2018年10月20日 (土)

HURRICANE #1『HURRICANE #1』(1997)

アンディ・ベル(Vo, G)がRIDE解散後に結成した4人組バンドHURRICANE #1の、1997年9月発売のデビューアルバム(日本では本国よりも早い同年7月に先行リリース。アメリカでは10月に発売)。メンバーはギターに専念したアンディのほか、アレックス・ロウ(Vo, G)、ウィル・ペッパー(B)、ガレス・ファーマー(Dr)という4人編成。RIDEから引き続き Creation Recordsからのリリースで、「Step Into My World」(全英29位)、「Just Another Illusion」(同35位)というシングルに続いてアルバムも全英22位まで上昇。その後も「Chain Reaction」(同30位)とヒットシングルが続き、デビュー作としてはひとまず成功を収めた部類に入るのかな。

後期はレイドバックしたカントリーロックに片足突っ込んだり、ラスト作では中途半端なロックを聴かせたりと、踏んだり蹴ったりだったRIDEでしたが、初期はバンドの中心人物だったアンディがこの新バンドで鳴らしているのは、モロに“OASIS以降”のUKロック。いや、UKロックというよりもブリットポップと呼んだほうが正しいか。

アレックス・ロウの歌声や歌唱法、「Step Into My World」で鳴らされているサウンドもあって、本当にOASISのそれなんですよね。しかも、単なる亜流では終わらない、しっかり作り込まれた曲だったりするから余計にタチが悪い(笑)。いや、本当に良い曲なんですよ。

まあそれもそもはず、当時のアンディは血迷ったのか「OASISとTHE STONE ROSESを足して2で割ったようなバンド」をいたのですから……ちゃんとそのとおりになっていますよね!

ビート感の強さはローゼズ、メロディの強さはOASIS。しかし、そこに“RIDEのアンディ”の個性はちゃんと出ているのか、と問われると正直答えに困ります。「Mother Superior」や「Let Go Of The Dream」といった楽曲は、確かにアンディ・ベルというソングライターでなければ書けなかった曲かもしれないけど、別にアンディがこれをやらなくてもいいんじゃない?っていう思いもある。無駄に曲の出来が良いもんだから、当時は非常に評価に迷った記憶があります。

その後、アンディが当のOASISに加入し(しかもベーシストとして。苦笑)、OASIS解散後は紆余曲折を経てRIDEを復活させアルバムまで制作した。そんな20年を経て、今改めてフラットな気持ちで接してみると……やっぱり「良いアルバム」以上の感想は持てないかな。まあ、それでいいじゃない?って声もありますけど、やっぱりアンディ・ベルという人には“もっと上”を求めてしまいたくなるんですよね。

ちなみにHURRICANE #1、2014年にアレックス・ロウ中心に再結成しています。アンディはRIDEがあるので正式復帰はしていませんが、16年ぶりの新作『FINE WHAT YOU LOVE AND LET IT KILL YOU』(2015年)には1曲のみアンディもギターでゲスト参加しております。解散前と異なり、アレックス中心で書かれた新作の楽曲群もなかなかの出来です。



▼HURRICANE #1『HURRICANE #1』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2018 10 20 12:00 午前 [1997年の作品, Hurricane #1, Ride] | 固定リンク