウンドのクリアさに若干驚きを隠せませんでしたが、続く2曲目「Eye Of The Quarrel」、3曲目「Under Duress」からはいつもどおりのカオスなCONVERGEワールドが展開されており、ほっとひと安心。「Arkhipov Calm」でのたうち回るボーカル&ギター、「I Can Tell You About Pain」の冒頭で変拍子を刻むドラム、そこから無軌道に突っ走る展開など含め、「そうそう! これを待ってたんだよ!」と膝を叩きながらニヤニヤしたくなるノイジーなサウンドの洪水。最高じゃないですか。

ところが、アルバム中盤のタイトルトラック「The Dusk In Us」でその表情は一変。叙情的なアルペジオと囁くようなボーカル、ダークというよりも陰鬱と呼ぶ方がぴったりなその音世界は、それまでの高揚感にあふれる展開から一気に落とし穴に引きずり込まれたかのようで、背筋がゾッとします。

7分半におよぶこの曲がアルバム終盤ではなくど真ん中に置かれている意味を考えようとすると、いろんな想像が浮かんできて面白いんじゃないでしょうか。例えば、それまでのハイテンションを現実世界と表すなら、この表題曲で急にあの世に引きずり込まれた、とか……。にしても、この鬱展開。クセになりますね……。

7分半の臨死体験を経て、7曲目「Wildlife」から再びハイテンションが復活。続く「Murk & Marrow」もカオスそのものだし、キャッチーなベースラインでグイグイ引っ張るミドルヘヴィ「Trigger」、2分にも満たないエモーショナルハードコア「Broken By Light」、さらに激しさを増す1分少々の「Cannibals」と激しさが加速したところで、ラスト前「Thousands Of Miles Between Us」で再びハッとさせられる展開が登場。メロウさは先の「The Dusk In Us」以上で、ここではエモとかそういった表現では収まらないくらいの悲しさが押し寄せてきます。なんなんだ、この展開。そしてラストは不穏さをヘヴィな音像で強調した「Reptilian」で幕を降ろす。ただひたすら感情を揺さぶられまくる40数分。聴き終えたあとに軽くため息をつきながら、「そうだ、こういうアルバムをずっと待っていたんだ」という気持ちがよみがえってくる。そう、CONVERGEとは自分にとって何なのかを問いかけてくるのが、この最新アルバムではないでしょうか。

なんてカッコいいこと言ってますが、最初に聴いたときはとにかく震えました。震えまくり。そして二度、三度と聴き返していくうちに、このアルバムのカオスさはヘヴィさや速さ、無軌道さにあるのではなく、実は「The Dusk In Us」や「Thousands Of Miles Between Us」のような曲にこそ存在するのではないかという結論に達したのでした。これが、2017年という混沌の時代にCONVERGEが到達した結論なのだと。

そう思いたくなるくらいの力作。5年待った甲斐がありました。



▼CONVERGE『THE DUSK IN US』
(amazon:海外盤CD / iTunes

投稿: 2017 12 30 12:00 午前 [2017年の作品, Converge] | 固定リンク

2017年12月24日 (日)

CODE ORANGE『FOREVER』(2017)

アメリカ・ペンシルベニア州出身のハードコアバンドCODE ORANGEによる、通算3枚目のフルアルバム。今作からRoadrunner Recordsに移籍し、Billboard 200でも最高62位という好成績を残しています。とはいえ、メジャー感の強い方向性ではないですし、インディーズからメジャーに移籍したからといってそのサウンドが大幅に変わったわけではないので、それだけ彼らが注目され始めたという証拠でしょう。

2008年の結成時はまだ中高生だったというメンバーも、すでに20代半ばから後半に差し掛かり、本作ではそれまでのカオティックなサウンドにより磨きをかけつつも、より深みを増したハードコアサウンドを聴かせてくれます。スピードよりも重さを重視したそのサウンド&アレンジは、とにかく気持ち良いものばかり。先が読めない展開という点においては初期の作品ほどではないものの、適度に取り入れたエレクトロ/インダストリアルサウンドとの相性も相まって、どこか感情を殺したかのようなひんやりした音像が楽しめます。そういった意味では、少々ポストロック的な要素も感じられるかもしれません。特に終盤の2曲「Hurt Goes On」「dream2」にはそのカラーが濃く表れているのではないでしょうか。

ちなみに本作のプロデュースを手がけたのは、過去2作から引き続きCONVERGEのギタリストであるカート・バルーと、数々のエクストリームミュージックに携わってきたウィル・イップ。エンジニアやミキシングで携わったウィルの手腕によるものか、前作よりも若干音が整理されいてる印象もあります。が、この手のサウンドにおいての話なので、誤差範囲内と言われてしまえばそこまでですが(笑)。

カートとの相性は今さら言うまでもなく、とにかくCONVERGEなどの世界観が好きなら気に入ること間違いなし。特に本作はスピードを抑えめにしたぶん、後ろから後頭部を100kgくらいあるハンマーで不意打ちされるくらいのインパクトとずっしり感があるので、とにかく大音量で楽しんでほしい1枚です。

実はこのアルバム、今年の1月に発売されてすぐに購入し、ずっとヘヴィローテーション中だったのですが、どうにもこうにも言語化するのが難しく。そうこうしてるうちに、SYSTEM OF A DOWNのサマーツアーでサポートを務めたり、THE DILLINGER ESCAPE PLANのラストライブに出演予定だったり、来年のグラミー賞にて「Best Metal Performance」部門にノミネートされたりと、相当話題になり始めています。なのに、ここまで日本盤化の話なし。勿体ないったらありゃしない。

個人的には間違いなく今年を代表する1枚に選ぶ作品なので、まだ聴いたことがないという人は、ぜひ年末のこのタイミングにチェックしてみてください。



▼CODE ORANGE『FOREVER』
(amazon:海外盤CD / MP3

投稿: 2017 12 24 12:00 午前 [2017年の作品, Code Orange, Converge] | 固定リンク

2009年12月16日 (水)

「Double Titans Tour In Japan Vol.2 : brutal truth vs CONVERGE」@Shibuya O-EAST(2009/12/15)

年の瀬のめっちゃ忙しい時期ではありましたが、無理をしてでも行きたい組み合わせのライブだったので……いや、確実にCONVERGEのライブが観たかったので、気合いを入れて行ってきました。

いやいや……気合いを入れてというのも嘘だな。そこまで気合い入ってなかったかも。アルバム「AXE TO FALL」は今年のベスト10枚に入るくらい聴きまくってるけど、いざライブとなるとフラットな気持ちで。過剰な期待をしないでライブに臨みました。だって、会場に着いたの開演10分前とかだし、そこまでドキドキワクワク感も感じられないほどに切羽詰まってたから。

トップバッターはCONVERGE。いやぁこれが本当にすごい。アルバム以上というか……とにかく各メンバーのパフォーマンスの力量、演奏力、カリスマ性、すべてがすごい。1時間にも満たない短いライブだったけど、十分すぎたし、本当にお腹いっぱいになった。こんなライブひさしくなかったなぁと。


<SET LIST>
01. Plagues
02. No Heroes
03. Bare My Teeth
04. Reap What You Sow
05. Cutter
06. Worms Will Feed / Rats Will Feast
07. Axe To Fall
08. Eagles Become Vultures
09. The Broken Vow
10. Drop Out
11. Hope Street
12. Bitter And Then Some
13. Last Light
14. Dark Horse
15. Heartache
16. Hellbound
17. Concubine
-encore-
18. Wolverine Blues


続いて演奏したBRUAL TRUTHですが……完璧すぎるCONVERGEの後では分が悪すぎるというか、いろんな意味で粗が目立ってしまう。なんていうか、オールドスタイルすぎるというか。もともとカオティック・コアとか呼ばれてるCONVERGEと、元祖グラインド・コアBRUTAL TRUTHの食い合わせが良いのか悪いのかという問題もあるわけですが。確実に言えるのは、10数年前の自分はこのBRUTAL TRUTHのサウンドにしびれてたんだよな、と。あの当時はこれが最高にかっこよかったし、これ以上はないとさえ思ってた時期もあった。けど時は流れ、いろんなジャンルの音楽が登場し、いろんな音楽が融合されていった。CONVERGEのサウンドなんてハードコアやエモ、メタル、プログレ、とにかくいろんな要素がまざって完成したスタイルだと思うんです。つまり、CONVERGEにとってはBRUTAL TRUTHってルーツのひとつなわけ。そりゃ確実に不利ですよ。

最初は牧歌的だなぁと感じていたBRUTAL TRUTHですが、最終的には「これはこれで伝統芸能としてありなのかも」と思うようになり、ライブが終わる頃には半分笑いながら彼らのパフォーマンスを楽しみました。

それにしても、CONVERGEのあのステージの完璧さは何だったんだろう。ライブが終わった後、頭が悪いくらいに「最強!」とか叫んでたけど、本当にそういう表現しか浮かばないくらいに強烈なライブだった。しかも、大きいステージが似合うパフォーマンスというか。このバンド、まだまだ天井知らずなくらいにデカくなっていく気がするなぁ。

いやいや、年末に本当に強烈で最高なライブを観ることができて。いい年越しができそうです。



▼CONVERGE「AXE TO FALL」(amazon:日本盤US盤

投稿: 2009 12 16 02:34 午前 [2009年のライブ, Brutal Truth, Converge] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック