2017年12月31日 (日)

2017年総括(2):邦楽アルバム編

洋楽アルバム編に続いて、邦楽アルバム編。こちらのエントリーでは2017年もっとも気に入った邦楽アルバム10枚(+次点10枚)を紹介します。順位は付けませんが、特に印象に残った作品には「●」を付けています。


■邦楽10枚(アルファベット→五十音順)

・Cornelius『Mellow Waves』(amazon)(レビューはこちら

・DYGL『Say Goodbye to Memory Den』(amazon

・Hi-STANDARD『The Gift』(amazon)(レビューはこちら

・LOVEBITES『AWAKENING FROM ABYSS』(amazon)(レビューはこちら

・Maison book girl『image』(amazon

・ONE OK ROCK『Ambitions』(amazon)(レビューはこちら

・片平里菜『愛のせい』(amazon

・ドレスコーズ『平凡』(amazon)(レビューはこちら

●道重さゆみ『SAYUMINGLANDOLL~再生~オリジナルサウンドトラック』(amazon

・米津玄師『BOOTLEG』(amazon)(レビューはこちら


<次点>
・Boris『DEAR』(レビューはこちら
・coldrain『FATELESS』
・Creature Creature『Death is A Flower』
・HAWAIIAN6『Beyond The Reach』
・LOW IQ 01『Storie Noticed』
・Mondo Grosso『何度でも新しく生まれる』
・OUTRAGE『Raging Out』(レビューはこちら
・PUNPEE『MODERN TIMES』
・10-FEET『Fin』
・私立恵比寿中学『エビクラシー』


ギリギリまでブクガとCorneliusとハイスタのどれかで悩みに悩んだのですが、最終的には初志貫徹。問答無用で道重さんです。ごめんなさい、真面目な音楽評論とかそのへんを求めている方々。こういう管理人がやってるサイトなんです、19年前からずっと。

古いファンから散々叩かれまくったワンオク(傑作とかそういうことではなく、これが“起点”であって、本当の傑作は次だと思いますよ)、コンセプチュアルかつ新境地のドレスコーズ、国内HR/HMでは問答なしでトップクラスのLOVEBITESなど、本当に優れた作品ばかりでした。

ちなみに、今回も乃木坂46と欅坂46のアルバムは選外としました。理由は昨年述べたとおり、アルバム複数仕様によって曲がバラけてしまっていることで、“アルバム”として機能していないと感じたので。ただ、乃木坂と欅坂、どちらが好きだったか言われると、最初のインパクトでは欅坂でしたが、ずっと安心して楽しめたのは乃木坂のほう。前作以上の内容だと思います。

アイドルソング&印象的なライブ編に続く)



▼乃木坂46『生まれてから初めて見た夢』
(amazon:初回生産限定盤 / 初回仕様限定盤TYPE-A / 初回仕様限定盤TYPE-B / 通常盤

投稿: 2017 12 31 11:01 午前 [2017年の作品, Boris, Cornelius, DYGL, Hi-STANDARD, LOVEBITES, Maison book girl, ONE OK ROCK, Outrage, 「1年のまとめ」, ドレスコーズ, 片平里菜, 米津玄師, 道重さゆみ] | 固定リンク

2017年10月25日 (水)

LOVEBITES『AWAKENING FROM ABYSS』(2017)

今年5月に4曲入りEP『THE LOVEBITES EP』でメジャーデビューしたばかりの女性5人組ヘヴィメタルバンドLOVEBITESが、早くもハイクオリティのアルバムを届けてくれました。これがもう、傑作すぎて……発売前にサンプルをいただいてから、延々とリピートしているところです。

前作の時点ではサポートメンバーとして作曲、アレンジ、サウンド面でバンドを支えたmi-ya(G, Key)が、本作から正式加入。今作でもリードトラック「Shadowmaker」をはじめ、12曲中5曲の作曲、6曲のアレンジを手がけており、それにより早くも彼女らしい非凡さを発揮しております。

また、ミックスおよびマスタリングを前作から引き続き、フィンランドの敏腕エンジニアチーム(ミッコ・カルミラ&ミカ・ユッシラ)が担当。NIGHTWISHやCHILDREN OF BODOM、STRATOVARIUSなども手がける最強チームによるダイナミックなサウンドは、邦楽だとか洋楽だとかそういった壁を一切感じさせない、ハイクオリティなものに仕上がっています。そして、今作はアートワークもHELLOWEENの作品などを手がけるスペイン人イラストレーターが担当しています。

楽器隊のパワフル&テクニカルなプレイとしっかり作り込まれたアレンジ、力強さだけでなく憂いと色香も兼ね備えたボーカルが融合することで生み出された独創性は、すでに同世代のバンドには真似できない域にまで達しているのではないでしょうか。だからこそ、本作の海外リリースとイギリス公演が実現したこの状況を素直に喜びたい。なお、今作はイギリスおよびヨーロッパでのリリースに続いて、2018年には北米でのリリースも決定しているとのこと。

もはやガールズメタルバンドなんて限定的なカテゴライズは無用だし、純粋に「すげえ国産メタルバンドのすげえデビュー作」で十分。間違いなく、2017年のメタルシーンを代表する1枚だと思います。



▼LOVEBITES『AWAKENING FROM ABYSS』
(amazon:国内盤CD / 国内盤CD+DVD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2017 10 25 12:30 午後 [2017年の作品, LOVEBITES] | 固定リンク

2017年5月24日 (水)

LOVEBITES『THE LOVEBITES EP』(2017)

これまでにさまざまなバンドで活躍してきた凄腕女性アーティストたちが一堂に会した、“究極のガールズメタルバンド”と呼ぶにふさわしい5人組LOVEBITESの初EP。デビュー作ながら限定数での販売となるので、見つけたらぜひ入手しておくべき1品です(追記:のちにUK盤がリリースされたので、輸入盤およびデジタル版にて入手可能に)

NIGHTWISHやCHILDREN OF BODOMらを手がけてきたフィンランドの名エンジニアチームを迎えて制作された本作は、とても国内向けアイテムとは思えないほどの完成度。4曲中3曲が英詞というのも大きいですが、現時点で国籍やキャリアの長短を感じさせない強烈な説得力が備わっていることに驚かされます。

IRON MAIDENばりのパワーメタルやブルータルな初期スラッシュメタル、ドラマチックな展開を見せる北欧メタルなどさまざまな要素が散りばめられたそのサウンドに、彼女たちならではの“唯一無二の個性”が加われば一気に頭ひとつ飛び抜けるはず。この先が楽しみなニューカマーの誕生です。



▼LOVEBITES『THE LOVEBITES EP』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2017 05 24 12:30 午後 [2017年の作品, LOVEBITES] | 固定リンク