2005/06/14

THE MARS VOLTA『FRANCES THE MUTE』(2005)

 2005年前半は本当に面白い、且つ素晴らしい作品に恵まれた年だったと思います。特にこの4〜5月辺りのリリースラッシュはもの凄いものがあったし、そこで連発された作品の数々がホントに素晴らしかったもんだから、こちらとしても毎週リリースされる作品達と自分の財布の中身とのにらめっこの連続でしたよ。

 そんな名作ラッシュ、今年はこのアルバムのリリース辺りからスタートしたんじゃないでしょうか。少なくとも俺にとっては「今年最初の名盤決定」だったように思います、このアルバムとの出会いは。いや‥‥アルバム聴く前にライヴ観ちゃったから、余計にそう感じたのかもしれません。

 今や『元AT THE DRIVE-IN』なんて形容詞はいらないだろう、THE MARS VOLTAの2ndアルバム「FRANCES THE MUTE」。日本では本国アメリカより約1ヶ月も早くリリースされました。これは2月上旬に来日し「SONIC MANIA」に出演するため、こういう措置を取ったんでしょうね。ま、結果としてはそれが吉と出たように思いますが‥‥ネット上ではソニマニでの彼等の勇姿、及び単独公演を観た数少ない人達からの絶賛の嵐に、みんな心動かされたんじゃないでしょうか。かくいう俺も、アルバムを買ったその日に彼等のライヴをソニマニで初めて観て、噂以上に凄いことになってたもんで、本気で身震いしましたよ。1st「DE-LOUSED IN THE COMATORIUM」は俺的にも2003年を代表するアルバムの1枚と認識していたし、そのサウンドを聴けばライヴが如何に凄いかが想像に難しくなかったわけですが、まさかここまでとは‥‥もうね、ライヴ中ノるとかそういう身動きが全く取れず、約50分の間、微動だにできず、ただただステージ上のバンドを凝視するのみでしたもん。それくらい衝撃的だったんですよ、生のTHE MARS VOLTAは。

 今回のアルバムは前作以上に入り組んだ複雑な作りになっていて、例えばCD自体は5曲としかカウントされてないんですが、その総収録時間は約77分にも及ぶ異常事態になってます。内1曲、シングルカットされた "The Window" のみ5分ちょっとの小楽曲なんですが、それ以外の4曲のトータルが72分‥‥おかしい、明らかにおかしい! しかもラストの超大作 "Cassandra Geminni" に至っては32分半ですからね! こんなに長い曲をアルバムに入れちゃうのは、自分が思いつく限りではDREAM THEATERくらいしか思いつかないわけですよ、現役のバンドの中では。

 でさ、勿論それだけ長いと1曲の中では歌パートよりも楽器パートの比重が高くなってるんだけど、これもまた全然飽きさせない構成になっていて。非常に強弱/明暗を使い分けたアレンジで、その辺は1stよりも更に拍車が掛かってるように思います。なんというか‥‥アルバムという計算された場なんだけど、まるでスタジオライヴでも聴いてるかのようなインプロビゼーションの応酬‥‥実際のレコーディングではPro-Toolsを駆使してるようですけどね‥‥正に古き良き時代の「プログレッシヴ・ロック」といった印象です。勿論ただのプログレで終ってませんよ。そこにはいろんな要素がある。LED ZEPPELIN的な色だったり、サンタナ的な色だったり、'70年代末のパンク色だったり、'80年代のニューウェーブ色だったり、'90年代以降のオルタナ色だったり‥‥そういったロックの歴史全てを呑み込み、THE MARS VOLTAというフィルターを通すと‥‥こういう非常に判りやすいんだけど複雑なサウンドになるんだろうなぁ、と。

 何だろ‥‥とにかくカッコいいの一言なんだけど、それだけで終ってないのもまた事実でして。ホントのところ、彼等のサウンドなりライヴなりって、暴れたりして楽しむよりも、目を瞑ってじっくりと楽しむものなのかもしれないね‥‥いや、目を瞑っちゃだめだ、セドリックやオマーの鬼気迫るパフォーマンスを楽しめなくなるからね。ライヴじゃそれだけは止めておこう。

 とにかく。AT THE DRIVE-IN時代も歴史に残るんじゃなかろうか!?と思わせる名盤を作っておきながら、すぐに解散。そして新たに作ったTHE MARS VOLTAでは、これまでにリリースした2枚のアルバムどちらもが歴史的名盤だったりするんだから‥‥セドリックとオマー、本当に凄い奴なんだろうなぁ。SYSTEM OF A DOWNの例もあるけど、これからは純粋なアメリカ人には作り出せない、こういった特異なサウンドが時代を作り上げてくのかもしれないね。



▼THE MARS VOLTA『FRANCES THE MUTE』
(amazon:日本盤US盤

投稿: 2005 06 14 01:04 午前 [2005年の作品, Mars Volta, The] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005/02/20

「SONICMANIA05」雑感 (1)

 ちょっと報告が遅くなってしまいましたが、先日東京・大阪にて同時開催された屋内型の冬フェス「SONICMANIA05」に行ってきました。昨年からこの時期に開催されるようになって、実質まだ2年目という新しいフェスですが、そこは「SUMMER SONIC」で培われた経験を上手く活かした、非常に機能的な『都市型フェス』だったと思います。

 正直なところ、俺はサマソニとかって全然思い入れもないし、殆ど行ったりしないわけですが、今回は珍しく2日共行くことにしましてね。単純に観たいメンツが多かったってのもありますが、それ以上に‥‥今年は「MAGIC ROCK OUT」が開催されないそうなので、『2005年のフェス始め』が夏まで待たねばならなくなりそうと気づき、まぁ丁度休みだし、地元・千葉だしってことで、頑張って行ってきたわけですよ。

 いざ行ってみたら‥‥いろいろと面白い、いや、凄い経験を沢山しましてね。まぁその辺については追々語っていくとして。簡単に各アクトの感想なんかを書いていくことにしましょう。2日分あるんで、数回に分けて書くことにします(注意:すっげー長いので、この先は時間がある時に読んでね)。

■THE DAY 1 (2/5)

 この日はどちらかというと新世代ギターロック系がメインってことになるのかな? ヘッドライナーのGOOD CHARLOTTEにしろアジカンにしろKASABIANにしろ、国や音楽性は違っても、基本にあるのはギターを中心としたロックってスタイルですしね。まぁ乱暴なこじつけですけど。

 当日はほぼ定刻に入場。ただ、入り口がひとつしかなかったから入場にちょっと手間取りましたね。別の場所でリストバンドだけ交換とかすればいいのに‥‥とか思ったら、ソニマニってリストバンドが紙製なのね。びっくりした。勿論、ちょっとやそっとじゃ破れないようにコーティングされた丈夫な作りなんですが、これってやっぱり転売対策なのか、あるいはコストを抑えるための対策なのか。どちらにしろ、こういう辺りにも『都市型フェス』っぽさを感じましたね、個人的に。

 東京はオープニングアクトと称して、2組の日本の若手バンドが各20分くらい演奏。その辺から感想を書いていきますか。


■GREAT ADVENTURE
 昨年末に「FACTORY」で観た時のショートバージョンといった感じで、特に印象が変わることはなく、いい感じだったんじゃないかな、と。このままTHE DEPARTURE辺りに続いていたら、きっと彼らのファンにも好意的に受け入れられたんじゃないかな、と思ったんだけど。何せ入場にみんな手間取ってたので、客が少なかったのが残念。


▼GREAT ADVENTURE「GREAT & FUNKY -Reservoir Edition-」(amazon


■惑星
 実は惑星観るの、今回が初めてでして。今までイベントやフェスなどでニアミスはしてたんですけどね。で今回初めて観ての感想は、ズバリ良かった!と。スリーピースの非常にシンプルなバンドアンサンブルなんですが、それぞれの楽器がしっかり鳴ってるし、自己主張も強いし、とにかくカッコイイなと。佇まいもいいし、特にドラムの女性、凄く上手くてそれでいて凄く見せるのが上手いな、と思いました。ただ残念ながら、初日のオープニングアクトってことで音響面で満足いくものが得られませんでした。まぁメッセ自体が元々ライヴとかやるような場所じゃねぇしな。 


▼惑星「惑星 II」(amazon


■NINE BLACK ALPS
 マンチェスター出身の4人組ギターロックバンド。全員がエリオット・スミスとSONIC YOUTHが大好きでバンド結成したそうな。まだEP2枚(しかも7インチ盤)しか出してない存在で、今年の初夏には大手「INTERSCOPE」からアルバム出すという、期待の新人らしいのね。
 けどさ、全然引っかからなくて。数曲観て/聴いて感じたのは、『鬱っぽくないNIRVANA』といった印象。ボーカル・ギターの子の印象もどこかカートっぽい。悪くない。けど決定的な何かが足りない感じ。優等生っぽ過ぎるのかな。病んでないから、その人の良さが表れちゃう、みたいな。それが良い/悪いって意味じゃなくて、なんだか音やスタイルの割りに、そういう面で損しちゃってる気がするんだよね‥‥アルバムに期待、かな。


■DOGS DIE IN HOT CARS
 正直な話、この日はTHE MARS VOLTAとこのバンドが観れればいい!くらいの気持ちで臨んだんですよ。昨年出たデビュー盤、ホントに良かったからね。ライヴも全然想像つかなくて、どんな感じなのかなぁ‥‥と思ってたら‥‥
 コイツら、やっぱりタダ者じゃありませんでしたよ! アルバムのみならずライヴも素晴らしいバンドでした。
 決して上手くはないけど、前のバンドにはない「何か」をちゃんと持ってる。大学生がサークルで組んだバンドがそのままデビューしちゃいました的ドン臭さを見事に残しつつ、逆にそこがサウンドとパフォーマンスとのギャップに拍車を掛けて、凄く良かったなぁ、と。非常に'80年代的。XTCのみならず、そのルックスからふとTALKING HEADSも思い浮かべてしまいました。やっぱりここ数年のニューウェーブ・リバイバルの流れにいるバンドのひとつなんだな、と再認識。ルックスが良ければいいってもんでもないのよね。特にキーボードのネエチャンのイカレっぷりがサイコーでした。


▼DOGS DIE IN HOT CARS「PLEASE DISCRIBE YOURSELF」(amazon


■STRAIGHTENER
 ストレイテナーを観るのは随分と久し振りでして‥‥ベースの日向か加わった3人体制になってからは初めてだったんですよね。直前に「TITLE」という非常に素晴らしいアルバムをリリースした後のライヴだけに(って聴いたのはライヴ後なんですが)、その勢いを良い意味で絞り出すことができるか、そして洋楽目当ての客をも巻き込むことができるか‥‥非常に楽しみにしておりました。
 が、いきなり日向のアンプが不調。ベースのゴリゴリ音が全然出てなくて、頭2曲は乗り切れず。不完全燃焼。結局アンプヘッドをまるまる取り替えたり、ベースを変えたり等して途中で空白の時間が出来てしまうんですが‥‥そこをホリエが繋ぐ訳ですよ、MCで。「ハロー、トキオーッ!」とか「ボクタチワ、ストレイテナート、イイマス」っていうインチキ外タレMCで。後はサマソニやソニマニは以前GORILLAZが出演した時(2001年夏だっけ?)に来て以来、とか思い出話を語ったりして、場を見事に和ませておりました。その後は新作メインで勢いがつき、見事に持ち返してました。テナー目当てのファンも多かったみたいですね。にしても‥‥ホントいいバンドになったもんだ‥‥ ちょっと感慨深かったよ。


▼ストレイテナー「TITLE」(amazon


■そしてバックステージへ‥‥
 テナーを途中で泣く泣く断念して、予定の集合場所へと急ぎました。バックステージ招待の当選者は当初4名と聞いていたのですが、俺の聞き違いだったのか実際集まったのは5名(男2、女3)でした。HMVのスタッフ2名とクリエイティヴマンのスタッフ1名が事前説明等をしてから、ステージ脇のカーテンをくぐって、いよいよバックステージへ潜入‥‥
 入った瞬間に、長身のアフロがスケボーに乗ってこっちに向かってくる‥‥っ! よくよく見たらそれ、THE MARS VOLTAのセドリックが‥‥っ!! ここで完全にフリーズしましたね。つーか、メチャメチャ柔らかい表情でしたよ。
 その後、ステージ裏を通ってプレスルーム等を案内されました。あ、ブライアンも目撃。元気そうで何よりでした。
 丁度MTVがステージを終えたばかりのDOGS DIE IN HOT CARSを取材してる最中で、我々はそれを静かに見学。暫く見学した後に、再びステージ裏に戻ると、今度は丁度今ステージを終えたと言わんばかりの熱気に包まれたテナーの3人が、何やらVTR撮影していました。それを遠目に見学しつつ、最後はSTERIOGRAMのステージを袖付近から見学。当然彼等は目の前を通って行きましたよ。あ、基本的に話しかけるのは厳禁なので、ただ見学するのみ。それだけが心残り。
 まぁこんな感じで、貴重なフェスの裏側を体験してきました。実質30分程度の見学でしたが、かなり濃い30分でしたよ(もっと詳しい内容は、当日に放送された「RADIO TMQ」でコメントしたのですが‥‥まぁ残りはラジオ聴いてくれた人のみの特権ってことでひとつ)。


■STERIOGRAM
 昨年のフジロックでチラ見した程度だったので、しっかり観るのは今回が初。メンバーがRAMONESのTシャツとか着てたりパンク的な煽りをするのでてっきりそっち方面なのかと思いきや、やはりアルバムの音通りハードロック寄りのバンドでしたね。世が世なら間違いなく「BURRN!」辺りで『新世代バンドがニュージーランドからっ!』みたいなもてはやされ方をしたのかな、と。悪くはないけど、個人的には音源だけでお腹いっぱいな存在かな、と。進んで単独公演を観に行くタイプじゃないですね。勿論、悪くはないんだけどさ。
 あとね。ここまで観てほぼ全てのアクトで感じたことだけど‥‥音が悪過ぎ。全てにおいて、ね。まぁ初日ってことでセッティング調整が上手くいってない?って面も多々感じられたかな。まぁそれはこのバンドの評価とはまた別の話ですが。


▼STERIOGRAM「SCHMACK!」(amazon


■GUITAR WOLF
 ギターウルフ、キターッ!って感じですよ。急遽キャンセルになったKINGS OF LEONの代役として登場しましたが、完全にひとり勝ちな印象。つーか相変わらず轟音過ぎ。「幕張ベイベーっ!」炸裂ですよ(意味判んねー)。耳痛ぇよマジで。結局数日間、この時の影響が実生活にまで残ったもんなぁ。
 第一声「ロッケンロー!」 "ミサイルミー" 〜"ジェットジェネレーション" といった名曲の数々、キター! 最後は "環七フィーバー" 〜 "ロックンロール・エチケット"。もう何も言うことないでしょ?
 バカサイコーっ!!!


▼GUITAR WOLF「LOVEROCK」[US盤](amazon


■THE MARS VOLTA
 息を飲む、とは正にこのこと。最初から最後まで一瞬たりとも目を離せなかった。曲は全部セカンドから(だと思う)なもんで全部初聴きなんだけど、もういろんな意味で圧倒的。演奏力が凄いのは今に始まった話じゃないけど、視覚(セドリックやオマーのパフォーマンス)が凄いのもこのバンドの魅力であり、凄味なわけですよ。
 あのね、今このセカンドが出るタイミングで、絶対に観ておくべきだよ。明日の大阪、既にソールドアウトの単独。無茶してでも観て欲しいです。

  [SETLIST]
  1.Take The Veil Cerpin Taxt
  2. Drunkship Of Lanterns
  3. Cygnus...Vismund Cygnus
  4. Roulette Dares (The Haunt Of)

‥‥思いっきり1stの曲ばっかりだった(汗) 何を聴いてたんだ俺は‥‥けど、そんなことも忘れさせるくらいに強烈なライヴだったってことですよ!!!(と自己弁護)


▼THE MARS VOLTA「FRANCES THE MUTE」(amazon


■KASABIAN
 いい加減疲れてきました‥‥眠い。座ってまったり観てます。
 このバンドに対しては音源を積極的に聴いてはいるものの「あれっ、5人組だっけ?」という程度の知識しかないです。でもシングル出た時真っ先に「とみ宮」で絶賛したしラジオでもかけてたし。アルバムも好きですよ。
 けどライヴには何の期待もしてなかったのね。この手のUKバンドにありがちな、淡々と進行するタイプだろうと、音から想像してて。客を置いてきぼりにしそうなね。コミュニケーションとはおよそ無縁な。なんたらテロリストとかいう触れ込みや、STONE ROSESを彷彿させるコミュニティーとしての盛り上げとか、その辺にレコード会社の作為とか感じちゃって、あと一歩が踏み出せなかった部分もあったのかな。
 けどさ、実際にライヴを観たら、意外と表情豊かなのね、音も実物も。想像以上にカッコ良くて、ちょっと嬉しかったりして。ハッキリ言って、曲はアルバムよりも遥かにライヴの方がカッコいいよ。確かに「これは音源向け」「これはライヴ向け」っていうタイプの違いは曲によってあるんだけど、明らかにライヴの方が良かった。彼等もその辺は切り分けて考えてるのかな、そんな気がしました。
 ベロンベロンに酔っ払ってる時に観たいバンドだな、と。本来ならトリップした方がいいんだろうけど‥‥日本じゃクスリは御法度だからね。


▼KASABIAN「KASABIAN」(amazon


■ASIAN KUNG-FU GENERATION
 アジカンは去年のフジロック以来かな。傑作アルバム「ソルファ」後のライヴだけに、個人的には期待してた部分もあったんだけど‥‥客のノリに着いていけなかったかな、と。明らかに、このライヴの時だけ、客のノリ・反応が全てにおいて他のアクトとは異なるものだったのね‥‥言い方悪いけど、サマソニに来たらアジカンの時だけジャパンフェスになっちゃった、みたいな。そんなノリ。決して批判してるわけじゃないし、ジャパンフェスが悪いってわけでもないんだけど、それくらいの違和感があるライヴでしたね、後ろから観てたら余計に感じたもの。
 アジカン目当てのお客が相当数いたことも判ったし、ギターウルフやMARS VOLTAの時に前の方陣取ってつまらなさそうな顔してたり、挙げ句の果てに携帯で話してる奴もいたりとか。それらが全てアジカン目当ての客とは限らないけど、明らかに前の方の雰囲気がいつものフェスとはちょっと違う気はしてたのね‥‥いや、決めつけはよくないな。
 話を変えましょう。アジカン自体の演奏は可もなく不可もなくといった印象。夏フェスの時と比べると、ちょっと調子悪いのかな?という雰囲気が。つーかゴッチ、かなり苛ついてるように感じられたんですが。あれを指して「今日のゴッチはノリノリでした。テヘ☆」とはお世辞にも言えないですわ。何となく、空気が読めたのかもしれないし‥‥いや、これ以上の邪推は止めておきましょう。
 曲はやっぱり良かったね。全部知ってる曲だったし、オープニングの "サイレン" から怒濤のシングル曲連発でしたから。けど、思ったよりも短く感じられたんですが、気のせいじゃないよね?


▼ASIAN KUNG-FU GENERATION「ソルファ」(amazon


 ホントはこの後、GOOD CHARLOTTEが残っていたんですが‥‥ゴメンなさい、どうしても当日は23時までには帰宅したかったので、観ずに帰りました。幸い(幸い?)彼等に全く興味もなかったもんで、アッサリと帰ることができましたよ。

 そしたらさ‥‥俺と同じように、帰る客の多いこと、多いこと‥‥やっぱりアジカン目当てかよっ! つーか俺まで同じような目で見られちゃうじゃんかよっ! なんてことは思いませんでしたけど、やっぱり「ん ん〜っ」と思わざるを得ない光景でしたね。折角いろんな音楽と出会えるチャンスなのに‥‥全部にかぶりつけ!とは言わないまでも、何か‥‥自分でラッキーなチャンスを台無しにしてるように感じるのは、気のせい? う〜ん‥‥(2日目に続く)

投稿: 2005 02 20 12:00 午前 [2005年のライブ, ASIAN KUNG-FU GENERATION, Dogs Die In Hot Cars, GREAT ADVENTURE, Kasabian, Mars Volta, The, Nine Black Alps, Steriogram, 「フェス」, ギターウルフ, ストレイテナー, 惑星] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2003/12/22

THE MARS VOLTA『DE-LOUSED IN THE COMATORIUM』(2003)

我々の前に衝撃的な登場をしたAT THE DRIVE-IN。しかしアルバム「RELATIONSHIP OF COMMAND」をリリースした翌'01年。まさかの分裂/解散。予定されていたフジロックへの出演も果たせぬまま、彼等はバンドとしてずるい幕引き‥‥勝ち逃げの状態で我々の前から姿を消したのでした。

そして'02年。彼等はふたつのバンドで我々の前に戻ってきます。SPARTAと、そして今回紹介するTHE MARS VOLTA。正直に言っていいですか?‥‥俺、SPARTAには全然興味が湧かなかったのね。何故なら、俺にとってのATDIってのは、セドリックのボーカルそのものなんですよ。勿論バンド全体としての雰囲気や生み出されるサウンド・楽曲、全てにおいて好きでしたが、やはりあの「声」があってこそ、俺は好きになったんですね。

だからこそ、その「声」を有するTHE MARS VOLTAの方に興味が行くのは、当たり前の話なんですね。けどさ‥‥やっぱり怖かったわけですよ。ATDIが最高だっただけに、その後に出てくるものが‥‥しかも分裂してしまった後ですから。あの5人だからこそ成し得たサウンドだというのは重々承知してるんです。だからこそ、聴くのが怖かった‥‥結果、昨年リリースされていたEPは聴かなかったんですよ。

で、このデビューアルバムですが‥‥実はこれもリリース後すぐには手を出しませんでした。同様にずっと引きずってたんですね、そういった思いを‥‥けど、ある切っ掛けで踏ん切りがついた。それは彼等のPVをたまたま観てしまったから。もうね、一発でノックアウトですよ。そうそう、俺がずっと待ってたのはこういうものだったんだ!って。それを一瞬にして思い出させてくれたのが、THE MARS VOLTAだったんです。やっぱりセドリックの「声」だったわけですよ。

ゲストとしてベースにRED HOT CHILI PEPPERSのフリーを迎えているとか、更にジョン・フルシアンテもゲスト参加してるとか、かのリック・ルービンがプロデュースしてるとか、いろいろ話題となるポイントはあると思うんですが、そんなことがどうでもよくなる程に、アルバム全体を覆う雰囲気やヴァイブ感が抜群に良い、良すぎるんです。ATDIに見られたパンク的要素は若干後退し、ラテン要素はそのままに、更にジャズやプログレ、ジャムバンド的フリースタイルなインプロビゼーション、そしてエレクトロニカ等‥‥とにかく他ジャンル/多ジャンルを包括した独自の感覚で構築されたロックがここには詰め込まれています。ATDIを気に入っていた人なら間違いなく受け入れられるだろう1枚。

とにかくね‥‥言葉にならない、いや、出来ない凄みを感じるんですね。感情の塊をそのまま素手でぶつけられたかのような、胸に大きな穴がポッカリ空いてしまったかのような衝撃。第一印象はとにか「衝撃」。ATDIのアルバムを初めて聴いた時にも似たような感覚を受けましたが、あれ以上でしたね。まさかこんなご時世に、こんなアルバムを聴こうとは‥‥嬉しいのと、焦って冷や汗かいたのと‥‥何だかよく判らない感情と、いろんな思いが入り交じる音。「アート」とか「ラウドロックの新星」とか‥‥そんなのどうでもいい。とにかく熱いロックンロール。感情を揺さぶるロックンロール。それだけが真実なんです、このアルバムの中では。

何でもっと早く聴かなかったんだろう‥‥と後悔したし、結局来日公演にも間に合わなかったし(来年1月にも再来日公演が予定されていますが、日程的に無理なんですよね)‥‥そしてアルバムリリースを待たずに、このアルバムでも大きな役割を果たしているサウンド・エフェクト担当のジェレミーがツアー先で亡くなってしまったこと。結局間に合わなかった‥‥って残念な気持ちもあるんですが、まだまだバンドは健在。ATDIのように短命に終わることなく、このままセカンドアルバムまで突っ走って欲しいです。



▼THE MARS VOLTA『DE-LOUSED IN THE COMATORIUM』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2003 12 22 09:28 午後 [2003年の作品, Mars Volta, The] | 固定リンク