2018年12月31日 (月)

2018年総括(1):洋楽アルバム編

2018年もあと半日で終わりということで、毎年恒例となった今年の総括を書いていこうと思います。

その年のお気に入りアルバムを洋楽10枚(+次点10枚)、邦楽10枚(+次点10枚)、2018年気になったアイドルソング10曲(+次点5曲)、そして今年印象に残ったライブ10本をピックアップしました。アルファベット順、五十音順に並べており、順位は付けていませんが特に印象に残った作品には「●」を付けています。

特にこの結果で今の音楽シーンを斬ろうとかそういった思いは一切ありません。ごく私的な、単純に気に入った/よく聴いたレベルでの「今年の10枚」です。

まずは洋楽アルバム編です。


■洋楽10枚(アルファベット順)

今年はまず最初に、次点の10枚から紹介していきたいと思います。たまにはやり方を変えて、新鮮さを保たないとね。

<次点>
・BLOOD ORANGE『NEGRO SWAN』
・CHVRCHES『LOVE IS DEAD』
・JACK WHITE『BOARDING HOUSE REACH』(レビュー
・KAMASI WASHINGTON『HEAVEN AND EAERTH』
・KURT VILE『BOTTLE IT IN』
・THE LEMON TWIGS『GO TO SCHOOL』
・MUSE『SIMULATION THEORY』(レビュー
・NINE INCH NAILS『BAD WITCH』(レビュー
・STARCRAWLER『STARCRAWLER』(レビュー
・VOIVOD『THE WAKE』(レビュー

メタル系以外は、自宅でまったりしているときに流していることが多かったか、移動中に聴く頻度が多かったものが中心。BLOOD ORANGEやMUSEなんて、まさにそれですね。CHVRCHESはフジロック以降、がっつり聴いていた記憶が。KAMASI WASHINGTONはレビュー仕事でディスク1のみ先に届いて、こっちばかりリピートしてたんだよな。THE LEMON TWIGSは常にセレクトするというタイプではないんだけど、個人的趣味からしてやっぱり外せないなと。KURT VILEも然り。

STARCRAWLERは今年1月のリリースだったけど、ちょっと12月まで持続させられなかったな、自分の中で。今年後半、もうひと跳ねあったら、自分内評価もまた変わったのかも。

さて、続いてここからが本編。僕が選んだ2018年の洋楽アルバム10枚です。

・ALICE IN CHAINS『RAINIER FOG』(Spotify)(レビュー

・BOY GEORGE AND CULTURE CLUB『LIFE』(Spotify)(レビュー

・COURTNEY BARNETT『TELL ME HOW YOU REALLY FEEL』(Spotify)(レビュー

●DEAFHEAVEN『ORDINARY CORRUPT HUMAN LOVE』(Spotify)(レビュー

・FATHER JOHN MISTY『GOD'S FAVORITE CUSTOMER』(Spotify

・MANIC STREET PREACHERS『RESISTANCE IS FUTILE』(Spotify)(レビュー

・ONEOHTRIX POINT NEVER『AGE OF』(Spotify

・SUEDE『THE BLUE HOUR』(Spotify)(レビュー

・TOM MISCH『GEOGRAPHY』(Spotify

・THE 1975『A BRIEF INQUIRY INTO ONLINE RELATIONSHIPS』(Spotify


ALICE IN CHAINS、DEAFHEAVENはメタル/ラウド系の年間まとめ記事で触れたので、改めて語るまでもありませんが、どちらも文句なし・ぶっちぎりの内容。コートニー・バーネットやファーザー・ジョン・ミスティはメインストリームとオルタナティブの中間に位置しながらも、今のアメリカのど真ん中からちょっとズレた位置にいる心地よい音。かと思えば、イギリスのTHE 1975が新作でさらに化けてイマドキの音を鳴らしてるのが興味深い。

CULTURE CLUBは数年待ったかいのあった傑作で普遍的。別に2018年じゃなくてもいいんだけど、と同時に今じゃなきゃいけない気も。ONEOHTRIX POINT NEVERもトム・ミッュもよく聴いたなあ。

マニックスとSUEDEは、デビューから20数年経った今も傑作と呼べるアルバムを出し続けている事実に対して、リスペクトの気持ちを込めて。特にSUEDEは個人的に、オールキャリアにおけるベストな1枚ではないかと思っています。2組とも、早く来日してください。

というわけで、簡単な解説は以上になります。今年は上記20枚でプレイリストを作ってみました。Spotify、Apple Musicそれぞれ用意してますので、ぜひ年末年始のお供に。


邦楽アルバム編に続く)

投稿: 2018 12 31 01:02 午後 [2018年の作品, Alice in Chains, Blood Orange, Boy George, Chvrches, Courtney Barnett, Culture Club, Deafheaven, Father John Misty, Jack White, Kamasi Washington, Kurt Vile, Lemon Twigs, The, Manic Street Preachers, Muse, Nine Inch Nails, Oneohtrix Point Never, Starcrawler, Suede, Tom Misch, Voivod, 「1年のまとめ」, 1975, The] | 固定リンク

2018年4月 8日 (日)

JACK WHITE『BOARDING HOUSE REACH』(2018)

2018年3月発売の、ジャック・ホワイト通算3作目のソロアルバム。前作『LAZARETTO』(2014年)から約4年ぶりの新作となりますが、その間には2枚組アコースティック&レアトラックアルバム『ACOUSTIC RECORDINGS 1998-2016』(2016年)が挟まれているので、実質2年ぶりくらいの感覚なんでしょうか。

とはいえ、純粋な新曲ばかりのアルバムは4年ぶりなので、ファンならずとも“待望の”という表現がぴったりな1枚かと思います。

THE WHITE STRIPES時代から一貫して、ジャック・ホワイトが作り出すサウンドにはブラックミュージックからの影響は間違いなく含まれていましたが、今作は彼の作品中でもっとも“黒っぽい”仕上がり。それもそのはず、本作にはドラムやベース、オルガンなどでゲスト参加しているメンツがビヨンセやQ-TIP、ジョン・レジェンド、マライア・キャリー、カニエ・ウエスト、リル・ウェイン、ジェイ・Z、FISHBONE、SOULIVEなどなど、ソウルやファンク、R&B、ヒップホップ系アーティストをサポートするミュージシャンばかりなのです。こういった外的要素が、彼の生み出す楽曲をより“黒っぽく”仕上げたことは想像に難しくないはずです。

また、アルバムを聴いていて非常に興味深かったのは、これまでの彼の作品はそういった要素(=ルーツ)をテイストとしてロックンロールを展開してきたのに対し、今回に限ってはロックが“テイスト側”で、表現しようとしているものがジャック・ホワイトなりのブラックミュージックなのではないか……そう思わずにはいられないぐらい、芯からドス黒さに満ち溢れていのです。

さらに本作でのジャックは、スライ・ストーンやプリンスといった鬼才たちの姿とイメージが重なる瞬間が多々ある。彼が今回のアルバムで目指したのは、そういった先人たちの偉業を引き継いで未来につなぐことだったのではないでしょうか……なんていうのは、ちょっと大げさかしら?

でも、時代性や昨今の音楽シーンの状況を考えると、この『BOARDING HOUSE REACH』というアルバムでの試みはあながち間違ってないのかもしれませんね。ぜひこのアルバムをライブで演奏する際には、SLY & THE FAMILY STONEやPRINCE & THE REVOLUTIONみたいなスタイルで表現してもらいたい。そう思わずにはいられないくらい、このアルバムの中には過去と未来をつなぐ大切なものが詰まっている。そんな、とんでもない異形のアルバムだと断言させてください。

いやはや、すげえアルバムですわ。



▼JACK WHITE『BOARDING HOUSE REACH』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2018 04 08 12:00 午前 [2018年の作品, Jack White] | 固定リンク