2003/12/21

KENZI & THE TRIPS『青春BABY II』(2003)

  2年前('01年)に「青春BABY」というカバーアルバムをリリースしているKENZI & THE TRIPS。その第2弾として今年5月に発表されたのが、今回紹介する「青春BABY II」というアルバム。前回はKENZIが影響を受けた日本のロックを取り上げた企画盤だったけど、今回はちょっと勝手が違って、所謂「セルフ・カバー」アルバムとして仕上がっています。要するに解散前‥‥'80年代の全盛期と呼ばれた時代の名曲達をKENZIが16曲選出して、現在のメンバーでリアレンジ/再録音したのがこのアルバムというわけ。これ、両刃の剣ですよね‥‥再結成後の、全盛期を知らない若い子達にとっては、名曲達を今の音で聴くことができるわけだから有り難い作品だろうけど、その当時‥‥全盛期をリアルタイムで通過してきた、そう若くはないファン達にとっては「やはりオリジナルが最高」っていう思いが強いだろうから、受け入れ難い作品なのかもしれないし。年を取れば取るほど、新しいモノや新しい試みに対して拒絶したり、過去の思い出に拘るばかりに今を否定しがちになっちゃうんだけど‥‥俺はこれ、本当に有り難く聴かせてもらってるのね。

  やっぱりね、今のケントリをライヴで観たのが一番大きいと思うのね。単なるノスタルジーで今回の企画盤を制作したんじゃないことは、現在の脂の乗ったバンドを見ればよく理解できると思うんだけどね。最近の曲も決して悪くない。むしろ再結成後の曲を重視するばかりに、意識的に解散前の名曲達を封印していた時期があったらしいけど、そういう拘りが馬鹿馬鹿しくなるくらいに、このアルバムでは開き直ってるのね。けどさ、それが功を奏して、その辺の若手青春パンクバンドよりも説得力を持った、KENZIの言葉を借りるなら『REAL PUNKS』へとまた一歩近づいたんじゃないかなぁ‥‥そう感じずにはいられないわけですよ。

  個人的にはこの辺の音、高校生の頃にリアルタイムで通過してるわけで、やっぱり最初に今年のライヴでこれらの曲を聴いた時はノスタルジーに浸ってしまったんだけど、曲が進むにつれて‥‥逆に今の方がリアルに感じられるんじゃないかって気がしてきたのね。最初のリリースから20年近く経ってる曲もある。あの頃十代だったKENZIも俺も、今じゃ30代。KENZIなんて40歳に手が届きそうな年齢に達してるわけでしょ。けど、いい意味で『16 PUNK ROCKER』のままなわけ。ルックスにしろ、精神面にしろ、やってることにしろ。途中、挫折したこともあったけど、最終的にはスタート地点と同じ立ち位置で、同じことをやってる。パートナーはいろいろ変わったし表現力も増したけど、やはり変わってないわけ。それを強く感じることができ、KENZIのルーツをカバー集以上に強く感じさせてくれたのが、今回の「青春BABY II」というアルバムだったように思うんですね。

  ある人にとっては受け入れがたい現実(=セルフカバーなんて以ての外、オリジナルが全て)だろうし、ある人にとっては懐かしい青春の1ページをVHSからDVDに変換したかのような現象だろうし、またある人にとっては新しい音楽との出会いとなったであろうこのアルバム。少なくとも俺にとっては無条件で楽しめるアルバムであり、それ以上でもそれ以下でもない。だってKENZI & THE TRIPSは『過去のバンド』じゃなくて、今を生きるバンドなんだから。今を生きるバンドが、今のメンバーで、今の表現力を持ってリメイクした、自分達の為に作ったアルバム。ファンの為ではなくて、自身のスタート地点の再認識。それがこの「青春BABY」というシリーズなんじゃないかな、と。だとしたら、これは20年近くに渡って活動してきたバンドにとって、どうしても必要な作業だったんですよ。だから周りがとやかく言う権利、ないよ。ここからまた新たに何かが始まって行くんでしょうからね‥‥

  ゲストとして氣志團やロリータ18号のメンバーが参加してるとか、そういった付加要素はこの際どうでもいいです。生ぬるい青春パンクに満足し切っている10代の少年少女達に向けて、胸を張ってオススメしたいのがこのアルバム。何も俺達の世代はブルーハーツやJUN SKY WALKER(S)だけじゃなかったんだよ。もっと素敵なパンクバンドが山程いて、そして未だに現役で活躍してるんだから‥‥。



▼KENZI & THE TRIPS『青春BABY II』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2003 12 21 12:00 午前 [2003年の作品, KENZI & THE TRIPS] | 固定リンク

2003/05/26

KENZI PRODUCE「クソッたれナイト」Vol.2@新宿LOFT(2003年5月25日)

  今年の頭にKENZI & THE TRIPSのボーカル、KENZIが企画したイベント「クソッたれナイト」がスタートしました。1回目はアナラーズと怒髪天を迎えた、とても素晴らしいイベントになったそうですが、今回行われた第2回では‥‥恐らく俺と同年代の人にとっては非常に懐かしい名前ばかりが揃ったラインナップになったのではないでしょうか。ケントリは勿論のこと、昨年夏に復活し絶好調のTheピーズ、そして今のところこのイベントの為だけに再結成されたらしいTHE POGO。しかもケントリも先日、「青春BABY II」というセルフカバーアルバムをリリースしたばかり。否が応でも「ノスタルジックな80'sモード」になってしまうのではないか、と少々感傷的だったのですが‥‥これがね、全然そんなことなくて。終始笑顔で歌い踊りという、お腹いっぱいなイベントとなったのでした。

  ピーズは約2ヶ月振り、ケントリなんて10数年振りだし、POGOに限ってはリアルタイムで音源とかちゃんと聴いてこなかった俺。POGOっていうと、個人的にはどうしても「ああ、中澤裕子が学生時代好きだったバンドね」というのが頭の片隅にあって‥‥あ、いや。バンドの評価とは全然関係ないですが。

  最初に書いちゃうけど、ノスタルジックな空気感は少なくともバンド側には皆無でした。客の方には若干そういうのはあったんだろうけど(特にリアルタイムで通過してきた30才以上の方々には)、新曲メインで勝負したピーズといい、全然古臭さを感じさせなかったPOGOといい、セルフカバーモードにも関わらず全く衰えを見せないケントリといい、本当にみんな「現役」なんだなぁと再認識。ま、POGOのRYOTAも現在、JIG HEADとして活動しまくってるしね。各バンドに参加してるメンツだけ見てもthe pillows、LAUGHIN' NOSE、元De-LAX等々、本当に'80年代~'90年代初期のバンドブーム周辺から戦い続けてきたメンツばかり。そういった人達が「過去の栄光にすがる」わけでもなく、看板だけは昔のままだけどアティチュードとしては2003年モードで戦ってるっていうのが見て取れて、あの当時を知ってる人間としてはホントに嬉しかったなぁ。若手に全然負けてないと思うし。

  さてさて、それでは各バンドのライヴについて簡単に感想を書いていきたいと思います。


◎Theピーズ

  先週(5/18)の千葉ルック公演を仕事で飛ばしてしまった俺ですが、もうね、本当に期待してたのよ。しかもライヴが始まるちょっと前に「トップバッターはピーズだよ」というのを耳にしてしまったから、余計にね。はる曰く「今日は出演者の中で一番若手だ!」‥‥そう、時代的にはピーズはちょっとずれてるのね。だから実際のところどうなるのか気になったんだけど‥‥全然問題なかったです。むしろこの日はピーズファンが多すぎるくらいで、他の2バンドに申し訳ない程に前の方は盛り上がってました(多分後ろの方で正視してた人達は、そっちのファンだったのかな)。

  内容的には新作「Theピーズ」を軸に、旧曲(初期の隠れた名曲"このままでいよう"が!)の他に、早くも新曲が演奏されてました! 最初の新曲は「酒はもうやめた」といった内容の、渋いロックチューン。これがかなりカッコイイ。パブロックっていうのとはまた違うんだけど、酒やめた内容なのに酒飲みロック的な空気感が。続く2曲目の新曲はこれまた今までになかったタイプのストレートな疾走チューン。はる曰く「『酒やめた』という新曲に対する、アンサーソング」とのこと。「やっぱり酒やめられないぜー!」って雄叫びが笑った。そしてラストに演奏された3曲目の新曲は、"ギア" と呼ばれているらしい楽曲で、もしかしたらこれ、「とある曲」へのアンサーソングなのかも‥‥なんて気がします。ま、まだ歌詞も全部聞き取れたわけじゃないし、この場でそう発言してしまうのもちょっと‥‥と思うのであえて曲名は明記しません。後はライヴ会場で聴いた人の判断に委ねます。とにかく全曲クオリティー高すぎ。早くも新曲モードに入ってるのが嬉しかったし、しかもそれが軽く「Theピーズ」アルバムのクオリティーを超えてる事が驚きというか。そう遠くない将来にリリースされるであろう8枚目のオリジナルアルバム、かなり期待できそうです!

  あ、"このままでいよう"についてもコメントを。千葉ルックでは納得のいく演奏ができなかったようで(アビさん曰く「千葉では最高の出来だったので、今日もやってやるよ」とのこと。その後にはるが「リベンジだね」とぶっちゃけるw)、この日の出来はまずまずだった模様。やっぱり口笛がね‥‥アビさんギター弾きながら口笛吹いてるんだけど、よく聞こえないし。そして後ろではもうひとり口笛を吹くシンちゃんの姿が‥‥とにかくこの曲、難しいと思うんですね。演奏にしろ、表現にしろ。けど、今のピーズなら出来そうな気がすると思ったから、多分またやってみたんだろうね。とにかく今後もこういったサプライズに期待してます!


[SETLIST]
01. とどめをハデにくれ(イントロのみ) ~ 生きのばし
02. サイナラ
03. 新曲(酒やめた)
04. 線香花火大会
05. 無力
06. 新曲(酒やめるのやめた)
07. このままでいよう
08. ギャンブル
09. 新曲(ギア)


◎THE POGO

  日記にも書いた通り、全然POGOを通過してこなかった俺。そりゃ、TVKの「ミュートマ・ジャパン」とか「ライヴトマト」(現在の「LIVE Y」)で目にすることはあったけど、アルバムをちゃんと聴いたりしたことはなかった、むしろ門外漢な俺なわけね。で、先日はJIG HEADのライヴも見逃してるし。

  そういう俺がフラットな状態で今回「一夜限りの再結成」を目の当たりにしたんですが‥‥これがね、素直に格好良くて、最後には一緒に踊り狂ってましたよ。この日のメンバーがギターにKASUGA、ベースにJUN GRAY、ドラムにシンちゃんという「POGO+ケントリ」というようなメンツでして。純粋な再結成ではないのは明確なんだけど、これが却って良かったのかな、と。演奏は全然問題なし。むしろこういう時でもないと体験できないであろう「ハードコアなパンクチューンを叩くシンちゃん」を観ることができたり、ストリングス隊は現役のパンクロッカーなわけだし、シンガーも未だ現役。単なるノスタルジーでやってるわけじゃなく、「真剣に楽しんでる」のが音から伝わってくるのね。客もこの時だけはモッシュしまくり、ボディサーフしまくり、そのままステージに昇ってそこからダイブ‥‥終始この状態。しかもそれらが若い子達ばかりなんだから‥‥で、その子達がね、またボディサーフしながらちゃんとPOGOの歌を口ずさんでるのよ! 若いのに! JIG HEADのファンなのか、後追いPOGOファンなのか‥‥とにかく、本当に待ち望まれた復活だったんだな、と思いました。

  実際、演奏された代表曲の大半が全然色褪せて無くて、むしろ「全然アリ!」だったのも驚き。ま、現役メンバーの手による「2003年の音」で表現されたことも大きく関係してるんだろうけど、とにかく終始カッコよかった。やられたね、完全に。これを切っ掛けに、ちゃんとPOGOを聴こうと思った俺ですから。

  JIG HEADがある以上(しかも活動が順調にいってるだけに)、今後パーマネントでPOGOを続けることは不可能でしょう。今回のメンバーにしても、シンちゃんはpillowsとピーズの掛け持ちだし、KASUGAにはメインのラフィンでの活動があるわけだし。だからといって他のメンバーを入れてまでPOGOを復活させるのは‥‥いや、観たいんですけどね、もっと。けど、もしかしたら「これ一回きり」だったからこそ、みんなあそこまで楽しめたのかな‥‥とも思ったりして。ま、難しいところではあるけどね。

  とにかくPOGO、大変素晴らしくて感動させてもらいました!


◎KENZI & THE TRIPS

  待望のケントリ。多分前に観たのは解散前だから‥‥正確には14年振りってことになるのでしょうか。最近ZIGGYにしろピーズにしろ、ホントこういうのが多いよなぁ‥‥ま、ガキの頃に喜んで聴いてたバンドが今でもまだ現役でやっててくれるってのは、正直嬉しいもんですよ(逆に、ここ数年活躍してるバンド達が、果たして15年後もまだ変わらず頑張れてるのか‥‥と考えると‥‥)。

  俺、ライヴ前に知ったんだけど、今のケントリのギターって、元De-LAXの人なのね。どうりで観たことあると思ったわけだ。で、そんなロカビリー入ったギターのヒデキが煽りを入れる中、ボーカルのKENZIが登場するんだけど‥‥これもね、全然ビジュアル的には変わってないことに驚き。いや、よく見るとやはり顔には年相応なものを感じたりするんだけど‥‥でも、未だに髪を立て、声を張り上げて(しかも昔以上に!)懐かしい"LEADERをつぶせ"を歌う姿には、正直感動すらしました。そのまま"裏切りのうた"とか"爆竹GIRL"なんていう往年の名曲を連発し、その後も俺が知ってる曲ばかり‥‥そうか、先日出たセルフカバー集「青春BABY II」からの曲をメインでやってるのか!と気づく。個人的には"LEOSTAR 8"でちょっとググッと来た。途中のMCでKENZIが言ってたんだけど、どうやらアルバムと同じ曲順で進めてるらしい。9曲目"星空の夜"でトーンダウンしてじっくり聴かせるモードに入り「都合により1曲飛ばします」との後に、超名曲"BRAVO JOHNNYは今夜もHAPPY"、"DIANA"という怒濤の攻め。いや、これで何も感じない人がいたら嘘だ!ってくらいに最高の歌と演奏で楽しませてくれたよ。そして本編最後の曲は、この日唯一の「再結成後」の楽曲、"THIS IS THE POWER SONG"。これがね、全然知らない曲なんだけど、何ら違和感なく楽しめたのね。むしろ'80年代の楽曲にも負けてないと思ったし、ある種勝ってる部分さえ見つけることが出来た。いやぁ、これは嬉しい誤算だったね。やっぱりこいつら、「今のバンド」なんだな、と。全然知らない曲なのに、気づけばサビを一緒になって歌ってたもんね。これはホントいい曲。後でCD買おう。

  一応トリだし、アンコールあるんだろうな‥‥と思ってたら、KENZIひとりで登場し、最後はみんなでセッションしますとのこと。沸き上がるオーディエンス。そして呼ばれたメンバーは‥‥ドラムにシンちゃん。pillowsのメンバーとしてお馴染みの彼も、それ以前にはケントリで叩いていたという歴史を持つ人(更にそれ以前となると、POGOの結成時メンバーみたいだしね。ってことは、本来今日は「シンちゃん祭」と呼んでも間違いないのかw)。そしてベースにピーズからはるが。登場したはる、前に並べられたマイク1本1本を使って何か叫んでる。見るからにベロンベロンといった印象。結構フラフラで、顔も真っ赤だったし。大丈夫かよ!? そしてギターにはPOGOからRYOTAが。更に楽屋に遊びに来てたロリータ18号のマサヨさん他1名(あのAC/DCのTシャツを着た男性は誰?知ってる人教えて!!)がコーラスに加わり、さっき「飛ばした」1曲"HONEY DANCE"を大宴会の如く演奏。おお、はるクンよ、ちゃんと弾けてるじゃないか! 安心安心。基本的にはKENZIとマサヨさんのツインボーカルといった感じで(ま、みんなでシンガロングするタイプの曲だしね)、とにかくお祭り騒ぎ。途中でケントリの現ベースも飛び入りし、最後は本当に祭の如く大騒ぎで終了しました。約2時間40分に及ぶ「シンちゃん祭」はこうして幕を閉じたのでした。

  8月にも第3弾が決まっていて、次回はいよいよロリータも出演するようなので、是非行こうかと思ってます‥‥って8/23(土)なの!? 俺、仙台にいるかもしれないじゃんか、その日!(涙)


[SETLIST]
01. LEADERをつぶせ
02. 裏切りのうた
03. 爆竹GIRL
04. UKモドキ
05. HOTニキメチマエ
06. LEOSTAR 8
07. CRAZY SUMMER
08. BAILEY
09. 星空の夜
10. BRAVO JOHNNYは今夜もHAPPY
11. DIANA
12. THIS IS THE POWER SONG
 —ENCORE—
13. HONEY DANCE

投稿: 2003 05 26 02:12 午前 [2003年のライブ, KENZI & THE TRIPS, ピーズ, The] | 固定リンク

2003/05/25

KENZI & THE TRIPS『青春BABY』(2001)

  '80年代中盤に青春時代を過ごしたロック/パンクキッズ(だった、現在30才前後の元少年少女達w)ならご存じでしょう、KENZI & THE TRIPS。一端解散し、後('90年代半ば)に再結成(というか、ボーカルのKENZI以外は新しいメンバーでの復活)し、地道に活動してきた彼等が、2001年夏に発表したカバーアルバムがこれ。「僕の♡した日本のロックンロール」のコンセプトの下、'80年代に活躍した日本のロックバンド14組、全16曲を収録。メンツ的にもう完全にツボなのよ、これ。以下にザッとカバーした曲名&原曲アーティスト名を記しておきますね。


・LET'S ROCK / THE ROOSTERS
・人にやさしく / ブルーハーツ
・トランジスタ・ラジオ / RCサクセション
・GERONIMO / GASTUNK
・Blow The Night! / THE STREET SLIDERS
・INSTANT LOVE / ボウイ
・ゴキゲンRADIO / THE MODS
・ピンナップ・ベイビー・ブルース / SHEENA & THE ROKKETS
・あの娘にひとめぼれ / THE STAR CLUB
・のら猫 / 子供ばんど
・ダディーズ・シューズ / ARB
・ロマンチスト / THE STALIN
・THE UNKNOWN SOLDIER / THE STAR CLUB
・Tokyo Cityは風だらけ / ARB
・団地のオバサン / アナーキー
・GET THE GLORY / LAUGHIN' NOSE


どうよ、これ? 中学~高校の頃に聴いたバンド/曲ばかりなのね。つうかさ、KENZIとほぼ同時期に活動し始めたようなバンドやもっと後に登場したバンドまで含まれてるんだけど、単純にKENZIのルーツを辿るというよりは、バンドとして(メンバー全員)のルーツをそのまま詰め込んだらこうなった、といった感じなのでしょうか。それとも「単純にカッコイイ日本のロックンロールをカバーしよう」っていう簡単な理由なのでしょうか。インタビュー等での発言を目にしていないので真相は判りませんが、個人的には全然アリだと思いますよ、こういう選曲。

  明らかにルーツ的存在といえるだろうRCやMODS、ARBやシナロケといった大御所ロックンロールバンド。ビートパンクなんてものが世に出る前の、真の意味でのリアルパンクだったSTALINやSTAR CLUB、アナーキー。同時代にシーンを盛り上げたラフィン。そんな彼等やKENZI達に影響を受けたであろうブルーハーツ。そしてちょっと異色なGASTUNKやボウイ、子供ばんど等々‥‥基本的にはこんな感じで分別できると思うんですが、正直そんな分別も必要ない程どの曲も「ケントリの音」になってるんですよね。つうかKENZIがあのクセのある巻き舌で歌えば、どの曲もケントリっぽくなっちゃうんだから驚きというか。

  所謂バンドブーム以前のバンドばかりで、今の若い人達には正直縁がないバンド名も数あることかと思います。RCやブルーハーツはいろんな意味でリスペクトされているので聴いたことある人も多いでしょうけど、果たしてARBやシナロケ、MODSやスライダーズを好んで聴いてますっていう10代の若い子がどれだけいるのか‥‥いや、逆にこのアルバムを聴いてちょっとでもそれらのバンドに興味を持ってくれたら、きっとKENZIも嬉しいと思いますよ。っていうか、俺が嬉しいんだけど。

  そんな俺も、この中では通過してないバンドもあるんだよね‥‥STAR CLUB。何か今まで敬遠しえたところがあって。変な取っつきにくさみたいなのがあるんだよね、イメージ的に。けど、こうやって聴くとやっぱりポップなんだよね、楽曲が。勿論、ここに入ってる2曲でしか判断してないので実際にはどうだか判りませんが、少なくともこれ聴いて興味を持ったのは確か。こんな三十路に突入した俺をも10代の頃に引き戻してくれる、そんな素晴らしい作品だと思います。

  あと、改めて初期のボウイはカッコよかったってのと、GASTUNKはこの中では異色だけど俺は本当にこの曲が好きでそらで歌えるなぁとか、ラフィンも好きだったんだよなぁ‥‥とか、いろいろ思うことはありましたね。

  ちなみにKENZI & TRIPSは先日、「青春BABY II」というカバーアルバム第二弾をリリースしたばかり。今度はどんなアーティストを‥‥と思ったら、何とビックリ、セルフカバー集ですよ! '80年代のオリジナルアルバムが全て廃盤の今(オールタイム・ベスト盤でのみ古い曲は聴けます)、これは非常に有り難い企画盤ですね。しかも「今のメンバーで、今の音で」再構築されてるわけですから、悪いわけがない。だって曲が元々いいんだからさ。

  さて、そんなKENZIに明日、10数年振りに会いに行ってきます‥‥非常に楽しみだなぁ。正しく「FOREVER YOUNG!」ですよ。



▼KENZI & THE TRIPS『青春BABY』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2003 05 25 12:00 午前 [2001年の作品, KENZI & THE TRIPS] | 固定リンク