2016年8月26日 (金)

「一番好きなHR/HMギターソロ」について考える(80年代〜90年代前半編)

仕事の合間だけど、現実逃避ついでに「一番好きなギターソロ」について考えてみた。あくまで主観だが、HR/HMにおけるギターソロはライブで一緒に「口ギターソロ」ができる、つまり口ずさめるものがベストだと思ってる。

最初に思いつくのはやっぱりオジー・オズボーン「Mr.Crowley」だろうか。適度に速弾きしていて、かつ口ずさめるメロディ。これ以上速くても、音数が多くてもダメ。だって弾けないもん。俺が。

そういう意味じゃEUROPE「The Final Countdown」もベスト候補。いや、こっちはシンセのメインリフのほうが印象的か。シンセのフレーズは口ずさんでも、ギターソロを口ずさむことは少な……いや、そんなことはなかった。口ずさむ。好き。

主メロ自体がリフ?なゲイリー・ムーア「Wild Frontier」も、個人的には「Mr.Crowley」と同じくらい好きな楽曲&ソロ。結局、こういうマイナーコードで泣きのメロを持つ楽曲が好きんなんだろうな。ザ・日本人。

泣きメロかつ「誰もが知ってるフレーズの引用」というドーピング感満載のACCEPT「Metal Heart」は反則。これこそ全力で日本人泣かしにかかってるだろと。

「Mr.Crowley」と同じくらい重要かつベストだと思ってるのが、KISS「Detroit Rock City」。あのクソシンプルなのに最強なツインリードは、この先何百年も語り継がれるべきだと思う。結局「コピーできそうだけどちょっと難しい」くらいの、あの絶妙なレベル感が自分の求めるギターソロなのかもしれない。あと、長すぎてもダメ。2分とか続いちゃうようなのはね、覚えられない。

……ってよくよく考えたら70年代じゃん、「Detroit Rock City」。却下却下。代わりにKISSのコピーバンド始めた頃にやってた「Crazy Crazy Nights」を挙げとく。このコンパクトだけど印象に残り、口ずさめて適度なテクニックが凝縮されてるというのは非常に重要。そういう意味じゃBON JOVIのこの時代の楽曲はほとんどこれに当てはまる。選ばないけど。

もうちょっとヘヴィな方面についても。

METALLICA「One」は随所にソロが登場するけど、後半の畳み掛けるようなソロパートは難しいながらも覚えやすいメロディがちゃんと備わっているし、この手のバンドのものとしてはベストクラスなんじゃないかなと。

逆にMEGADETH「Tornado Of Souls」までいくと、ちょっとやりすぎ感が。もちろんこれは個人的なさじ加減の問題だけど。リスニング的にはMEGADETHのほうだけど、「コピーしたくなる」という点においてはMETALLICAかなと。なかなか共感しづらいだろうけど。

PANTERAのギターソロも実はすごくメロウなものが多くて、個人的にはリフ以上に推していきたいと思ってる要素。スローな曲はもちろんなんだけど、「Mouth For War」はあのリフとグルーヴにこのソロが乗るから最強なんだと。

最後に国内のバンドからも。

80年代半ばに青春時代を過ごした人なら、きっと誰もがコピーをしたんじゃないだろうかっていうLOUDNESSから選ぶならば、やっぱり「Crazy Doctor」だろうか。「In The Mirror」も捨て難いけど。って、どっちも弾けないんだけど。

で、結局最後はEARTHSHAKER「More」に行き着くと。この呪縛から逃れられないんだな、あの時代に10代を過ごしてしまった者は。でもイントロのアルペジオのほうが印象深い? かもしれない。

以上10曲。KISS以外は結局泣きメロなんだな。わかりやすいぞ自分。

……でもさ、ああだこうだ考えたけど、結局この曲のこのソロがいろんな意味で最強かもしれないと思うんだよ。

グランジ以降、ギターソロの重要度が低くなったと言われたけど、ここまでシンプルで印象的なソロは逆にメタル脳では作れなかっただろうな。だって歌メロをそのまま弾いてるだけだし。その後の歴史を変えてしまったという意味ではとても皮肉な1曲。

90年代後半以降についても、いつか考えてみたい。10曲も挙げられるかどうか微妙だけど。


投稿: 2016 08 26 11:56 午前 [Accept, Earthshaker, Europe, Gary Moore, KISS, Loudness, Megadeth, Metallica, Nirvana, Ozzy Osbourne, Pantera] | 固定リンク

2008年6月22日 (日)

EARTHSHAKER@Shibuya O-EAST(2008年6月21日)

結局寝たのが明け方。目が覚めたら昼過ぎでした。夕方からまたまたライブの予定があったので、それまでに仕事を済まそうと出社。自分以外にも同僚が出社してました。ご苦労さまです。

17時過ぎに会社を出て、渋谷へ。今日はEARTHSHAKERの25周年記念ライブに顔を出しました。Shibuya O-EASTに入ると、まず2階に通されて、SHARAやKAIの過去のギター&ベース、KUDOの歴代ドラムヘッドが展示してあったり、SHARAの最新ギターを試奏できたりと、面白企画が目白押し。そのまま自分は2階席でスタートを待とうと17時40分に席に着くと、いきなりMC登場。

寺田恵子姐さんとか二井原先生などが登場して、EARTHSHAKERの昔話なんかをした後に、18時からライブスタート。この日は3部構成となっていて、1部は比較的新しめ(再結成後)の曲中心で70分。15分の休憩を挟んで、2部はサイドステージでセミ・アコースティック編成。新旧のバラード系の楽曲が中心の40分でした。再び15分のインターバルをおいて、最後の第3部。今度は新旧関係なく(とはいっても、初期の曲がメインでしたが)パワフルなパフォーマンスを展開。アンコール3曲を含む、全33曲、4時間以上にわたる強烈な25周年パーティでした。

ぶっちゃけ、4月に観たツアーファイナルよりぜんぜん良かった。そして前回も感じたように、新作の曲が初期の曲にも負けてないだけの個性を放ってたし、今のキーに合わせて作られただけあって気持ちよく聴けた。80年代末から90年代半ばまでの曲も数曲演奏されたけど、ひさしぶりに聴いたらやっぱりいい曲だったし、またまた新しい発見のある1日でした。

あ、そういえばEARTHSHAKERのMARCYへのインタビューPART2が、知らない間に公開されてました(こちら)。PART1とあわせて読むと、尚楽しめると思いますよ。


<SET LIST>
【第1部】
01. 愛の技
02. Hello Hello
03. YOUNG GIRLS
04. T-O-K-Y-O
05. 欠片
06. 時空
07. ただ悲しく
08. 遥か
09. 誇りであるために
10. The SAME
11. 強く咲け
12. 挑戦者
【第2部】
01. GARAGE
02. 22時
03. 未来図
04. そこにある詩
05. すべて忘れても
06. CHEAP TROUBLE
07. Say Goodbye
【第3部】
01. 裏切りのロックン・ロール
02. 走り抜けた夜の数だけ
03. COME ON
04. ありがとう君に
05. THE NIGHT WE HAD
06. ざわめく時へと
07. GAMBLER
08. FUGITIVE 〜 Dr.Solo
09. WALL
10. MORE
11. RADIO MAGIC
--ENCORE--
12. TAKE MY HEART
13. EARTHSHAKER
--ENCORE--
14. Quarter



▼EARTHSHAKER『DECADE-SUPER BEST ALBUM-』(amazon:日本盤

投稿: 2008 06 22 04:01 午前 [2008年のライブ, Earthshaker] | 固定リンク

2008年4月21日 (月)

EARTHSHAKER@初台DOORS(2008年4月20日)

日曜はゆっくり休んで、夕方から初台DOORSでEARTHSHAKERのライブ。シェイカーのライブなんていつ以来だろう……少なくとも、再結成してからは初めてだし、それ以前となると……ワーナーに移籍してすぐの頃に1度観た記憶があるから、恐らく15年以上経ってるわけだ。

いわゆるジャパメタ勢の中ではANTHEMの次に好きだったバンドで、高校生の頃は「MORE」「RADIO MAGIC」「EARTHSHAKER」「愛だけは消さないで」あたりをバンドでコピーしたのも今ではいい思い出。先日購入したニューアルバム「Quarter」もなかなかの出来だったので、ライブも楽しみにしてたんだけど……想像以上に素晴らしかった。いや、実はもっとこう、『50近いオッサンたちだしな……』と思ってたんだけど、いやいや、かなりクオリティの高いパフォーマンスで感動しましたよ。

ニューアルバムからの曲は4曲程度で、あとは80年代の曲が中心。「走り抜けた夜の数だけ」「FUGITIVE」「ただ悲しく」「I FEEL ALL SADNESS」「EARTHSHAKER」「MORE」「RADIO MAGIC」「MIDNIGHT FLIGHT」「WALL」あたりは、本当にグッときたなぁ。それと、新作からのナンバー(「愛の技」「欠片」「嵐のLIFETIME」「QUARTER」)が過去の曲にまったく負けてなかったのも良かった。ていうか、曲によっては80〜90年代の曲よりも勢いがあってクオリティが高かったんじゃないかな? 6月21日にはデビュー25周年ライブが渋谷であるので、そっちにも行ってみたいなぁ。

2時間強のライブだったけど、さすがに体力的にキツかったというのが正直なところ。ずっと壁に寄りかかって観てたけど、ライブ終わって電車に乗った途端に寝てしまったもの。おかげで、終点まで行って下北まで戻るはめに。う〜ん……。

帰宅後、2〜3時間横になって、現在コーヒーがぶ飲みしながら原稿と向き合ってます。もう5時か……朝までに終わるのかな。正直不安になってきた。



▼EARTHSHAKER『Quarter』(amazon:日本盤w/DVD日本盤

投稿: 2008 04 21 05:16 午前 [2008年のライブ, Earthshaker] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック