2017/08/10

UFO『WALK ON WATER』(1995)

70年代から活躍する(途中二度の解散はありましたが)イギリスのハードロックバンド、UFOが1995年に発表した通算14枚目のスタジオアルバム。1978年に脱退したマイケル・シェンカー(G)が復帰し、フィル・モグ(Vo)、ピート・ウェイ(B)、アンディ・パーカー(Dr)、ポール・レイモンド(G, Key)、そしてマイケルという黄金期のメンバーが再集結して制作された1枚です。

プロデューサーは『LIGHTS OUT』(1977年)、『OBSESSION』(1978年)、ライブアルバム『STRANGERS IN THE NIGHT』(1979年)を手がけたロン・ネヴィソン。気心知れた布陣での制作、しかも1994年に実施したジャパンツアーの手応えなどもあり、比較的ポジティブな雰囲気の中制作されたことは、本作を聴けばご理解いただけるかと思います。

本作発表時点でフィルは47歳、ピートが43歳、マイケルも40歳と肉体的に全盛期を過ぎたと言われてもおかしくない年齢。もはや派手で前のめりなハードロックは期待できない……前年の来日公演を観ている自分ですら、そう感じていたのですから、古くからのファンなら本作にことをもっと期待してなかったんじゃないかと思います。

しかし、実際に完成したアルバムは……確かに若さは感じられないし、落ち着きまくった作風の1枚です。が、がっちりとタイトなリズムの上にフィルの味わい深い独特のボーカルと、ついこないだまでアコースティック路線を突き進んでいたとは思えないほどに攻めまくりなマイケルのギターワークがしっかりフィーチャーされている。古き良き時代の、地味だけどジワジワと客居さが伝わってくる王道ブリティッシュハードロックが全編にわたり展開されているのです。

もちろん、当時のマイケルらしくアコギを取り入れた楽曲もいくつか見受けられますが、それがメインになることはなく、あくまで楽曲の味付け程度で収まっている。これを「大人になったUFO」と捉えるか「枯れて日和ったUFO」と捉えるかで、本作の評価は大きく分かれるかもしれません。

1995年という時代のせいか、どこかヘヴィでグランジ寄りなオープニング曲「A Self Made Man」にはギョッとさせられるものの、続く哀愁のミディアムチューン「Venus」やアップテンポの「Pushed To The Limit」、ファンキーさと泣きメロが融合された「Running On Empty」など聴きどころ多数。

オリジナル新曲8曲のあとに、アルバム本編を締めくくるのが往年の名曲「Doctor, Doctor」の再録バージョンというのもまた泣かせるし、日本盤はさらに「Lights Out」再録バージョンも収録。この手の再録はほとんどがヌルくなるケースが多いですが、ここで聴ける2曲はあの頃のカッコよさはそのままに、渋みが加わった説得力の強いテイクに仕上がっています。新曲群と並んでも違和感なく楽しめるので、これはこれでアリだと思います。

残念ながら本作、現在は国内盤も海外盤(日本盤とはジャケ違い)も廃盤状態。すでにマイケルも脱退し、ピートも引退状態ですが、現在のUFOを語る上ではとても重要な1枚だと思っているので、ぜひとも再発していただきたいものです。



▼UFO『WALK ON WATER』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2017 08 10 12:00 午前 [1995年の作品, Michael Schenker, UFO] | 固定リンク

2017/02/25

GRAHAM BONNET BAND『THE BOOK』(2016)

RAINBOWやMICHAEL SCHENKER GROUP、ALCATRAZZ、IMPELLITTERIといったバンドを渡り歩いてきた孤高のシンガー、グラハム・ボネット。彼が近年結成したGRAHAM BONNET BANDの新作として、2016年秋にリリースされたのが本作『THE BOOK』です。

今作は2枚組仕様で、ディスク1にはコンラド・ペシナート(G)、ベス・エイミー・へヴンストーン(B)、マーク・ゾンダー(Dr)、そしてALCATRAZZ時代の盟友ジミー・ワルドー(Key)という現時点での最強布陣で制作されたオリジナル曲11曲を収録。オープニングトラック「Into The Night」での「そうそう、これこれ! こんなグラハム・ボネットが聴きたかった!」と膝を叩きなるような様式美HR/HMに筆頭される、グラハムがこれまで携わってきたバンドのカラーが至るところに散りばめられた、聴き応えのある1枚に仕上がっています。

グラハムのボーカルからは衰えはそれほど感じられず、これが昨年12月に69歳になったばかりのジジイの歌声かよ!?とただ驚くばかり。そしてコンラド・ペシナートのギタープレイも適度にクラシカルで適度にテクニカル、何よりも耳に残るフレーズをたくさん用意してくれるので、親しみやすいプレイヤーではないかと思います。

いやぁ、それにしてもここまで好き放題やっておいて、単なるセルフパロディで終わってないのはさすがだと思います。どれも聴いたことがあるような錯覚に陥るほどに“グラハムらしさ”に満ち溢れている、だけど正真正銘の新曲なんだから。確かに2016年に新たに生み出すような音楽ではないのかもしれないし、80年代からまったく進化していないと言ったらその通りだとも思う。けれど、こういう音楽をここまでストレートに表現できる稀有な存在だけに、彼には無駄にモダンなことに手を出さず、このまま可能な限り自己流のHR/HMを表現していってほしいです。だって「Into The Night」や「Dead Man Walking」みたいな疾走メタルチューンを絶唱できる、70代に手が届くシンガーなんてそうはいないんだからさ。

そしてディスク2。これがある意味問題作であり、人によってはメインディスクになるのかな(苦笑)。こちらはグラハムが過去に携わってきたバンドやソロ時代のヒット曲をGRAHAM BONNET BANDでセルフカバーしたもの。RAINBOW「Eyes Of The World」から始まり「All Night Long」などの代表曲、そしてソロシングル「Night Games」、MSGからは「Assault Attack」「Dancer」など、ALCATRAZZは「Island In The Sun」「God Blessed Video」など1st〜3rdアルバムから、IMPELLITTERIは「Stand In Line」がピックアップされています。

どの曲も基本的なアレンジはそのまま、ボーカルも変に歌メロを崩すことなく、スタジオテイクでの歌唱を軸に歌っています。肝心の演奏もオリジナルに忠実なパートが多く、特にギターのコンラド・ペシナートはリッチー・ブラックモアからマイケル・シェンカー、イングヴェイ・マルムスティーン、スティーヴ・ヴァイ、クリス・インペリテリと、どいつもこいつもクセが強いギタリストなのにしっかり再現&自身の個性を表出させているんだから、さすがとしか言いようがありません。

グラハムのファンや彼が在籍した上記のバンドのファンはもちろんのこと、RAINBOWからの流れにある様式美HR/HMにこれから触れてみようという人にも入門編としてオススメしたい作品集。ディスク2のみならずディスク1もしっかり楽しめたら、あなたも今日から立派なメタラーです。そして、せっかくなので3月に控えたGRAHAM BONNET BAND&ALCATRAZZの来日公演にも足を運んでみてはどうでしょう。



▼GRAHAM BONNET BAND『THE BOOK』
(amazon:国内盤2CD / 海外盤2CD

投稿: 2017 02 25 12:00 午前 [2016年の作品, Alcatrazz, Graham Bonnet, Impellitteri, Michael Schenker, Rainbow] | 固定リンク