2018年8月29日 (水)

DEFTONES『COVERS』(2011)

DEFTONESが2011年4月に“レコード・ストア・デイ”の限定アイテムとしてリリースした、カバーコンピレーションアルバム。当初はアナログ5000枚限定でリリースされましたが、数年後にデジタルリリース&ストリーミング配信開始。現在ではこうやって手軽に聴くことができるようになりました。

DETFONESは2005年にも『B-SIDES & RARITIES』と題した、シングルのカップリング曲や未発表音源からなるCDとMVなどを収めたDVDの2枚組作品を発表していますが、本作『COVERS』には先の『B-SIDES & RARITIES』にも収録されていたカバー曲が複数含まれています。

本作の内訳は以下のとおり。原曲者カッコ後ろに「*」が付いている楽曲は、『B-SIDES & RARITIES』にも収録されていたものです。


01. Drive [原曲:THE CARS]
02. Caress [原曲:DRIVE LIKE JEHU]
03. Please, Please, Please, Let Me Get What I Want [原曲:THE SMITHS] *
04. No Ordinary Love [原曲:シャーデー] *
05. Savory [原曲:JAWBOX] *
06. Do You Believe [原曲:THE CARDIGANS]
07. Simple Man [原曲:LYNYRD SKYNYRD] *
08. Ghosts [原曲:JAPAN]
09. The Chauffeur [原曲:DURAN DURAN] *
10. If Only Tonight We Could Sleep (Live) [原曲:THE CURE] *
11. Sleep Walk [原曲:SANTO & JOHNNY]


11曲中5曲がアルバム初収録。つまり、『B-SIDES & RARITIES』以降に録音されたカバーということになります。

どの曲も原曲のイメージを損なうことなく、しっかりDEFTONESとしてのカラーも主張した良カバーではないでしょうか。THE CARSの「Drive」の気怠さなんて最高だし、DURAN DURANやJAPANはこれ以上崩しようがなかったのか比較的原曲に近い状態。そういったところに、このバンドの原曲者への愛情が感じられます。

ちなみに、『B-SIDES & RARITIES』のみで聴けるカバー曲は以下のとおり。


Wax And Wane [原曲:COCTEAU TWINS]
Sinatra [原曲:HELMET]
Night Boat [原曲:DURAN DURAN](iTunes版のみ収録)


どんだけDURAN DURANが好きなんだ!って話ですが、このへんが個人的にDEFTONESを信用できるところでもあるんですけどね。彼らはこのほかにも、コンピレーションアルバムに「To Have and to Hold」(原曲:DEPECHE MODE)、「Jealous Guy」(原曲:ジョン・レノン)を提供しています。

さて、昨日のDEATH OF LOVERSからの続き。同じようなUKニューウェイブからの影響下にあるDEFTONESとNOTHING / DEATH OF LOVERSですが、いくつか被る要素はありつつも軸になっているものが異なることに気づかされます。THE SMITHSやTHE CURE、COCTEAU TWINS、DEPECHE MODEのようなバンドこそ両者ともルーツとして重なるものの、NOTHING / DEATH OF LOVERSはニューウェイブでもポストパンク寄りで、DEFTONESはニューロマンティック寄り。大雑把に括ればこうなるのではないでしょうか。あと、DETONESはMTV世代という言い方もできるかもしれない。THE CARSやシャーデーが入っているあたりに、その匂いが感じられます。まあ、これは両バンドの年齢の違いとも受け取れますが。

もしNOTHINGやDEATH OF LOVERSが純粋なカバーアルバムを作るとしたら、一体どんな選曲になるのか。あそこまでど直球でルーツへの愛情を形にするバンドなんだもん、そりゃあカバーにも捻りなんて求めませんよこちらも。ホント、一度聴いてみたいものです。



▼DEFTONES『COVERS』
(amazon:海外盤アナログ / MP3

投稿: 2018 08 29 12:00 午前 [2011年の作品, Cure, The, Deftones, Duran Duran, Japan, Smiths, The] | 固定リンク

2007年8月 2日 (木)

『FUJI ROCK FESTIVAL '07』メモ(主にTHE CUREとTHE STOOGES)@苗場スキー場(2007年7月27日〜29日)

メモ、というか駄文。

終わってから数日経ったけど、今頃今耳の皮がむけてきてて、気持ち悪い。他は日焼け止めの効果があったらしい。

あと、最終日の夜にダニかなにかに刺されたらしく、夜風呂に入っているときに血が流れているのに気付いた。一応その場で洗ったけど、現在小さな水泡(膿んでる?)ができてるのとその周りが異常に痒くなってる。マダニだったら嫌だな、病院行かなきゃと思ってたけど、なんとか薬をこまめに塗ってやり過ごせそう。それにしてもこれ、ブヨでもないしやっぱダニなんだろうな。雨上がりに半ズボンでグリーンに座ってただけでこれだもん。まぁ10年通ってればこういうこともあるか。

もはや何観たか覚えてないけど、やっぱTHE CUREとイギーのインパクトが強すぎて。ほんとMUSEとTHE CUREが終わった時点で、俺の今年のフジロック終わったと思ったもん。あとはオマケくらいな気持ちで、ホントに肩の力抜いて楽しんでた。別にライブ観に行ってるわけじゃないしな、フジは。ライブ観たかったらサマソニで十分だし。

THE CUREはアンコール2回、トータル140分の大ボリューム。「Lovesong」も「Friday I'm In Love」も「Just Like Heaven」も「Why Can't I Be You?」も「A Forest」も「Pictures Of You」も、全部やった。で、最後の最後に「Boys Don't Cry」。鳥肌立ちっぱなしだった。しかも、あんな近くで見られるなんて。

ロバート・スミスって実在したんだね。びっくりした。直前に観たMUSEの記憶が全部ぶっ飛んだよ。


[SETLIST]
01. Open
02. Fascination Street
03. From The Edge Of The Deep Green Sea
04. Kyoto Song
05. Hot Hot Hot
06. Alt.End
07. The Walk
08. The End Of The World
09. Lovesong
10. Pictures Of You
11. Lulaby
12. In Between Days
13. Friday I'm In Love
14. Just Like Heaven
15. If Only Tonight...
16. The Kiss
17. Shake Dog Shake
18. Never Enough
19. Wrong Number
20. One Hundred Years
21. End
--encore--
22. Let's Go To Bed
23. Close To Me
24. Why Can't I Be You?
--encore--
25. A Forest
26. Boys Don't Cry


イギーに関しては、こんな還暦を迎えたいと素直に思った。いや、思わなかったり。やっぱり何回観てもすげえなと。


[SETLIST]
01. Loose
02. Down On The Street
03. 1969
04. I Wanna Be Your Dog
05. T.V. Eye
06. My Idea Of Fun
07. Dirt
08. Real Cool Time
09. No Fun
10. 1970
11. The Mine Room
12. Fun House / LA Blues
13. Skull Ring
--encore--
14. I Wanna Be Your Dog


もう、THE CUREとTHE STOOGESで共感しあえない人とは、しばらく距離を置きたい。そのくらい金曜から今日の今日まで反芻しまくってます。ホント、あとはDEPECHE MODEくらいだな(ないだろうけど)。15~6年ぶりに観たいわマジで。

投稿: 2007 08 02 12:00 午後 [2007年のライブ, Cure, The, FUJI ROCK FESTIVAL, Iggy Pop, Stooges, The] | 固定リンク

2004年10月 2日 (土)

とみぃ洋楽100番勝負(44)

●第44回:「Why Can I Be You」 THE CURE ('87)

 高校入学と同時に親しくなった、あのTHE SMITHSを俺に教えてくれた友人が、続いて俺に勧めてきたのが、このTHE CUREの当時の新作「KISS ME, KISS ME, KISS ME」でして。これ、LPだと2枚組18曲入りなんだけど、CDだと1曲少ない17曲なんですよね("Hey You" が外されたんだっけ。手持ちのCDは確かに17曲入りだけど、当時のカセットは確かに18曲入りなんだよね)。

 丁度彼からダビングしてもらったテープを受け取る前に、MTVか何かで先行シングル "Why Can I Be You" のPVを目にして。あのロバート・スミスのルックスといい、胡散臭いくらいにポップなメロに下世話なブラスとモータウン調のリズム。ギターのカッティングはイギリスのニューウェーブっぽくて、確かに「絶対にお前、気に入るって!」との彼の言葉通りなんだよね。「エコバニ(ECHO & THE BUNNYMEN)とか好きなんでしょ? だったら気に入るから!」って。

 アルバムは、それこそテープが擦り切れる程聴いたし、結局高校出て上京して暫くして‥‥「WISH」が出た頃かな。CDで買い直したもんね。

 未だにライヴで観たことないし、ライヴ映像とかも観たことないんだけど(DVDとかは売ってるけどね)‥‥過去何枚かリリースされてるライヴ盤も何故か意図的に避けてる気が。そういやぁ1枚も持ってない&聴いてないもんな‥‥何故?

 何だろ‥‥俺の中で「THE CUREのライヴって、こんな感じ?」とか「ロバスミってライヴじゃこんな感じなんじゃない?」とか勝手に想像膨らまして楽しんでんのかな? だとしたら‥‥後でガッカリするのも嫌なんで、今のうちにライヴ映像に手を出さないと(‥‥へっ??)。

 なんて冗談はさておき‥‥ホント、この曲とか最新作の曲をライヴで、ここ日本で聴きたいんですよね。もう何年‥‥いや、何十年前でしたっけ、彼等が最後に来日したの?(何十年は言い過ぎだろ)

 多分‥‥この曲を生で聴いたら‥‥15〜6才の俺に戻れる気がするんだよね‥‥何となくだけど。



▼THE CURE「KISS ME, KISS ME, KISS ME」(amazon

投稿: 2004 10 02 12:00 午前 [1987年の作品, Cure, The, 「100番勝負」] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック