2019年2月 9日 (土)

WEEZER『WEEZER (TEAL ALBUM)』(2019)

2019年1月24日に突如リリースされた、WEEZERのカバーアルバム(通算12枚目のスタジオアルバム)。今のところデジタルおよびストリーミングのみのリリースで(一応、3月にはフィジカルリリースの予定もあるようです)、セルフタイトルが冠されたことでシリーズの一環としてジャケットの色から“TEAL(=青緑) ALUBM”と呼ばれているようです。

WEEZERは昨年、TOTOの「Africa」や「Rosanna」をカバーして話題になりましたが、その流れからカバーアルバムの着想が生まれたのでしょうか。それとも来月リリース予定のオリジナルアルバム『WEEZER (BLACK ALBUM)』制作の合間に息抜きとして録音されたものなのでしょうか。その真相は不明ですが、まあとにかく40代の洋楽リスナーには懐かしい楽曲ばかりではないでしょうか。

取り上げられているアーティストはTOTO、TEARS FOR FEARSEURYTHMICS、A-HA、THE TURTLES、BLACK SABBATH、ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA、TLC、マイケル・ジャクソン、ベン・E・キングとバラエティに富んだもの。とはいえ、大半が80年代にヒットした楽曲ばかりで(ベン・E・キング「Stand By Me」も同名映画の主題歌として80年代半ばにリバイバルヒットしましたし)、リヴァース・クオモ(Vo, G)や筆者と同世代のリスナーにはたまらない内容と言えるでしょう。

そのアレンジも原曲に忠実なもので、4人の演奏を軸に再構築されたサウンドは「WEEZERのようでWEEZERとはちょっと違う」印象を受けます。特に「Sweet Dreams (Are Made Of This)」(原曲:EURYTHMICS)や「Take On Me」(原曲:A-HA)から感じるニューウェイヴ感は今までのWEEZERにありそうでなかったもの。前者に関してはアニー・レノックスそっくりな歌声まで再現されており、思わずクスッとしてしまうのではないでしょうか。かと思えば、後者ではどこか頼りない歌声が原曲とは違った味を醸し出しており、これもなかなかの仕上がりと言えます。

WEEZERとしての本領発揮と言えるのが、M-5「Happy Together」(原曲:THE TURTLES)やM-7「Mr. Blue Sly」(原曲:ELO)といったあたり。パワーポップバンドとしてのルーツが垣間見れる良カバーと言えるでしょう。かと思えば、ハードロックバンドとしての側面を「Paranoid」(原曲:BLACK SABBATH)で、昨今のモダンなR&B調ポップサウンドを「No Scrubs」(原曲:TLC)でストレートに表現する……なんて感心していたら、「Billie Jean」(原曲:マイケル・ジャクソン)のボーカルを含む完コピぶりに爆笑させられる。で、最後は若干エレクトリックな香りのする「Stand By Me」で終了。いやあ、最初から最後まで飽きさせないトリッキーな1枚ですね、これは。

原曲が良いんだから、あとは味付け次第。そこでどうWEEZERらしさを出すか……なんて難しいことを考えていた自分が馬鹿らしくなるくらいまっすぐ攻めてくる(いや、まっすぐ進んでいるようで脇道を100キロオーバーで突っ走る)、そんなアルバムです。『WEEZER (BLACK ALBUM)』を前に、良い気分転換になりました(笑)。



▼WEEZER『WEEZER (TEAL ALBUM)』
(amazon:MP3


投稿: 2019 02 09 12:00 午前 [2019年の作品, Black Sabbath, Eurythmics, Michael Jackson, Tears For Fears, Weezer] | 固定リンク

2018年6月30日 (土)

JON BON JOVI『DESTINATION ANYWHERE』(1997)

グレイテスト・ヒッツアルバム『CROSS ROAD』(1994年)、オリジナルアルバム『THESE DAYS』(1995年)を連続リリースし、大掛かりなワールドツアーを大成功させたBON JOVIは、そのあと4年近くにおよぶ活動休止期間に突入します。その間、ジョン・ボン・ジョヴィ(Vo)は俳優業に精を出したりし、リッチー・サンボラ(G)は2枚目のソロアルバム『UNDISCOVERED SOUL』(1998年)を発表し、大々的なソロツアーを行います。

が、ジョン自身も俳優業だけでなく、単発で音楽活動も行いました。それが1997年6月にリリースされた2枚目のソロアルバム『DESTINATION ANYWHERE』です。

初のソロアルバム『BLAZE OF GLORY』(1990年)は映画『ヤングガン2』にインスパイアされた、なかばサウンドトラック的な1枚でした(映画自体もBON JOVIの「Wanted Dead Or Alive」から強い影響を受けたものなので、音楽も必然的にそっち寄りになりましたし)。そういった意味では、今回の『DESTINATION ANYWHERE』のほうがよりソロ色が強い作品と言えるでしょう。

EURYTHMICSのデイヴ・スチュワート、デズモンド・チャイルド、ステファン・リローニ(BLACK GRAPE、HANSONなど)、エリック・バジリアン(ex THE HOOTERS / ジョーン・オズボーン「One Of Us」の共作などで有名)と個性的な面々をプロデューサー/コラボレーターに迎えた本作は、基本的にはバンドサウンドを排除した打ち込み主体のポップアルバム(本編ラストの「August 7, 4:15」のみバンドサウンドで、2000年代のBON JOVIに通ずるものあり)。BON JOVIでのメロディメイカーとしての才能が遺憾なく発揮され、それを同時代的なダンスミュージックやポップミュージックのフォーマットに乗せることで、新たな魅力が引き出されているだけでなく、やはりBON JOVIの楽曲が持つポップさはHR/HMの枠では収まらないものなんだと実感させられました。

オープングの「Queen Of New Orleans」こそ終始ロウトーンで歌われ、しかも全体的にダークな作風とうことで“グランジ以降”を彷彿とさせますが、続く「Janie, Don't Take Your Love To Town」や「Midnight In Chelsea」のポップさはBON JOVI歴代のヒットチューンにも引けを取らない仕上がり。全体的にミディアム〜スローのダウンビートが中心なので、高揚感を求めて接すると痛い目を見るかもしれません。直近の『THESE DAYS』ほど“枯れた”テイストはありませんが、実は楽曲の質感的には意外と近いものがあるような気がします。「Every Word Was A Piece Of My Heart」あたりなんて、キーとテンポを上げたらそのままBON JOVIの楽曲としても通用するものですしね。

全12曲で60分前後と比較的尺が長いアルバムですが、意外と飽きがこないのは、要所要所にフックとなるメロディ、楽曲が配置されているから。現行盤では13曲目にデモトラックの「Cold Hard Heart」が入ってますが、個人的には“ジョンのロック魂”を感じさせる「August 7, 4:15」で終わる構成が好き。これがあるから、オープニングの「Queen Of New Orleans」が映えるわけですし。

本作以降、ジョンはソロアルバムを制作していません。もはやBON JOVI自体がジョンのソロプロジェクトの一環になりつつありますし、その必要もないんでしょうけど、たまにはこういったロックの枠をはみ出した作品集も聴いてみたいものです。



▼JON BON JOVI『DESTINATION ANYWHERE』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2018 06 30 12:00 午前 [1997年の作品, Bon Jovi, Eurythmics, Jon Bon Jovi] | 固定リンク

2017年12月15日 (金)

EURYTHMICS『REVENGE』(1986)

1986年初夏に発表された、EURYTHMICSの5thアルバム。『SWEET DREAMS (ARE MADE OF THIS)』(1983年)でのブレイクを筆頭に、『TOUCH』(1984年)、『BE YOURSELF TONIGHT』(1985年)と作品を重ねるごとにサウンドを進化させてきた彼ら。初期のヒンヤリとしたデジタルテイストからソウル路線へと移行した前作『BE YOURSELF TONIGHT』がアメリカでも好意的に受け入れられましたが、続く本作『REVENGE』ではその成功に甘んじることなく、さらに進化させたスタイルを提示しました。

前作でのソウルテイストを残しつつ、全体的にロックバンド感を強めたのが本作の特徴。ブラックフィーリングをハードロック的なテイストがミックスされたオープニング曲「Missionary Man」(全米14位)を筆頭に、アコースティックギターをフィーチャーしたポップチューン「Thorn In My Side」(全英5位)、ど真ん中を突いた王道ポップロック「When Tomorrow Comes」と、序盤から名曲が並びます。

デジタルとバンドサウンドが融合したアリーナロック「The Last Time」、哀愁漂うバラード「The Miracle Of Love」で前半を締めくくると、打ち込み色が強いポップロック「Let's Go!」から後半に突入。時代を感じさせるポップソング「Take Your Pain Away」「A Little Of You」、若干ダークでヒンヤリしたブラックテイストのロックチューン「In This Town」、落ち着いた雰囲気のスローナンバー「I Remember You」という流れでアルバムは終了します。

序盤に良い曲が固まっているため、後半の印象が若干薄い作品ではありますが、初期の冷徹そうなイメージを覆す、非常に人間味にあふれた1枚と言えるでしょう。アニー・レノックス(Vo)も「Missionary Man」でこそ初期のイメージを踏襲しつつも、「When Tomorrow Comes」あたりでは完全に陽の空気が充満していますしね。

ちなみに、本作を携えたワールドツアーで1987年春に来日した際、僕も代々木体育館に観に行きました。うん、完全にロックバンドのライブでした。カッコ良かった。この頃って、DURAN DURAN『NOTORIOUS』で黒人ロック/ファンクバンドに近づこうとしてたし、意外とそういうタイミングだったのかもしれませんね。

とはいえ、本作は前作、前々作ほどの大きな成功を収めることができず、彼らは次作『SAVAGE』(1987年)で再びデジタルビートを導入した密室路線へと回帰するのでした。



▼EURYTHMICS『REVENGE』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2017 12 15 12:00 午前 [1986年の作品, Eurythmics] | 固定リンク

2004年9月20日 (月)

とみぃ洋楽100番勝負(32)

●第32回:「When Tomorrow Comes」 EURYTHMICS ('86)

 正確にはこれ、俺が中3の頃にリリースされた楽曲で、実際その頃にかなり集中して聴き込んだアルバムのひとつがこのEURYTHMICSの「REVENGE」ってアルバムなのね。

 じゃあ中学編で取り上げろって話ですが‥‥いやいや。あのね‥‥中学卒業した後の春休み。高校生でもなく、ましてや中学生でもないあの時期に、代々木体育館(オリンピックプール)に初めて行ったんですよ。そう、このEURYTHMICSのライヴを観に。

 ルックスがどうだとか、ギターがどうだとか、そういうユニットでは決してないし、アニー・レノックスに惚れるということもない。もうこれは単純に、楽曲の勝利。この曲が入った「REVENGE」ってアルバムはホント名盤ですよ。勿論、その前の「BE YOURSELF TONIGHT」(有名な "There Must Be An Angel" を収録)も名盤だし、それ以前の "Here Comes The Rain Again" も、後にMARILYN MANSONのカバーで更に知名度を上げる "Sweet Dreams" も、全部素晴らしい。だから最初に聴くならベスト盤がいいのかもしれないね。シングル曲を完全網羅してるはずだし。

 とにかくね‥‥この曲のポップさ、そして高揚感。エンディングに向けて盛り上げていく歌と演奏‥‥全てが素晴らしいのよ。如何にも'80年代的なのかもしれないけど、だからこそ俺は胸張って「俺より上の世代は『'80年代はSTONE ROSESが現れるまで死んでた』とか言うけど、そんなの嘘。間違いなく'80年代は俺にとって輝いてたし、魅力的だったのよ」って言いたいね。

 残念ながら彼等は'90年代に入って活動休止、それぞれがソロで活躍した後に'99年に復活作「PEACE」をリリースするんだけど‥‥また分裂。いや、決して仲が悪いわけではないんだけどさ(元々夫婦だったんだっけ。離婚してもずっとコンピ続けてたわけだしね)‥‥やっぱりもう一度、ライヴを観たかったなぁ‥‥



▼EURYTHMICS「REVENGE」(amazon

投稿: 2004 09 20 12:00 午前 [1986年の作品, Eurythmics, 「100番勝負」] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック