2004/03/01

KRAFTWERK@Zepp Tokyo(2004年2月28日)

  1年2ヶ月振りの来日。まさかこんな短期間にKRAFTWERKを2度も観れるとは思ってもみなかったし、何よりも17年振りにオリジナルアルバム「TOUR DE FRANCE SOUNDTRACKS」が'03年にリリースされるなんてね‥‥いろんな意味で驚きの日々なわけですが。

  そんなわけでエレグラでの来日以降、完全にハマってしまったわけでして。今回の来日公演も決まった瞬間に行くの決めてた程ですから。で、わざわざお台場くんだりまで行って来たわけでございます。

  ほぼ定刻通りにスタート。開演時間5分前に暗転し、怪しいエレクトロニクス音からなるSEが延々流れていたわけですが(これも演出のひとつっぽい)、とにかくスタートするまでステージは幕で仕切られ、全く見えない状態。かろうじて天井にプロジェクターが3基あるのが見える程度。間違いなく映像を駆使したステージになるだろうことは判っていたんですが‥‥

  まず1曲目は "The Man Machine" でした。幕が左右に引くと、ステージ上にはエレグラの時と同じ、ノートPCとシンセを置いたテーブル4台、そしてその後ろに経つ初老(‥‥いや、かなり厳しい年齢)のオヤジ4人の姿が。全身黒のスーツに、赤いYシャツに黒ネクタイ。この曲が収録されたアルバム「THE MAN MACHINE」のジャケット同様の衣装なわけですよ。カッコいいったらありゃしない。ステージ後方には、壁一面を使ったスクリーン。とにかくド派手な印象。演奏(アレンジ)や映像はエレグラの時とほぼ一緒なはずなんですが、会場が小さくて音が聴きやすい分、今回の方が断然良い気が。この日演奏された往年のナンバーは、ぶっちゃけ全部エレグラの時と同じなわけですよ。スクリーンの映像にしろ、アレンジにしろ。しかし、ただそれだけじゃないのね。ま、どこが「そのままじゃない」のかは後々語るとして‥‥

  2曲目には前回演奏されなかった "Expo 2000"。アナログ的イメージが強かった1曲目の映像から、ちょっと頑張ったCGに成長‥‥といった印象。けど音的には完全に21世紀の音(KRAFTWERKにしては、って意味で)。とにかくガシガシ踊るには気持ち良すぎるサウンド。気持ちよく踊りたいんだけど‥‥この日の客層、ほぼ大半が俺より年齢上の方々。みんな「地蔵」になってるのな。リズムくらい取れよ!?とか思うんだけど‥‥ジェネレーションギャップ? 最近のテクノやクラブ慣れしてる若い子達はリズムに身を委ねて気持ち良く踊ってるんだけどなぁ‥‥この温度差の違いは最後まで埋まらなかった気が。ま、楽しみ方は人それぞれだから別にいいんだけどさ‥‥

  3曲目からいよいよ新作ゾーンへ突入。大作 "Tour de France 2003" と、同じく "Vitamin"、そしてオリジナル "Tour de France" の3連発。"Tour de France 2003" は普通に気持ちいいし、"Vitamin" は映像含めて良かったと思います。そして乗り物繋がりで車のクラクションの音が‥‥というわけで "Autobahn"。やはりこの辺の曲には大歓声。新曲へのリアクションは若い子の方が良かったかも(踊りやすいってことなのかな?ま、テクノとして単純にカッコいいしね)。逆に往年のナンバーへの反応は年配の方々が尋常じゃないリアクションでして。俺個人は、どっちも好きだし、とにかく気持ちよければいいので両方に同じようなリアクションでした。そして歌モノなエレポップ2連発。"The Model" と "Neon Lights"。この辺は比較的オリジナルに忠実なアレンジだったこともあって、かなり'80年代初頭的な空気(ニューウェイビーなエレポップ)を堪能しました。軽めの曲が続いた後に、曲調/メーマ共にかなりヘヴィなナンバー "Radioactivity"。前半部がオリジナルに忠実なリズムで、後半から4つ打ちテンポアップ。最強にカッコ良かった。そして最後はお馴染み "Trans Europe Express"。この辺は前回と同じ終わり方でしたね。曲終わりと共に幕が戻って来て、再びステージを覆うわけです。で、アンコールを求める拍手。

  そうそう。今回初めてKRAFTWERKの単独公演を観て思ったのは、演奏中の客のリアクションね。すっげー静かなのな。例えばダンス系だと客が興奮すると奇声を発したりとかあるはずなのに、とにかく静か。手拍子とか始まっても、すぐに消え失せる。踊ってる人は気持ち良く踊ってるんだけど、殆どの人(年配組)はジーッとステージを見つめるのみ。勿論、そうじゃない人も沢山いたとは思うんですが‥‥身動きひとつしない人達、目立ち過ぎ! 一節には隠し録りしてるという噂ですが‥‥マニアックなバンドには、同じようにマニアックなファンが付く、と。成る程ね。

  アンコールが始まると、再び幕が開くわけですが‥‥メンバーの衣装に異変が‥‥黒ネクタイ、赤く点滅してる‥‥上から下へと赤い光が流れていく‥‥ネクタイにLEDが埋め込んであるのか‥‥ハァー、バカだ、バカだこいつら! 面白過ぎだよ、オッサン達!!

  曲はここからは前回のエレグラの最初と同じような構成。"Numbers" ~ "Computer World" という流れも、映像も全く同じだし、そこから "It's More Fun To Compute" に行って(途中、"Home Computer" も挿入されてた?)、"Pocket Calculator" ~ "Dentaku" という構成も全く同じ。ただ、今回は "Dentaku" の時に大合唱が起きたのが大きな違いかな。もうね、爆笑モノでしたよ。あのカタコトの日本語歌詞をドイツ人と一緒に合唱するわけですから。シュールっていやぁシュールかもね。

  ここでアンコール1回目は終了。まだまだやる気みたい。つうかアンコール1回目は「COMPUTER WORLD」ゾーンといった構成。これはこれで面白いけど。

  アンコール2回目の時、まずは幕の後ろのシルエットが映るんですが‥‥既にここで大爆笑。あの「ロボット」のシルエットが‥‥!! つうわけで、アンコール2回目は名曲 "The Robots"。ステージ上にはメンバー4人の代わりに、メンバーの顔をしたお馴染みのロボットが4体! 微妙、微妙だよ‥‥けどここまでやってくれるのはさすがというべきか。エレグラの時はさすがにここまでやらなかったもんね。結局アンコール2回目はこの曲のみ。当たり前か、ロボットがはけなきゃ4人はステージ上に戻れないもんね。

  で、大盤振る舞いのアンコール3回目。幕が開いた瞬間に爆笑の嵐! メンバー全員黒タイツの上に蛍光緑色の縞模様が入った「ワイヤースーツ」みたいなのを着てるのよ! 往年の名作映画「トロン」みたいだ(って例えが古いか)。エンターテイメントに徹し過ぎだよ、オッサン達! 曲は新作から "Elektro Kardiogramm" と "Aero Dynamik" の2連発。特に "Aero Dynamik" のカッコ良さは半端じゃなかったよ。これが次のシングルに選ばれたの、判るよ。で、第三弾があるなら "Vitamin" 辺りかな、と。アンコールの第一部と二部が「お約束としての演目」だとしたら、この部は「今現在を表現する演目」って感じ。実際、客の反応薄かったんだよな‥‥若い子は黙々と踊ってたっぽいけど。で、一番最後は前回と同じ "Music Non Stop"。メンバーがひとりずつステージから去って行くという構成も全く一緒。ただ、前回気づかなかっただけかもしれないけど去り際に各メンバー、ソロをかましてから帰るのね。この構成もひたすらカッコ良過ぎ。ま、その姿は失笑ものなわけなんですが‥‥

  ライヴがスタートしたのが17時。そして全ての演目が終了したのが19時15分を回った頃。全17曲(正確には20曲くらいやってるんだけど)、2時間15分に及ぶ徹底されたエンターテイメント・ショー。楽しくないわけがない。これはもうあれだね、往年のKISSと同じレベルだね。過去に彼らがやってきたネタを全て出し尽くすという。全部詰め込んでたもん、2時間15分の間に。

  けどさ‥‥だからこそ感じるんだけど‥‥そこまでやってしまうと、この先がね‥‥KISS同様、これまでの活動の総まとめみたいな内容だっただけに(選曲含めて)、今後の活動がね‥‥年齢的にもこれが最後なのかな、と。もしそうだとしても誰も責められないんだけど‥‥せめて作品作りだけは続けて欲しいなぁとは思うんですが。まぁこんなに大掛かりなワールドツアーはこれが最後かもしれないね。5月にはRADIOHEADやTHE CUREといった辺りとアメリカのコーチェラ・フェスにも出演するようですし、区切りをつけるにはいい機会なのかな、と。

  なんて書いてみたけど、やっぱりもう一回観たいと素直に思うわけでして。あれなら何度でも観たいと思うし、正直7,500円は安かったと思うよ(最初は「高いなぁー、やっぱり外タレは高いよ!」とかブツブツ文句言ってたんですが)。もう二度と観れないかもしれないしね(と、前回のエレグラの後もそう思ってたんだっけ)。気が早いですが、既に2004年のベストライヴの1本に決定!


[SETLIST]
01. The Man Machine
02. Expo 2000
03. Tour de France 2003
04. Vitamin
05. Tour de France
06. Autobahn
07. The Model
08. Neon Lights
09. Sellafield ~ Radioactivity
10. Trans Europe Express
---encore-1---
11. Numbers ~ Computer World
12. It's More Fun To Compute
13. Pocket Calculator ~ Dentaku
---encore-2---
14. The Robots
---encore-3---
15. Elektro Kardiogramm
16. Aero Dynamik
17. Music Non Stop



▼KRAFTWERK『TOUR DE FRANCE』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2004 03 01 06:36 午後 [2004年のライブ, Kraftwerk] | 固定リンク

KRAFTWERK『TOUR DE FRANCE SOUNDTRACKS』(2003)

オリジナルアルバムでいう前作「ELECTRIC CAFE」がリリースされたのが1986年。当時、中学生だった俺は「CGを駆使したPVが面白かったから」といった理由でこのアルバムをレンタルしました(LPの時代にね!)。これが俺とKRAFTWERKとの出会い。あれから17年以上もの月日が経ち、その間にリリースされたKRAFTWERKの新譜は‥‥ゼロ‥‥あ、いや、'91年に「THE MIX」っていうセルフ・リミックス集が出たっけ‥‥あの時でさえ俺、ハタチだもんなぁ‥‥十代に1枚、二十代に1枚、そして三十代になって1枚。次に彼らのアルバムが聴けるのは、あと7~8年経ってからとか? そんな皮肉さえも言いたくなってきますが、ま、こうやって久し振りのオリジナルアルバムも聴けて、更に来日公演も観れたんだから、良しとしましょうよ。

というわけで、正に前作から17年振り(!!)、通算10作目(「THE MIX」を含めても11作目)となるアルバム「TOUR DE FRANCE SOUNDTRACKS」。その名の通り、'83年にリリースされたシングル "Tour de France" から数えても20年、何故この時期に再び「Tour de France」なのか。何やら2003年で「Tour de France」という競技自体が100周年なんだそうで、それを記念して作られた公式認定サウンドトラックなんだそうですよ。20年前の時は協会から依頼されて作ったのか、単に競技からインスパイアされて作ったのかは知りませんが、まさか20年前のあの曲がこういう形で蘇り、またその曲を軸にオリジナルアルバムが完成するとは、当の本人達も、そしてファンの側も思ってもみなかったでしょうね。

そんなこのアルバム。20年前の "Tour de France" をリメイクし、更に2003年バージョンとして3つのバージョンを制作し(というよりも、3つの楽章からなる組曲といった方が正しいかも)、それらを軸にして「Tour de France」という競技をモチーフにいろいろ新曲が作られています。

とにかく一聴して感じたのは、全然古くさくないということ。当たり前か、大半が完全新曲なんだから。リメイクされた "Tour de France" はちょっと懐かしさが程よくブレンドされていて、逆に心地よかったりするんだけど、それ以外の曲‥‥例えば2003年バージョン組曲なんて、完全に今の音でテクノしまくってるからね。4つ打ち仕様、クラブ仕様。ビートも1983年のビートではなくて、2003年のビート。勿論これよりも今っぽい、真新しいビートはいくらでもあるし、聴く人が聴けばこれすら「古くさい」のかもしれないけど、俺にはそうは聴こえないし、全然「アリ」なわけ。UNDERWORLDやCHEMICAL BROTHERSというよりは、ORBITALとかLEFTFIELDといったイメージかな。そういうサウンドを持った1枚に仕上がってると思います。

で、勿論そういった "Tour de France" シリーズ以外の新曲も、良い意味でKRAFTWERKらしく、そして現代的なダンスチューンに仕上がっています。ミドルテンポでメロウなシンセが気持ちいい "Vitamin" もユニークだし、アッパー系の "Aero Dynamik" も単純にカッコいい。この曲が第二弾シングルというのも頷ける話(個人的には、もし第三弾リカットがあるなら、絶対に "Vitamin" だと思ってるんですが)。そして自転車競技という「孤独との戦い」「敵は自分」というテーマをそのまま音にしたかのような "Electro Kardiogramm" も如何にもな印象(ま、テーマは今俺が勝手に思いついて付けてみたんですが)。"La Forme" も従来の彼ららしさを包括しながらも今を主張してる印象。古めかしくもあり、今に通ずる色も見いだせたりもする。だから聴く人によって「止まってる(=時代遅れ)」とも「現代的」とも取れる。この辺がこのアルバムの面白味でもあるんですけどね。

ライヴを観てしまった後だから余計に感じるのかもしれないけど、全体的にストイックな空気が流れる中、最後の最後にオリジナルの "Tour de France" のシンセの音色が聴こえてくると、自然と顔がほころんでしまうんですよね‥‥孤独なレースからゴールした瞬間に似てるのかな。とにかく優しくて温かい印象。 "Tour de France" で始まり "Tour de France" で終わるという構成はそういうテーマがあったからこそなんですが‥‥けど、これは本当によく出来たアルバムだなぁ、と。

残念ながら2003年の10枚には選ばなかったのですが、それでも昨年後半よく聴いた1枚であり、その10枚に限りなく近い作品であるのは確か。もし昨年中にライヴが実現していたら、間違いなく10枚の中に入れてましたけどね。

「とりあえずKRAFTWERKを聴いてみたいんだけど‥‥」と思ってる若い子達には、まずこのアルバムから聴くことをオススメします。無理してアレンジ的にもサウンド的にも時代の流れを感じるアルバムを聴いて切り捨てられるよりは、現代的に処理されたこの「新作」から聴いた方が入りやすいと思いますしね。



▼KRAFTWERK『TOUR DE FRANCE SOUNDTRACKS』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2004 03 01 03:52 午前 [2003年の作品, Kraftwerk] | 固定リンク

2003/05/03

KRAFTWERK『AUTOBAHN』(1974)

ドイツのエレクトロ・ポップ/テクノ・ポップ・ユニット、KRAFTWERKが1974年にリリースした4枚目のアルバムであり、彼等を全世界的に有名な存在へと導いた名作でもあるこの1枚。早くも来年でリリース20周年ですよ。っていうか、リリース当時は当然赤ん坊だった俺、そんなこと知る由もなく‥‥実際に彼等の名前を知ったのは'86年の「ELECTRIC CAFE」から。そしてこのアルバムに出会ったのはそれから約5年も後の話。何故このアルバムに手を伸ばしたかというと、単純にその頃プログレやその流れにある音楽に興味を持ったから。そしてもうひとつ‥‥翌'92年に自分が実際にホンモノの「アウトバーン」を通ることになったから。ま、こっちの方が理由としては大きいわけですが‥‥

話を元に戻しまして‥‥当然'74年なんて時代には「テクノ」なんて呼び名はなく、まだYMOのメンバーもそれぞれ別個でプロミュージシャンの道を歩み始めたか始めないかの頃。そんな時代に遙か遠くドイツの地では4人の若者が時代の最先端を行く技術を使って、全く新しい音楽を作り出した。それがこのアルバム‥‥タイトルからも判る通り、実際にドイツを通っている高速道路「アウトバーン(AUTOBAHN)」をイメージした、所謂コンセプトアルバムのような作品で、タイトルトラックとなる "Autobahn" は22分にも及ぶ大作。アナログ盤ではこれで片面1曲でしたからね。初めて聴いた頃('91年頃)、自分自身の中でも「これはテクノなのか、プログレなのか?」とかなりジャンル分けが難しいなぁと感じたアルバムでした。が、今となってみれば、そんなジャンル分けこそどうでも良くて、本当に時代の先端を行っていた凄いアルバムだなぁと感心するばかり。実際、リリースから約20年経った今聴いても、サウンド的には多少の古さを感じさせる箇所はあるものの、それでも新鮮に接することのできる1枚ではないかと思います。

実際、昨年末に来日した際にこのアルバムからそのタイトルトラックのショートバージョンを演奏したのですが‥‥若干今風のアレンジを加えつつも、基本構成は当時のまま。けど、やはり古さとかは全然感じなかったですよ。逆にね、これまでKRAFTWERKに触れてこなかった音楽ファンがこれを聴いても「面白い!」と純粋に楽しめるんじゃないでしょうかね。

単調な電子音によるリズムに合わせ起伏を持った展開をしていくタイトルトラックの素晴らしさもさることながら、久し振りに聴いて感動したのはアナログでいうB面の方ですよ。組曲となった4曲から構成されていて、重厚なイメージでエレクトロニカ的な匂いさえ漂わせる "Kometenmelodie 1" から、メロディアスでポップなシンセサウンドが耳に残る "Kometenmelodie 2" への流れも気持ちいいし、環境音楽的な電子音による "Mitternacht" から、生音(ピアノやリコーダー)を重視した癒し系サウンドを持つ "Morgenspaziergang" への流れも圧巻。所謂歌モノ的要素はほぼ皆無だし、パートによってはかなり気難しそうな印象を与えるサウンドを発してるんだけど、全体的には非常にポップな作りで、その後彼等が「テクノ・ポップ/エレ・ポップの元祖」と呼ばれるようになった理由がこの1枚からも十分に伺えることでしょう。

現代の耳で聴いてしまえば、全体的に使われているサウンドはひとつひとつを取り出してみれば非常にチープだし、ぶっちゃけ現代のテクノと呼ばれるジャンルの音楽よりもよっぽど無機質で高揚することもないようなものなのに、何故か心地よい。それってやはりその根底にあるメロディ(シンセのメインリフ等)が非常にポップで、尚かつ長尺な楽曲や組曲で構成されていながらも非常にポップ‥‥とにかく全てにおいてポップだからというのが大きいのでしょうね。

このアルバム、当時は母国ドイツのみならず、イギリスやアメリカでもチャートのトップ5入りをする大ヒットを記録しているんですね。恐らくその後ヘヴィメタルバンドのSCORPIONSが大ブレイクするまで、最もアメリカで成功したドイツのバンドだったんじゃないでしょうか?

で、最初の話題に戻りますが‥‥'92年2月、俺は初めてドイツの地に足を踏み入れ、そのアウトバーンを通ったわけですよ。これといった物珍しいものはなく、単なる高速道路なわけですが‥‥何故かひとり興奮していたのを今でも覚えています。当然、日本から持っていったこのアルバムのカセットをウォークマンで聴きながら通過しましたよ。バカバカしいかもしれないけどホントの話。けどさ、やっぱりそういうのって大切じゃない?(って思ってるのは俺だけ??)

よくBEATLESとかROLLING STONESとか、あるいはLED ZEPPELINやDOORSといった'60~'70年代に活躍した歴史的なバンドの作品を、初めて聴いてから何年か、何十年か経ってから聴くと、初めて聴いた時とは違った印象を受けるとか今まで気づかなかったところに気づくなんて声を聞くと思うんですが、それは何もロックバンドに限ったことではなく、このKRAFTWERKにも言えることなんじゃないでしょうか? 事実、俺は初めて聴いてから12年近く経った今聴いても、このアルバムは新鮮だし当時気づかなかったところに気づいたりして、あの頃以上に楽しめますよ。これから聴いてみようって人で、もしこのアルバムが気に入ったなら‥‥数年後、あるいは10年後にまた引っ張り出して聴いてみてください。自分が歳を重ねた結果なのか、単純にいろんな音楽を聴いてきた結果なのかは判りませんが、全く違った楽しみ方が出来るはずですから‥‥



▼KRAFTWERK『AUTOBAHN』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2003 05 03 03:47 午前 [1974年の作品, Kraftwerk] | 固定リンク