2018年7月 3日 (火)

BRIDES OF LUCIFER『BRIDES OF LUCIFER』(2018)

昨年6月に開催された『GRASPOP METAL MEETING』など、海外のメタルフェスに出演したのを機に一部で話題になっていた、女性13人からなるHR/HMの名曲をカバーするコーラス隊BRIDES OF LUCIFERがアルバムをリリースしました。

本作でピックアップされている楽曲たちは下記のとおり(曲名後ろのカッコは原曲アーティスト名)。


01. Burn In Hell [TWISTED SISTER]
02. Walk [PANTERA
03. Warriors Of The World [MANOWAR]
04. Chop Suey! [SYSTEM OF A DOWN
05. Painkiller [JUDAS PRIEST
06. Fear Of The Dark [IRON MAIDEN
07. Roots Bloody Roots [SEPULTURA
08. O Father O Satan O Sun! [BEHEMOTH]
09. Holy Diver [DIO
10. South Of Heaven [SLAYER
11. Futility [SCALA & KOLACNY BROTHERS]
12. Halo [MACHINE HEAD
13. White Moon [SCALA & KOLACNY BROTHERS]


ライブではこのほか、RAMMSTEIN「Engel」あたりもカバーされているみたいですね。

ライブやレコーディングには彼女たちのほか、ドラム/ベース/ギター/ピアノが入り、原曲に比較的忠実なアレンジでカバーされています。もちろん、コーラスがメインになるので、彼女たちの歌声が前面に出るようなアレンジも新たに施されており、曲によってはギターソロパートをカットしていたりもします。

どのバンドの曲もボーカルのクセが強いものばかりで、特にPANTERAやSEPULTURAみたいなスクリームメインの楽曲、SYSTEM OF A DOWNのように変態的なボーカルが耳に残る曲すらも聖歌のようなボーカルアレンジで表現されているので、聴き進めていくうちに「あれ、こんなに聴きやすくて大丈夫?」と不安に陥る瞬間も。メタルファンには数年に1枚は世に産み落とされる“ネタCD”として楽しめば、そこまで不快ではないはず。むしろ、僕は積極的に楽しんでおります。

逆に、普段メタルに疎い人にこそ「ね? 意外と曲自体は悪くないんだよ?」と手に取ってほしい1枚だったりして。まあ、一緒に笑って聴いてみましょうよ。

あ、あと本作で2曲もピックアップされているSCALA & KOLACNY BROTHERSという存在。彼らはこのBRIDES OF LUCIFERの先輩的存在でもある、2000年代前半に90年代〜ゼロ年代のUKロックやグランジの代表曲をピアノ伴奏でカバーしたベルギーの少女合唱隊のこと。グループ名は指揮者&ピアノ伴奏者でもある中心人物となる兄弟の名前から取られています。このグループのオリジナル曲をカバーするあたりに、BRIDES OF LUCIFERの起源が見え隠れするのも興味深いところです。



▼BRIDES OF LUCIFER『BRIDES OF LUCIFER』
(amazon:海外盤CD / MP3

投稿: 2018 07 03 12:00 午前 [2018年の作品, Brides of Lucifer, Dio, Iron Maiden, Judas Priest, Machine Head, Pantera, Sepultura, Slayer, System of a Down] | 固定リンク

2018年6月19日 (火)

MACHINE HEAD『THE BLACKENING』(2007)

2007年3月にリリースされた、MACHINE HEAD通算6枚目のスタジオアルバム。前作『THROUGH THE ASHES OF EMPIRES』(2003年)でグルーヴメタル路線から原点回帰と言わんばかりに、スラッシーなスタイルを強めてファンを喜ばせた彼ら。アメリカでも3rdアルバム『THE BURNING RED』(1999年)に続くTOP100入り(最高88位)を記録したことで、新作でもその路線を踏襲しつつ、よりメタリックに煮詰めたサウンドが展開されています。

このアルバム最大の魅力は、1曲が異常に長いところ。全8曲で61分というトータルランニングはどこかMETALLICAの傑作『MASTER OF PUPPETS』(1986年)を彷彿とさせます。なにせこっちは、1曲目「Clenching The Fists Of Dissent」からして10分半超えの大作ですから。初めてこのバンドに接するという初心者にはある種踏み絵のような1曲ですが、ここでハマれたらこっちのもの。あとはメタルファンにとって極楽のような世界が首尾一貫繰り広げられるのですから。

起承転結はっきりしていて、聴き手の心を揺さぶる「Clenching The Fists Of Dissent」を筆頭に、9分超えの楽曲が全8曲中4曲と半数を占め、オープニング以外の3曲はラスト3曲に並ぶという嫌がらせっぷりも嫌いじゃありません(笑)。それ以外の4曲は5分前後が3曲、6分半が1曲と、決して短いとは言えない長さ。けど、オープニングで「Clenching The Fists Of Dissent」を経験してしまえば、続く4曲は特段長く感じることはありません。確実に麻痺してるんですけどね。

けど、これが悪い曲や退屈なアレンジだったら途中離脱してしまうんですが、どの曲にもメタルファンが喜びそうなリフやソロ、劇的な展開が用意されており、飽きるわけがない。「Aesthetics Of Hate」や「Slanderous」のカッコよさはもちろん、何も考えずに頭を触れるし、9分超えの「Halo」なんて完全に泣きのメタルバラードですからね。

この大作主義は、続く『UNTO THE LOCUST』(2011年)へと引き継がれますが、次作はもうちょっと整理された感が強いかな。なんにせよ、『THROUGH THE ASHES OF EMPIRES』から『UNTO THE LOCUST』までの期間は、今振り返るとちょっと神がかっていたように思います。その中でも、本作『THE BLACKENING』は2000年代を代表するHR/HMアルバムのひとつと断言してしまっても問題ないと思います。今聴いても滾る曲ばかり。

あと、この時期はとにかくライブがすごかった。2年連続(2007年、2008年)で出演した『LOUD PARK』での熱演や、2008年3月に実現した単独ツアー、どれも素晴らしくて、今でもよく覚えています。個人的にも、彼らに対してめっちゃ入れ込んでいた時期ですしね。



▼MACHINE HEAD『THE BLACKENING』
(amazon:国内盤CD / 国内盤CD+DVD / 海外盤CD / 海外盤CD+DVD / MP3

投稿: 2018 06 19 12:00 午前 [2007年の作品, Machine Head] | 固定リンク

2018年1月28日 (日)

MACHINE HEAD『CATHARSIS』(2018)

2014年11月発売の『BLOODSTONE & DIAMONDS』から3年2ヶ月ぶりとなる、MACHINE HEAD通算9枚目のスタジオアルバム。超大作主義から若干コンパクトになり始めた前作を踏襲した、よりコンパクトでキャッチーな楽曲が並ぶ1枚で、全15曲74分というボリューム満点の内容に仕上がっています。

2016年に配信リリースされた新曲「Is There Anybody Out There?」(本作には未収録)を聴いたとき、非常にキャッチーなメロディとどこかメタルコア以降を感じさせるアレンジに「おおっ!」と驚くと同時に「……大丈夫だろうか?」と若干不安を覚えたのが昨日のことのように思い出されますが、あの前振りがあったおかげで僕自身は本作にスッと入っていけた気がします。

それまでの彼らが得意とした複雑なアレンジを持つスラッシーな大作は皆無。全体的に4〜5分台のミドルヘヴィナンバーが中心で、その中にモダンでどこかゴシック調な「Catharsis」みたいな楽曲が混ざっているのだから、さあ大変。そりゃあ皆さん問題作だのなんだのと騒ぎ立てるわけです。

が、そもそもこのバンドってそういう“血迷い”をたまに見せるから面白かったんじゃなかったでしたっけ? いつから「正統的メタル/ラウドの後継者」になったんでしたっけ?(いや、なってないってば)

僕、彼らの作品の中で特に気に入っているのが1stの『BURN MY EYES』(1994年)3rd『THE BURNING RED』(1999年)、そして6th『THE BLACKENING』(2007年)なんですね。まぁ1枚目と3枚目は共感してもらえる人も多いかもしれませんが、3rdをお気に入りに挙げるMACHINE HEADファンは少ないんじゃないでしょうか。でも、それくらいこのバンドの本質の一部がここに含まれていると思っているんです。

ロブ・フリン(Vo, G)って実は何かのオリジネーターというよりも、ひとつ題材を与えたらそこから“それっぽい”ものを作り上げるのが上手な人なんじゃないかな、と個人的には思っていて。だからPANTERAだ、HELMETだと世間が騒いでいた時期に『BURN MY EYES』を作り上げ、LIMP BIZKITだ、KORNだ、DEFTONESだと世間が騒いでいた時期に『THE BURNING RED』みたいな作品を何の迷いもなく完成させてしまう。なんなら、ファッションもそっちに寄せちゃうんですから……好きなんですよ、“そういう”ものが。

ここ最近は大きく道を踏み外すことがなかったロブですが、前作でのコンパクト化が世間的に受け入れられたこと思いついたのか、それとも「ずっとやってみたかったんだよね」と秘めてた思いが爆発したのか、再び振り切った1枚を作っちゃったわけです。お茶目な奴め。

確かに曲によっては“MACHINE HEAD以降”のバンドたちの匂いがプンプンするし、「あれ、これってあのバンドのあのアルバムに入ってなかったっけ?」と思ってしまっても不思議じゃないタイプの楽曲も存在します。けど、それすら「しょーがねーなぁ(苦笑)」と許せてしまう自分もいるわけでして。あのね、そこまで悪いアルバムじゃないですよ? 賛否両論って言われる「Catharsis」なんて僕、このアルバムのなかで1、2を争うぐらいに好きだし、ハンドクラップから始まるアップチューン「Kaleidoscope」も、コリィ・テイラーが歌っても不思議じゃないメロディアスな「Triple Beam」も、序盤のアコースティックパートに度肝を抜かれるアメリカンロック調の「Bastards」、アコギ主体のバラード「Behind A Mask」、ゴシック調のスローナンバー「Eulogy」もみんな嫌いじゃない。むしろ好意的に受け取っています。

それ以外のヘヴィナンバーも決して悪くないしね。上に挙げた異色作のほうにどうしても目が耳が行きがちだから、全体に対する正統な判断が下しにくいのかもしれないけど、この振り切り方を僕は全面的に支持したいと思います。むしろ、こういった新たな側面がライブで過去の楽曲と混ざり合ったとき、どう聴こえるのかが楽しみ。7月の来日公演、ぜひ足を運んで確かめたいと思います。



▼MACHINE HEAD『CATHARSIS』
(amazon:国内盤CD / 国内盤CD+DVD / 国内盤2CD+DVD / 海外盤CD / 海外盤CD+DVD / iTunes

投稿: 2018 01 28 12:00 午前 [2018年の作品, Machine Head] | 固定リンク

2017年12月20日 (水)

MACHINE HEAD『BURN MY EYES』(1994)

1994年夏にリリースされた、MACHINE HEADのデビューアルバム。当時のメンバーはロブ・フリン(Vo, G)、ローガン・メイダー(G)、アダム・デュース(B)、クリス・コントス(Dr)。Billboard 200に入るようなヒット作ではないものの、その後のHR/HMシーンにおいて非常に重要な1枚として現在まで愛され続けています。

もともろロブは80年代後半から90年代初頭まで活動したスラッシュメタルバンド、VIO-LENCEのギタリストで、バンド解散後にローガンやアダムらと結成したのがMACHINE HEAD。ストレートなスラッシュメタルをやるかと思いきや、そこは時流に乗ったというか、METALLICA“ブラックアルバム”PANTERA以降の流れを汲むグルーヴィーで重々しいヘヴィメタルを展開しております。

なぜこのアルバムが“一時代を築いた”なんて言われているのか、それは起伏に富んだ楽曲アレンジもさることながら、ロブ&ローガンによるギターワークではないでしょうか。オープニングトラック「Davidian」のギターリフや、ハーモニクスなどを交えたプレイや音色は、例えばPANTERAにおけるダイムバッグ・ダレルのそれ同様に、当時のギターキッズたちが夢中になるようなものでした。特にグランジ以降、派手なギターソロを排除したシンプルなギタープレイが主流になっていましたが、カート・コバーン(NIRVANA)が亡くなった1994年春前後に登場したHR/HMの重要作品……本作『BURN MY EYES』やSEPULTURA 『CHAOS A.D.』やPANTERA『FAR BEYOND DRIVEN』、CARCASS 『HEARTWORK』あたりからは、派手なギタープレイを主軸に置いた新たなスタイルのHR/HMを感じることができるはずです。

楽曲のバラエティは次作以降、さらに幅広くかつクオリティが向上していくのですが、本作でのトーンの統一感やヘヴィさ、全体に漂う閉塞感などは以降の作品には感じられないものかもしれません。このへんはもしかしたら、グランジ一色だったロックシーンに対するアンチテーゼという意味もあったのかもしれません(勝手な想像ですが)。

PANTERAともMETALLCIAとも違うヘヴィさ、ダミ声だけど意外とメロウなロブのボーカル、そしてギター弾きなら真似したくなるリフワークやソロ。リリースから20数年経った今聴いても独創的ですし、「Davidian」や「Old」「None But My Own」「The Rage To Overcome」「Block」あたりは思わずコピーしたくなるくらいカッコいい。特に3rdアルバム『THE BURNING RED』(1999年)以降はアルバムごとに変化を繰り返しているバンドですが、軸になる部分はすでにこの時点から存在している。ぜひその原点をここで確認してみてください。



▼MACHINE HEAD『BURN MY EYES』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2017 12 20 12:00 午前 [1994年の作品, Machine Head] | 固定リンク

2017年4月30日 (日)

MACHINE HEAD『THE BURNING RED』(1999)

MACHINE HEADで最初に取り上げる作品がこの3rdアルバムでいいのか、正直悩むところですが、僕個人としてとても好きなアルバムなので……まぁ昨日のSEVENDUSTからの流れで、当時のシーンの雰囲気をここらへんから感じ取ってもらえたらということで。

1994年にアルバム『BURN MY EYES』でデビューを果たし、PANTERAらとともにその後のヘヴィメタル、ラウドロックシーンのスタンダードとなったMACHINE HEAD。グルーヴ感の強いミドルテンポのリズムに乗せてスラッシーなギターリフを刻むスタイルが、その後のシーンに与えた影響は計り知れないものがあります。そうやって時代の寵児となった彼らがそこから一転、ニューメタルやラップメタルなど流行にあえて乗ることで完成させたのが、1999年夏発売の本作『THE BURNING RED』です。

前2作を手がけたコリン・リチャードソンから、KORN、SEPULTURA、SLIPKNOTなどで知られるロス・ロビンソンにプロデューサーを替えて制作された本作は、同じミドルテンポでも若干跳ね気味のリズムとロブ・フリン(Vo, G)によるラップ調ボーカルが導入され、初期からのファンの反感を買うことに。特に「From This Day」あたりはそのカラーが顕著で、「なにもこれをMACHINE HEADがやらなくても……」という落胆の声を当時よく耳にしたものです。

しかし、どの曲も比較的コンパクトでキャッチー、アルバムとしてもスルスル聴けてしまうのです。KORNかよ!と突っ込みたくなる「Desire To Fire」、パーカッシブな要素がSEPULTURA『ROOTS』にも通ずる「Exhale The Vile」、THE POLICEの代表曲をサイケデリックなスローアレンジでカバーした「Message In The Bottle」、エンディングのダブ感が異色のバラード「The Burning Red」などもありますが、前のめりなアップチューン「The Blood, The Sweat, The Tears」、攻めの「I Defy」「Five」などもあり、実は完全にニューメタル側に寄ったわけではないことも伺える。その後の彼らのスタイルを考えれば、このタイミングにこういった新しいチャレンジをしたことはとても大きかったのではないかと思うわけです。

じゃあ、MACHINE HEADで真っ先に聴くべき作品かと問われると、決してそんなこともなく。素直に最新作『BLOODSTONE & DIAMONDS』(2014年)もしくはデビュー作『BURN MY EYES』から聴けばいいと思うわけですが、これはこれで好きだっていう人、絶対にいるはずなんですよね。

今でも「The Blood, The Sweat, The Tears」「From This Day」あたりはライブで披露される機会も多いですし、もしMACHINE HEADに興味があって3、4枚目に何を聴こうかと悩んだときに手を出してみてはどうでしょう。聴く人を多少選ぶかもしれませんが、これはこれで優れたヘヴィメタルアルバムだと思いますよ。



▼MACHINE HEAD『THE BURNING RED』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2017 04 30 12:00 午前 [1999年の作品, Machine Head] | 固定リンク

2015年1月13日 (火)

祝ご成人(1994年4月〜1995年3月発売の洋楽アルバム20枚) ※改訂版

新成人の皆さん、おめでとうございます。というわけで今回は、新成人の皆さんが生まれた年(学年的に1994年4月〜1995年3月の期間)にリリースされた洋楽アルバムの中から、個人的思い入れがある作品を20枚ピックアップしました。どれも名盤ばかりなので、もし聴いたことがないという作品がありましたら、この機会にお手にしてみてはいかがでしょうか。とは言いながらも大半が名盤中の名盤なので、聴いたことがあるものばかりかもしれませんが。

あ、並びはすべてアルファベット順です。

Beastie Boys「Ill Communication」(Amazon

Blur「Parklife」(Amazon

Dinosaur Jr.「Without a Sound」(Amazon

Helmet「Betty」(Amazon

Jeff Buckley「Grace」(Amazon

Korn「Korn」(Amazon)(レビュー

Machine Head「Burn My Eyes」(Amazon)(レビュー

Madonna「Bedtime Stories」(Amazon

Manic Street Preachers「The Holy Bible」(Amazon)(レビュー

Nine Inch Nails「The Downward Spiral」(Amazon / 日本盤1994年4月発売)

Oasis「Definitely Maybe」(Amazon

Pearl Jam「Vitalogy」(Amazon)(レビュー

Pink Floyd「The Division Bell」(Amazon / 日本盤1994年4月発売)

Portishead「Dummy」(Amazon

The Prodigy「Music for the Jilted Generation」(Amazon

R.E.M.「Monster」(Amazon

Radiohead「The Bends」(Amazon)(レビュー

Slayer「Divine Intervention」(Amazon

Suede「Dog Man Star」(Amazon

Weezer「Weezer (The Blue Album)」(Amazon)(レビュー


残念ながらセレクトから漏れた作品も多いです。それこそThe Beatlesの「Live at the BBC」、The Rolling Stones「Voodoo Lounge」、Nirvana「MTV Unplugged in New York」、The Stone Roses「Second Coming」といったものから、Marilyn Mansonのデビュー作「Portrait of an American Family」、Sloan「Twice Removed」、Sick of It All「Scratch the Surface」、The The「Hanky Panky」、Bonston「Walk On」、TLC「CrazySexyCool」、Van Halen「Balance」、Beck「Mellow Gold」あたりまで。カート・コバーンが亡くなって20年なんですね。そう考えると20年なんてあっという間ですよ、本当に。

※1/13 17:40加筆修正
Nine Inch Nails「The Downward Spiral」という個人的に絶対に欠かせないアルバムの存在を思い出させてくれたいっしーさんに感謝。というわけで、セレクトを一部改訂しております。

投稿: 2015 01 13 12:06 午前 [1994年の作品, 1995年の作品, Beastie Boys, Blur, Dinosaur Jr., Helmet, Jeff Buckley, Korn, Machine Head, Madonna, Manic Street Preachers, Nine Inch Nails, Oasis, Pearl Jam, Pink Floyd, Portishead, Prodigy, The, R.E.M., Radiohead, Slayer, Suede, Weezer, 「20年前」] | 固定リンク

2008年3月19日 (水)

MACHINE HEAD@Shibuya O-EAST(2008年3月18日)

MACHINE HEADのライブ取材。このバンド自体、ライブ観るのは初来日以来で(去年のラウパーは行ってないし)、しかも聞くところによると今回は約8年ぶりとなる日本でのフル・スケール・ショーだったんだとか。そっか、しばらくイベントとか対バン形式でしかライブやってなかったのね。

セットリストは新作「THE BLACKENING」からのナンバーを中心に、過去の代表曲を万便なく並べた、グレイテストヒットと言っても過言ではない選曲。3rd「THE BURNING RED」で止まってたんだけど、ここ1〜2作の彼らのアルバム、いいですね。ライブもかなり良かった。ロブ・フリンがゴキゲンだったし。90分・全13曲にわたる濃厚なステージでした。

その後、私用のライブがあったけど、連休前ということでやるべき仕事をたくさん抱えていたので、会社に戻る。黙々と仕事をこなし、25時過ぎに帰宅。現在ビール摂取中……。



▼MACHINE HEAD『THE BLACKENING』(amazon:日本盤US盤

投稿: 2008 03 19 02:00 午前 [2008年のライブ, Machine Head] | 固定リンク