2003/12/21

KENZI & THE TRIPS『青春BABY II』(2003)

  2年前('01年)に「青春BABY」というカバーアルバムをリリースしているKENZI & THE TRIPS。その第2弾として今年5月に発表されたのが、今回紹介する「青春BABY II」というアルバム。前回はKENZIが影響を受けた日本のロックを取り上げた企画盤だったけど、今回はちょっと勝手が違って、所謂「セルフ・カバー」アルバムとして仕上がっています。要するに解散前‥‥'80年代の全盛期と呼ばれた時代の名曲達をKENZIが16曲選出して、現在のメンバーでリアレンジ/再録音したのがこのアルバムというわけ。これ、両刃の剣ですよね‥‥再結成後の、全盛期を知らない若い子達にとっては、名曲達を今の音で聴くことができるわけだから有り難い作品だろうけど、その当時‥‥全盛期をリアルタイムで通過してきた、そう若くはないファン達にとっては「やはりオリジナルが最高」っていう思いが強いだろうから、受け入れ難い作品なのかもしれないし。年を取れば取るほど、新しいモノや新しい試みに対して拒絶したり、過去の思い出に拘るばかりに今を否定しがちになっちゃうんだけど‥‥俺はこれ、本当に有り難く聴かせてもらってるのね。

  やっぱりね、今のケントリをライヴで観たのが一番大きいと思うのね。単なるノスタルジーで今回の企画盤を制作したんじゃないことは、現在の脂の乗ったバンドを見ればよく理解できると思うんだけどね。最近の曲も決して悪くない。むしろ再結成後の曲を重視するばかりに、意識的に解散前の名曲達を封印していた時期があったらしいけど、そういう拘りが馬鹿馬鹿しくなるくらいに、このアルバムでは開き直ってるのね。けどさ、それが功を奏して、その辺の若手青春パンクバンドよりも説得力を持った、KENZIの言葉を借りるなら『REAL PUNKS』へとまた一歩近づいたんじゃないかなぁ‥‥そう感じずにはいられないわけですよ。

  個人的にはこの辺の音、高校生の頃にリアルタイムで通過してるわけで、やっぱり最初に今年のライヴでこれらの曲を聴いた時はノスタルジーに浸ってしまったんだけど、曲が進むにつれて‥‥逆に今の方がリアルに感じられるんじゃないかって気がしてきたのね。最初のリリースから20年近く経ってる曲もある。あの頃十代だったKENZIも俺も、今じゃ30代。KENZIなんて40歳に手が届きそうな年齢に達してるわけでしょ。けど、いい意味で『16 PUNK ROCKER』のままなわけ。ルックスにしろ、精神面にしろ、やってることにしろ。途中、挫折したこともあったけど、最終的にはスタート地点と同じ立ち位置で、同じことをやってる。パートナーはいろいろ変わったし表現力も増したけど、やはり変わってないわけ。それを強く感じることができ、KENZIのルーツをカバー集以上に強く感じさせてくれたのが、今回の「青春BABY II」というアルバムだったように思うんですね。

  ある人にとっては受け入れがたい現実(=セルフカバーなんて以ての外、オリジナルが全て)だろうし、ある人にとっては懐かしい青春の1ページをVHSからDVDに変換したかのような現象だろうし、またある人にとっては新しい音楽との出会いとなったであろうこのアルバム。少なくとも俺にとっては無条件で楽しめるアルバムであり、それ以上でもそれ以下でもない。だってKENZI & THE TRIPSは『過去のバンド』じゃなくて、今を生きるバンドなんだから。今を生きるバンドが、今のメンバーで、今の表現力を持ってリメイクした、自分達の為に作ったアルバム。ファンの為ではなくて、自身のスタート地点の再認識。それがこの「青春BABY」というシリーズなんじゃないかな、と。だとしたら、これは20年近くに渡って活動してきたバンドにとって、どうしても必要な作業だったんですよ。だから周りがとやかく言う権利、ないよ。ここからまた新たに何かが始まって行くんでしょうからね‥‥

  ゲストとして氣志團やロリータ18号のメンバーが参加してるとか、そういった付加要素はこの際どうでもいいです。生ぬるい青春パンクに満足し切っている10代の少年少女達に向けて、胸を張ってオススメしたいのがこのアルバム。何も俺達の世代はブルーハーツやJUN SKY WALKER(S)だけじゃなかったんだよ。もっと素敵なパンクバンドが山程いて、そして未だに現役で活躍してるんだから‥‥。



▼KENZI & THE TRIPS『青春BABY II』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2003 12 21 12:00 午前 [2003年の作品, KENZI & THE TRIPS] | 固定リンク

2003/05/25

KENZI & THE TRIPS『青春BABY』(2001)

  '80年代中盤に青春時代を過ごしたロック/パンクキッズ(だった、現在30才前後の元少年少女達w)ならご存じでしょう、KENZI & THE TRIPS。一端解散し、後('90年代半ば)に再結成(というか、ボーカルのKENZI以外は新しいメンバーでの復活)し、地道に活動してきた彼等が、2001年夏に発表したカバーアルバムがこれ。「僕の♡した日本のロックンロール」のコンセプトの下、'80年代に活躍した日本のロックバンド14組、全16曲を収録。メンツ的にもう完全にツボなのよ、これ。以下にザッとカバーした曲名&原曲アーティスト名を記しておきますね。


・LET'S ROCK / THE ROOSTERS
・人にやさしく / ブルーハーツ
・トランジスタ・ラジオ / RCサクセション
・GERONIMO / GASTUNK
・Blow The Night! / THE STREET SLIDERS
・INSTANT LOVE / ボウイ
・ゴキゲンRADIO / THE MODS
・ピンナップ・ベイビー・ブルース / SHEENA & THE ROKKETS
・あの娘にひとめぼれ / THE STAR CLUB
・のら猫 / 子供ばんど
・ダディーズ・シューズ / ARB
・ロマンチスト / THE STALIN
・THE UNKNOWN SOLDIER / THE STAR CLUB
・Tokyo Cityは風だらけ / ARB
・団地のオバサン / アナーキー
・GET THE GLORY / LAUGHIN' NOSE


どうよ、これ? 中学~高校の頃に聴いたバンド/曲ばかりなのね。つうかさ、KENZIとほぼ同時期に活動し始めたようなバンドやもっと後に登場したバンドまで含まれてるんだけど、単純にKENZIのルーツを辿るというよりは、バンドとして(メンバー全員)のルーツをそのまま詰め込んだらこうなった、といった感じなのでしょうか。それとも「単純にカッコイイ日本のロックンロールをカバーしよう」っていう簡単な理由なのでしょうか。インタビュー等での発言を目にしていないので真相は判りませんが、個人的には全然アリだと思いますよ、こういう選曲。

  明らかにルーツ的存在といえるだろうRCやMODS、ARBやシナロケといった大御所ロックンロールバンド。ビートパンクなんてものが世に出る前の、真の意味でのリアルパンクだったSTALINやSTAR CLUB、アナーキー。同時代にシーンを盛り上げたラフィン。そんな彼等やKENZI達に影響を受けたであろうブルーハーツ。そしてちょっと異色なGASTUNKやボウイ、子供ばんど等々‥‥基本的にはこんな感じで分別できると思うんですが、正直そんな分別も必要ない程どの曲も「ケントリの音」になってるんですよね。つうかKENZIがあのクセのある巻き舌で歌えば、どの曲もケントリっぽくなっちゃうんだから驚きというか。

  所謂バンドブーム以前のバンドばかりで、今の若い人達には正直縁がないバンド名も数あることかと思います。RCやブルーハーツはいろんな意味でリスペクトされているので聴いたことある人も多いでしょうけど、果たしてARBやシナロケ、MODSやスライダーズを好んで聴いてますっていう10代の若い子がどれだけいるのか‥‥いや、逆にこのアルバムを聴いてちょっとでもそれらのバンドに興味を持ってくれたら、きっとKENZIも嬉しいと思いますよ。っていうか、俺が嬉しいんだけど。

  そんな俺も、この中では通過してないバンドもあるんだよね‥‥STAR CLUB。何か今まで敬遠しえたところがあって。変な取っつきにくさみたいなのがあるんだよね、イメージ的に。けど、こうやって聴くとやっぱりポップなんだよね、楽曲が。勿論、ここに入ってる2曲でしか判断してないので実際にはどうだか判りませんが、少なくともこれ聴いて興味を持ったのは確か。こんな三十路に突入した俺をも10代の頃に引き戻してくれる、そんな素晴らしい作品だと思います。

  あと、改めて初期のボウイはカッコよかったってのと、GASTUNKはこの中では異色だけど俺は本当にこの曲が好きでそらで歌えるなぁとか、ラフィンも好きだったんだよなぁ‥‥とか、いろいろ思うことはありましたね。

  ちなみにKENZI & TRIPSは先日、「青春BABY II」というカバーアルバム第二弾をリリースしたばかり。今度はどんなアーティストを‥‥と思ったら、何とビックリ、セルフカバー集ですよ! '80年代のオリジナルアルバムが全て廃盤の今(オールタイム・ベスト盤でのみ古い曲は聴けます)、これは非常に有り難い企画盤ですね。しかも「今のメンバーで、今の音で」再構築されてるわけですから、悪いわけがない。だって曲が元々いいんだからさ。

  さて、そんなKENZIに明日、10数年振りに会いに行ってきます‥‥非常に楽しみだなぁ。正しく「FOREVER YOUNG!」ですよ。



▼KENZI & THE TRIPS『青春BABY』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2003 05 25 12:00 午前 [2001年の作品, KENZI & THE TRIPS] | 固定リンク