2018年12月30日 (日)

HALFORD『RESURRECTION』(2000)

ロブ・ハルフォード(当時ex. JUDAS PRIEST)を中心とした5人組バンドHALFORDが2000年8月に発表したデビューアルバム。当時のメンバーはロブ(Vo)のほか、マイク・クラシアク(G)、パトリック・ラックマン(G/のちのシンガーとしてDAMAGEPLANに加入)、レイ・リーンドウ(B/2WOにも参加)、ボビー・ジャーゾンベク(Dr/RIOT)。アルバムのプロデュースは、のちにギタリストとしてバンドにも加入するロイ・Z(ブルース・ディッキンソンHELLOWEEN、JUDAS PRIESTなど)が手がけています。

プリースト脱退後、正統派ヘヴィメタルから当時流行していたグルーヴメタルへと転身し、FIGHTとして再デビューしたロブ。アルバムを2枚制作するものの、バンドは自然消滅してしまい、さらに時流に乗ってインダストリアルメタル/デジロック路線を取り入れた2WOを結成します。ですが、これらの活動はロブに“メタルゴッド”の面影を重ねる多くのリスナーから反感を買い、どれも短命に終わります。

そうした迷走を経て、ロブは再び伝統的なヘヴィメタルの世界へと舞い戻ります。それもこれも、ロイ・Zのおかげなんじゃないか……そんな気がしてなりません。

このアルバムで展開されているのは、プリーストが当時のモダンメタルへと接近した『PAINKILLER』(1990年)を軸にした作風。そこに、80年代のプリーストのフレイバーや、FIGHT以降のヘヴィロックスタイルを適度なバランスで織り交ぜることで、“しっかり2000年の音として成立する、モダンだけど正統派なヘヴィメタルアルバム”を完成させることに成功しました。

オープニングを飾る「Resurrection」は完全に『PAINKILLER』の流れを汲むものですし、続く「Made In Hell」は80年代のプリースト的ヘヴィメタル。「Locked And Loaded」は90年代での経験が見事に生かされているし、大作「Silent Scream」も『PAINKILLER』的スタイルに80年代プリーストの王道さと90年代以降のアレンジを取り込むことでよりドラマチックな楽曲へと昇華されている。かと思えば、盟友ブルース・ディッキンソンとのデュエットナンバー「The One You Love To Hate」なんて豪華な1曲もあるんだから、メタルファン生唾モノの楽曲が満載なわけですよ。

もちろん後半も捨て曲なし。「Cyber World」や「Slow Down」「Temptation」で緩急をつけつつ、ダークな「Drive」やメロディアスな疾走メタル「Savior」で締めくくる。『PAINKILLER』はもちろん、FIGHTの『WAR OF WORDS』(1993年)を素直に楽しめる方ならスッと入っていける1枚ではないでしょうか。もちろん、それ以外のメタルリスナーにもぜひ触れてほしい内容だと思っています。



▼HALFORD『RESURRECTION』
(amazon:国内盤CD / 国内リマスター盤CD / 海外盤CD / MP3


投稿: 2018 12 30 12:00 午前 [2000年の作品, Bruce Dickinson, Halford, Judas Priest] | 固定リンク