2018年10月16日 (火)

FEEDER『COMFORT IN SOUND』(2002)

2002年10月にリリースされた、FEEDER通算4作目のオリジナルフルアルバム。プロデュースは全英8位のヒット作となった前作『ECHO PARK』(2001年)から引き続きギル・ノートン(PIXIESFOO FIGHTERSTERRORVISIONなど)、そしてメンバーのグラント・ニコラス(Vo, G)が担当。前作の流れを受け、本作は全英5位という高ランクを記録し、本国のみで50万枚以上の大ヒット作に。「Come Back Around」(全英14位)、「Just The Way I'm Feeling」(同10位)、「Forget About Tomorrow」(同12位)、「Find The Colour」(同24位)といったヒットシングルも多数生まれました。

2001年4月発売の『ECHO PARK』のヒットにより、国民的バンドに一歩近づいたFEEDERでしたが、翌2002年1月にジョン・ヘンリー・リー(Dr)が自宅で自殺するという不幸に見舞われます。しかし、バンドは歩みを止めることなくレコーディングを続行。レコーディングに(当時)元SKUNK ANANSIEのマーク・リチャードソン(Dr)を迎え、無事完成までこぎつけます。

『ECHO PARK』はポスト・グランジの影響下にありつつ、パンクや王道UKロックなどがバランスよく混ざり合った力作でしたが、続く今作ではどこか影のあるメロディと、ストリングスなどを導入した叙情的かつドラマチックなアレンジが際立つ新境地を見せています。この穏やかさやメランコリックさは、ジョンの死が大きく影響しているものと思われますが、結果としてここで見せた新たなスタイルがキャリア最大の成功へと導くわけですから、皮肉なものですね。

この“メンバーが不慮のトラブルで1人欠け、残されたメンバーで作り上げたドラマチックな作品で国民的バンドへと成長する”ストーリー、安直ですがマニックスにも近いものがありますよね。奇しくもフロントマンのグラントは南ウェールズ出身。世代的にもマニックスの面々と一緒というのもあり、こういった“オルタナティヴロックとエヴァーグリーンの融合”というスタイルが共通するのはなんとなく納得できるところもあるんですよね。もちろん、育った環境は違うとは思うんですが。

ジョンの生前に書かれたという疾走感あふれるオルタナポップ「Come Back Around」やひたすらヘヴィな「Godzilla」みたいな曲もありつつ、やはり印象に残るのは「Just The Way I'm Feeling」や「Forget About Tomorrow」「Quick Fade」といったメロディアスな楽曲。グランジ的スタイルを取った「Summer's Gone」もサウンドこそ激しさを伴うものの、スタンス的にはこっち側なんですよね。

前作での「Buck Rogers」や「Seven Days In The Sun」「Just A Day」みたいな曲に惹かれたリスナーにはガッツの弱い作品に映るかもしれませんが、悲しみを乗り越えてまたひとつ大人になっていく、その残酷ながらも貴重な瞬間を見事に捉えたという点において本作はFEEDERのキャリアにおける重要な1枚なのです。生き続けることを決めたバンドが、延命のために胸の内をすべて吐き出した本作があったから、続く『PUSHING THE SENSES』(2005年)も、そこから再び激しいロックへと回帰する6thアルバム『SILENT CRY』(2008年)も生まれたわけですから。



▼FEEDER『SILENT CRY』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2018 10 16 12:00 午前 [2002年のライブ, Feeder, Skunk Anansie] | 固定リンク

2008年6月18日 (水)

FEEDER『SILENT CRY』(2008)

今月頭にはサンプルをいただいていたのですが、本日製品版が改めて届いたのでずっと聴きまくっていました。

FEEDER通算6作目のオリジナルアルバム。ギル・ノートン(PIXIESFOO FIGHTERS、JIMMY EAT WORLDなど)からセルフプロデュースへと変更して最初の作品。ここ2作(2002年の『COMFORT IN SOUND』、2005年の『PUSHING THE SENSES』)にあったマニックス臭(メランコリックなギターロック/ポップ)が若干薄れ、かなりヘヴィで分厚いバンドサウンドが印象的なアルバムに仕上がってます。

かといって、過去2作からガラリと変わったかと言われると、そんなこともなく。だからといって、デビュー当時のポスト・グランジ路線とも、2〜3枚目(1999年の『YESTERDAY WENT TO SOON』、2001年の『ECHO PARK』)にあったパンキッシュな路線とも違う。王道メロディアスハードロックと呼ぶにふさわしい、より普遍的なサウンドに進化したのかな……もっとも、普段ハードロックばかり聴いているような“あっち側”の人からは「どこがハードロックだよ!?」って突っ込まれるんだろうけど。とにかく、ここ最近彼らを好きになったファンにも存分に楽しめる内容だと思います。

メロディのキャッチーさはそのままに、バンドのアンサンブルは前作までの仰々しさがなくなりごくシンプルに。そんなコンセプトがあったのかどうかは知りませんが、かなり振り切れ方が気持ちいい1枚です。ただ、比較的似たようなタイプの曲が多いので、ここ数作と比べれば変化に乏しい……という見方もできるかもしれません。そこを「潔い」と取るか「マンネリ」と受け取るかで、評価が大きく分かれそうな気がします。個人て的には好意的に受け入れていますが。

あ、そういえば今年3月に先行配信された「Miss You」の歌メロが、どことなくBLOC PARTYに似ているような……パンキッシュなスタイル含め。まああそこまでポストパンクっぽくはないですけどね。そこに行けないのが、FEEDERらしさでもあるんですけどね。

こういうアルバムを聴くと、非常にライブが楽しみになりますよね。フジロック初日、THE VINESからFEEDERという流れでRED MARQUEEに居座るロックファンは多いと思うけど(そしてそのまま、マイブラに流れるんだろうね)、僕もその方向で考えてます。



▼FEEDER『SILENT CRY』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / 海外デラックス盤CD / MP3

投稿: 2008 06 18 11:00 午後 [2008年の作品, Feeder] | 固定リンク

2005年11月24日 (木)

FEEDER@SHIBUYA-AX(2005年11月8日)

実はFEEDERのライヴって何度も観る機会あったはずなのに、今回初めて観たんですよ。フジロックで2度程チャンスがあったはずなのに、何故かスルーしてて。いや、実は音源自体も1stをリアルタイムで聴いた後、全然耳にしてなくて‥‥クラブとかではシングル曲とか耳にしてるはずなのに、全然『入って』こなくて。

それがたまたま、この秋にNHKで放送された「トップランナー」にベースのタカ・ヒロセがゲスト出演した回。この時のトークや、更にはFEEDERのスタジオライヴを観ていろいろ感銘を受け(とにかく最近の曲が良かった!)、慌てて最新作『PUSHING THE SENSES』を買ってきて……。

土下座したくなったね。まさかこんなに良いアルバムだったなんて。ど真ん中だもん、俺自身の。どことなくマニックスあたりと同じ空気感を感じるなー、やっぱりメンバーを欠いてしまった後の作風ってこうなるのかな、とか勝手に思いこんでたら、どうやらソングライターのグラントはウェールズ出身なんだそうで。ロンドンのバンドだと思ってたから、すっげー意外だった(1stは輸入盤だったから解説も何もないし、全然知識なかったんだよね)。

その後はもう、芋蔓式に他のアルバムを全部揃えていって……大後悔しまくりですよ、何でもっと早くに彼等とちゃんと向き合ってこなかったのかな、って。いや、けどこのタイミングだからこそだったのかもね。過去のアルバムを聴いたら、実は知ってる曲が幾つかあって、それはそれでクラブとかで耳に入ってはいたのね、と改めて実感。やっぱりいい曲作るバンドは強い。

そんなわけで、単独公演に勇んで行ってきました。いや〜、素晴らしかった!

なんつーか、新作のイメージからは程通り、非常にアグレッシヴな演奏でね。オープニングこそ新作での優雅な世界観を表現してたけど、その後は大ヒット曲の応酬で。終始上がりっぱなしですよ。聴かせる曲ではじっくり聴かせ、上げ上げの曲では勢いで突っ走る、そして初期のポスト・グランジ的ナンバーでは静と動を見事に使い分けたメリハリの利いた演奏で楽しませる。うあーっ、こんなに素晴らしいバンドだったのかよ、こいつら。ホント、ライヴ観てる間、恥ずかしくなってきたもん自分自身が。ゴメンナサイ、ゴメンナサイって謝りたい気持ちでいっぱいだったね。

出来たてホヤホヤの新曲(「Burn The Bridges」 ってタイトルらしい)も披露、これもなかなかの出来で、早くも次のアルバムに期待しちゃったり。けどさ……兎に角どの曲も良くて。暫く聴いてなかった1stの曲もね、「My Perfect Day」とか「Descend」とか、演奏がもの凄いことになってて。鳥肌立てまくってた。

アンコールラストでは恐らく東京のみだろう客のステージ上げ(「Just A Day」の時、タカさんが「セキュリティーには通してあるから、2〜30人上がっておいでよ」といって、結局50人くらい上がって一緒に合唱してた。感動してか泣きながら歌う男の子の姿が印象的だったなぁ)もあり、まぁ賛否あるみたいだけど、あれはAXみたいな(今回の日本ツアーでは一番)デカいステージだからこそ成し得た「おまけ」というか。まぁテレビ用のサプライズ企画だよね(年末にBSだかCSのフジテレビで放送されるらしい)。俺も走ってステージに向かおうと思ったら、身体のデカイ男性陣に何故かブロックされ、結局上がれなかった……嗚呼。

とまぁそういうサプライズもありつつ、終始笑顔で楽しませてもらいましたよ。ドラムのマークが以前SKUNK ANANSIEで観た時とは別モノのプレイをしてたのも興味深かったし(どうも機嫌が悪かったようですね、メンバーとのアイコンタクトもなく、ひたすら力任せに叩きまくってたし)、グラントの表現力にも目を見張るものがあったし。なんつーか……
またひとつ、大切なバンドに出会ってしまったような気がしましたね。

悲劇を乗り越えたバンドは強いですよ。一見メソメソしてるようなイメージがあるものの、実はそれを乗り越えるだけの強靱な精神力を持ってるだけあって、ステージではもの凄いタフだったりするんだよね。もしかしたら、そういうところにも俺は惹かれたのかもね。勿論曲の良さもだけどさ。次来日したらまた観に行くし、今度はフジロックでも見逃さないよ。


[SETLIST]
01. Feeling A Moment
02. shutter
03. Come Back Around
04. Insomnia
05. Buck Rodgers
06. Just The Way I'm Feeling
07. Tender
08. Pushing The Senses
09. Bitter Glass
10. Pilgrim Soul
11. High
12. Burn The Bridges(新曲 )
13. My Perfect Day
14. We Can't Rewind
15. Waiting For Changes
16. Descend
17. Godzilla
--ENCORE--
18. Tumble And Fall
19. Seven Days In The Sun
20. Just A Day



▼FEEDER『PUSHING THE SENSES』
(amazon:日本盤UK盤

投稿: 2005 11 24 12:30 午前 [2005年のライブ, Feeder] | 固定リンク