2018年12月24日 (月)

THE MONKEES『CHRISTMAS PARTY』(2018)

前作『GOOD TIMES!』(2016年)で本格的復活を果たしたTHE MONKEESが2年ぶりの新作として発表した、初のクリスマスアルバム。相変わらず正式メンバーはミッキー・ドレンツとピーター・トークの2人ですが、前作同様に脱退しているオリジナルメンバーのマイク・ネスミスも参加。さらに、2012年に亡くなったデイヴィ・ジョーンズのボーカルテイクを使った楽曲も含まれており、完全に“あのモンキーズ”のアルバムとして仕上げられています。

内容的にはクリスマスソングのスタンダードと、ポール・マッカートニー「Wonderful Christmastime」やBIG STAR「Jesus Christ」といったロック/ポップスのクリスマスソングカバーが中心。そこに、前作でもオリジナル曲を提供したアダム・シュレシンジャー(FOUNTAINS OF WAYNE)やアンディ・パートリッジ(XTC)、リヴァース・クオモ(WEEZER)がオリジナル曲を書き下ろし。さらに、今回は元R.E.M.のピーター・バックもソングライティング&ギターで参加するなど、アメリカンロック/パワーポップ界的には今回もたまらない内容となっています。

全体のプロデュースを手がけたのは、今回もアダム。演奏面でも全面的に彼が関わっており、プレイヤー陣の中にはジョディ・ポーター(G)やブライアン・ヤング(Dr)といったバンドメイトの名前も見つけることができます。今や解散状態のFOUNTAINS OF WAYNEなだけに、こういう形で再び共演が楽しめるのはファンとしては嬉しいかぎり。

数少ないオリジナル曲4曲は、オープニングを飾るアンディ・パートリッジ作「Unwrap You At Christmas」こそ“らしい”クリスマスソングですが、リバース・クオモ作「What Would Santa Do」はハンドベルこそ用いているものの、基本的にはWEEZERっぽいパワーポップ。アダム・シュレシンジャーによる「House Of Broken Gingerbread」もFOW風パワーポップで、特にクリスマスソングという印象は薄いかもしれません。

そしてもう1曲、ピーター・バックが関わるアルバムタイトルトラック「Christmas Party」もそのギターフレーズのせいもあってか、どこかR.E.M.を彷彿とさせるもの。これを歌うミッキー・ドレンツの声もどこかマイケル・スタイプっぽいような……気がしませんか?

もちろん、それ以外のカバー曲も原曲が素晴らしいですし、それを演奏するプレイヤー陣も優れているので、安心して楽しめるはず。若々しいデイヴィのボーカルを用いた「Mele Kalikimaka」や「Silver Bells」には、ちょっとウルっとしてしまいますけどね。アコースティックテイストにアレンジされた「Wonderful Christmastime」も素敵な仕上がりですし。安心安定の1枚として、この時期にお楽しみくださいませ。



▼THE MONKEES『CHRISTMAS PARTY』
(amazon:海外盤CD / MP3

投稿: 2018 12 24 12:00 午前 [2018年の作品, Fountains of Wayne, Monkees, The, Paul McCartney, R.E.M., Weezer] | 固定リンク

2016年12月19日 (月)

THE MONKEES『GOOD TIMES!』(2016)

60年代にアメリカを中心に一世を風靡し、その後何度か再結成をしているTHE MONKEES。バンドの顔としてアイドル的人気を誇ったデイヴィ・ジョーンズが2012年に亡くなり、音楽的支柱だったマイク・ネスミスも脱退。現在はミッキー・ドレンツとピーター・トークの2人だけが正式メンバーですが、THE MONKEESをリスペクトするフォロワーたちの協力を得て、20年ぶりに完成させたオリジナルアルバムが今作です。そういった話題性もあったか、本作はビルボード200にて14位という好成績を残しています。

プロデュースにFOUNTAINS OF WAYNEのアダム・シュレシンジャーが参加。もちろん楽曲制作にも携わっており、この他にもアンディ・パートリッジ(XTC)、リヴァース・クオモ(WEEZER)、ベン・ギバート(DEATH CAB FOR CUTIE)、ノエル・ギャラガーポール・ウェラーといった錚々たる面々が楽曲提供。さらに60年代にレコーディングされたデイヴィ・ジョーンズのボーカルを活かした楽曲も含まれているだけでなく、レコーディングにはマイク・ネスミスも参加しています。ボーカルの比重の違いこそあれど、これはまさしく僕が洋楽原体験として聴き親しんだTHE MONKEESそのものなのです。

楽曲はどれも悪いわけがない。ハリー・ニルソンやニール・ダイヤモンドの楽曲も含まれているのですが、フォロワーたちがTHE MONKEESに新曲を書くと意気込んだこともあってか、いい意味でどれが新曲でどれがカバーかわからないくらいに充実しています。もっとも、各アーティストのファンが聴けば、どの曲もそれぞれのクセが散りばめられているので「これは誰の曲」とおわかりになると思いますが。

2016年にTHE MONKEESの新作が聴くことができたという事実もさることながら、その完成度の高さにただただ驚かされた1枚。2016年は個人的に非常に豊作でしたが、そんな1年を語る上で欠かせないアルバムと言えます。


こちらはリヴァース提供楽曲。らしさがありますね。


こちらはアンディ・パートリッジ先生の楽曲。本気度が違います。



▼THE MONKEES『GOOD TIMES!』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2016 12 19 12:00 午前 [2016年の作品, Fountains of Wayne, Monkees, The, Noel Gallagher's High Flying Birds, Paul Weller, Weezer] | 固定リンク

2004年8月20日 (金)

とみぃ洋楽100番勝負(1)

 つーわけで、勝手に始めた自己満足&自虐コーナー。俺が生きてきた33年間に、俺自身にいろいろ影響を与えた洋楽の楽曲にスポットを当てて語るという、そんなコーナーです。

 ま、そのうちにラジオのネタにでもなりそうな予感もなきにしもあらずですが。

 つーわけで、第1回目は俺の洋楽童貞を奪った、THE MONKEES。

●第1回「Valleri」 THE MONKEES ('68)

 邦題は確か「すてきなヴァレリー」だったような記憶が。つーか今手元に音源がないんでアレですが(アナログしか持ってないのよ、モンキーズは。しかも小学生当時に買ったやつな。実家に置きっぱなしだし)、数あるモンキーズの代表曲の中でも最も好きな曲はと問われれば、"Daydream Believer" ではなくこの曲を挙げたいと思います。

 やっぱりイントロのフラメンコ風フレーズとちょっとサイケな雰囲気が(勿論小学生当時はサイケなんて言葉、知りませんでしたが)たまらない、最高にイカすポップロック。当時ビートルズもストーンズも知らなかった俺からすれば、間違いなく「世界一カッコいいロックグループの、最高にカッコいいロックチューン」に君臨してた1曲。

 で、ちょっと前に聴く機会があったけど、やっぱり今聴いてもカッコいいんだよね。アルバムだとサードアルバム「BIRDS, BEES & THE MONKEES」に入ってるみたいだけど(これがオリジナル4人でのラスト作)、個人的にはヒット曲が網羅されたベスト盤から聴いてもらった方がいいと思うよ。

 これが俺の原点。別に恥ずかしくもないし、隠すことでもない。堂々と胸張って自慢したいと思います。



▼THE MONKEES「THE DEFINITIVE MONKEES」(amazon

投稿: 2004 08 20 01:00 午前 [1968年の作品, Monkees, The, 「100番勝負」] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック