2002年12月16日 (月)

THE HIGH-LOWS『angel beetle』(2002)

  ブルーハーツやTHE HIGH-LOWSを取り上げるってのは、自分にとってとても敷居が高い事なんですよ。いや、そんなに心底好きなの?と問われれば、いや、そうでも‥‥と答えてしまいそうなんですが、やはり自分の10代中盤~20代前半をブルーハーツで過ごした身としては、なんか簡単に語れない、語り尽くせない魅力があるんですよね。で、20代後半になっても彼等‥‥ヒロトとマーシーの作る楽曲に心打たれたりして。"日曜日よりの使者"だったり"月光陽光"だったり"千年メダル"だったり、そして"青春"や"14才"だったり‥‥ピンポイントで俺の心をくすぐるっつうか、針でツンて突き刺すっていうか。そういう存在なんですよ、俺にとってのヒロトとマーシーって。

  で、今回取り上げるのはTHE HIGH-LOWSとしては7枚目となるオリジナルアルバム(編集盤「FLIP FLOP」やライヴミニアルバム等を除く)。毎年毎年、ちゃんとアルバムを出してくれる彼等だけど、単に「1年経つと曲が貯まるから、レコーディングするだけ」とのこと。彼等らしい理由。ツアーをやりたいからアルバムを作るんじゃなくて、ツアーは延々続けて、曲が貯まってきたからそろそろ‥‥って感じでアルバムレコーディング。実はこのアルバム、11月末リリースなんだけど、実際にはフジロックの前‥‥つまり7月下旬にはレコーディングがほぼ完了してたそう。実質数週間で作業終了したらしいし。すげぇよ、相変わらず。

  そういえば、既にこのアルバムから3曲もフジロックで演奏されてたんだよな("Too Late To Die"、"アメリカ魂"ともう1曲‥‥何やったか失念!)。印象に残ってるのは、やっぱりタイトルを覚えてた前述の2曲。シングルにもなった"Too Late To Die"は如何にも彼等らしい、力強いロックアンセム。で、問題は"アメリカ魂"‥‥ライヴではブルース・スプリングステーィンの"Born In The USA"のフレーズを頭にくっつけたアレンジで、彼等にしては非常にグラムロック調の演奏。で、歌詞が‥‥恐らく「9.11」を題材にしてると思うんだけど、聴く人が聴けばアメリカ賛歌に聞こえるだろうし、俺なんかはアメリカをジャイアンに見立てた皮肉ソングに受け取れるし。ま、ここでは後者なんだろうけど‥‥その辺の解釈は各自それぞれ好きなようにやればいいし。にしても、ここまでストレートにこういうことを過去、彼等は唄ったことあったかなぁ‥‥ま、ブルーハーツ時代にはもっとストレートな"チェルノブイリ"みたいな曲があったけど。

  前作「HOTEL TIKI-POTO」辺りから非常にゆったり目の曲が増えて、前々作「Relaxin' WITH THE HIGH-LOWS」までにあったような攻撃的なアップテンポの曲が減ってるんだよね。で、今作でもそういったアップテンポの曲は"曇天"くらい。それに近いタイプは"ななの少し上に"とか"俺達に明日は無い"なんかがあるんだけど、パンク的というよりももっとロックンロール寄りだしね。それは決して悪いことだとか何かより劣るってわけじゃないんだけど、ライヴで盛り上がるアッパー系の曲が初期の曲っていうのが‥‥やっぱり新作の曲で盛り上がりたいじゃない?

  と、不満を書いてみたけど、やっぱりいいアルバムなんですわこれ。"スカイフィッシュ"みたいなファンクチューンもあれば"映画"のようなソウルチューンもあるし。当然これまでの彼等らしいストレートなロックチューン"ecstasy"も"一人で大人 一人で子供"もある。バラード"マミー"もあるし、HIGH-LOWS風"Paint It, Black"と呼びたくなる"つき指"も登場するし、ある意味アンセムソングと呼べなくもない可愛らしい"Born To Be Pooh"まである。バラエティの面では前作以上かもね(ま、"21世紀音頭"を超えるような怪作はないけどね)。

  ヒロトもマーシーも今年2002年で、ブルーハーツでデビューしてから15年なんだよね。今年で15周年ってバンド(アーティスト)、他にどれだけ残ってる? ユニコーンは既に解散してしまったし、筋肉少女帯は解散同然だし、ZIGGYは頑張ってるけど‥‥ヒロトとマーシーがこうやって、未だにふたり一緒に活動しているのってある意味奇跡なんじゃないかな? フロントマンであるボーカルとギターがぶつかり合うってことは別に珍しいことじゃないし。清志郎とチャボだって仲はいいのに、結局離ればなれになっちゃったし。だからこそ、プライベートでも一緒にライヴ観に行ったり、フジロックにふたり揃って来てたりとか、そういう 「当たり前のことなんだけど、ちょっとあり得ない」現実を目の当たりにすると、もうそれだけで感動するっつうか‥‥

  ‥‥ほらねっ? 結局彼等について語り出すと、アルバムとかを飛び越えて、こういった文章になっちゃう。ホントはもっといろいろ語りたいんだよ、ヒロトとマーシーについて。けどね、それはまた別の機会‥‥ブルーハーツを取り上げる時にまで取っておこうと思います。

  つうわけで、話題をアルバムの方に戻して‥‥アルバムタイトルの「angel beetle」。タイトルに意味はなくて、単純に響きで決めたらしいね。毎回毎回、アルバムタイトルを決める時は困るみたい。別に毎回毎回そのタイトルがアルバムの内容を端的に表してるとは限らないんだけど、意外と彼等の場合、タイトルとジャケットが内容と一致してるように思えるのは俺だけかな? 今回もシンプルなジャケットの割りにバラエティ豊かな楽曲が詰まってる点が、タイトル「天使とカブトムシ(=BEATLES)」通りっつうか。ま、勝手な妄想なんだけどね。

  そうえいば、仕事場でこのCDを1日中かけっぱなしにしてたんだけど、音楽に疎い後輩が「これ、ブルーハーツの人達ですよね?」って俺に聞いて、「僕、彼の声を聞いてるだけで涙が出そうになるんですよねぇ‥‥」と呟いたのが印象に残ってます。そう、俺にとってもHIGH-LOWSの歌声、曲、演奏、歌詞、全てが泣ける要素なんですよ。

  最後にここにも書いておきましょう(過去、日記にも書きましたが‥‥)


   俺は、ブルーハーツやHIGH-LOWSを貶す奴を、人として認めません。

  人の弱さ、痛み、優しさ、強さ‥‥それらが理解出来ない奴とは絶対に俺、合わないと思うから。未だにそういう事をストレートに曲に乗せて唄うのって、彼等とモーニング娘。くらいだし。



▼THE HIGH-LOWS『angel beetle』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2002 12 16 01:29 午前 [2002年の作品, HIGH-LOWS, THE] | 固定リンク

2001年12月31日 (月)

MY BEST OF 2001

今年もとうとうこの時期が来たわけですね‥‥早いもんだなぁ、1年が経つの。特にこのサイトを初めてから、それを嫌と言う程実感しますよ。ついこないだ2000年の10枚を選んだような記憶が(多少痴呆が入ってるのかも/苦笑)‥‥まぁ冗談はともかくとして、年末ということで毎年お約束の「とみぃが選ぶ『BEST OF 2001』」を紹介しようと思います。ここ数年はアルバム10枚のみだったので、今年はまぁ独り身で時間もあることですし(号泣)、ちょっと頑張ってアンケートの全項目をご紹介したいと思います。まぁ順を辿りながら、今年2001年の音楽界、更には自分自身を振り返ってみようかと思いまして、ええ。

ぶっちゃけ、2001年というのは自分自身にとっても忘れられない年になりました。プライベートでも一生の内で最も高額な買い物をしたり、新しい友との出会いがあったり、失恋したり‥‥それは勿論音楽にも当てはまるわけで、やはり2年振りに参加したフジロック、更には初の「ひたちなか」等、1年のへそに当たる夏を分岐点にして、自身の音楽傾向が変わりつつあると‥‥そう、所謂クラブミュージックとモーニング娘。のことですが(苦笑)。まぁその辺は後々語るとして‥‥とりあえず、アルバム10枚をご紹介しましょう。掲示板で言及してるものもあれば、レビューで大プッシュしたもの、更には密かにひとり楽しんだものまで。かなり意外な選出になってることかと思われます。


AIR『10000HZ LEGEND』

not車谷(笑)、フランスのエールの方です。今年はDAFT PUNKの大ブレイクもあり、フランスのクラブシーンに再び脚光が浴びる機会がありました。非常にダウナーなクラブミュージックと呼べますが、様々なゲスト(BECKや元JELLYFISHの面々、BUFFALO DAUGHTER等)を迎えて作り上げた曲は、非常にポップなものでした。買ってからまだ1ヶ月しか経ってませんが、かなりインパクトがあって、相当聴き込みました。ある意味「癒し系」?(笑)

BUFFALO DAUGHTER『I』

そのAIRのアルバムにも参加した日本人3人組、約4年振りの新作。レーベルの閉鎖等があり発表が遅れたものの、それを補って余るだけの完成度。TOOLと法則論は違うものの、共にKING CRIMSON's childrenと呼べるでしょう。エレグラでの初ライヴ体験も記憶に新しい、日本が世界に誇る2001年の名盤その1。

電気グルーヴ『THE LAST SUPPER』

当然、限定2枚組の方で。残念ながら活動休止となってしまいましたが(それを彷彿させる意味深なアルバム名もまた良し)、やはり電気は別格ですわ。元メンバーのCMJKやまりん、コーネリアス小山田等、いろんな人間に電気の曲をいじらせても尚、聴いて電気と判る原曲の完成度はやっぱり素晴らしいです。つうかこのアルバムの功績は、2001年という時代に「ロマンティックが止まらない」を復活させたことでしょう!(笑)

GORILLAZ『GORILLAZ』

BLUR「13」も好きだったけど、こっちの方がピンときた。比べるのは違うと思うんだけど‥‥いや、別物なんだけどさ。こういう形でアメリカでのブレイクを果たすとは思ってもみなかったけど。今年前半はマニックス、TOOLとこれがヘヴィロでしたね。この手の音楽に傾倒する切っ掛けを作った1枚かも。けど是非2002年はここで得たものをBLURの新作に生かして下さい。

JOUJOUKA『RE-SEI』

日本が世界に誇る2001年の名盤その2。別にこないだ出たスタジオ盤でもよかったんだけど、やはりファーストインパクトの強かったフジロックと、そこで買ったこの2枚組を。テクノだとか何だとか言うな!これこそ真のロックンロールだろうが!!

MANIC STREET PREACHERS『KNOW YOUR ENEMY』

何も言うことないでしょう。マニックスの、真の意味での二回目のデビュー盤だと思う。ここに終着するんじゃなく、ひとつの始まりなんだと思う。バンドは2002年にベスト盤を出して歴史を総括しようとしてるけど、まだまだ行けるでしょ?ここからもっと新しい何かが生まれるはず。ただでさえ素晴らしいのに、そこに別の可能性すら感じさせる作りには脱帽モノ。このアルバムの曲をもっとライヴで聴きたかったなぁ‥‥

PINK FLOYD『ECHOES』

これまでは頑なに「ライヴ盤」「ベスト盤」を選出外としてきたけど、これは選ばざるをえないでしょう。30年以上に渡る数々の名曲を並べ替え、クロスフェードすることによって新しい物語性を生み出してしまう。それぞれの曲が未だに色褪せていないのと同時に、新鮮で今のポップ/ロック/クラブシーンにさえも影響を与えそうな魅力には、ただ舌を巻くばかり。編集次第で新たな物語を生み出すことが出来るという可能性を提示した、奇跡の1枚。考え方を変えれば、それだけ昨今のロックが未だにこれらを越えていないとも言えるが‥‥

SLIPKNOT『IOWA』

KING OF キチガイ、ラウドロック界のモー娘。(笑)ことSLIPKNOTの大傑作。判り難いとかうるさいとか曲なのかこれはとか言うな!リリース後すぐに9/11を迎えてしまったが為にレビューをボツにするという、とみ宮始まって以来の大事件を作ったのも、このアルバム。その影響で来日まで延期。万単位の人間がこいつらの曲で暴れ狂う様を思い浮かべただけで鳥肌モノ。ここまで行っちゃったら、もう他のラウド系は聴けないわ。正直、SLAYERとどっちにしようか悩んだけど、甲乙つけがたい。ま、2001年という時代を象徴する意味でこっちを選ばせてもらいました。

SOUL FLOWER UNION『SCREWBALL COMEDY』

日本が世界に誇る2001年の名盤その3。文句なしの格好良さ。つうかこれよりカッコイイ「ロック」アルバム、今年どれだけあった?民謡だとかトラッドだとか、そういった土着的要素すらも血や肉と化し、オリジナルのロックンロールへと変化していく様は観て/聴いていて圧巻。今年最高の出会いを果たしたと思います。3回も、しかもどれも違ったフォーマットで観れたし。来年もお世話になります♪

TOOL『LATERALUS』

ラウドロック系で括られそうだけど、ある意味プログレ‥‥CRIMSONや上のPINK FLOYDと比べた方が意味があるのでは?ロックの持つ神秘性だとか、聴くだけでこれ程までに頭に映像が浮かんでくる楽曲や演奏、確かに気軽に聴けるものではないのかもしれないけど、改めて音楽に向かう姿勢を問われたような気がして、引き締まりました。フジロックでのステージは絶対に忘れられないよ。


最初にアンケートを書いてから間が2週間近く空いてて、しかもこの原稿を書き出したのがクリスマス前後なんですけど‥‥その間に結構何枚か入れ替わってます。まず惜しくも選から漏れた名作を。GARBAGE「BEAUTIFULGARBAGE」は一番最初のには入ってましたが、残念ながら落としました。同じくキリンジ「FINE」も。それとSLIPKNOTのとこにも書いてるように、SLAYER「GOD HATES US ALL」も残念ながら選外でした。ぶっちゃけ、これらと上の10枚、特に差はないんですよ。たまたま選んだ時の気分で上の10枚になってしまった、と。よく聴く頻度で言えば、今年は間違いなくモーニング娘。「ベスト!モーニング娘。1」が一番でしたからね(苦笑)。それとCocco「サングローズ」も今年前半ですよね。あ、AEROSMITH「JUST PUSH PLAY」も選んでなかった(汗)。DRAGON ASHもAIR(元BAKUの方/笑)も、EGO-WRAPPIN'やくるりも今年かぁ‥‥そうそう、GRAPEVINEもね。そう考えると、本当に今年は日本のアーティストが心に残る、素晴らしいアルバムを連発した年だったんだなぁと実感。ただ今好例のCD-Rコンピ「とみ宮的 BEST OF 2001」を作ってるんですが、日本の素晴らしいアーティスト達の曲が多くて、2枚に収まりそうにないですから。嬉しい悲鳴ですよ(お陰で娘。関係が2曲しか入れられない‥‥って2曲も入るのかよ!)

上を見てお判りの通り、クラブ系のアルバムが多数入ってます。昨年はUNDERWORLDくらいでしたが、今年はホント幅広く聴きましたね、この手を。特に後半の追い上げが‥‥選ばなかったところだとORBITAL「THE ALTOGETHER」やDAFT PUNK「DISCOVERY」、APHEX TWIN「DRUKQS」、毛色はちと違うけどRADIOHEAD「AMNESIAC」、MOGWAI「ROCK ACTION」、NEW ORDER「GET READY」も愛聴しました。本当、いい年でしたよ。


続いて「SONG OF 2001」の5曲も。


・AEROSMITH「Jaded」

文句なしでしょう。エアロがデビュー30年近く経って放った、新たなる魅力。今年前半、携帯の着メロはこれでした(笑)。オリジナル曲としては約10年振りのトップ10入り。2月の来日公演が非常に楽しみであります。名曲!

・GRAPEVINE「風待ち」

アルバムを選べなかった代わりに、最新シングルをここに入れておきました。これは夏フェス時期の俺のテーマソングでした。この男泣きしそうな哀愁のメロディーに本気で泣き崩れそうになった事が何度あったことか。単純に「歌モノ」として最高級の1曲。文句なし!

THE HIGH-LOWS「14才」

このバンド‥‥というよりも、ヒロトとマーシーって男は、何故もこう「ロックを聴き始めた頃の初期衝動」を忘れることなく15年近くも第一線でロックし続けてこれたのでしょうか? 俺が高校に入って最初に出来た音楽友達から借りたテープがブルハのファーストでした。それから約15年‥‥あの頃と何ら変わりない衝撃をこの曲から受けました。去年の「青春」からも近い衝撃を受けたけど、これは比じゃないです。秋はこの曲にやられっぱなしでした。順位を付けるなら、これがナンバー1です。

MR.CHILDREN「YOUTHFUL DAYS」

早くも1/1には「君が好き」って名曲をドロップしますが、これも忘れちゃいけない名曲。曲中の「I got back youthful days」っていう一節が全てを物語ってるような気がします。「優しい歌」から始まった「ミスチルを取り戻す旅」の、ある意味終着駅であり出発点でもある、記念すべき1曲なのです。桑田圭祐がマジでビビッたらしいからね、これ聴いて。ホント、アルバムが楽しみだわ。

タンポポ「恋をしちゃいました!」

え~っと‥‥入れちゃいました(入れちゃった!)。文句なしで、今年出た娘。関係の曲ではナンバー1の出来でしょう。正直、メロン記念日「This is 運命」と悩んだりもしたのですが、やっぱり「第一印象で決めました!」って事で。新生タンポポは昨年の「乙女パスタに感動」でのクイーン路線に始まり、この曲でのBCR真っ青な真っ当なアイドル路線が決定打となり、先頃の「王子様と雪の夜」で王道ポップ安定期に入った感があります。次はどういった手を打つのか気になる以前に、早くこの路線でアルバム作ってください、マジでお願いします。


一応、アルバムで選出したアーティストと被らないように選んだつもりです。ここに挙げた以外だと、もう選んだアルバム10枚の中からもいくらでも挙げられるわけで‥‥他に選ぼうとすると、どうしても今の俺はモーニング娘。絡み、しかも石川梨華絡みで挙げてしまいそうなので‥‥(笑)ちなみに他に気になった娘。関係だと、「ザ☆ピ~ス!」、プッチモニ「BABY!恋にKNOCKOUT!」、タンポポ「年末年始の大計画」(「王子様~」カップリング)、松浦亜弥「100回のKISS」等が挙げられます(って誰も聞いてないですね、はい/笑)


続きまして、今年観たライヴから選ぶ「LIVE OF 2001」を。


・AC/DC@横浜アリーナ (2/19)
・SOUL FLOWER UNION@野音 (6/9)
・TOOL@FUJI ROCK FES. (7/29)
・MR.CHILDREN@ROCK IN JAPAN FES. (8/4)
・エレファントカシマシ@SHIBUYA-AX (11/21)


AC/DCは文句なしでしょう。あれこそエンターテイメントってもんです。それでいて、コアなロックをも満足させる。何故彼らが「世界最強のライヴバンド」と呼ばれるのかが、この身をもって実感できた至福の2時間でした。

ソウルフラワーは正直どのライヴ(7月のフジロック、9月のリキッドルーム)も甲乙付けがたい、素晴らしい内容だったのですが、やはりファーストインパクトを与えた頭脳警察とのイベントを。頭脳警察も良かったんだけど、その後のソウルフラワーとの関わり方、そして「現役か否か」を考えるとどうしても(いや、頭警が現役から退くべきとかそういう意味ではなく、あの図警はやっぱり「祭り」って印象が拭えなかったし、演奏する側も観る側も、そして選曲も、その後の彼らの活動を観ても)。

TOOLはフジロックの中で観たライヴでは最も異質な存在で、演奏とか内容だったらこれよりも素晴らしかったアーティストは他にもいるんだけど、「観てはいけないものを観てしまった」という後味の悪さ、そして「ロックにはまだ神秘性が残っている」って事も改めて気づかせてくれた彼らを選びました。その後に観たEMINEMとは正反対のベクトルながらも、やっぱり根本にあるロック魂はおんなじだよな?なんて思ってるのは、俺だけでしょうか?

ミスチルも今年は久し振りによく観ました。2月のさいたま公演が俺の中で不完全燃焼気味だった事を考えると、この「ひたちなか」での彼らは、きっと二度と観ることは出来ないであろう「ギラギラ感」を堪能する事が出来ました。つうか、あれを観れた人はホントラッキーだよ? あんな桜井、きっと単独公演では観れないはずだから。事実、その数週間後に観たマリンスタジアムでは、いつもの桜井に戻っていたし。同じ曲を演奏するにも、シチュエーションでこんなにも変わってしまうものか、ロックの神が憑依してるんじゃないか?と思わせる程の大熱演。もし1本だけ選べと言われたら、AC/DCをも差し置いて、これを選びます。

エレカシもよく観たなぁ。昨年12月の千葉公演に始まり、5月のゼップ、8月のひたちなか、そしてこの11月AX公演。内容的にはどれも素晴らしいと思ったけど、やっぱりこの11月のが群を抜いて良かったのでは?と。これでくだらないアルバムを作りやがったら、承知しません(笑)。

この他にも、CYBERNAUTS、HELLACOPTERS、TEENAGE FANCLUB、KISS、フジロックでのマニックスやNEW ORDER、ひたちなかでも中村一義、更に市井紗耶香なんかも素晴らしかったです(最後のは余計か?/笑)


2002年も沢山の素晴らしい音楽と出会えますように‥‥

投稿: 2001 12 31 12:00 午前 [2001年の作品, Aerosmith, Air (France), Buffalo Daughter, Grapevine, HIGH-LOWS, THE, JOUJOUKA, Manic Street Preachers, Mr.Children, Pink Floyd, Slipknot, Soul Flower Union, Tool, 「1年のまとめ」, タンポポ, 電気グルーヴ] | 固定リンク