カテゴリー「Hellacopters, the」の13件の記事

2018年10月 7日 (日)

THE HELLACOPTERS『HEAD OFF』(2008)

2008年4月にリリースされたTHE HELLACOPTERSの通算7枚目にあたるスタジオアルバム。本作リリース前には同年での解散もされており、これがラストアルバムになることも事前にアナウンス済み。そんな中届けられたこのアルバムは、どこからどう聴いてもTHE HELLACOPTERS以外の何者でもない。誰もがそう、思ったはずです。いや、「でした」が正しいかな。

4thアルバム『HIGH VISIBILITY』(2000年)から6thアルバム『ROCK & ROLL IS DEAD』(2005年)までの3作をメジャーのUniversal Recordsから発表しましたが、ラスト作はインディーズに戻ってのリリース。国内盤も初期3作などを発表してきたトイズ・ファクトリーから発売されました。なんだか、最後の最後で原点回帰的で泣かせる、なんて当時は思ったものです。

気になる内容ですが、3枚目の『GRANDE ROCK』(1999年)から顕著になりだした「ガレージロック+ソウルミュージック」的なスタイルの究極形と言いたくなるような楽曲ばかり。速さにこだわるのではなく、メロディとグルーヴを追求した結果がこのスタイルなんでしょうね。ガレージロックとしてのカッコ良さを保ちながらも、要所要所が“黒っぽく”てセクシー、そしてメロディアスで男臭い。ロックファンが追い求めるセンチメンタリズムがすべてここに詰まっている、と言っても過言ではないと思います。

THE HELLACOPTERS、最後に“らしい”アルバムで幕を降ろすんだな。そう、僕を含め誰もが最初にそう思ったのではないでしょうか。一部のディープなガレージロックマニアを除いて……。

これ、発売後にネタ明かしされたのですが、実はこのアルバム、(日本盤ボーナストラック「Same Lame Story」を除く)全曲(いわゆる)B級ガレージロックバンドのカバーだったのです。詳細はWikipediaを見てもらうとして、僕自身が当時知っていたバンド名はTHE PEEPSHOWS、NEW BOMB TURKS、THE BELLRAYS、GAZA STRIPPERSくらい。とはいっても、バンド名は知っていてもこれらの楽曲は知らなかったのですが……。

にしても、THE HELLACOPTERSが「偏見なく聴いてほしい」という理由でその詳細を明かさなかったこと、そして「俺らみたいなバンドのアルバムを通じて少しでもカバーしたバンドに金が入れば」という心意気。それを最後にやるか?という点含めて、すごいバンドだなと当時は呆気に取られたものです。

今も別にカバーアルバムと思って接していないし、純粋にTHE HELLACOPTERSのアルバムの1枚として楽しんでおります。だって、普通にカッコいいもの。それ以外の言葉、必要ないでしょ?



▼THE HELLACOPTERS『HEAD OFF』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

2018年6月12日 (火)

IMPERIAL STATE ELECTRIC『IMPERIAL STATE ELECTRIC』(2010)

2008年にTHE HELLACOTERSを解散させたニッケ・アンダーソン(Vo, G)が新たに結成したバンド、IMPERIAL STATE ELECTRICの2010年発表の1stアルバム。当初はバンド解散後にたくさん曲を書き溜めたニッケがスタジオに入り、自身がほとんどの楽器を演奏しつつアルバムを制作していたのですが、そこにいろんな仲間が加わり、気づけばバンドスタイルになっていた……ということで、本作では1曲(「Together In The Darkness」)だけニッケのほかにトビアス・エッジ(G, Vo)、ドルフ・デ・ボースト(B, Vo / THE DATSUNS)、トーマス・エリクソン(Dr)という現在まで続く布陣でレコーディングされています。

THE HELLACOTERSという究極のロックンロールバンドを終了させたニッケが、次にどんなアクションを起こすのか。ロックファンならきっと誰もが注目したはずです。多くのリスナーは“第二のTHE HELLACOTERS”の登場を望んだことでしょう。

しかし、ニッケはTHE HELLACOTERS的でありながらも、さらに自身のルーツのひとつ……KISSRAMONESなどといったポップサイドの色合いが強い作風に取り組みます。そもそもバンド形態やのちのライブ演奏を想定せずに、好き勝手に作り込んだのが本作であって、そりゃあTHE HELLACOTERSみたいになるわけがない。バンドマジックだとかそういったことよりも、ソングライターとして高みを目指した……そんな心算で制作していたのに、気づけば「やっぱりバンド、楽しーっ!」っていう事実に気づかされる。そういった意味では、本作はIMPERIAL STATE ELECTRICというバンドのプレデビュー作、あるいはプロトタイプ的作品かもしれません。

冒頭の「A Holiday From My Vacation」や「Lord Knows I Know That It Ain't Right」「Resign」で聴けるポップネスに、きっと誰もが驚くことでしょう。しかし、このカラーもニッケがTHE HELLACOTERSで表出させていたものであり、ここではその一面を特化させただけ。「Throwing Stones」のような疾走感の強いロックチューンも存在するものの、全体的にはテンポを抑えめにして、良質のメロディとアレンジの妙で聴かせる技術に磨きをかけている。そんな印象を受けます。

前のバンドのイメージが強いからこそ、新たな挑戦に対して最初は拒否反応が生じてしまうのは仕方ないことかもしれません。しかし、これが出来の悪いアルバムかと問われると、まったくそんなことはなく。むしろ聴きやすくて、あっという間に最後まで聴けてしまう、そんな1枚ではないでしょうか。

なお、日本盤のみボーナストラックとしKISS「All American Man」のカバーを追加。この曲をセレクトするあたりからも、ニッケがここで何をやりたかったのかが伺えるはずです。アーシーなアレンジを施したこのカバーバージョンも、なかなか素敵です。


※1stアルバムは未配信のため、アルバムからのシングル「Resign」を貼っておきます。



▼IMPERIAL STATE ELECTRIC『IMPERIAL STATE ELECTRIC』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

2018年6月10日 (日)

DREGEN『DREGEN』(2013)

BACKYARD BABIESのリードギタリスト兼ボーカリスト、ドレゲンが2013年10月に発表した初のソロアルバム。当時BYBは活動休止中で、どれ元は2011年半ばにMICHAEL MONROEに加入。ちょうど2013年8月にはギタリスト&ソングライターとして参加した2ndアルバム『HORNS AND HALOS』がリリースされたばかりでした。

Universal Music傘下のSpinefarm Recordsと契約して発表された本作は、THE WANNADIESのフロントマンであるパール・ウィクステン(Vo)との共同プロデュースで制作。ニッケー・アンダーソン(THE HELLACOPTERS、IMPERIAL STATE ELECTRIC、ENTOMBED)がドラム(3曲のみ)、ベース、リズムギターで、カール・ロックフィスト(MICHAEL MONROE)がドラムで、サミ・ヤッファ(MICHAEL MONROE、ex- HANOI ROCKS)がベースで参加しており、ダンコ・ジョーンズ(DANKO JONES)や女性シンガーのティティヨもゲストボーカルでフィーチャーされています。

ドレゲンというと、キース・リチャーズ系譜のナチュラル・ボーン・ロックンロールギタリストというイメージがありますが(それは間違いではないのですが)、実はソングライターとして非常に器用な人であることが本作で証明されています。その片鱗は、もちろんこれまでのBYBのアルバムでも感じられましたし、直近のMICHAEL MONROEのアルバムでも存分に発揮されていました。

が、本作で聴ける楽曲の幅広さは想像以上のものがあります。BYBを彷彿とさせるメロウなミディアムナンバーが中心ではありますが、例えばTHE HELLACOPTERS〜初期BYBお約束の疾走チューンが皆無なことに、きっと多くのファンが驚くのではないでしょうか(本編ラストの「Mojo's Gone」を疾走ナンバーと捉えれば1曲ある、ということになりますが、これはもっとKISSみたいなアップチューンという認識で、ガレージロックのそれとは異なるイメージ)。

ソングライティングにニッケも加わっているにも関わらず、そういった楽曲がないといのは、おそらくドレゲンもニッケもソングライターとしてあの頃よりも成長/進化しているから、そして今表現したいものがそこにはないから……なんじゃないかなと勝手に想像しています。

じゃなかったら、渋いスローブルース「Flat Tyre On A Muddy Road」や、ドロドロしたファンクチューン「6:10」にまで挑戦しないと思うし。むしろ、THE HELLACOPTERSやBYBにたどり着く前の、もっとガキの頃に愛聴したロックやポップス、ブルースといったルーツミュージックを、今の表現力で形にしたらこうなった、と言ったほうが正しいのかもしれません。

正直、このアルバムを聴いたとき、そしてソロツアーに専念するためにMICHAEL MONROEをすぐに脱退したときには、「ああ、ドレゲンはもうBYBではなくソロでやっていくんだな」……なんて思ったものです。しかし、そこから1年後にはBYBとしてスタジオ入り。2018年中には早くも再始動後2作目となるアルバムもリリースしてくれそうですし、そういった意味ではこのソロアルバムは良い意味での“ガス抜き”だったんでしょうかね。



▼DREGEN『DREGEN』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

2017年7月27日 (木)

THE HELLACOPTERS『GRANDE ROCK』(1999)

THE HELLACOPTERSが1999年春に発表した通算3作目のスタジオアルバム。2ndアルバム『PAYIN' THE DUES』(1997年)まで参加したドレゲン(G)が自身のメインバンドBACKYARD BABIESが本格的に忙しくなったことから、同年をもって脱退。その後しばらくはサポートギタリストを迎えてライブを続行しますが、本作『GRANDE ROCK』のレコーディングではニッケ(Vo, G)とボバ・フェット(Key)の2人がギターを担当しています。

ドレゲンが抜けた影響でしょうか、本作はデビュー作『SUPERSHITTY TO THE MAX!』(1996年)や次作『PAYIN' THE DUES』にあったパンキッシュなガレージロック色が後退。軽快さはそのままに、テンポ感も若干落としてじっくり聴かせる方向へと移行しつつあります。また、曲調にブラックミュージック(ソウルやR&B、ブルースなど)のカラーが濃くなり始めるなど、続く4thアルバム『HIGH VISIBILITY』(2000年)への片鱗が見え隠れします。そういう意味では、後期HELLACOPTERSへ向けた過渡期的1枚と言えなくもありません。

が、過渡期と呼んでしまうには勿体ないぐらいに完成度は高く、「Action De Grace」「Renvoyer」と2つの兄弟作的ショートチューンがオープニングとエンディングに並ぶことでアルバムに1本芯が通ったような強固なイメージを与えています。もちろんその間には、いかにも彼ららしい疾走感を伴う爆走ロケンローがたっぷり収録されているわけですが、そんな中に次作への布石となるミディアムテンポのソウルフルロック「Welcome To Hell」、アップテンポながらもどこか“黒っぽさ”が感じられる「Venus In Force」、タイトルからして完全お遊びっぽいけどしっかりKISSカラーで埋め尽くされた「Paul Stanley」など、興味深い楽曲がたくさん収められています。

サウンド的にも、歪みまくりで生々しかった過去2作からかなり整理され、純粋にロックアルバムとして優れた、聴きやすい作風に。ギターのディストーションもかなりナチュラルなもので、バンドとしてより一段高いステージを目指していく強い意思が感じられます。そりゃあ次に『HIGH VISIBILITY』みたいな力作が生まれるのも、納得するってもんです。

本作発表後、正式メンバーとしてロバート・ストリング(G)が加入。こうして解散まで不動のラインナップが完成することになります。

攻撃的な初期2作と、ソウルテイストを強めていく4作目以降の間に挟まれた、非常に不安定な時期に制作された作品かもしれませんが、個人的にはかなり聞く頻度の高い1枚。ぶっちゃけ今は初期2作よりも気に入っています。



▼THE HELLACOPTERS『GRANDE ROCK』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

2017年2月 7日 (火)

THE HELLACOPTERS『HIGH VISIBILITY』(2000)

2015年末から本当にたくさんの、一時代を築き上げたアーティストたちの訃報が続いています。そんななか、つい数日前に元THE HELLACOPTERSのギタリスト、ロバート・ダールクヴィストが亡くなったことを知りました(ソースはこちら)。この名前だとなんとなくピンとこないけど、ロバート・ストリングスといえば「ああ!」と腑に落ちる方も多いのではないでしょうか。

ストリングスを生で観たのはたった1回きり、3度目にして結局最後の来日となってしまった2001年1月の渋谷CLUB QUATTRO公演(当時のレポートはこちら)。ちょうど4thアルバム『HIGH VISIBILITY』を携えて実施されたものでした。最前列で観たというのもあるけど、そのときの熱気や興奮は今でも昨日のことのように覚えています。

ドレゲン(BACKYARD BABIES)が在籍した初期2作にあったパンキッシュなガレージロック色からスピードを若干落とし、よりソウルフルな方向へと移行しはじめた3rdアルバム『GRANDE ROCK』(1999年)を経て、メジャーレーベルへと移籍して制作されたのが2000年リリースの『HIGH VISIBILITY』。作風的には『GRANDE ROCK』で表現した方向性をより突き詰めたもので、シングルカットもされた「Toys And Flavors」「No Song Unheard」で聴ける“エモみの強いブラックテイストのロックンロール”は初期とは異なる魅力に満ち溢れています。

かと思うと、適度な疾走感を持つ「Baby Borderline」「Sometimes I Don't Know」「I Wanna Touch」「Hurtin' Time」のような従来のアップチューンも豊富にあるし、壮大さが加わったことでオープニングにふさわしい1曲に仕上がった名曲「Hopeless Case Of A Kid In Denial」、70年代のKISSがよりソウルフルになったような「You're Too Good」「A Heart Without Home」(特に後者は、終盤にアップテンポに展開するアレンジがいかにもで最高すぎ)、どこか怪しげなフレーズ&メロディがクールな「No One's Gonna Do It For You」もある。『GRANDE ROCK』と同時期にリリースされたミニアルバム『DISSAPOINTMENT BLUES』という習作を経て、その個性を完全に確立させたのが『HIGH VISIBILITY』だったんだなと、本作以降のアルバムを聴くと改めて実感させられます。

初期2作を別モノとして捉えると、THE HELLACOPTERSのアルバムでもっとも好きなのがこの『HIGH VISIBILITY』。もちろんそれ以外のアルバムが本作よりも劣っているという意味ではありませんので、誤解なきよう。どのアルバムもそれぞれの良さがあって好きなのですが、個人的に作品が持つガレージロック度、ポップ度、ソウル度のバランス感が一番絶妙なのが本作なんじゃないかと思うのです。それに加えて、やはり2001年の来日公演が非常に思い出深いものになったことも大きな要因。きっとその後のアルバムでも来日が実現していたら、思い入れや感じ方も変わったのかもしれませんね。

ああ、もう一度ニッケとストリングスのステージ上での絡み、見たかったなぁ……。



▼THE HELLACOPTERS『HIGH VISIBILITY』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

2017年1月 9日 (月)

祝ご成人(1996年4月〜1997年3月発売の洋楽アルバム20枚)

新成人の皆さん、おめでとうございます。2014年度に初めて実施したこの企画、今回で3回目を迎えます。今年も新成人の皆さんが生まれた年(学年的に1996年4月〜1997年3月の期間)にリリースされた洋楽アルバムの中から、個人的思い入れがある作品を20枚ピックアップしました。どれも名盤ばかりなので、もし聴いたことがないという作品がありましたら、この機会にお手にしてみてはいかがでしょうか。とは言いながらも大半が名盤中の名盤なので、聴いたことがあるものばかりかもしれませんが。

作品の並びはすべてアルファベット順です。(2014年度の新成人編はこちら、2015年度の新成人編はこちらです)


ATARI TEENAGE RIOT『THE FUTURE OF WAR』(Amazon

BECK『ODELAY』(Amazon

BLUR『BLUR』(Amazon)(レビュー

DEF LEPPARD『SLANG』(Amazon)(レビュー

THE HELLACOPTERS『SUPERSHITTY TO THE MAX!』(Amazon)(レビュー

続きを読む "祝ご成人(1996年4月〜1997年3月発売の洋楽アルバム20枚)" »

2005年12月20日 (火)

THE HELLACOPTERS『ROCK & ROLL IS DEAD.』(2005)

 スウェーデンが誇る爆走ロケンロールバンド、THE HELLACOPTERSの約3年振り、通算6作目となるオリジナルアルバムは、そのタイトル「ROCK & ROLL IS DEAD.」にドキリとさせられるものの、内容はどこを切り取ってもロックンロール以外の何ものでもない純度の高いサウンドが詰まった好盤に仕上がってます。もはや先の『爆走ロケンロール』なんて枕詞すら似合わないような、渋くて味わい深い枯れた音を鳴らすバンドへと変化(深化)してしまってますが、本質的な部分‥‥ニッケ・アンダーソンが持つポップでカッコいいシンプルなロケンロールという要素は何ひとつ変わってないわけで、後はもう聴き手の受け取り方次第なんですよね。

 日本盤リリースが本国よりもだいぶ遅れ(北欧及びヨーロッパでは既に5月にリリース済み、日本盤は何故か9月まで待たねばなりませんでした)、話題となるタイミングも来日する機会も失ってしまい、例えば他の北欧ガレージ勢‥‥THE HIVESやCAESARSといったバンド程メディアで取り上げられる機会も少なく、来日に至っては前々作におけるツアー以来実現しておらず、かれこれ5年以上日本にやって来ていないことになります。確かに初期の頃のような破天荒なサウンドではなく、特にここ1〜2作はソウルやサザンロック辺りにも傾倒した方向性も取り入れているので、どうしてもパンキッシュなものを求める古いファンには辛いかもしれないし、また先に挙げたような他の北欧勢と比較しても地味で取っ付き難いという印象があるのかもしれません。が、一度ハマったら抜けられない、深い世界観はこの手のバンドの中でも一番じゃないかと個人的には思ってます。同じオルガンを使うにしても、CAESARSとTHE HELLACOPTERSとではその味付けが全く異なりますからね。ちなみに俺の好みは‥‥言うまでもないでしょ?

 今回のアルバムもメジャー移籍後の過去2作の延長線上にある作風で、特に地味過ぎた前作よりは派手さが復活しています。とはいっても、それは初期のような『MOTORHEADやMC5みたいなパンク路線』に戻ったわけではないのでお間違えなく。基本的には黒っぽいシンプルなロックンロールであり、所々にファストナンバーが挿入されていて良いアクセントになっています。1曲目の "Before The Fall" なんてまるで『THE HELLACOPTERS版 "Rock And Roll Music"』だし、5曲目の "Bring It On Home" はどことなく2ndや3rd辺りのファストナンバーにも通ずる色がありつつも、構築するアレンジそのものは今のTHE HELLACOPTERSなんですよね。ミドルナンバーは相変わらず哀愁漂う泣きメロ満載だし、とにかく無駄が一切ないんですよ。どの曲もコンパクトにまとまってるし、演奏にも無駄がない。そういった要素を全て削ぎ落としてより純度の高いロケンロールを目指している。それが今のTHE HELLACOPTERSなんでしょうね。勿論、初期の彼等が『純度が低かった』わけではないですよ。あれはまた違ったベクトルを持ったピュアなサウンドだったわけで、全てはその表現方法の違いなんですよね。

 タイトなリズムに小気味良いオルガンやピアノ、そして気持ちよいリフに暴れまくるギターソロ。男気溢れるボーカル‥‥まさかこの男が昔はデスメタルバンド(ENTOMBED)で曲を書きドラムを叩いてたなんて、誰も想像できないでしょうね。ま、そんなニッケは最近再びデスメタル・ユニットにてアルバム制作を画策中らいしですけどね。そっちも非常に気になるんだけど‥‥まずはTHE HELLACOPTERSで来日してくださいよ! マジで!! ライヴを観ればみんなも一発でノックアウトされるはずだから。だって彼等は『ロックンロールバンド』なんだからさ。



▼THE HELLACOPTERS『ROCK & ROLL IS DEAD.』
(amazon:日本盤US盤US再発盤

2004年1月31日 (土)

THE HELLACOPTERS『PAYIN' THE DUES』(1997)

スウェーデンの暴走ロケンローバンド、THE HELLACOPTERSが1997年秋に発表したセカンドアルバム「PAYIN' THE DUES」。このアルバムで彼らは日本デビューしたのだけど(リリースは3ヶ月遅れて'98年1月)、当時は思った程話題にならなくてね‥‥雑誌での評判は良かったのに、何故か周りがね‥‥全然盛り上がらない。けど、それも半年以上経った頃には「噂のバンド」として一部のファンには知る人ぞ知る存在としてにわかに騒がれ始めてたんだよね‥‥HM/HR界だけの話だけど。

ファースト「SUPERSHITTY TO THE MAX!」から1年4ヶ月の間隔で発表されたこのセカンド。当時はボーカル&ギターのニッケが元々やってたデスメタル/暴走ロケンローバンド・ENTOMBEDも、そしてギター&ボーカルのドレゲンが在籍していたBACKYARD BABIESも表立った活動をしてなかった頃。だからこうやって短いスパンでアルバムを連発できたんだろうね。しかもこの頃はめちゃめちゃツアーとかしてたみたいだしね(憧れだったKISSの北欧ツアーの一部では、彼らがオープニングアクトを務めたことも!)。

で、そんな勢いある状態の中で作られたセカンドアルバム。悪いわけがない。思いのままに作り上げたファーストと違い、成長株のバンドがぶち当たるであろう『壁』を、普通は飛び越えるんだろうけどさ‥‥このバンドの場合、その壁をも力技でぶち壊して直進し続けたような作風の1枚に仕上がってます。しかも、ちゃんと考えられてるし‥‥そう、他のガレージ/暴走バンドにはないであろう「HELLACOPTERSなりの魅力」を、いよいよこの辺りから前面に打ち出し始めます。

所謂『北欧のバンド的な哀愁味漂う』メロディセンス。その後、これがこのバンド最大の武器となっていくのですが、ここではファーストにあった『気が触れたかのような爆音』と、後の『男臭い/男泣きメロディアス路線』との中間に位置する、所謂過渡期的な姿を見ることができます。ま、過渡期とかいいながらも、しっかりと高い完成度とオリジナリティを保っている辺りは、さすがと言わざるを得ないでしょう。『過渡期』っていうと言い方が悪いんだろうけど、少なくとも現在の彼らの持ち味が大好きだという人にとっては、やはりサードアルバム「GRANDE ROCK」以降の路線こそがHELLACOPTERSの魅力!と思っているのかもしれませんし、そういう人にとっては初期の2枚というのは「メロウだけどうるさすぎ!」と評価されてるかもしれないし‥‥

それとは逆に、「この暴走路線にメロウな歌が乗った初期の2枚こそ、HELLACOPTERSが最もHELLACOPTERSらしかった時代だ」と信じて疑わない人も多いのかもしれません。どちらにしろ、これは名盤だといっていいと思います。初期衝動をそのまま具体化してしまった「SUPERSHITTY TO THE MAX!」を更に数歩押し進めた作品。サウンド的にも洗練され、楽曲やメロディもスキルアップしている。何よりも10曲(日本盤は11曲)で30分に満たない(日本盤は30分ちょっと)というトータルランニングが、このアルバムの勢いを物語ってるんじゃないでしょうか? 全体的に似たトーンの楽曲で占められていることも、このアルバムが成功を収めた理由のひとつかもしれません。ファーストではスローというかミドルヘヴィ曲も幾つかあり、人によってはあれが苦手なんて声もあったので、そういう意味では「ただひたすら走る&攻める」セカンドは、正に「こういうのを待ってたんだよ!」と言わんばかりの1枚なのでしょう。俺はこのアルバムからHELLACOPTERSに入ったので(しかもファーストを聴いたのは、更に数ヶ月経った後だし)ファーストと比較することなく、まんま「うわぁ~っ、KISSのガレージパンク版だな!?」と思ったものです。が、何故か最初はそこまで良いと思えなくて‥‥あっという間に終わってしまうというのも「吟味する前に終わっちゃう」と勘違い甚だしい評価を下して、暫く聴かなくなっちゃったんですよね。更に初来日公演も、何故か気に入らなくてね‥‥結局、サードアルバム「GRANDE ROCK」を聴くまで、俺は彼らの『本当の魅力』に気づかずにいたという、ね。勿体ないことしてるな俺。

この曲も頭の "You Are Nothin" という如何にもKISSな1曲で心臓鷲掴みにされ、続く "Like No Other Man" という疾走ナンバーで失禁という、お決まりのコースでやられまくりなわけ。中盤も名曲 "Soulseller" があったり、ラストはちょっとテンポダウンして、ヘヴィな "Colapso Nervioso"、ジーン・シモンズ・ナンバー的な色合いを持つ "Psyched Out & Furious" で終わるというね(しかもエンディングはちょっとだけAC/DC的派手さを演出するという、ね!)。とにかく全曲ポップで哀愁感漂うメロディを持っていて、それが疾走すればする程哀愁感が増すという‥‥例えばTHIN LIZZY辺りと同質の魅力をHELLACOPTERSには感じるわけ。ホント、『男の中の男』バンドですよ彼らは。

'97年に本国でヒットを飛ばし、'98年に日本デビュー、同年秋には初来日をし、同じ頃にUKでもアルバムリリース。そして翌'99年秋にはとうとうアメリカに本格的進出を図るんですが、これがね、いきなり有名インディーズ・レーベル「Sub Pop Records」からのリリースだったんで、それまで彼らを無視していた連中が腰を抜かす程驚いたというね。ご存知の通り、NIRVANAやSOUNDGARDENといったシアトル系バンドを多く抱えていたことで有名なわけですが、そのレーベルから独自ジャケット&ボーナスディスクを付属した2枚組でこのアルバムをリリースしたのです。しかもボーナスディスクは8曲入りのライヴアルバム!(アナログ盤は9曲入り!!) 既に本国や日本ではサードが出た後だったこともあり、このライヴテイク自体はそのサードリリース後のツアーを収録したもの('99年5月のカナダ公演)。なので収録曲もファースト~サードの曲がメインとなっております。とにかくこれ聴いちゃうと、ライヴ観たことがない人は絶対に「あーライヴ観たい!」って悔しい思いをするはず。これからこのセカンドを買おうと思ってる人は、ボーナストラックが1曲入った日本盤よりも、この「Sub Pop」2枚組限定盤をオススメします。歌詞カードとか入ってないけど、スタジオ盤での意欲的な作風雨と、ライヴ盤ならではの臨場感溢れるサウンドの2種類‥‥正しく「一粒で二度美味しい」作品になってますからね! そして、このアルバムが気に入ったなら、間違いなくあなたはHELLACOPTERSのことが大好きになるはずだから、そのままサード、4作目‥‥という具合にドンドン聴きまくっていってください!



▼THE HELLACOPTERS『PAYIN' THE DUES』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

2004年1月30日 (金)

THE HELLACOPTERS『SUPERSHITTY TO THE MAX!』(1996)

スウェーデンが誇る暴走ロックンロールバンド、THE HELLACOPTERSが'96年6月に本国でリリースした記念すべきファーストアルバム、「SUPERSHITTY TO THE MAX!」。メンバー全員が「HELLACOPTER」姓を名乗り、'60~'70年代のパンクやハードロック、'80~'90年代のガレージシーンに影響を受けた直球一筋なそのサウンドに、当時は誰もが驚いたことでしょう‥‥とか書いてますが、ここ日本に彼らが登場したのは'98年に入ってから。セカンドアルバム「PAYIN' THE DUES」と同時期('98年に入ってから)で、更に初来日となると同'98年10月、THE WiLDHEARTS来日公演のサポートとして初見参(当時のレポートがこちらで読めます)。それも「ワイハーのジンジャーお気に入りのバンド」としてHR/HM系雑誌で取り上げられたのが最初ですから‥‥ああ、その出だしから少し躓いていませんか?

ここで聴けるサウンドは、その後メジャー展開してからの「哀愁味溢れる北欧特有の潤ったメロディーを持った男臭いバンド」というイメージとはちょっと異なる、それこそ上に挙げたような傾向‥‥MC5やIGGY & THE STOOGES、MOTORHEAD、KISSといったバンドからの影響をストレートに表現した、ハードロック色が多少強めのサウンドに仕上がってます。しかも音が極端に太く、尚かつ歪みまくっている。後にHELLACOPTERSやBACKYARD BABIES(ここのドレゲンもセカンドリリース後までHELLACOPTERSに在籍、掛け持ちで活動してたのでした)やジンジャーが中心となって制作されたSUPERSHIT666のアルバムに近い印象を受けます。ま、プロデューサーとか全部一緒だし、似るのも当たり前というか。とにかく、必要以上にうるさい。そこがいいんですけどね。

もうね、アルバム1曲目 "(Gotta Get Some Action) Now!" イントロでの、ギター2本によるユニゾンプレイ。ここであまりのカッコ良さに失禁しそうになるのよ。ド頭からこれよ? 何、このカッコ良さ!? しかも間髪入れずに続く "24h Hell" なんてまんまMOTORHEADな疾走チューンだし。イントロのベースラインが "Ace Of Spades" かと思うと、曲調自体は "Overkill" を彷彿させるし。勿論、パクリとかそんな次元で終わってませんよ。ちゃんと「HELLACOPTERSらしく」仕上がってますから。そこが単なる「全員が同じ姓を名乗る、RAMONESの物真似バンド」的なその辺のB級バンドと違うところね。勿論、HELLACOPTERSを一流のバンドだとは思わないけど‥‥いや、ある意味一流か。こんなにうるさくてカッコいい暴走ロケンローを爆音でやらせたら天下一品だし。ホント凄い。

1分半くらいで終わる疾走チューンが何曲も続くかと思えば、メロウで渋いミドルチューン "Born Broke" みたいな曲もある。'70年代のKISSをラウドにしたような "How Could I Care" みたいなポップなメロディを持った曲もあるし、ヘヴィブルーズといえる "Spock In My Pocket" もある。ただ速くてうるさいだけのバンドじゃないことが、既にこのファーストの時点で証明されてるわけ。で、その辺の路線を追求し始めたのが、次作以降‥‥ま、その辺はまたの機会に。

それにしても‥‥本当にノイズやフィードバック音に溢れたアルバムだよね。彼らの全作品中、ここまで徹底的にやったアルバムはこれ1枚だけなんだよね。その後はどんどん洗練されていき、今ではその辺の「リバイバル・ロック」系や「リフロック」系と一緒に括られても全然違和感ないもんね。けどさ‥‥夕べ、同郷のTHE HIVESのアルバムを聴いてから、このHELLACOPTERSのファースト、「BY THE GRCE OF GOD」という3枚を続けて聴いたんだけど‥‥如何にこのHELLACOPTERSのファーストが異質かを思い知らされましたね。勿論、表面的に「ハードロックスタイルを持っている(このアルバムのシークレットトラックで、JUDAS PRIESTのコピーとかやってるしね。ってニッケ自身がこのバンドと同時にENTOMBEDというデスメタル/暴走ロックバンドやってたしね)」とか「ピアノ/エレピのメンバーがいる」といった特徴・ユニークさも挙げられるんだけど、もっと違う「何か」を強く感じるんですよ。じゃあその『違う「何か」』とはなんなのか?という話になりますが‥‥それは俺が言葉で説明するまでもなく、皆さんが実際にこのアルバムを聴いて判断してみてください。アルバム出だしの、"(Gotta Get Some Action) Now!" イントロでの、ギター2本によるユニゾンプレイ‥‥これを聴いた瞬間に体中に電気が走り回り、そして自ずと判ってくるはずですから‥‥



▼THE HELLACOPTERS『SUPERSHITTY TO THE MAX!』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

2003年4月21日 (月)

SUPER$HiT 666『SUPER$HiT 666』(2000)

もしあなたがロックンロール大好きっ子だったなら。そしてそんなロックンロールの中でも疾走感があってノイジーでそれでいてメロディアスでけど最終的には暴力的な、そんなロックンロールを求めているのなら、迷わずこのアルバムを手にすればいいと思います。この6曲入り、約18分に及ぶ爆音の嵐のようなミニアルバムを聴いても何も感じないのなら、きっとあなたは……本当はロックンロールが好きじゃなかったんですよ。ええ、間違いなく。そんなセリフすら出てきてしまう程、とにかく凄いアルバム。

だってね、メンツがハンパじゃないもの。爆走ロックンロールに精通している人なら勿論このバンド(というかユニットですかね)のことはご存じでしょうけど、知らない人の為に紹介しておきますと‥‥ギター&ボーカルにジンジャーTHE WiLDHEARTS / SiLVER GiNGER 5)、同じくギター&ボーカルにドレゲン(BACKYARD BABIES / 初期THE HELLACOPTERSのメンバーとしても知られている)、ドラム&ボーカルにニッケ・ロイヤル(THE HELLACOPTERS)、そしてベースにトーマス・スコグスバーグ(BACKYARD BABIESやTHE HELLACOPTERS等を手掛ける、北欧爆走ロック界では有名なプロデューサー)……この4人によって形成されているのが、このバンドSUPERSHIT 666。なんて馬鹿馬鹿しいバンド名だろう。「SHIT」に「SUPER」がついて、更に西洋では不吉な数字といわれる「666(獣の数字とか言ってたな)」まで付けるタチの悪さ。これほどバンド名と音とが一致してることも少ないよね。

元々はTHE WiLDHEARTSを解散したジンジャーが、ドレゲンと共に何かやろうってことになり、だったらニッケも誘おう、そしてどうせなら「ニッケがドラムを叩く姿を見たい」というリクエストから、ENTOMBED(ニッケが'90年代中盤まで在籍していたデスメタル・バンド。途中からTHE HELLACOPTERSをサイドバンドとして結成し、掛け持ちで活動していたが、後に脱退。その後ENTOMBEDは爆走系バンドへと進化していく)時代は素晴らしいドラマーだったことを我々に再認識させるいい切っ掛け作りとなったのでした……こんなイージーな流れで結成され、ほんの短期間で録音され、まず'99年末に日英でリリースされたオムニバス盤『UP IN FLAMES』に「You Smell Canadian」が先行収録され、話題を呼び、'00年初頭にいよいよこのアルバムがリリースされました。

たった6曲しか入っていないと思うかもしれませんが、この6曲がもうメチャクチャ魅力的な曲ばかり。1曲目「Wire Out」の疾走感からしてググッとくるし、2曲目の「Fast One」なんてまんまMOTORHEADの「Overkill」だし(特にエンディングで、まんまのフレーズまで登場する程)、3曲目"Dangermind"はIGGY POPSTOOGESを彷彿させるノリだし、先述の「You Smell Canadian」なんて、まんまジーン・シモンズが歌ってそうなKISSナンバーだし、後にBACKYARD BABIESによってセルフカバーされた「Star War Jr.」もメロディが素晴らしい名曲中の名曲だし、最後「Crank It Up!」はニューヨークの爆走バンドTHE RODSの爆走カバー。たった18分、アッという間なんだけど、異常に密度の濃い瞬間を味わうことができます。

基本的にはジンジャー、ドレゲン、ニッケの3人がそれぞれボーカルを取り、あるはツインボーカルだったりするんですが、ボーカル自体にかなりディストーション気味のエフェクトがかかっている為、コアなファン以外はなかなか区別がつかないかもしれませんが……聴いてるうちにその違いが見えてくるはずです。ですのでここでは誰がどの曲を歌ってるという解説まではしません(単に俺が面倒なだけ/笑)。けど……THE WiLDHEARTS、BACKYARD BABIES、THE HELLACOPTERSをそれぞれ聴いてきている人なら判るはず。

そうそう、ゲストコーラスで同じくBACKYARD BABIESからボーカルのニッケ・ボルグと、先頃再結成した3 COLOURS REDのクリス・マコーマック(THE WiLDHEATSのベース、ダニーの実弟)が参加してる点も、爆走系好きにはたまらない要素ではないでしょうか?(ま、一聴しただけでは、ホントにニッケとクリスが歌ってるのか判断出来ませんけどね)

ジンジャーに関して言えば、THE WiLDHEATSの1回目の解散('98年秋)から正式な再結成('01年春)までの数年間に、ソロやSiLVER GiNGER 5のようなバンドを結成して活動してきましたが、結局このSUPERSHIT666での仕事が一番優れた内容だったというのは、何だか皮肉というか……ま、脇を固める(というか、ここではあくまでジンジャーが脇役なんですが)ニッケ・ロイヤルもドレゲンもクセの強いシンガー/ソングライターですからね。それが見事に化学反応を起こした成功例といえるでしょう。ジンジャー自身は今後もSUPERSHIT 666としてフルアルバムを作りたいという構想があるようですが、なかなか全員のスケジュールが揃わないのと、興味をそれ程持ってないメンバーがいる(苦笑)点等でなかなか上手くいかないようですね(だってグラマラスなハードロックを嫌うニッケがいるのに、ジンジャーは「ベースにニッキー・シックス(MOTLEY CRUE)を起用したい」とか宣ってるんだからさぁ)。ま、今後また新しい音源が聴けるようなことがあれば、それはそれで万々歳ですけどね!

たった6曲入り、20分にも満たない作品集なのに、2000年の10枚に選んでしまう程、このアルバムには「ロックの何たるか」が濃縮されて詰まってます。傑作。つうかこれ以上の解説はいいから、みんなCD屋に走りなってば!



▼SUPER$HiT 666『SUPER$HiT 666』
(amazon:国内盤CD

その他のカテゴリー

1963年の作品 1966年の作品 1967年の作品 1968年の作品 1969年の作品 1970年の作品 1971年の作品 1972年の作品 1973年の作品 1974年の作品 1975年の作品 1976年の作品 1977年の作品 1978年の作品 1979年の作品 1980年の作品 1981年の作品 1982年の作品 1983年の作品 1984年の作品 1985年の作品 1986年の作品 1987年の作品 1988年の作品 1989年の作品 1990年の作品 1991年の作品 1992年の作品 1993年の作品 1994年の作品 1995年の作品 1996年の作品 1997年の作品 1998年のライブ 1998年の作品 1999年のライブ 1999年の作品 2000年のライブ 2000年の作品 2001年のライブ 2001年の作品 2002年のライブ 2002年の作品 2003年のライブ 2003年の作品 2004年のライブ 2004年の作品 2005年のライブ 2005年の作品 2006年のライブ 2006年の作品 2007年のライブ 2007年の作品 2008年のライブ 2008年の作品 2009年のライブ 2009年の作品 2010年のライブ 2010年の作品 2011年の作品 2012年のライブ 2012年の作品 2013年の作品 2014年の作品 2015年の作品 2016年の作品 2017年のライブ 2017年の作品 2018年のライブ 2018年の作品 2019年のライブ 2019年の作品 =LOVE A New Revenge A Perfect Circle AAAMYYY AC/DC Accept Aerosmith AFI After the Burial aiko Air (France) AIR (Japan) AKB48 Alcatrazz Alcest Aldious Alice Cooper Alice in Chains Almighty, the Alter Bridge Altitudes & Attitude Amaranthe American Head Charge American Hi-Fi Anaïs Andrew W.K. Andy Black Andy McCoy Andy Taylor Angra Annihilator Annisokay Anohni ANTHEM Anthrax Anti-Flag Aphex Twin Appice Arcadia Arch Enemy Architects Arctic Monkeys Aretha Franklin Armored Saint ARROWS, the Art of Fighting Ash Asia Asian Dub Foundation ASIAN KUNG-FU GENERATION Asking Alexandria At The Drive-In Atari Teenage Riot Atomic Bitchwax, the Audioslave Avenged Sevenfold Avril Lavigne Azusa B'z Baby Chaos BABYMETAL Babyshambles Backyard Babies Bad Company Bad English Bad Moon Rising Badlands Baroness BAZRA Be the Wolf Beartooth Beastie Boys Beatles, the Beck Behemoth Belle & Sebastian Ben Folds Ben Harper Bernard Butler Berryz工房 Biffy Clyro Big Brother and the Holding Company Billy Corgan Billy Idol Billy Talent BiSH Björk Black Crowes, the Black Earth Black Label Society Black Midi Black Sabbath Black Star Riders Black Veil Brides BLANKEY JET CITY Blessing a Curse Blind Guardian Blind Melon Bloc Party Blood Orange Blue Murder Bluetones, the Blur Boards of Canada Bon Iver Bon Jovi BON-BON BLANCO bonobos BOOM BOOM SATELLITES BOOM, THE Boris Born of Osiris Boston Boston Manor Boxer Rebellion, the Boy George BOØWY BRAHMAN brainchild's Brian May Brides of Destruction Brides of Lucifer Bring Me the Horizon Brink, the Bruce Dickinson Brujeria Brutal Truth Bryan Adams BUCK-TICK Buckcherry Budderside Buddy Guy Buffalo Daughter BUGY CRAXONE Bullet for My Valentine Bulletboys Bullets and Octane BUMP OF CHICKEN Buono! Burn the Priest Burning Witches Bush Butch Walker Butcher Babies Cacoy Caesars callme Cane Hill Carcass CAROL Catatonia Cathedral Cats in Boots Charlatans, the Charlie Sexton Cheap Trick Chemical Brothers, the Children of Bodom Chk Chk Chk (!!!) Chris Cornell Chrome Division Chthonic Chuck Berry Chvrches Cigarettes After Sex Cinderella Clam Abuse Clash, the Click Five, the Clutch CO-FUSION Cocco Code Orange Coheed and Cambria Colbie Caillat Coldplay Compilation Album Confusion Master Converge Cornelius Cornershop Corrosion of Conformity Courteeners, the Courtney Barnett Courtney Love Coverdale・Page Cozy Powell Cradle of Filth Crazy Lixx Cream Creed Cribs, the Crosses (✝✝✝) Crossfaith Cry of Love Crystal Lake Cult, the Culture Club Cure, the Cybernauts Cymbals D'ERLANGER D-A-D Dachambo Damageplan Damn Yankees Damned Things, the Damned, the Danger Danger Danzig Darkness, the Dashboard Confessional DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN DATS Datsuns, the Daughtry David Bowie David Lee Roth Dead by April Dead by Sunrise Dead Cross Dead Daisies, the DEAD END Dead Kennedys Deafheaven Death Angel Death of Lovers Debbie Gibson DECAYS Deckard Deep Purple Def Leppard DEF.DIVA Deftones delofamilia Delorean Demolition 23. Departure, the Depeche Mode detroit7 Devin Townsend Project Diamond Head DIAMOND☆YUKAI Diffuser Dillinger Escape Plan, the Dimmu Borgir Dinosaur Jr. Dio DIR EN GREY Dirty Pretty Things Distillers, the Disturbed Dizzy Mizz Lizzy DMBQ Dogs D'Amour, the Dogs Die in Hot Cars Dokken Don Dokken Donavon Frankenreiter Donnie Vie Doors, the Down downy Dragon Ash DragonForce Dream Theater Dreamboy Dreams Come True Dregen DRY & HEAVY Duff McKagan Duran Duran DUST'N'BONEZ, THE DYGL Earthshaker eastern youth EGO-WRAPPIN' ELECTRAGLIDE Electric Six Elliott Smith Eminem Emperor End Machine, the ENDRECHERI Enforcer Entombed Enuff Z' Nuff Eric Clapton Eskimo Callboy Europe Eurythmics Evanescence Eve Exodus Extreme E・Z・O Faceless, the Fair Warning Fairground Attraction Faith No More Falco Fall Out Boy Faster Pussycat Fatboy Slim Fate Father John Misty Fear Factory Feeder Feeling, the Fever 333, the Fight Filter Firehouse Firestarter Firewind Five Finger Death Punch Flashcubes Flatbacker Fleetwood Mac Flotsam and Jetsam Flyleaf FM Foo Fighters Foreigner Fountains of Wayne fra-foa Frank Black Frankie Goes to Hollywood Franz Ferdinand Freddie Mercury Free Fudge Tunnel Fugees, the FUJI ROCK FESTIVAL Funeral for a Friend Futureshock Fuzzbubble G. Love Gamma Ray Garbage Garth Brooks Gary Moore Gathering, the Gene Simmons Genesis George Harrison George Lynch George Michael Georgia Satellites, the Get Up Kids, the GHEEE Ghost Gilby Clarke Gin Blossoms Ginger Wildheart GLAY Glenn Hughes GLIM SPANKY GO!GO!7188 Godsmack Godspeed GOING STEADY GOING UNDER GROUND Gojira Goldie Lookin Chain Gotthard Graham Bonnet Grapevine Graupel GREAT ADVENTURE Great White Green Day Greta Van Fleet GTR Gun Guns n' Roses H.P. オールスターズ Halestorm Halford Hanoi Rocks Hanson Hardcore Superstar Hardline Harem Scarem HARISS Harry Styles Hatebreed Haunted, the Heart HEATWAVE Hellacopters, the HELLO WORKS, THE Hellogoodbye Helloween Helmet HER NAME IN BLOOD Hermann H. & The Pacemakers Hi-STANDARD hide HIGH and MIGHTY COLOR HIGH-LOWS, THE Hives, the Hole Hollywood Rose Hollywood Vampires Honeycrack Hoobastank Huaska Hurricane Hurricane #1 HUSKING BEE I See Stars Iggy Pop Ihsahn Imminence Impellitteri Imperial State Electric In Flames In the Soup Incubus Indianhead INORAN Inxs Iron Maiden Izzy Stradlin J Jack Johnson Jack White Jake Bugg James Bay James Brown Jane's Addiction Janet Jackson Janis Joplin Japan Jeevas, the Jeff Beck Jeff Beck Group Jeff Buckley Jellyfish Jerusalem Slim Jesus & Mary Chain, the Jesus Jones Jet Jetboy Jimi Hendrix Jimmy Page Jimmy Page / Robert Plant Joe Lean & the Jing Jang Jong Joe Lynn Turner Joe Perry Joe Satriani Joe Strummer & the Mescaleros John Corabi John Diva & The Rockets of Love John Lennon John Sykes Johnny Winter Jomi Massage Jon Bon Jovi Jon Spencer Blues Explosion, the Jonathan Davis Josh Todd Josh Todd & the Conflict Joss Stone JOUJOUKA Journey Joy Division Judas Priest JUN SKY WALKER(S) Juno Reactor JYOCHO Kaato Kadavar Kamasi Washington Kasabian Katatonia Katmandu Keane Keith Richards KEMURI Ken Yokoyama Kendrick Lamar KENZI & THE TRIPS Killers, the Killing Joke Killswitch Engage King 810 King Crimson King's X Kingdom Come KISS Kix KLF, the Knack, the KOOK Korn Kottonmouth Kings Kraftwerk Kreator Kula Shaker Kurt Vile KXM Kylie Minogue L'Arc-en-Ciel L.A.Guns La'cryma Christi LA-PPISCH Lacuna Coil Lady Gaga Lamb of God Last Days of April Led Zeppelin Lemon Twigs, the Lemonheads, the Lenny Kravitz Liam Gallagher Libertines, the Like a Storm Lily Allen Limp Bizkit Linkin Park Lita Ford Little Angels Little Caesar Living Colour Lonerider Lords of Black LOST IN TIME Lou Reed LOUD PARK Loudness LOVE PSYCHEDELICO LOVEBITES Luby Sparks Lucer Lullacry LUNA SEA Lynch Mob M/A/R/R/S Machine Gun Kelly Machine Head Mad Capsule Markets, the Mad Season Madball Madonna Magic Numbers, the Maison book girl MAN WITH A MISSION Mando Diao Manic Eden Manic Street Preachers Manowar Mansun Mantar Marilyn Manson Mark Slaughter Marmozets Mars Volta, the Marvelous 3 Massive Attack Mastodon Matchbox Twenty Matt Cameron Matthew Sweet McAuley Schenker Group MD.45 Meathook Seed Megadeth MELTONE Mercury Rev Meshuggah Metal Church Metallica Michael Jackson Michael Monroe Michael Schenker Michael Schenker Fest Michael Schenker Group Michael Sweet Mick Jagger Midnight Bankrobbers Mighty Mighty Bosstones, the Migos mihimaru GT Ministry MO'SOME TONEBENDER MODS, THE Mogwai Mondo Generator Mondo Grosso Monkees, the Monster Magnet Mooney Suzuki, the Morrie Mother Love Bone Motley Crue Motorhead Mott the Hoople Mouse on Mars Mr. Big Mr. Mister Mr.Children MUCC Mudhoney Muse Music, the Mutation My Chemical Romance My Little Lover Myles Kennedy Nailbomb Napalm Death Nashville Pussy Nelly Nelson Neurotic Outsiders Neve New Order New York Dolls NEWS NGT48 Nicke Borg Homeland Nickelback Night Ranger Nine Black Alps Nine Inch Nails Nirvana Noel Gallagher's High Flying Birds Nothing NOVEMBERS, THE Nuclear Valdez O.P.KING Oasis Obituary Oblivion Dust Obscure Ocean Colour Scene OCEANLANE Of Mice & Men Offspring, the OGRE YOU ASSHOLE ONE OK ROCK Oneohtrix Point Never Opeth ORANGE RANGE Orbital Ordinary Boys, the Orgy Orianthi ORIGINAL LOVE Outrage Overkill Ozzy Osbourne Panic! at the Disco Pantera Papa Roach Paradise Lost Paul Draper Paul McCartney Paul Stanley Paul Weller PE'Z PEALOUT Pearl Jam PENPALS Perfume Periphery PERSONZ Pet Shop Boys Peter Gabriel Phantom Planet Phil Campbell and the Bastard Sons Phish Pig Destroyer pillows, the Pink Cream 69 Pink Floyd Pixies Placebo Plastic Tree Playmates, the Poison Polaris Police, the Polyphonic Spree, the POLYSICS Porcupine Tree Portishead Power Station, the Powerman 5000 Praying Mantis Predators, the Pretty Boy Floyd Pretty Maids Pride & Glory Primal Scream Primus Prince Privates, the Probot Prodigy, the Prong Protest the Hero Public Enemy PUFFY Pulp pupa Qemists, the Queen Queens of the Stone Age Queensryche Quiet Riot Quireboys, the R.E.M. Raconteurs, the Radiohead RADWIMPS Rage against the Machine Rainbow Rammstein Ramones RAMRIDER Rancid Rapture, the RAREDRUG Rasmus, the Ratt Raven RCサクセション Red Dragon Cartel Red Hot Chili Peppers Red Warriors Reef Refused Rex Brown RHYMESTER Richie Kotzen Richie Sambora Ride Riot Riot V RIP SLYME Rise of the Northstar Rival Sons RIZE Rob Zombie Robert Plant Rock City Angels ROCK IN JAPAN FESTIVAL ROCKBOTTOM Rocket from the Crypt Rolling Stones ROMANS RON RON CLOU Ronnie Wood Rooster ROOSTERS, THE ROSSO ROVO Roxy Music RSO Run D.M.C. Rush Russian Circles Sabaton Sacred Reich Sads Salems Lott Sam Smith Samantha's Favourite Sammy Hagar Santana Saosin Saxon SBK Scorpions Scott Weiland Scour Screaming Soul Hill Sean Lennon Sebastian Bach Secret Machines SEKAI NO OWARI Selfish Cunt Senses Fail Septic Tank Sepultura Serj Tankian Sevendust SEX MACHINEGUNS Sex Pistols Shadow King Shadows Fall Shinedown Shinning Shobaleader One Sick of it all Sigh Sigue Sigue Sputnik Silver Ginger 5 Silvertide Simple Minds Simply Red SION Sixx:A.M. SKE48 SKETCH SHOW Skid Row Skin Skindred Skunk Anansie Slash Slash's Snakepit Slaughter Slayer Sleep sleepyhead Slipknot Sloan Slowdive Smashing Pumpkins Smiths, the smorgas SNAKE HIP SHAKES Sneeze Snow Patrol SOFT BALLET Soilwork Sons of Apollo Sons of Texas sora tob sakana Soul Asylum Soul Flower Union Soulfly Soulwax Soundgarden South Spaghetti Vabune! Sparta Sparta Locals Spiritual Beggars Spiritualized Spoon Squarepusher SR-71 STALIN, THE Starcrawler Static-X Steel Panther Steelheart Stephen Pearcy Steriogram Steve Perry Steve Stevens Steve Vai Steve Winwood Steven Tyler Stevie Salas Stills, the Sting Stone Roses, the Stone Sour Stone Temple Pilots Stooges, the Strokes, the Struts, the Stryper Strypes, the STU48 Styx Suede Suicidal Tendencies Sum 41 SUMMER SONIC SUPER BUTTER DOG Super Furry Animals Super$hit 666 Superchunk SUPERSNAZZ Survive Sweet & Lynch Syrup16g System of a Down t.A.T.u. Taking Back Sunday Tank task have fun Team Sleep Tears for Fears Teenage Fanclub Television Terence Trent D'Arby Terrorizer Terrorvision Tesla Tesseract Testament THEE MICHELLE GUN ELEPHANT Them Crooked Vultures Therapy? Thin Lizzy Thirteen Senses Thirty Seconds to Mars Thunder Thunderpussy Tin Machine Tinted Windows TMG TNT Toad the Wet Sprocket Todos Tus Muertos Tokyo Dragons Tokyo Motor Fist TOKYO ZAWINUL BACH Tom Misch Tommy Lee Tony MacAlpine Tool Tortoise Toto Towers of London Traening Train Travis TREEBERRYS TRICERATOPS Trivium Trixter Twenty One Pilots Twisted Sister Two (2wo) Two Door Cinema Club Two Lone Swordsmen Tygers of Pan Tang U.D.O. U2 UA UFO Ultraphonix Underworld Unearth United Unkle Vader Vain Van Halen Veil of Maya Velvet Revolver Venom Verve, the Vibrators, the Vince Neil Vinnie Vincent Invasion Vixen Voivod w-inds. W.A.S.P. WANIMA Warrant Warrior Soul Weezer Wham! Wheatus While She Sleeps White Lion White Stripes, the Whitesnake Who, the Wildhearts, the Willard, the Winger Wings Witch Within Temptation Wombats, the Wrench W(ダブルユー) X JAPAN Yellow Magic Orchestra YELLOW MONKEY, THE Yes Yngwei Malmsteen YO-KING Yo-Yo's, the Zakk Wylde Zeppet Store ZIGGY ZYX ZZ Top ℃-ute 「100番勝負」 「10年前」 「1年のまとめ」 「20年前」 「AIN'T IT FUN」 「CCCD」 「DJ / イベント出演」 「R.I.P.」 「アンケート」 「ゾ」 「ネットラジオ」 「フェス」 「仕事紹介」 「再結成」 「分析ネタ」 「平成の30枚」 「私的ベスト10」 「記事一覧」 「音楽配信」 あぁ! おとぎ話 くるり けやき坂46 すかんち どうぶつビスケッツ×PPP ぼくのりりっくのぼうよみ ももいろクローバーZ ゆず ゆらゆら帝国 アイドルネッサンス アンジュルム インビシブルマンズデスベッド ウルフルズ エイプリルズ エレファントカシマシ カントリー娘。 カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。) カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。) カーネーション キュウソネコカミ キリンジ ギターウルフ クラムボン クリープハイプ クレイジーケンバンド グループ魂 ゲスの極み乙女。 コンタクト サザンオールスターズ サンボマスター サ上と中江 ザ・クロマニヨンズ スカート スガ シカオ スチャダラパー ストレイテナー スネオヘアー スピッツ スーパーカー ソニン タンポポ チャットモンチー トリプルファイヤー ドレスコーズ ナンバーガール ニューロティカ ハナレグミ ハロー!プロジェクト ピーズ, The フィッシュマンズ フジファブリック フラワーカンパニーズ プッチモニ マキシマム ザ ホルモン ミドリ ミニモニ。 ムーンライダーズ メロン記念日 モーニング娘。 モーニング娘。おとめ組 モーニング娘。さくら組 ユニコーン レミオロメン ロッカーズ ロマンポルシェ。 三浦大知 中島美嘉 中村一義 中村佳穂 中澤裕子 乃木坂46 佐野元春 八代亜紀 凛として時雨 加藤いづみ 勝手にしやがれ 原田知世 吉井和哉 堂島孝平 大槻ケンヂ 大江慎也 太陽とシスコムーン(T&Cボンバー) 奥田民生 宇多田ヒカル 安倍なつみ 小沢健二 小泉今日子 尾崎豊 岡村靖幸 岡村靖幸と石野卓球 左とん平 市井紗耶香 布袋寅泰 平井堅 後浦なつみ 後藤真希 忌野清志郎 怒髪天 惑星 折坂悠太 推定少女 新垣結衣 日暮愛葉 星井七瀬 星屑スキャット 星野みちる 星野源 曽我部恵一 月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。) 有村竜太郎 朝霧 Jam 木村カエラ 東京スカパラダイスオーケストラ 松浦亜弥 柴田淳 桑田佳祐 森重樹一 椎名林檎 椿屋四重奏 欅坂46 氣志團 氷室京介 永井ルイ 浅井健一 浜崎あゆみ 浜田麻里 渋さ知らズ 片平里菜 玉置成実 田中フミヤ 真心ブラザーズ 矢口真里 砂原良徳 私立恵比寿中学 米津玄師 絢香 羅針盤 美勇伝 菊地成孔 藤本美貴 道重さゆみ 遠藤ミチロウ 銀杏BOYZ 陰陽座 電気グルーヴ 頭脳警察 飯田圭織 1975, the 2 Many DJ's 22-20s 3 Colours Red 44MAGNUM 54-71 9mm Parabellum Bullet

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ