2017年12月31日 (日)

2017年総括(1):洋楽アルバム編

2017年もあと半日で終わりということで、毎年恒例となった今年の総括を書いていこうと思います。

その年のお気に入りアルバムを洋楽10枚(+次点10枚)、邦楽10枚(+次点10枚)、2016年気になったアイドルソング10曲(次点なし)、そして今年印象に残ったライブ5本をピックアップしました。アルファベット順、五十音順に並べており、順位は付けていませんが特に印象に残った作品には「●」を付けています。

特にこの結果で今の音楽シーンを斬ろうとかそういった思いは一切ありません。ごく私的な、単純に気に入った/よく聴いたレベルでの「今年の10枚」です。

まずは洋楽アルバム編です。


■洋楽10枚(アルファベット順)

・Björk『UTOPIA』(amazon)(レビューはこちら

・CIGARETTES AFTER SEX『CIGARETTES AFTER SEX』(amazon

・CONVERGE『THE DUSK IN US』(amazon)(レビューはこちら

・DEPECHE MODE『SPIRIT』(amazon)(レビューはこちら

・KENDRICK LAMAR『DAMN.』(amazon

・KREATOR『GODS OF VIOLENCE』(amazon)(レビューはこちら

●MASTODON『EMPEROR OF SAND』(amazon)(レビューはこちら

・MIGOS『CULTURE』(amazon

・RIDE『WEATHER DIARIES』(amazon)(レビューはこちら

・SHOBALEADER ONE『ELEKTRAC』(amazon


<次点>
・BONOBO『MIGRATION』
・CODE ORANGE『FOREVER』(レビューはこちら
・DEAD CROSS『DEAD CROSS』(レビューはこちら
・FOO FIGHTERS『CONCRETE AND GOLD』(レビューはこちら
・KELELA『TAKE ME APART』
・LINKIN PARK『ONE MORE LIGHT』(レビューはこちら
・MACHINE GUN KELLY『BLOOM』
・PAUL DRAPER『SPOOKY ACTION』(レビューはこちら
・SLOWDIVE『SLOWDIVE』(レビューはこちら
・THUNDERCAT『DRUNK』


楽曲単位の年間ベストは年末売りの『TVブロス』に、HR/HMやラウド系にジャンル限定した年間ベストは『リアルサウンド』に掲載されていますが、こちらは洋楽オールジャンルになります。

ギリギリまでビョークにしようかMIGOSにしようかと悩んだのですが、年間を通してもっとも聴いたアルバムとなると、結局MASTODONだったんですよね。特に今年は、久しぶりに胸を張って「HR/HMが面白い!」と言えるアルバムばかりだったので、自分の気持ちに素直になろうと思い選出しました。

31日に入ってから10枚選んでみたものの、たぶん明日には次点と数枚入れ替わっていると思います。それくらい、他のアルバムも良かったので。

ちなみに、↓は上記20枚には選ばなかったものの、年末に手元に届いて「お? こ、これは……?」という予感の1枚。

邦楽アルバム編に続く)



▼MORBID ANGEL『KINGDOMS DISDAINED』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2017 12 31 11:02 午前 [2017年の作品, Björk, Cigarettes After Sex, Code Orange, Converge, Dead Cross, Depeche Mode, Foo Fighters, Kendrick Lamar, Kreator, Linkin Park, Mastodon, Migos, Paul Draper, Ride, Shobaleader One, Slowdive, 「1年のまとめ」] | 固定リンク

2017年8月17日 (木)

DEAD CROSS『DEAD CROSS』(2017)

にしても、すごいバンドが誕生したものです。FAITH NO MOREのマイク・パットン(Vo)、元SLAYER/現SUICIDAL TENDENCIESのデイヴ・ロンバード(Dr)、THE LOCUST/RETOXのジャスティン・ピアソン(B)、同じくRETOXのマイク・クライン(G)というメタル/オルタナ/ハードコア界のそうそうたるメンツが一堂に会したスーパーバンド、DEAD CROSS。彼らのデビューアルバム『DEAD CROSS』が8月上旬にリリースされました(ここ日本では同月23日に発売)。

もともと2015年に結成された際にはTHE LOCUSTのゲイブ・セルビアンがボーカルでしたが(THE LOCUSTではドラマー)、翌2016年に脱退。新たにパットン先生が加入し、現在のサウンドスタイルが確立されたとのことです。

おそらくパットン先生が加わるまでは、意外とストレートなハードコアが展開されていたんだろうなと思うのですが、このアルバムで聴けるサウンドは単なるハードコアとは言い難い、非常に複雑怪奇なもの。カオティックハードコアとでも呼べばいいのでしょうか。単なる暴力的なエクストリームサウンドというよりも、どこか知的さがにじみ出た、まさしくカオスな世界観が展開されています。

パットン先生のボーカルはFAITH NO MORE以上に振り切れたものもあれば、そこから一転して冷静さを感じさせるものもあり、FAITH NO MOREやパットン関連作品愛好家なら一発で気にいるはず。ロンバードのドラムもオープニングの「Seizure And Desist」からツーバス&ブラストビート全開(この曲のボーカルオーケストレーションも最高)。SUICIDAL TENDENCIES『WORLD GONE MAD』(2016年)でのプレイよりも、SLAYERでパンキッシュな楽曲を叩くときのプレイに近いイメージと言えば共感いただけるでしょうか。要するに、ひたすらカッコイイということです。思えばパットンとロンバードは過去にFANTOMASでも活動をともにしたことがあるので、相性は悪くないんでしょうね。

ギターやベースに触れずじまいですが、決して空気なわけではないですよ。このドラムにこのベース、このギターという絶妙なプレイを聴かせてくれていますし。ただ、ここにパットン先生の声が乗ると……全部持っていっちゃうんですよね。それだけアクが強いというか唯一無二というか。まぁまずは、頭を空っぽにして楽しんでください。アレンジがどうだとか、この曲のここがこうだとか、BAUHAUS「Bela Lugosi's Dead」のカバーのアレンジがどうだとか、そういう小難しいことは数回無心で楽しんだあとにでも。ね?



▼DEAD CROSS『DEAD CROSS』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / iTunes

投稿: 2017 08 17 12:00 午前 [2017年の作品, Dead Cross, Faith No More, Slayer, Suicidal Tendencies] | 固定リンク