2019年3月12日 (火)

「#平成の30枚」

Twitterのハッシュタグでよく目にする「#平成の30枚」という企画。これ、面白いですね。30年を30枚のアルバムで紹介するというのは、いろんな側面があると思うんですよ。一般的な名盤なのか、その年バカ売れしたものなのか、あるいはもっと私的な選出なのか。でも、そのどれを取ってもいろいろ見えてくるものがある。30枚くらいだからちょうどいいんでしょうね。これが昭和だったら……無理か(苦笑)。

ということで、こういうのに便乗するのが好きな私としては、とりあえず記録として残しておこうと。ただ、普通にTwitter上に残すのは違うよね、せっかくならこっちだよねってことで、無理くり1989年から2018年までの30年をすごい勢いで振り返ってみました。平成元年(1989年)っていうと、自分が高2〜高3の時期。音楽的にも多感だった10代後半の終盤ですね。特に90年代半ばまでは思い出深い作品がたくさんあるだけに1年1枚縛りはなかなかキツイものがありますが……あえて自分内でルールを作って選出しました。

① 同じアーティストのアルバムは複数枚選ばない(バンド/ソロは例外とする)
② 可能な限り今の自分の直感に従う(過去BEST OF企画の年間1位に選んだとしても今回も選ぶとは限らない。今の感覚で選ぶ)
③ 2枚同時発売など連作となっているものは例外として2枚選出も可(ガンズとかラルクみたいなね。ガンズは関係ないけど)

以上、これだけを守って選んだら……やっぱりキツかった(笑)。さて、個人的な思い入れ乱れまくりの30枚、ぜひご堪能あれ。


平成元年(1989年)
X『BLUE BLOOD』(Spotify

平成2年(1990年)
ユニコーン『ケダモノの嵐』(Spotify

平成3年(1991年)
BUCK-TICK『狂った太陽』(Spotify

平成4年(1992年)
佐野元春『sweet16』(Spotify

平成5年(1993年)
LUNA SEA『EDEN』(Spotify

平成6年(1994年)
THE YELLOW MONKEY『jaguar hard pain』(Spotify

平成7年(1995年)
スピッツ『ハチミツ』

平成8年(1996年)
Mr.Children『深海』(Spotify

平成9年(1997年)
中村一義『金字塔』(Spotify

平成10年(1998年)
THEE MICHELLE GUN ELEPHANT『ギヤ・ブルース』(Spotify

平成11年(1999年)
Hi-STANDARD『MAKING THE ROAD』

平成12年(2000年)
エレファントカシマシ『GOOD MORNING』(Spotify

平成13年(2001年)
SOUL FLOWER UNION『SCREWBALL COMEDY』

平成14年(2002年)
ナンバーガール『NUM-HEAVYMETALLIC』(Spotify

平成15年(2003年)
Theピーズ『Theピーズ』(Spotify

平成16年(2004年)
フラワーカンパニーズ『世田谷夜明け前』(Spotify

平成17年(2005年)
銀杏BOYZ『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』(Spotify)、『DOOR』(Spotify

平成18年(2006年)
ザ・クロマニヨンズ『ザ・クロマニヨンズ』

平成19年(2007年)
L'Arc-en-Ciel『KISS』

平成20年(2008年)
Perfume『GAME』

平成21年(2009年)
DEAD END『METAMORPHOSIS』

平成22年(2010年)
凛として時雨『still a Sigure virgin?』(Spotify

平成23年(2011年)
OGRE YOU ASSHOLE『homely』(Spotify

平成24年(2012年)
Ken Yokoyama『Best Wishes』

平成25年(2013年)
ももいろクローバーZ『5TH DIMENSION』(Spotify

平成26年(2014年)
BABYMETAL『BABYMETAL』(Spotify

平成27年(2015年)
星野源『YELLOW DANCER』

平成28年(2016年)
BOOM BOOM SATELLITES『LAY YOUR HANDS ON ME』(Spotify

平成29年(2017年)
ONE OK ROCK『Ambitions』(Spotify

平成30年(2018年)
Maison book girl『yume』(Spotify


以上、30枚。「そのアーティストがそのアルバム?」っていうやつ、たくさんあると思います。LUNA SEAは『MOTHER』(1994年)じゃないの?とか、THE YELLOW MONKEYは『SICKS』(1997年)じゃなくていいの?とか、星野源は最新の『POP VIRUS』(2018年)だろ?とか。わかります、その気持ち。でも、「あの年にあれが入るとそれは入れられないよね」とか「世の中的にこっちのほうが評価高いんだろうけど好きなのはあっちなんだよね」とか、そういう理由も含まれていますので、ご了承ください。

にしても、やっぱり偏ってるなあ(笑)。わかってはいたけど、こういう結果になりますよね。我ながらも清々しいくらいに納得できるものになりました。だいたいどのアルバムも、その年に聴きまくったもの、あるいは今でもよく聴く作品ばかりだもんなあ。そんな中で、2000年代半ば前後から後半にかけての一時期が、自分の中で非常に曖昧なことに気づきました。このサイトを一番やってた時期から前職で音楽の仕事に就いた頃だから、記事的にはいろいろ聴いていたはずなんだけど……で、気づくわけです。「あ、この頃ってハロプロばっか聴いてたからだ!」と(笑)。

ハロプロ。悩みました。どれか1枚入れるべきだろうと。ももクロやベビメタを入れているわけですし、個人史的にも絶対に必要だろうと。ただ、「今の視点」となると、また違うんですよね。残念ながら。そういう意味では、2010年にAKB48の『神曲たち』も入れるべきか悩みましたが、こちらも選外に。ただ、そのへんも考慮には入っていたことはご理解いただきたいです。

だって、いきなり元年からRED WARRIORSの『SWINGIN' DAZE』を外す羽目になるし。けど、今の感覚的にはやっぱり『BLUE BLOOD』だしなあ。難しいですね。

あと「この人たちの作品、サブスクで配信されてないのね」とか「この時期の作品だけ配信されてないのかよ」とか、新たな気づきもありました。いろんな事情もあるでしょうから深くは追求しません。けど、勿体ないな、と。

一応「平成」ってことで邦楽縛りで選出しましたが、これ洋楽編を作ったらどうなるんでしょうね……我ながら、ちょっと気になります。なので、続く……かも(笑)。

投稿: 2019 03 12 12:30 午前 [BABYMETAL, BOOM BOOM SATELLITES, BUCK-TICK, DEAD END, Hi-STANDARD, Ken Yokoyama, L'Arc-en-Ciel, LUNA SEA, Maison book girl, Mr.Children, OGRE YOU ASSHOLE, ONE OK ROCK, Perfume, Soul Flower Union, THEE MICHELLE GUN ELEPHANT, X JAPAN, YELLOW MONKEY, THE, 「平成の30枚」, ももいろクローバーZ, エレファントカシマシ, ザ・クロマニヨンズ, スピッツ, ナンバーガール, ピーズ, The, フラワーカンパニーズ, ユニコーン, 中村一義, 佐野元春, 凛として時雨, 星野源, 銀杏BOYZ] | 固定リンク

2005年2月21日 (月)

大塚基之、再び‥‥??

MORRIE、ニューアルバム「エクトプラズム」4/20リリース(@TOWER.JP)

 何の確証もないですけど‥‥これは間違いなく、あの、我々がよく知る『MORRIE』ですよね!? ちょ、ちょっと‥‥何年振り? 最後が「影の饗宴」で、あれが1995年1月だから‥‥へっ、10年振り!!

 レコード会社もBMGみたいですし(品番から判断)、恐らく間違いないとは思います。最近は清春のアルバムに参加したりして、少しずつですが活動が外向きになってきてたし。そこにきて、DEAD ENDのベスト盤があったから‥‥そうか、そういう前振りだったのか‥‥

 一体この10年間、何をやっていたのか、そしてその成果はこのアルバムに表れているのか、それとも気持ちも新たに最近作ったものなのか‥‥今はこのリリース情報しかないですから、何とも言えませんが‥‥多いに期待してみようじゃありませんか、コノヤローッ!!!

 そういやぁMORRIEのソロアルバムって全部廃盤もしくは生産中止なんですよね。非常に残念ですが‥‥これを機に是非低価格で再発してもらいたいものです。まぁそれまでは、この最新ベストを聴いて(そして18年前の映像を観て)2ヶ月待とうじゃないですか‥‥

‥‥けどよくよく考えたら、これってソロ・ベスト盤の可能性もあるんだよね‥‥

 ちなみに、「FOOL'S MATE」次号にて、何やら重大発表があるようですよ(情報解禁第1弾は2/24とのこと)。表紙のこの人がMORRIEではないか?という噂が出回ってますが‥‥俺はてっきりhyde氏かと思った(苦笑)。



▼DEAD END「∞(INFINITY)」(amazon

※2月22日 17時40分 追記
 タワレコの商品紹介文が追加されてます。嗚呼、やはりベスト盤でしたか‥‥残念だけど、まぁこれから聴こうっていうファンにとってはてっとり早い1枚なんじゃないですかね。シングルにしか入ってない曲とかも入れてレア度を上げて欲しいな。
 あと、「FOOL'S MATE」次号にDEAD END特集が載るという話があるそうです。その一環でMORRIEのロングインタビューがあるのでは、そしてその場で次のアクションが発表される可能性がある、との憶測が強まってます。あと2日、心して待ちましょう。

※2月24日 0時40分 追記
 結局「FOOL'S MATE」表紙はPIERROTのボーカル、キリトでした。彼のロングインタビューでソロ活動について語られる、といった内容だそうで‥‥そりゃそうだわな、今のMORRIEに表紙を飾るだけの注目度があるとは思えないしな。新作→ベスト盤といい、空回りし過ぎだなこりゃ。
 ちなみにDEAD END特集はホントに載るようです。こっちに関しては楽しみにしたいと思います。

投稿: 2005 02 21 08:20 午後 [2005年の作品, DEAD END, Morrie] | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2005年2月 3日 (木)

DEAD ENDというバンドを知ってますか?

DEAD END、当時の貴重なライヴ映像付のベスト盤リリース(BARKS)

 にしても、何故この時期にDEAD ENDのベスト盤なのか、と。例えばL'Arc-en-Cielが大ブレイクしてた頃、あるいは初期の黒夢がライヴでカバーしてた頃に再評価されて‥‥なら判りますが。そもそも、そういう時期にDEAD ENDを語るのはやはり時代遅れと捉えられてましたよね。俺自身、未だに大好きなバンドですし、生涯出会ってきた日本のバンドの中でも5本の指に入る程好きだし、バンドをやる上でも非常に影響を受けた存在なんですよ。

 DEAD ENDはこれまでに1枚、1997年という微妙な時期にベストアルバム「ALL IN ONE」をリリースしています。



▼DEAD END「ALL IN ONE」(amazon


 ここには今や入手困難なインディーズ盤「DEAD LINE」からの楽曲や初期ソノシートに収録されていた楽曲等4曲、ビクター〜BMGへの移籍という微妙な時期にリリースされたシングル曲 "BLUE VICES"(オリジナル・アルバム未収録)や、事実上最後の作品となってしまったシングル曲 "GOOD MORNING SATELLITE"(共にシングルは廃盤)といった貴重な楽曲も収録された、個人的には悪くない1枚だったんですよ。まぁ確かに足りない曲が多いですけどね‥‥それでもこのベスト盤、今でもよく車の中で聴く機会が多いですね。勿論、オリジナルアルバム4枚が最強なわけですけどね。

 そして、新しいベストアルバム。どうやらこちらのファンサイトで実施した「究極のベスト盤が欲しい」というアンケートがレコード会社(BMGファンハウス)に影響を及ぼしたみたいですね。凄いことです(結果はこちら)。

 完全にこの結果が採用されたわけではなく、あくまで「参考程度」として最終的に選ばれた16曲。「ALL IN ONE」にも入っていたインディーズ時代の "Spider in The Brain" も "Perfume of Violence" も入ってます。「ALL IN ONE」に入ってなかった "PHANTOM NATION" や "DEAD MAN'S ROCK"、"Psychomania" 辺りはアンケートの力が効いてるんですかね(けど "DECOY" とか "NIGHT SONG" は入ってないのか。あ、特典DVDには "DECOY" のライヴが入ってるようですね)。

 今回一番の目玉は‥‥やはり "WIRE DANCER" の復活ですかね。これ、シングル「BLUE VICES」(今回のベストにも収録)のC/W曲としてアルバム未収録だったんですよ。勿論、現在シングルは廃盤なので、これまでは2枚組ライヴ盤「DEAD END」(現在は2枚別々のライヴ盤としてリリース。「〜LIVE ACT 2〜」に収録)でのライヴテイクでしか新参ファンは堪能できない1曲だったんで、これはちょっと嬉しいんじゃないですかね? まぁ‥‥未発表曲は難しい、か。メンバー4人の許可がなきゃいけないだろうしね(特にMORRIEは‥‥)。

 最近、ギターのYOUはひと昔前と比べてかなり積極的に音楽活動を行っていて、昨年は河村隆一のアルバムやツアーに参加してました。ドラムの湊は未だにいろんなところでセッションマンとして活躍してるようですし、以前はmachineや相川七瀬のバックでベースを弾いてたCRAZY COOL JOEは‥‥やはりポツポツとサポート業をやってるようですね。そしてMORRIE‥‥昨年、清春のソロアルバムにギターで参加してましたよね。最後にソロアルバムが出たのが1995年‥‥10年前です‥‥そろそろ‥‥ねっ?

 先日リリースされたL'Arc-en-Cielの新曲 "Killing Me" を初めて聴いた時、思い浮かべたのはやはりDEAD ENDでした。「もしあのままDEAD ENDが続いていたら‥‥」考えるだけ野暮ですが、やはりラルクの進化を目の当たりにしていると、どうしてもね‥‥

 さてと‥‥改めて姿勢を正して、この新ベストを聴いてみることにしますか‥‥



▼DEAD END「∞(INFINITY)」(amazon

投稿: 2005 02 03 12:30 午前 [DEAD END] | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック

2003年8月11日 (月)

DEAD END『shambara』(1988)

自身の音楽人生に於いて『原点的存在といえる重要作品』を紹介していくという企画。その第二弾となるのが、'80年代中~後期に活躍した日本のバンド、DEAD ENDのメジャー第二弾アルバム(通算3作目)「shambara」。そうですね、前回紹介したGUNS N'ROSESとほぼ同時期にここ日本で活躍したバンドになるわけですが、このバンドの場合‥‥カテゴライズに困るというのもあるんですが、とにかく活動期間が短くて(メジャーでアルバム3枚、実質3年ちょっとしか活躍してないわけですよ)、逆に今の若い子なんて知らなくて当たり前な存在ですよね。ま、例えばこのアルバムからプロデューサーが、後にかのL'Arc-en-Cielを手掛ける岡野ハジメ(元PINK)だなんてことから、ラルクが影響を受けたバンドとして一部ファンの間では知られているし、また元黒夢~現SADSの清春が最も影響を受けたバンドとして名前を挙げることが多いのも、このバンドだったりするわけで‥‥そういった関係で、ビジュアル系の元祖的に捉えられているかもしれませんね。ま、それもあながち間違いではないんですが‥‥元々はこのバンド、メタルバンドなわけですよ。それこそ、X(後のX JAPAN)的というか。いや、実際には全然違うわけですが。

俺ね、それまでDEAD ENDってそんなに興味がなかったのよ。インディー盤はまぁカッコイイかなぁなんて思ってたけど、メジャー1発目「GHOST OF ROMANCE」ってアルバムが何となく苦手で。今では全然そんなことないんですが、16才の俺はそう感じてたんですね。元々ニューロマンティックとかビジュアル要素の強いロック/ポップスが好きだったし、ゴス系やそういった影響を受けたパンク~ニューウェーブなんてのも好んで聴いてたわけですが‥‥これだったら、まだGASTANKの方がカッコイイじゃない?とか思ってた程で。

ところがね、'88年にリリースされたこのアルバムを聴いて、印象が全然変わっちゃったのね。いや、正確には「変わった部分」と「変わってない部分」がしっかり同居してるんだけど、俺にはもう‥‥1曲目"Embryo Burning"のインパクトがかなり強烈だったわけ。つうか何、このギターオーケストレーションによる大袈裟なイントロは!?って。いや、大好きなのよ、こういったクラシカルな要素を持ちつつ、それでいてモダンなサウンドっていうのが(勿論、「モダン」ってのは当時の話ね)。で、しかもあの流れるような怪しいメロディに魑魅魍魎な世界観の歌詞。実際には魑魅魍魎度は前作より退化してるんだけど、それでもこういうサウンドに見事マッチしてるのね。前作までが「アングラなメタル」だとしたら、このアルバムでのサウンド・メロディ・歌・アレンジ全てが「ムーディーなゴシックロック」という方向に進んでるように感じられるんだわ。アレンジなんて本当に凝ってるし、実際各メンバーの技量ってのはハンパじゃないわけだし、それに見合った複雑で、けどそれでいてポップでキャッチーな演奏・アレンジだったりするんだよね。リリースから15年以上経った2003年に聴いても(多少の古臭さは拭えないものの)全然アリなんだよね、不思議と。

例えばね、このアルバムの前年('87年)にリリースされたDEF LEPPARDの「HYSTERIA」とか、当時一部で台頭していたポンプ・ロック(プログレ風味の強いロック/ハードロックバンドを指してこう呼んでいた時代があったのです。MARILLIONなんかがそう呼ばれていたと記憶してます)等からの影響や流れも感じるし、同時にプロデューサーである岡野ハジメが在籍していたPINK的なものも感じられなくもない。それでいてギターソロなんてまんまマイケル・シェンカーみたいなメロウで泣きまくりだし、リフやバッキングはただ歪んだ音1色ではなく、クリーントーンやいろんなエフェクターを通したサウンドを取り入れたり‥‥って、まんまその後のビジュアル系ですよね、この流れ。そうね、確かに彼等があのまま活動を5年、10年と続けていたら(それって全く想像できないわけですが)、ビッグヒットこそないものの、多分カルト的な人気バンドになっていたのかもしれませんね。

個人的にはアルバムトップの"Embryo Burning"や、ミドルヘヴィな"Junk"や"Blood Music"、最近でいうとGacktなんかがやっても何ら違和感のない中東風アレンジのアコースティックナンバー"Heaven"みたいな曲が特に好きだったりするんですが(勿論、その他の『前作の流れを組むメロウなハードロックチューン』も大好きですよ)、中でもとりわけ、アルバムラストの"I Can Hear The Rain"というマイナーチューンがね、もう大好きでして。英語詞の、泣きのギターソロ炸裂の名曲なんですよ。ダークなAメロ、それに相反する情熱的なサビやエンディングといった素晴らしいメロディ、派手さはないものの的確にメロディを盛り上げていくリズム隊。けどね、やっぱりこの曲のメインはギターなわけですよ。メインリフ部分に挿入されるアコギや、歪んだバッキングと共に鳴っているクリーントーンのアルペジオ、どれを取っても印象的なんですね。ギター弾きの人には是非聴いて欲しい名プレイだと思っております。いや、このアルバムでの足立祐二(Gt)のプレイは特筆すべきポイントが山程あるんで、是非機会があったら聴いてもらいたいですね、うん。

個人的には足立のギターよりもボーカルのMorrieからの影響の方が強いんですけどね。ホント、「伝説の~」って表現がピッタリなバンドですよね。たった数枚のアルバムを残しただけで未だにこうやって語られる機会があるってことは、それだけ強烈なインパクトを当時放っていたってことですからね。リアルタイムで通過した人達は、今でも彼等を引きずってたりするんじゃないかな?(ま、当然俺もそのひとりなわけですが)



▼DEAD END『shambara』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2003 08 11 07:47 午前 [1988年の作品, DEAD END] | 固定リンク

2000年7月22日 (土)

DEAD END『ZERO』(1989)

今回のテーマは「ヴィジュアル系好きにもアピールするHM/HR」ということで、その元祖的存在ともいえるDEAD ENDのラストアルバム(通算4枚目)「ZERO」('89年)を紹介しよう。まず最初にお断りしておきたいのは、DEAD ENDはデビュー時こそメタルバンドとして取り上げられ、実際にそのようなスタイルだったが、彼等はいい意味でアルバム毎に変化していき、このラストアルバムではついにHM/HRとは呼び難い音楽スタイルを作り上げた。今の時代だったら音を聴いて「ヴィジュアル系」の一言で片づけられてしまうかもしれない。が、これがリリースされた1989年当時は問題作として取り上げられたのをよく覚えている。つまり「これはメタルか否か?」と‥‥

まずアルバムを聴いて驚くのは、あるバンドにそっくりだということだろう。とにかく1曲目"I Want Your Love"のドラムパターン、イントロのギターフレーズ、コード進行、ボーカルの低いトーンから入ってサビで爆発するパターン‥‥まるでL'Arc~en~Cielじゃん!?(笑)いや、これの場合ラルクが似ているのだが。この曲以外にも現在のラルクの楽曲に通ずるスタイルを見出す事が出来るし、聴く人が聴けばLUNA SEAにも共通するところもある。ヴィジュアル・イメージも初期のLUNA SEAに似てるし‥‥って別にヴィジュアル系のネタばらし大会をするつもりはない。ぶっちゃけた話、今のヴィジュアル系のルーツにはX JAPANとDEAD ENDの影響が大きいと言いたかったのだ(勿論その他にも沢山の先人達がいたのだが、代表的なという意味でこの2つを挙げてみた)。

DEAD ENDはインディーズからの「DEAD LINE」('86年)、メジャー1枚目「GHOST OF ROMANCE」('87年)ではメタル以外の何者でもない音楽を提供している。アクが強くて聴く者を選んでしまうような「魑魅魍魎」な詞の世界などは、初期のLUNA SEAやラルクにも共通するものがある。実際にラルクはインディーズ時代に黒夢と共演した際に、自らのルーツを紹介する意味でDEAD ENDの曲を何曲かカヴァーしている。その後メジャーデビューしてからも度々DEAD ENDの曲を取り上げ、あろう事か初の武道館公演でも1曲演奏しているのだ(その模様はセル・ビデオとして流通している)。

メンバーがDEAD ENDが大好きだったという事実以外にも、ラルクとDEAD ENDには共通の人物が2人いる。ひとりはラルクのアルバム「TRUE」('96年)まで在籍していたドラマーのSAKURA(翌年春、麻薬所持の為逮捕、脱退となり、昨年ZIGZOというバンドでシーンに復帰している)。彼はラルク加入前、DEAD ENDのドラマー、MINATO(湊雅史)のローディーをしていた経験がある。DEAD END事実上のラストライヴとなってしまった日比谷野音でのライヴを収めた2枚組アルバム「DEAD END」('90年/現在は2枚別々に売られている)のブックレット内のスペシャルサンクス欄の中には彼の名前が載っているので、興味がある人は探してみるといいだろう(勿論、本名でだが)。まぁこの手の事実は、よくある「ラルクの謎」みたいな下世話な本を探せばよく載っているはずだが。

ふたり目は『ラルク第5のメンバー』ともいえる、プロデューサーの岡野ハジメだ。彼は'80年代にPINKというバンドでベースを弾いていた(このバンドには当時布袋寅泰とも活動を共にし、現在はPUGS等で活躍する、ホッピー神山も在籍)。その彼がDEAD ENDのメジャー第2弾(通算3作目)「SHAMBARA」('88年)のプロデュースを手掛ける事によって、DEAD ENDの音楽の幅はどんどん広がっていった。この「ZERO」も岡野のプロデュース作品で、ここではプロデューサー以上の仕事をしていて、作曲陣にも加わっているのだ("I Want Your Love"や"Crash 49"、そしてシングルナンバーでもあった"So Sweet So Lonely"にメンバーとの連名としてクレジットされている)。その結果、このラスト作は前作以上にHM/HRとはかけ離れたスタイルを築き上げた。当時こういう音を出していたバンドは他にはいなかったという意味で彼等は先駆者であり、残された作品は今も色褪せていない。特にこのアルバムは2000年という現在にも通用すると思う(事実、知り合いに何も言わずに聴かせたら、ラルクの未発表曲だと思ったそうだ)。

さて、最初に述べた「これはメタルか否か?」の問いだが‥‥リリース当時、俺はこのアルバムを聴いて絶望したのをよく覚えている。「SHAMBARA」まではギリギリ耐えられた。が、これはもはやHM/HRではない。そう思ったのだ。結局、レンタルでダビングしたテープを殆ど聴かないまま、この作品は忘れ去られていた。

それから10年近く経ってから彼等のベスト盤に手を出して改めてそれらの楽曲に触れ、何ら違和感を感じなかったのだ。初期の曲は今聴くとちょっと辛いかもしれないが、「SHAMBARA」や「ZERO」の楽曲は今の時代にもアピールするんじゃないか? いや、下手なB級ヴィジュアル系より比べ物にならない位にいい。そして、ラルクやLUNA SEAとの共通点を見つけだした‥‥10年前の俺には「メタルじゃない」という偏見があったからこのアルバムを嫌ったけど、それは間違いだった。これは名盤だ。もし日本のロックの歴史を振り返る企画があったら、是非挙げたい1枚である。

「猿にも解るメタル講座」という観点から考えれば、「SHAMBARA」の方がコンセプトに適合しているのかもしれない。しかし、取っつき易さや切っ掛けとしてはこの「ZERO」の方が効果絶大である。現在DEAD ENDのアルバムはどれも2,000円前後で手に入れる事が出来るし、'97年にはベスト盤「ALL IN ONE」もリリースされた。解散してから7年後にである。これが何を意味するか、判ってもらえるだろう。あの頃('89年前後)、BUCK-TICKといったバンド達がブレイクしていく中、結局最後まで外野からは「メタルだ」と呼ばれ、メタル村からは「もうメタルじゃない」と敬遠された。スタイル/音楽性が新しかった、ただそれだけの為に。何かこれって、今回のテーマにピッタリじゃないか?

今からでも遅くない。このアルバムで興味を持ったら「SHAMBARA」も気に入るはずだし、心配ならベスト盤に手を出せばいい。とにかくこの企画にはうってつけの『入り口』だと思うから‥‥



▼DEAD END『ZERO』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2000 07 22 07:50 午前 [1989年の作品, DEAD END] | 固定リンク