2018年7月19日 (木)

FASTER PUSSYCAT『WAKE ME WHEN IT'S OVER』(1989)

海外で1989年8月末、日本では1ヶ月遅れ同年9月末に発売されたFASTER PUSSYCATの2ndアルバム。全米トップ100入り(最高97位)を果たし50万枚以上のセールスを記録したデビューアルバム『FASTER PUSSYCAT』(1987年)からはチャートインするようなヒットシングルは生まれませんでしたが、今作では彼ららしいバラードナンバー「House Of Pain」が全米28位のヒットとなり、アルバムも全米48位&50万枚以上のセールスを記録しました。

プロデュースを手がけたのはBANG TANGO、LOVE/HATE、CINDERELLAなどを手がけるジョン・ジャンセン。薄っぺらくてグラマラスでスリージーなサウンドが良くも悪くも個性につながった前作から一変、本作では骨太で重心の低いハードロックサウンドが楽しめます。

演奏も決して上手ではないという印象だった彼らも、そのイメージを払拭しようと本作ではかなりプレイに力を入れたようで、そういったネガティブな部分があまり目に/耳に入ってきません。むしろオープニングの「Where There's A Whip, There's A Way」「Little Dove」での音の太さとタフさがにじみ出たプレイからは、同時期にリリースされたAEROSMITH『PUMP』MOTLEY CRUE『DR. FEELGOOD』的な匂いすら感じられます。

最初にラジオだったかMTVだったかで先行シングルの「Poison Ivy」を聴いたとき、ぶっちゃけカバー曲だと思ったんですよ。それくらい、彼らにしては良くできた楽曲だと思ったから(実際、そういうタイトルの楽曲ありますしね)。ところが、アルバムを購入して気づいたのですが、これオリジナル曲なんですよね。びっくりしました。で、続く「House Of Pain」を聴いてもっとびっくりするわけですが。こんな素敵な曲が作れるんだ、作れるようなバンドになったんだ、と。

その後も「Gonna Walk」や「Pulling Weeds」など、リズムでかなり遊んでいる曲が並びます。で、思うわけですよ……「これ、ちゃんとライブで演奏できるのかな?」って(苦笑)。それくらい“出来過ぎ感”が強すぎる内容だったので。彼らの場合、褒めることや感心することを通り過ぎると心配になってくるんですよね……なぜでしょうか。

思えばこの頃から、80年代後半を覆っていた軽やかな空気を求める感覚は、どんどんヘヴィなものを欲するようになっていくわけで、1989年ってその転換期だったのかなと思っています。先に挙げたようなバンドのヒット作がまさにその幕開けを飾り、1991年にMETALLICAブラックアルバムという“ヘヴィロックの教科書”を完成させてしまう。そこから、ハードロックバンドもヘヴィメタルバンドもそっち側に寄せていき、そんなことをしている間にシアトルからは新たな刺客が現れたと。そんな微妙な時期に生まれた、時代の徒花によるまさしく“時代の徒花”らしい1枚。パーティ感の強い「Slip Of The Tongue」「Tattoo」ですらヘヴィさを伴っているんですから、本当に面白い時代に生まれた名(迷?)作です。



▼FASTER PUSSYCAT『WAKE ME WHEN IT'S OVER』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2018 07 19 12:00 午前 [1989年の作品, Faster Pussycat] | 固定リンク

2017年3月25日 (土)

FASTER PUSSYCAT『FASTER PUSSYCAT』(1987)

5月に開催される『L.A. METAL SUMMIT in TOKYO』で久しぶりの来日公演が決まったFASTER PUSSYCAT。いつ以来なんでしょうね……メジャーに在籍していた頃は日本公演を行っていた記憶があるので、おそらく90年代初頭以来になるのかしら。

ちょうど日本でGUNS N' ROSESがデビューしたのと同時期に国内盤がリリースされた、FASTER PUSSYCATの1stアルバム。僕も『APPETITE FOR DESTRUCTION』とほぼ同じタイミングにFASTER PUSSYCATも聴いたんですが、ぶっちゃけ初聴ではFASTER PUSSYCATのほうが気に入ってたんです。だって、わかりやすいじゃないですか。ガンズは最初「なんだかわからないけど、すごい……」という強烈なインパクトを残したけど、楽曲がスッと体に入ってくるには数回聴き返す必要があった。でもFASTER PUSSYCATのほうは一回聴けば「ああ、AEROSMITHになりたいのね。NEW YORK DOLLSになりたいのね」とか全部が理解できてしまう。演奏の下手具合含めて、妙に愛せるんですよね。

たぶん最初に聴いたのは、アルバム2曲目「Bathroom Wall」。MTVか『PURE ROCK』で観たMVだったと思います。あれ、『PURE ROCK』ってもう始まってたんだっけ? まぁいいか。とにかく、POISONほどケバくなく、あそこまでメタリックでもない。スタジオ音源なのに、なんとなく演奏の下手さが伝わってくるユルさとスカスカさ。なのに、一度聴いたら耳から離れない歌メロとギターフレーズ。嫌いになれるわけがないじゃないですか。

アルバム全体もルーズな「Don't Change That Song」から始まり、NEW YORK DOLLSまんまなアップテンポの「Cathouse」、BEASTIE BOYS「Fight For Your Right (To Party)」に対するハードロックサイドからの回答みたいな「Babylon」など、意外とバラエティに富んでいる。しかもどの曲も適度なキャッチーさが備わっているから、アクが強くてもスルスルと聴き進めてしまう。でもそれが仇となって、数回聴いたらもういいや……と思えてしまう難点もあるのが、このアルバムの惜しいところ。結局1、2ヶ月したらこっちよりガンズばかり聴いてたんだよね。

もうね、比べる相手が悪かったなと。ゴメンよ、FASTER PUSSYCAT。きっと今も演奏はそんなに上手にはなってないと思うけど(いや、上手になっていたらそれはそれでガッカリするかもしれない)、リリースから30年経った2017年に聴くと意外と新鮮に楽しめたよ。でも、またすぐに飽きがこないように、適度なペースでリピートしたいと思います。



▼FASTER PUSSYCAT『FASTER PUSSYCAT』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2017 03 25 12:00 午前 [1987年の作品, Faster Pussycat] | 固定リンク