2006/05/04

KATATONIA『THE GREAT COLD DISTANCE』(2006)

ジャケットとバンド名に惹かれて、思わず手にとってしまった1枚。ゴシック系のデスメタルかなぁ~って思ったら、正解。このKATATONIAはスウェーデンのゴシックメタルバンドで、'90年代前半から活動してるそうですね。今年3月にリリースされたこのアルバムは、通産7作目にあたるフルアルバムなんですが‥‥

 途中、確かにデスっぽい叫び声が入るものもあるんですが、基本的には中音域メインで歌い上げるタイプ‥‥ホントにゴシックメタルっていうイメージが強い音なんですよね。一昔前のPARADISE LOST辺りに通ずるというか。そこにちょっとヘヴィで凝ったアレンジ(ところどころで変拍子入れたりとか)のバックトラックが乗る感じ。すごく聴きやすい。

 だけど、ひたすら暗い(笑)。好きな人にはたまらない世界観ですね、これ。曲のテンポもひたすらミドル~スロウが中心。ボーカルだけ聴いてると、ALICE IN CHAINSとDEPECHE MODEが結婚したかのような暗さ‥‥って表現もどうかと思うけど、とにかく暗い。そして独特なムードがある、と。もうこのジャケット見てるだけで、こっちが頭を抱えたくなるというか‥‥一緒になって頭抱えて凹む、みたいなね。そんなバンドですよ(ってどんなだよ?)。

 それにしても、ホントにスウェーデン人はこういうサウンドやらせたら上手いね。って偏見か? いやいや、本当に上手いと思う。メロディック・デスメタルにしろ、ゴシックメタルにしろ。きっと一年中寒いから、みんなうつむき加減で生活してるんだろうね!(ひどい偏見だ)でも、本気でそう信じたくなるようなサウンドを、次から次へと繰り出してくるんだもの、このアルバムも。

 攻撃性や爽快感といったものは皆無。ただひたすらメロウでダーク。部屋の片隅で、ひざでも抱えながら聴いてみてください。ハマリますから。いや、保証はしないけどね。



▼KATATONIA「THE GREAT COLD DISTANCE」(amazon:US盤UK限定盤

投稿: 2006 05 04 12:10 午前 [2006年の作品, Katatonia] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック