2018年12月26日 (水)

2018年総括(番外編):HR/HM、ラウドロック編

隔月の奇数月に「リアルサウンド」さんにて、HR/HMやラウドロックの新譜キュレーション記事を書いているのですが、2018年のまとめ記事となる年間ベスト10紹介エントリー「西廣智一が選ぶ、2018年ラウドロック年間ベスト10 ネガティブな話題の中にも豊作が揃った1年」が12月25日に公開されました。

基本的には順位を付けるのは苦手なのですが、ここでま毎回思い切って1位から10位まで順番をつけて10枚紹介しています。今年に関しては上位3作品に関しては不動なのですが、4位以降は日によって変動があると思うので、セレクトの際に泣くなく10枚から落とした準候補10枚を加えた20枚を紹介する意味で、SpotifyとApple Musicに記事と同名のプレイリストを作成しました。

改めて、20枚を紹介しておきますね。


・DEAFHEAVEN『ORDINARY CORRUPT HUMAN LOVE』(レビュー
・VOIVOD『THE WAKE』(レビュー
・ALICE IN CHAINS『RAINIER FOG』(レビュー
・Crystal Lake『HELIX』
・AZUSA『HEAVY YOKE』(レビュー
・IHSAHN『ÁMR』(レビュー
・JUDAS PRIEST『FIREPOWER』(レビュー
・SIGH『Heir to Despair』
・LOVEBITES『CLOCKWORK IMMORTALITY』(レビュー
・ARCHITECTS『HOLY HELL』(レビュー
・CORROSION OF CONFORMITY『NO CROSS NO CROWN』(レビュー
・THE FEVER 333『MADE AN AMERICA』(レビュー
・GHOST『PREQUELLE』(レビュー
・THE STRUTS『YOUNG & DANGEROUS』(レビュー
・MANTAR『THE MODERN ART OF SETTING ABLAZE』
・NINE INCH NAILS『BAD WITCH』(2018)(レビュー
・NOTHING『DANCE ON THE BLACKTOP』(レビュー
・SHINEDOWN『ATTENTION ATTENTION』(レビュー
・SLEEP『THE SCIENCES』
・CHTHONIC『BATTLEFIELDS OF ASURA』


最初の10曲が「リアルサウンド」さんで紹介した10枚から。一応順位どおりに楽曲を並べています。で、後半の10曲が選から漏れた10枚から。こちらは基本的には順不同ですが、まあ大体こんな並びかなと。基本的には当サイトで紹介した作品、あるいはキュレーション連載で紹介した作品ばかりですが、個人的にはこういう1年だったのかなとこれを聴いて振り返っているところです。

せっかくなので、この20枚から漏れた「今年よく聴いたHR/HM、ラウドロック系アルバム」も紹介しておきます。こちらはアルファベット順に並べています。


・BEHIMOTH『I LOVED YOU AT YOUR DARKNESS』
・BURN THE PRIEST『LEGION: XX』(レビュー
・COHEED AND CAMBRIA『THE UNHEAVENLY CREATURES』
・Crossfaith『EX_MACHINA』
・DIMMU BORGIR『EONIAN』(レビュー
・DIR EN GREY『The Insulated World』
・Graupel『Bereavement』
・GRETA VAN FLEET『ANTHEM OF THE PEACEFUL ARMY』(レビュー
・HALESTORM『VICIOUS』(レビュー
・HER NAME IN BLOOD『POWER』
・JONATHAN DAVIS『BLACK LABYRINTH』(レビュー
・LOUDNESS『RISE TO GLORY -8118-』(レビュー
・MICHAEL SCHENKER FEST『RESURRECTION』(レビュー
・OBSCURE『DILUVIUM』
・A PERFECT CIRCLE『EAT THE ELEPHANT』
・SAXON『THUNDERBOLT』(レビュー
・SHINNING『X - VARG UTAN FLOCK』
・SKINDRED『BIG TINGS』(レビュー
・SURVIVE『Immortal Warriors』
・THERAPY?『CLEAVE』(レビュー
・U.D.O.『STEELFACTORY』(レビュー
・UNITED『Absurdity』
・VENOM『STORM THE GATES』(レビュー
・陰陽座『覇道明王』

投稿: 2018 12 26 05:14 午前 [2018年の作品, A Perfect Circle, Alice in Chains, Architects, Azusa, Behemoth, Burn The Priest, Chthonic, Coheed and Cambria, Corrosion of Conformity, Crossfaith, Crystal Lake, Deafheaven, Dimmu Borgir, DIR EN GREY, Fever 333, The, Ghost, Graupel, Greta Van Fleet, Halestorm, HER NAME IN BLOOD, Ihsahn, Jonathan Davis, Judas Priest, Loudness, LOVEBITES, Mantar, Michael Schenker Fest, Nine Inch Nails, Nothing, Obscure, Saxon, Shinedown, Shinning, Sigh, Skindred, Sleep, Struts, The, Survive, Therapy?, U.D.O., United, Venom, Voivod, 「1年のまとめ」, 「音楽配信」, 陰陽座] | 固定リンク

2018年6月23日 (土)

GHOST『PREQUELLE』(2018)

スウェーデン出身のハードロックバンド、GHOST(北米地区ではGHOST B.C.と表記されることも)の4thアルバム。前作『MELIORA』(2016年)の全米8位にも驚かされましたが、本作はそのさらに上をいく全米3位に輝くという大成功を収めています。アメリカ人、こういうキャラものが結局好きなのかね。

はい、キャラものと書きましたが、フロントマンのパパ・エメリタスことコピア枢機卿こと本名トビアス・フォージ(Vo/ややこしいわ!)のルックスやそのステージングを過去の映像で観たら、納得してもらえると思います(最新のMVではかなり地味になっていますが)。まあメンバーのその名前もふざけてますし、バンド名が“おばけ”って時点で世の中ナメてますからね(笑)。

だけど、音そのものは非常に聴きやすいメロディアスかつプログレッシヴな80年代風ハードロックを聴かせてくれます。スタート時こそリー・ドリアン(元CATHEDRAL)主宰のRise Avobe Records所属のドゥームメタルバンドでしたが、今やちょっと古臭いオールドスクールなハードロックを展開しているんですから驚きです(しかもこのルックスで)。

でも、アルバムで取り上げているテーマには彼ら(というかトビアス・フォージ)ならではのこだわりがあり、過去には「迫りくる破滅」「反キリストと宗教裁判」「人文主義と強欲さ」(以上、レーベルサイトより)を取り扱っており、本作では「暗黒時代」をテーマにアルバムは制作されています。

とにかく、聴きやすい。見た目の印象からもうちょっとおどろおどろしいものをイメージするかもしれませんが、まったくそんなことはなく、歌声も意外と?爽やか。メロディもしっかりしており、適度にフィーチャーされたキーボードと適度に歪んだギターの音が気持ちよく響きます。

また、アルバムにはインストナンバーも2曲含まれており、中盤の「Miasma」ではサックスまでフィーチャーされています。さらに、「Pro Memoria」では壮大なストリングス&コーラス隊も導入されており、どこか往年のヨーロピアンプログレを思い出させてくれます。

ボーカルのトーンが高くなく、中音域をメインにしていることからHIMあたりにも通ずるものがあったりします。そのへんが好きなリスナーなら絶対に気にいる1枚かと。こういったアルバムが純粋に評価されるのは、ロック低迷といわれる2018年だからこそ嬉しくもあります。ですが、本作は日本盤のリリース予定なし。ちなみに前作も日本盤はスルーされています。来日が決まったりしたら、また違うんでしょうかね……過去にはサマソニで来日しているのですが、ぜひ秋恒例の大型フェスで観たいものです(まあ今年はなしですけどね)。

なお、本作のデラックス盤にはボーナストラックとして2曲のカバー(PET SHOP BOYS 「It's A Sin」、レオナード・コーエン「Avalanche」)が追加されているので、カバーソング好きはこちらもチェックしてみてはどうでしょう。



▼GHOST『PREQUELLE』
(amazon:海外盤CD / 海外デラックス盤CD / MP3

投稿: 2018 06 23 12:00 午前 [2018年の作品, Ghost] | 固定リンク