2007/11/13

MO'SOME TONEBENDER『C.O.W. (CHECK OUT WORLD)』(2007)

さて、2007年2月末にリリースされた「SUPER NICE」が音楽ファンの間で大きな物議を醸し出したMO'SOME TONEBENDER。アルバム発表後には初の日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブを含む全国ツアーを行い、春には「ARABAKI ROCK FEST」などのイベントに出演したものの、夏の間はレコーディングに費やすことを早くから発表しました。よって、フジロックやライジングサイといった恒例の夏フェス出演は一切なし。ま、百々は別バンドで出演したりしましたけどね。

あんだけのアルバムを作り上げてしまったというのに、早くもスタジオに向かった彼ら。その創作力にただただ驚かされたものです。そして前作から実質7ヶ月曲で届けられたのが、この「C.O.W. (CHECK OUT WORLD)」というアルバム。先行シングル一切なし、とにかくどうなっているのか一切わからない状態でこのアルバムを聴いたのですが……

ますますおかしいことになってるじゃないかよ!(笑)

いきなりオープニングで某浦安辺りのアミューズメント施設を彷彿させるインストが流れ始めて、続く「Bad Summer Day Blues」は……ジュリアナかよ!?(死語)と言いたくなるようなダンスチューン。確かに前作からの流れだったら、これも想像できなくもなかったけど……ファンの想像のはるか上を行きすぎ! そしてインタールードを挟んで、前作での「TIGER」的な爆走ナンバー「L.O.V.E.」や、どことなくモータウン・テイストを感じさせるポップチューン「ルルル」といった曲に驚かされるわけです。

その後も'80年代テイスト(というかまんま)なダンスナンバー「パーティーは続くよ」、ヒリヒリしたギターサウンドが気持ちいい疾走チューン「Young Lust」や「エンゲルロージー」、こちらもジュリアナ・テイストのシンセがループする「Lost In the City」、ディスコパンクとは一線を画する打ち込みナンバー「PERFECT」、このアルバムの中では比較的ストレートな部類の「ハラヒレ」、ヘヴィなスローナンバー「18(eighteen)」、そして文字どおりボーカルトラックをスロー再生させたアウトロ的な「SLOW PLAY」(これは前作のラストナンバー「We are Lucky Friends」をスロー再生したものだよね?)……とにかく「混沌」という言葉がピッタリなアルバムと言えるでしょう。

だけどね、どの曲を聴いても「あ、これモーサムの曲だ」とわかるのがスゴイ。いや、そりゃファンだからでしょ?って思うかもしれないけど、あんなヘンテコなダンスナンバーでもモーサムの持ち味は失われてないんですよ。

これまでのモーサムっていつも「ライブのほうがスゴイのに」と思わされてばかりだったのに、特にこのアルバムに関してはライブよりもアルバムありきの作品なんじゃないかとさえ思えてくるんですよ。もっとも僕もまだこのアルバムを引っさげたライブを観ていないこともあって、なんとも判断しづらいところもあるんですけど。でもこれは、確実にライブを想定しないで、スタジオに籠もって勢いで作ったのか伺える1枚ですよね。好き嫌いを超越した、ものスゴイアルバムですよ。

常人がいきなりこんなアルバム作り出したら、恐らく「あいつ、絶対に変なクスリやってるぜ?」と言われるのがオチでしょう。ところが、これがモーサムとなると話は別。もはや「モーサムならしゃーないわな」と言わせてしまう説得力を持ってるわけですから(それは言い過ぎか。ていうか、それはあまりにもアレですね)。僕はこのアルバム、というかここまでの流れを大絶賛したいと思います。



▼MO'SOME TONEBENDER「C.O.W. (CHECK OUT WORLD)」(amazon:日本盤)

投稿: 2007 11 13 12:05 午前 [2007年の作品, MO'SOME TONEBENDER] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007/11/12

MO'SOME TONEBENDER『SUPER NICE』(2007)

2005年末の「Rockin' Luuula」以降、個人的には目が離せないバンドのひとつに再浮上したモーサム。2006〜7年の快進撃ぶりは本当に目を見張るものがあって、特に今年はアルバムを2枚もリリースするという多作ぶりでファンを驚かせています。今回は2回にわたり、その2枚のアルバムについてコメントしていきたいと思います。

まずは、今年2月にリリースされた「SUPER NICE」。アルバムに収録される新曲のいくつかは2006年末のライブで耳にしていて、「これはもしかしたらスゲーアルバムが出来たんじゃないの!?」とワクワクしたものです。仕事柄、ひと足に(多分2006年末かな)このアルバムを聴くことができたんですが……第1印象は「……なんじゃこりゃ!?」でした。スゴイとかカッコイイを超越した、なんだかよくわからない異物感。どう評価していいかわからないまとまりのなさ。ただ、ひとこと言えるのは「振り切れまくってるなぁ」ということだけ。なんだかわからないけどものすごいアルバムが完成したことだけは間違いなさそうです。

先行シングルにもなったオープニングの「TIGER」が、まずいきなりなんだかわかんない状態じゃないですか(笑)。もうね、狂ってるとしか言いようがないっつうか……それでその次に「JACK THE TRIPPER」みたいなホンワカしたポップチューンが来るし。こうやって個性バラバラな楽曲が並ぶと、いかに「You are Rock'n Roll」が普通に聞こえることか(ま、この曲はライブのほうがはるかに優れてますけどね)。かと思うと、いきなりドリーミーな「秘密にしようよ」はあるし、アコースティックナンバー「オバケ」の次はヘヴィな「慈・善・事・業」、今までの彼らだったらあり得ないであろうスカナンバー「SUMMERスカ?」、どことなくMUSEを彷彿させるアレンジの「STOP THE MUSIC」、ドラムの藤田がボーカルを取るスローナンバー「ロジョー」、そして今やライブでのキラーチューンにまで成長したディスコチューン「We are Lucky Friends」……きっと「echo」「LIGHT, SLIDE, DUMMY」あたりを愛聴してきたファンなら、この変化に拒絶反応を示すのかもしれませんね。

このバンドは何となく、実験作「TRIGGER HAPPY」からつねに変化を繰り返している……いや、試行錯誤しているように映るときがあるんですよね。でも、そんな試行錯誤の結果がこういういびつな形で答えを出そうとしている。賛否あるだろうけど、これを真正面からやれるバンドって今やモーサムくらいしかいないんじゃないか……とさえ思えてくるんですよね。好き嫌いあるのは仕方ないとして、俺はこの破綻したスタイルにドキドキしたし、それをどうライブで表現するのか、本当に楽しみだったんですよね(そのライブは、当たり・ハズレがあったりするのもまたこのバンドらしいというか)。

このアルバムを何度も何度も楽しんでいるうちに、ふと思ったことがあったんですよ。「これやっちゃったら、次はどうすんだろう」って。だって、ここまで振り切れちゃったら、そう簡単には次は作れないですよね? でも……やっちゃったんですよね、たった7ヶ月強で(苦笑)。



▼MO'SOME TONEBENDER「SUPER NICE」(amazon:日本盤)

投稿: 2007 11 12 12:05 午前 [2007年の作品, MO'SOME TONEBENDER] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006/01/06

COUNTDOWN JAPAN '05-'06@幕張メッセ(12/30)

 さて、前日にアップした「COUNTDOWN JAPAN '05-'06」簡易レポ初日編に引き続き、今回は2日目であるところの12/30の簡易レポ(というか、当日のメモ)をご紹介します。

 正直なところ、この日はあまりライヴを観ておらず、タイムテーブルを知ってる人にはお判りいただけるかと思いますが、POLYSICSと曽我部恵一バンドとの間に1時間半、曽我部さんからZAZEN BOYSまで約3時間以上もの間が空くんですよ。で、その間何やってたかというと‥‥友人達と、ただひたすら酒呑んでたという(苦笑)。ほぼ泥酔に近い状態でしたね。ま、ZAZENの前にはちょっとこれじゃあマズいと思って、さすがに酒を控えましたが(お陰でZAZENの時には踊りまくって酒は全部抜けましたけどね。多分)。

 まぁそういうのも、またフェスっぽくていいですよね。残念なのは、これが屋内で、しかも真冬に開催だということ。惜しいよなぁ‥‥ま、この辺の悔しさはまた今年の夏に持ち越しってことで。

 それでは、本編に突入したいと思います。ホント、レポートにもなってない、単なる箇条書きメモですので、長文を期待してる人には肩すかしかもしれません。申し訳ない。

●THE DAY 2 [2005.12.30.]


■POLYSICS [GALAXY STAGE]
・ポリはエゾの時に久し振りにライヴ観て「これはヤバい!」と思ってて。
・機会があれば単独とか観ようと思ってたくらい。
・だから千葉LOOKが速攻で売り切れてたのも、AXが即日完売だったのにも驚いた。
・けど、アルバム聴いてライヴ観れば、それも納得いくと思う。
・海外ツアーを経て、ひと皮もふた皮も剥けたせいか、とにかく洗練されてた。
・アホっぷりは相変わらずだけど、そこ削ったらポリじゃなくなるし。
・曲のキャッチーさについてはここで言うまでもなく。
・正直新作を2005年の10枚に入れようかどうか迷ってるのよ俺(結局入れたし)
・しかし人入ってたねぇ。裏はサンボだったのに。
・圧巻でした、全てにおいて。


▼POLYSICS「Now is the time!」(amazon


■曽我部恵一バンド [GALAXY STAGE]
・曽我部さんは、実は今の編成になってからは初めてかな。
・バンド形体でのライヴ、最後に観たのって一昨年の朝霧か?
・それくらい観てなかった。っつーか弾き語りしか観てなかった。
・いやーカッコいい。ホント、ロックンロールが好きで、どうやったら楽しくロックンロールできるかをよく知ってる人達だね。
・"世界のニュース" バンドバージョンはやっぱり最強すぎる!
・終始気持ち良く踊らせていただきました。ありがとう!

--SETLIST--
01. ジュークボックスブルース
02. ハルコROCK
03. あたらしいうた
04. 世界のニュース
05. テレフォンラブ
06. LOVE-SICK
07. 青春狂走曲
08. STARS


▼曽我部恵一バンド「LIVE」(amazon


■ZAZEN BOYS [EARTH STAGE]
・ZAZENは丁度1年振り。
・前回もこのCDJの2日目だった。アヒトが最後の日ね。
・つまり、現体制を初めて観たことになるのか。
・噂通り、ホントにヤバいわこれ。
・リズムのうねり具合がこれまでと全然違う。
・より太くて強靭で、それでいてしなやか。
・アヒトとタイプが違うから比較しようがないけど、多分この選択は間違ってなかったと思う、両者にとって。
・勿論、相変わらず元ART-SCHOOL組も変態過ぎて素敵。
・向井は相変わらずだな。「幕張」を「まぐわり」言ってみたり。
・早く3rdアルバム聴きたい。
・あと今度の単独公演は何が何でも行くから。

--SETLIST--
01. USODARAKE TAKE2
02. HIMITSU GIRL'S TOP SECRET
03. HARD LIQUOR
04. FRIDAY NIGHT
05. CRAZY DAYS CRAZY FEELING
06. COLD BEAT
07. COLD SUMMER
08. 半透明少女関係


▼ZAZEN BOYS「ZAZEN BOYS III」(amazon


■MO'SOME TONEBENDER [MOON STAGE]
・モーサムは、もう何も言うことないでしょう。
・PIXIESの時みたいな衝撃こそなかったものの、やはり今日もタケイから目が離せず、気づいたら彼の前の方にいた俺。
・しかし‥‥このバンドのテンションでフルステージ見せられたら俺、どうなっちゃうんだろう‥‥
・それにしても、パイプ椅子攻撃には大爆笑したな。
・後ろの方の人達には、何が起こっているのが全く判らなかったらしいw
・ホント、タケイワールド全開だったわ。
・というわけで、3月のワンマン楽しみ!


▼MO'SOME TONEBENDER「Rockin' Luuula」(amazon


■PENPALS [GALAXY STAGE]
・ペンパは、最初は全部観るつもりだったのに、年の瀬にきてモーサムがね‥‥
・けど、全然観れないと諦めてたら、アンコール含めて40分近く観れた。
・後で伝え聞いたところによると、1stから近作までまんべんなくやってたみたいね。
・つまり、彼等がホントにやりたい曲だけやったのかしら。
・ま、詳しくはセットリストの通り。
・俺が観たのは "TELL ME WHY" のエンディング辺りから。8曲くらい観れたのか。
・個人的に聴きたかった曲を偶然にも幾つか聴けたので、よしとします。
・"MORE FUN?" の時、一瞬ステージの上がひたちなかのレイクステージに見えた。
・辺り一面が青空に見えてきて、あーフェスのペンパルズってこんな感じだよね、って勝手に理解できてた。
・でも間違ってないと思う。きっとそういうバンドだったんだなと。
・あの観客を見て、彼等は何を思ったのか。
・解散、やっぱりやーめた、っていう勇気があってもいいと思う。
・それは決してカッコ悪いとは思わない、少なくともファンにとっては。
・ケジメとかそういうのはいいから、ちょっとでも心が動いたのなら‥‥
・なんて途中に考えたけど、ラストの4人を見たらそんなことも言えず。
・凄く楽しんでるのが判ったから、ああこれでよかったんだ、って思った。
・多分彼等のユニットを追うことはないけど、でも時々思い出したようにペンパルズは聴き続けたい。
・ありがとう。お疲れさまでした。最高でした。

--SETLIST--
01. ASTRO MOTEL
02. CARS
03. 70 TIMES
04. I Guess Everything Remimds You
05. RIGHT NOW
06. I WANNA KNOW
07. NO ROCK'N'ROLL RADIO
08. BOYS & GIRLS
09. JUMPIN' THE GUN
10. AMERICAMAN
11. TELL ME WHY
12. A.F.O.K
13. LIFE ON THE HIGHWAY
14. LIFE ON THE WAY
15. MORE FUN?
-encore-
16. 君を見てた
17. DAYS GONE BY
18. ラヴソング
19. All Fun Of Kids


▼PENPALS「Super Powerless」(amazon

投稿: 2006 01 06 12:11 午前 [2005年のライブ, MO'SOME TONEBENDER, PENPALS, 「フェス」, 曽我部恵一] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005/12/24

「Pixies Tribute "Alive"」@STUDIO COAST(12/11)

 PIXIESのライヴに行って来ました。ま、「PIXIESの」と限定しちゃうとちょっと違うのかな。今回の初ジャパンツアー(そう、去年のフジロックはあったものの実質これが初の来日ツアーなんだよね!)最終日となる12/11、この日のみのスペシャルな企画が行われたんですよ。PIXIESのライヴには違いないんだけど、それプラス2組の日本のバンドがゲストに付き、「PIXIES TRIBUTE」なんて銘打って共演するという。ゲストに選ばれたのはBEAT CRUSADERSとMO'SOME TONEBENDER。共に数年前に日本でリリースされたPIXIESトリビュートアルバムに参加した、それこそ「PIXIESチルドレン」と呼んでも差し支えないような存在。現在の立ち位置こそ独自のものがあるけど、もとは影響を受けたクチでしょうしね。

 新木場STUDIO COASTには初めて行ったんですが、なかなか良いハコですね。外装も海外のライヴハウスみたいだし(写真参照)、中はある程度広めで余裕もあり、また内装もちょっと小洒落た感じで雰囲気良いし。広さ的にはZepp Tokyoを横に延ばしたような感じかな。キャパ的にもZeppとほぼ同じくらいみたいだしね。意外と好きかもしんない。都心からのアクセスもまずまずだし(京葉線で東京駅から10分くらいだしね)。

 それではライヴの感想をそれぞれ簡単に書いていきましょう。この日はビークル、モーサムが共に30分程度、PIXIESが65分程度でトータル3時間くらいで、思ったよりも長く感じませんでしたね。逆に前座がもっと長くやるもんだと思ってたから(PIXIESが短いのは知ってたので)21時ちょい前に終わった時にはちょっと面食らいました。



■BEAT CRUSADERS
 夏の「ROCK IN JAPAN FES」以来だったけど、この日はドラマーのマシータが病気療養中ということで欠席、サポートメンバーを入れてのステージでしたが、特に違和感は感じませんでした。内容的にも夏に観た時と似たような感じ。ヒット曲 "HIT IN THE USA" を出し惜しみせずに前半に持ってくるセットリストも相変わらず。
 ただ、この日のお客(主にPIXIES目当て)にはちょっと受け入れられてなかったような気がしないでも。前の方に集まったお客は明らかに彼ら目当てでこの日の高いチケットを購入した若い子達(それこそ、首にタオルを巻いてるような子達。少なくともPIXIESファンには見られない傾向だわな)で、フロア後方はスカスカ。更に後ろに2階席的高台があって、そこで腕組んで様子見してる人が多かったかな。あとフロアに入らないでバーフロア(隣の部屋)で呑んだり喋ったりしてる人も多かったようで。遅刻組も多かったのかな、前座はいいやーっていうPIXIESファンとか。
 とにかくまぁ‥‥現時点の音楽性は確かにPIXIESのソレよりはGREEN DAY以降のポップパンク〜パワーポップの流れを汲むものだけど、やはり "FIRESTARTER" 辺りを聴くと元の出所は隠せないよなぁ、と。そこだけは非常に興味深かったかな。ま、それ以外は特に新しい発見もなく、いつも通りのビークルでした。

  [SETLIST / BEAT CRUSADERS]
  01. JAPANESE GIRL
  02. LOVE POTION #9
  03. HIT IN THE USA
  04. Imagine?
  05. LOVE DISCHORD
  06. DAY AFTER DAY
  07. FIRESTARTER
  08. FEEL


▼BEAT CRUSADERS「MUSICRUSADERS」(amazon


■MO'SOME TONEBENDER
 随分と久し振りに観るモーサムだったんだけどさ。ここ最近、自分の身の回りの「今のモーサムは凄い!」って声がとにかく凄くて。で、とにかくこの時期(新作リリース直後)に一度、ちゃんと観ておこうと思ってて。丁度いい機会だったわけですよ。
 んで‥‥出てきた瞬間、GANG OF FOURのカバー(以前出たニューウェーブトリビュート盤収録)"To Hell With Poverty" ですからね。しかもタケイ劇場と来たもんですから、何も知らないお客はキョトンとしちゃって。俺は‥‥ただひたすら爆笑ですよ。何だ何だ、今はこんなことになってるのか!!って。ちょっとゾクゾクした。その後もここ1〜2作の曲が中心で‥‥知らない曲ばかりだったんだけど、これがとにかくカッコイイのなんのって! 凄い、やられた!って気持ちでいっぱい。終始ドキドキしてましたよ。
 言い過ぎかもしれないけど‥‥ホントに今、このバンドは化けようとしてるな、と。その過程に立ち会えてるんだな、と。そのくらいの「なんだかよく判らないけど、凄いもの観ちゃった!」感がビシビシと伝わってきました。これはもう、単独公演行くしかねーよな!(って行きますが。もうチケット取りましたが)

  [SETLIST / MO'SOME TONEBENDER]
  01. To Hell With Poverty (cover of GANG OF FOUR)
  02. GREEN & GOLD
  03. ロッキンルーラ
  04. ペチカ
  05. Have you ever seen the stars?
  06. ダミアン


▼MO'SOME TONEBENDER「Rockin' Luuula」(amazon


■PIXIES
 さて、念願のPIXIESです。去年のフジロックでは実は全部観てないんだよね。後に東京事変があったんで、前半だけかな。ま、聴きたかった曲の大半は聴けてたので、それはそれで満足だったんだけど。そもそも俺、彼らにそこまで強い思い入れってリアルタイムではなかったんだよね。どちらかというと、フランク・ブラックがソロになって以降ハマッたクチ。んで更にPIXIESを深いところまで知ったという。丁度時期的にグランジとかRADIOHEADみたいなフォロアーがどんどん出てきてた時期だったんで、巷の再評価に習って聴いてたようなとこはあるかな。
 んでさ、この日のステージ。基本的にはセットリスト毎日違ったらしくて、最終日はいきなり "Bone Machine" からスタートしたんで、発狂しそうになった。危なかった。その後も耳に馴染んだ名曲の数々。"Cactus" 〜 "Broken Face" なんて流れ、失禁ものだって。更に中盤、"Wave Of Mutilation" から数曲の流れが‥‥殺す気か!?と。本気で胸がドキドキしてた。久し振りにときめいた。なんじゃこりゃ! あー俺ロック好きで良かったーって。気持ちは中学生くらいに戻ってた。いや、彼らが活躍してた頃は既に十代後半〜二十歳頃だったんだけど。
 MCも特になく淡々と進むステージ。時々キム・ディールが喋るんだけど(日本語で「アリガト」とかね)、それがもうキュートでさ‥‥キム姐さんに対してまさか「キュート」なんて言葉を使う日が来るとは思ってもみなかったけどさ。あと、フランクとの掛け合い漫才(笑)も非常にほんわかとした空気を周りに与えててさ。殺伐ロックなのに、音が止むとホントにほんわか。このギャップもいい。彼らが愛される理由が判った気がした(いや全盛期はこんなじゃなかっただろうけどさ)。
 単独公演の時よりも数曲短かったようだけど、これだけやって聴きたい曲も殆ど聴けて、そりゃ満足でしょ。結局この再結成における「新曲」はまだひとつもないわけで、新譜のリリースもない、ただひたすら楽しむためにライヴやってます的空気の中ツアーが続いてるわけですが‥‥そろそろいいんじゃないの? 確かに過去の名曲群と肩を並べるような楽曲が生まれるかどうか、そこはちょっと聴くのが怖かったりもしますが‥‥けど次は是非、新作を伴ったツアーで再来日を果たして欲しいな。その時はまた、この日感じたみたいな「ロックっていいよなー!」っていうシンプルで素直な気持ちを思い出し、体感したいなぁ。そう思わずにはいられない、素敵なイベントでしたよ。

  [SETLIST / PIXIES]
  01. Bone Machine
  02. I Bleed
  03. Monkey Gone To Heaven
  04. Cactus
  05. Broken Face
  06. Subbacultcha
  07. Caribou
  08. Hey
  09. Velouria
  10. Wave Of Mutilation
  11. Gouge Away
  12. Debaser
  13. Tame
  14. In Heaven
  15. La La Love You
  16. Here Comes Your Man
  17. Holiday Song
  18. Nimrod's Son
  19. Vamos
  20. Where Is My Mind?
  ---encore---
  21. Gigantic


▼PIXIES「WAVE OF MUTILATION : THE BEST OF THE PIXIES」(amazon:US盤

投稿: 2005 12 24 12:30 午前 [2005年のライブ, MO'SOME TONEBENDER, Pixies] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005/12/17

MO'SOME TONEBENDER『Rockin' Luuula』(2005)

 あるひとつ(ひと組)のアーティスト(バンド)を好きになる瞬間って、様々なわけじゃないですか。たまたまラジオやテレビで耳に/目にして気になったり、他人に勧められて借りた音源を聴いた時だったり、あるいは無防備な状態でイベント会場とかでいきなり出くわした時とか‥‥でもやっぱり、ライヴでいきなり好きになってしまったバンドって、その後も凄く尾を引くと思うんですね。

 俺とMO'SOME TONEBENDERとの出会いは、多分2001年頃のフジロックだったと思うんだけど、正に無防備な状態でたまたま臨んだら、完璧にノックアウトされちまったわけ。気づいたら帰りに岩盤の物販テントで彼等のアルバム(まだメジャーデビュー前だったので、「DAWN ROCK」「echo」を慌てて買って。帰りの車の中で、延々聴いてたなぁ。そのくらい衝撃を受けたわけ。翌週くらいに開催された「ROCK IN JAPAN FES」でもしっかりお目当てのひとつに入れて堪能したしね。この時はもう曲もある程度把握出来てたので、また違った楽しみ方が出来たなぁ。そして同年秋にメジャーデビュー。ライヴを観る機会はその後あまりなかったけど、音源だけはしっかりチェックしてて。「TRIGGER HAPPY」を初めて聴いた時は、とにかく「なんじゃこりゃー!?」ってなって、このバンドは更に上にいこうとしてるなってのが伺えたよね。でも‥‥続く「THE STORIES OF ADVENTURE」を俺、何故かチェックしてなくてさ。今日に至るまで、まだ聴けてないのね。たまたまタイミングが悪くて買えてなかっただけであって、決して彼等に対する評価が下がったり興味がなくなったわけじゃなかったんだけど‥‥今となっては恥じるしかないね、マジで。

 最近になって身近の知り合い達がこぞって「今の」モーサムを絶賛してて。当然シングルも聴いてない、ライヴもちゃんと観てない俺はその理由が判らなくて。朝霧JAMでチラッと観ただけで、その時は場違いだなーって思っちゃってハナから観る意思がなかったんだけどさ。

 先日、PIXIESのライヴを観に行って。新木場STUDIO COASTでやったやつ。ビークルとかモーサムがサポートに付いてさ。もともとPIXIESは観るつもりだったんだけど、他のバンドも観れるならってことでこの公演を選んで。

 でね‥‥生涯で二度目、またモーサムのライヴでもの凄いショックを受けたわけ。そりゃPIXIES目当てだったし、まぁついでにモーサム観れるならくらいの軽い気持ちだったんだけど‥‥嗚呼、これはみんな絶賛するわけだ。つーか何だこれ!? 何時からこのバンドはこんなことになってるんだ!?ってさ。とにかくショック以外の何ものでもなかったわけ。正に手に汗握るようなライヴ。初めて彼等を観た時とは全く違うレベルのショック。これだからロックはたまんないし、ライヴ行くのが止められないんだよ。

 そしてライヴ終演後、当然のようにモーサムのニューアルバム「Rockin' Luuula」を物販で買ってる俺。これも初めて観た時同様だね。

 聴いてないので前作との比較もできないし、もはや「TRIGGER HAPPY」以前と比べることに意味があるのかさえも判らない。ただ言えるのは‥‥ものスゲーかっこいいロックンロールアルバムだということ。曲もキャッチー且つワイルド。所々にグラマラスな匂いもすれば、ポストパンク的な色も見え隠れする。つまりさ‥‥これまで彼等が表現してきたこと/表現しようとしたことが、ここらで一気に開花し始めてるってことだよね。そう、まだ「開花し始めてる」段階なんだよ‥‥そのブレイク前夜的な瞬間を真空パックしたのが、今回のアルバムなんじゃないかと思うわけ。

 つまり‥‥このバンドは、この先まだまだ上へと昇りつめますよ! ライヴを重ねれば重ねる程、このアルバムの曲は生き物のように成長するだろうし、バンド自身もどんどんとレベルアップしていく。いい意味で「出来上がってない」んだよね。

 先日のライヴを観た時、『あの時』と似たような感覚に陥ったよ‥‥そう、ナンバーガールが「NUM-HEAVYMETALLIC」を発表する前後ね。彼等をナンバガと重ねて観るつもりは毛頭ないし既にモーサム以外の何ものでもないわけだけど‥‥何となく『あの時』と重なった。もしかしたら、『この次』が更に凄いことになってるんじゃないか‥‥そう思わせてくれるバンドが少なくなった今だからこそ、期待したい。勿論今回のツアーにも行きますよ。当たり前じゃないですか!

 ‥‥つーか何回このバンドは、そういった特別な瞬間を作ってくれるんだよ。そしてこの先ももっとそういった瞬間を生み出し続けてくれるんだろうな。ホント凄いバンドになったもんだわ。



▼MO'SOME TONEBENDER「Rockin' Luuula」(amazon

投稿: 2005 12 17 01:00 午前 [2005年の作品, MO'SOME TONEBENDER] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2003/12/25

MO'SOME TONEBENDER『TRIGGER HAPPY』(2003)

  MO'SOME TONEBENDER、約1年振りのニューアルバムは、再びインディーズからのリリース。メジャーからドロップしてしまったのか、あるいは今回の『作風』が原因で、たまたま今回だけ古巣(インディーズ)からのリリースなのか‥‥真相は判りませんが、とにかくこれはとんでもないアルバムだ、ということだけは間違いのない事実です。

  モーサムというと「ヒンヤリとしてて、鋭くてザクザクするギターと、絶叫に近いボーカルと、それを支える鉄壁のリズム隊」というようなイメージがあると思うんですね。楽曲的にもグランジだったりニューヨークパンクだったり、そういったものからの影響が強い3ピースのロックバンド。シンプルだけに生々しい。ところがこのアルバムはどうでしょう‥‥1曲目の "trigger happy (in the evening)" はまだいいんですよ。オープニングSEと考えれば‥‥納得がいくものだし。しかし、2曲目 "hang song" で我々の度肝を抜くわけですよ。完全に我々が思い描いたモーサムのパブリックイメージをぶち壊す1曲。打ち込みリズムの上を這い回るギターとベース、そしてトランペット‥‥ダブ? ポストパンク? それともポストロック??‥‥いや、ジャンルの括りなんてどうでもいい、とにかく何だかよく判らない「凄み」、あるいは得体の知れない「塊」が我々の耳に、大音量で飛び込んで来る‥‥従来の「らしさ」と新しい「らしくなさ」とを併せ持った "BIG-S"(かのフリクションのカバー)ではスライドギターがのたうち回り、ヒップホップ的手法まで取り入れる。何だこれ!? マジでモーサム、どうしちゃったの!? まぁ普通そう思うだろうね。

  これがね、アルバム1枚ずっと続くわけ。しかも手を変え品を変え、そして表情を変え。けど全てに於いて一環してる点がひとつあるのね。それは‥‥「得体の知れなさ」。とにかく‥‥何だかよく判らない凄さがあるわけ。何度も聴き返して、そして何日も聴き込んでも全然判らない、その凄さの中身。従来の彼等らしくもあるんだけど、これまでとは明らかに違う要素もある。けど、いざアルバム通して聴いてしまうと‥‥間違いなくモーサムそのもの。何なんだろう、これは?

  去年、これに似たような体験をしたことがある。ナンバーガールのラスト作となってしまったスタジオ盤、「NUM-HEAVYMETALLIC」が正にそれだった‥‥あれと全く同じとは言わないよ。あのレベルには正直達してないと思うし、作品としてもモーサムの方はちょっと散漫すぎると思うし。けど、そこに達することが出来るだけの「片鱗」は十分に感じられるわけ。というか‥‥これはもしかしたら、とんでもないモノが生まれる前の「前兆」なのかもしれないよ。何かそんな気がする。

  確かにナンバガにも通ずるようなポストパンク/ダブ的要素もあるのね。ディレイが効いたトランペットなんて正にそれを意識してるし、中には "VIEW VIEW" なんていう「まんま」な曲まであるし。けど、モーサムがナンバガとは違うのは、そこだけに固執してない点。上にも書いたような要素だったり、更にはホントにポストロックに接近しつつあるんじゃ?なんて思わせる "rainy" ~ "candy & friday" ~ "trigger happy (in the morning)" があったり、歌詞も英語や日本語を使い分けてるし(多分、その辺は意識してないだろうけど)、インストものが結構収録されてたり。とにかくひとつ言えるのは、決してモーサムはナンバガにはならないし、目指してないこと。モーサムはモーサムなりの高みを目指しているんだと。このアルバムを聴けばそれは十分に理解してもらえると思います。

  とにかく‥‥何だかとんでもない作品に出会ってしまったような気が‥‥決してこれが「答え」なんじゃなくて、単なる「設問その1」に過ぎないんだろうな、と。間違いなく次の作品はとてつもない、我々の手に負えないような「モンスター」になるんだろうな‥‥そう実感させる1枚。決して彼等のベストアルバムではないんだけど、今後続く彼等の歴史の上で、間違いなく重要な1枚になるアルバム。それがこの「TRIGGER HAPPY」でしょう。そう、間違いなく、ね。



▼MO'SOME TONEBENDER『TRIGGER HAPPY』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2003 12 25 12:00 午前 [2003年の作品, MO'SOME TONEBENDER] | 固定リンク

2001/08/18

「ROCK IN JAPAN FESTIVAL '01」DAY 2@茨城・国営ひたち海浜公園(2001年8月4日)

  昨年スタートした「rockin'on」社主催の(と思ってたら違って、企画がrockin'on、主催はニッポン放送、運営ディスクガレージとパンフに書いてある)国内アーティスト最大規模のフェス『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』。昨年は2日目が台風に見舞われ、最後まで続けることができなかった(演奏できなかったアーティストは、そこでベールを脱ぐ予定だったAJICOと、生涯初ライヴのはずだった中村一義の2組)。今年は日付を8月中頃から頭に移し、2日間から3日間に延び、「ロックか否か?」と批判的な声が大きかったゆずやミスチルの出演、更に出演アーティストの中には海外のバンドの名前もある。さて、一体どういうことになるのだろうか‥‥

  というわけで、俺が参加した2日目(8/4)と3日目(8/5)をレポートしてみたいと思う。20代最後のライヴという意味では、非常に印象に残る、いいライヴを見せてくれるバンドが多かった‥‥まぁ例の如く、全部いつも通りにやるとなかなか終わらないので(笑)、かなり簡単な紹介になると思うが、そこはご了承を‥‥


◎ゆず (at GRASS STAGE)

  さて、ゆずである。初の生ゆず。つうよりも、そもそも彼らを好意的に受け入れるようになったのは昨年からなので、それ以前の楽曲にも興味があったし、何より先日のドーム公演をたったふたり(歌とギターとハーモニカのみ)で行ったことから、何となくRIJFでも「弾き語り」でやってくれるんじゃないかと密かに期待していた。

  いきなりラジオ体操第一の音楽が流れ始めた時には失笑したが(どうやら、ゆずのライヴ開始前のお約束らしい)、いざステージに北川と岩沢のふたりが登城すると「あぁ、始まるんだ」とワクワクしてくる。やっぱりふたりだけのようだ。岩沢は白Tシャツに「ROCK AND ROLL」タオルを頭に巻き、北川はこの日のために作った「SAKU」Tシャツのパクリ(桜庭選手のオフィTね)で「YUZU」、オリジナルが「39」なのに対し、北川のは「804」という、単に今日の日付の入った、他に使いようのない無駄な(笑)Tシャツに、「フォークデュオ」と書かれた手ぬぐいを頭に巻いている。俺的にはこれで「あり」だった(笑)。

  いきなり北川の軽快なトークからスタートし(笑)俺が知らなかった曲を2曲(恐らく初期の曲だろうか?)披露。両方北川がリード。如何にもフォークソングといった感じだが、悪くない。この炎天下の中聴いてると、ふとそよ風が吹くとそれが心地よく感じられる。もう1曲北川が新作より"シャララン"を唄った後に、今度は岩沢リードでヒット曲"飛べない鳥"を披露。いい曲だとは常々思っていたが、こうやって装飾をできる限り減らした、まさしく歌とギターとハーモニーのみで綴られる歌の世界が、この青空にマッチして気持ちいい。しかも岩沢の声の伸びが抜群に良い。ハスキーな北川とは対照的で、本当に清々しい(前は苦手だったくせに/苦笑)。

  続く"心のままに"ではふたり向き合ってギターをかき鳴らしながらスタートするのだが、北川がミスる。堪えられなくなり、ふたりして笑う。こっちまで笑顔になっちまう。プロとしてあるまじき行為なんだけど、今日は特別。それにしても‥‥この2曲で俺は完全にノックアウト状態。マジ泣けた(実際には泣いてないけど)。

  大の苦手だと思い込んでた"夏色"も気持ちよく聴けたし(前フリの北川トークのお陰もあるかも)、最新シングル"3カウント"も改めて聴くと、やはりいい曲だと感じる。そしてお待ちかねの"嗚呼、青春の日々"。もうこの時点で俺が聴きたかった新作「トビラ」からの曲は全部聴けたようなもんだ。やっぱりこの曲の歌詞は泣ける。男泣きの世界。オープニングじゃなかったら、マジ泣きしてそうな勢い。ホントいい。

  何故か岩沢が"蛍の光"を弾き出し、それに合わせて北川がパチンコ屋の閉店の挨拶の如く、またお近くに寄った際には是非声をかけてやって下さい的トーク(笑)をかます。そして最後にもう1曲‥‥ってことで、ファーストアルバムの"てっぺん"で勢いよく終了。初めて聴いた曲だけど、非常に攻撃的な歌詞だなと感じる。どうしても柔なイメージがあった彼ら、決してここ数年で硬派に鞍替えしたわけではなかった。ストリートからスタートした時点で、彼らは地面から上を睨みつけていたのだ。

  「ロック」と銘打たれたフェスで、しかもミリオンクラスのアーティストが前座をする。そしてやるのはフォーク‥‥これ、3日間通しての出演者の中で、ある意味最も「パンク」だと思うんだけど‥‥彼らの新作にはかなりハードは曲も収録されているし、それはロックの範疇に入るものだと思う。しかし、精神性だけを取ってみれば、その辺のヘヴィロックバンドよりもよっぽど「パンク」だと思う。オフィシャルの掲示板でウダウダ言ってる奴らは、彼らの演奏を観て聴いて、何も感じなかったのだろうか? オープニングから最高のステージを観てしまった。こりゃ濃い2日間になりそうだ‥‥


01. する~
02. 贈る詩
03. シャララン
04. 飛べない鳥
05. 心のままに
06. 夏色
07. 3カウント
08. 嗚呼、青春の日々
09. 蛍の光
10. てっぺん


◎MO'SOME TONEBENDER (at LAKE STAGE)

  フジでは無愛想な印象だった彼らも、今日は熱心なファンに支えられいつも通りの演奏ができたようだ。MCも前回よりも冷たい感じがしなかったし。終わりも唐突な感じがせず、ちゃんと「ありがとう」って言ってたし。何かまた違う一面を観た感じで、興味深かった。

  演奏された楽曲はフジにかなり近い感じ。ただ曲順は全く違っていたし、9月にもうリリースされる新作(しかもメジャーから!)からも2曲披露されていた。曲名はオフィシャルサイトでのBBSで、メンバー自身が書き込んでいたものなので、間違いないはず。

  前回は全く知らない状態で挑んだので衝撃もその分大きかったが、今回は「DAWN ROCK」と「echo」をこの1週間何度も聴き込んだので、なかり余裕を持って楽しむことができた。前回はスタンディングだったので、今回は後方のシート席でまったりと‥‥(笑)

  ただ、レイクステージ出演のアーティスト全般に言えるんだけど‥‥音が悪すぎ。特にこういうバンドにはキツかったんじゃないかな? それを抜きにすれば、かなりいいステージだったと思う。リズム隊がしっかりしてるので、ギター&ボーカルの調子さえよければかなり安定したステージを毎回観せてくれるんじゃないかな? 今度は是非、単独で味わってみたいものだ。


01. FLOWER
02. 9
03. パルス玉
04. PARADE
05. 冷たいコード(新曲)
06. echo
07. 壊れてるよ
08. DAWN ROCK
09. HigH(新曲)


◎PEALOUT (at LAKE STAGE)

  一昨年のフジロック以降‥‥シングル"爆裂世界"以降のPEALOUTはマジで凄いと思っていた。だからずっと観たかったんだけど‥‥チャンスがなかなかなかった。一昨年、昨年とフジには出演してるので、さすがに今年はなかった。フジ直前にズボンズとのカップリングツアーがあったが、それも日程的にきつかったので、諦めた。そしてRIJFに出演と耳にした時、絶対に観てやろうと心に決めていた。

  体力が回復したので、スタンディングエリアに入り、踊る準備をしていたら‥‥いきなり1曲目から"心臓が動き出すとき"だもんなぁ‥‥反則だって! 思いっきり踊り、暴れたさ。それにしても‥‥マジでカッコイイ! 下手なUK勢を聴くよりも、最近はMO'SOME TONEBENDERとかPEALOUTといったバンドを聴いていた方が心地よい‥‥決して日本語だからとか、そういうのは全く関係ない。単純にそのサウンドに惹かれるのだ。

  そして続けざまに、ルースターズのカヴァー"C.M.C."! ルースターズのトリビュートアルバムに収録されていたナンバーをこんなところで、しかも初ライヴで聴けるとは‥‥個人的にここでグッときて、最前ブロックまで進んでしまった(笑)。そのくらい、キてた。当然、サビパートでは拳を振り上げ、唄い叫んだ。

  続いて、10月にリリースされるという新曲"ソウルライダー"が披露。アップテンポの、ニューアルバムの路線に近いポップなメロディーを持ったロックナンバー。続けざまにそのニューアルバムから"JET DESIRE"がプレイされ、ここまでの流れは本当完璧。フェスの掴みとしては完璧じゃなかろうか?

  ちょっとしたMCも挟みつつ(ドラムの高橋が主にしゃべるのだが、「レイク・エンジェルです」ってのはちょっと滑ってました。レイクステージだけに‥‥すかさず「伝わったよ」と近藤のフォローが入ってたのが、ちょっと泣けた/笑)、OASISのカヴァーでもお馴染み、BEATLESの"I AM THE WALRUS"の直線的ビートロックバージョンをプレイ。今までもやってたの? 知らなかったけど、ちょっとこれはこれで好き。考えてみれば、PEALOUTはついこの間まで英語詞で活動してたんだから、こういうカヴァーも当たり前っていえば当たり前なんだわな‥‥なんて妙に納得してみたりして。

  ここで近藤がベースを置き、エレピの前に座る。ギターの岡崎はギブソン・エクスプローラーからフェンダーのプレシジョンベースに持ち変える。ここからはピアノ曲パートのようだ。こうやって後半にまとめてやってくれると、楽器チェンジの無駄な空白が減って、テンションも落とすことはない。お見事。そんなこんんなでニューアルバムから"HEIDI"(そう、「アルプスの少女ハイジ」をイメージした曲だ)。途中で近藤がブルースハープを吹き、テンションは一気に上がる。そこに間髪入れずに名曲"爆裂世界"! 正直、空からの暑さとステージからの熱さで、失禁寸前でした(苦笑)。血管切れそうな程にハイテンション。さっきまでのバテ気味の俺はどこへやら‥‥"FLY HIGH"を挟み、最後に"BEAT FOR YOUR RIGHT"で終了。40分程度のステージだったが、大好きな新作と前作からの曲、そして知ってるカヴァー曲中心に進められたことで、個人的には大満足だった。これならフルステージ観てみたいよ。こんなことなら先月の「激ロック」withズボンズ、観ておけばよかった‥‥(涙)


01. 心臓が動き出すとき
02. C.M.C(cover of ROOSTERZ)
03. ソウルライダー(新曲)
04. JET DESIRE
05. I AM THE WALRUS(cover of BEATLES)
06. HEIDI
07. 爆裂世界~世界に追い越されても~
08. FLY HIGH
09. BEAT FOR YOUR RIGHT


◎SUPERCAR (at GRASS STAGE)

  結局フジでは全く観ることもなく(しかも30分で終わったそうだし)、考えてみれば2年振りに観るスーパーカー。その2年の間にこのバンドも随分と変わったものだ‥‥新曲ではとうとうギターレスだもんなぁ(苦笑)。新作やその周辺のシングル、大好きなだけに今日のステージはとても期待していた(しかも1時間も観れるしね)。

  まずはアルバムオープニングのインスト"Changes"に乗せてメンバーがステージに登場する。メンバー4人の他に、サポートのドラマーが1人。彼がシンセドラムを叩くようだ。そして実質1曲目となったのが、いきなり"White Surf Style 5."! のっけから大歓声‥‥のはずだが、俺の周辺は棒立ち状態。盛り下がってるし‥‥明らかに「場所取り」ですな、民生orミスチルの。責めるつもりはないけど‥‥がっかり。こんなに素晴らしい、テンションの高い演奏や楽曲を突きつけられても、何も感じないなんて‥‥「ロックファン」ではないんだね、君達は‥‥「民生ファン」であり「ミスチルファン」でしかないんだね、きっと‥‥いろんな意味で憤りを感じた瞬間だった。

  基本的にニューアルバム「Futurama」からの楽曲が殆どで、それらがアルバム通り忠実に再現されていく。ドラム2人の意味も、ライヴを通して聴くと妙に納得できた。それにしても、このバンド。いつからMC担当がミキちゃんになったの?(笑)個人的にはそっちの方が嬉しいけど♪ 当然この日も、あの2年前の「悪夢」(苦笑/詳しくは、'99年6月のライヴレポ参照)同様、ミキちゃんコールを飛ばす俺‥‥30目前ですが、全然恥ずかしくはないです。むしろ、前へ前へと積極的です。いいんです、もう引き返せませんから‥‥(涙)

  やはり圧巻だったのは、"Karma"~"FAIRWAY"の流れ、そして新作以外からの"Be"。ギターノイズの渦、カオス状態の中、ステージからひとり、またひとりという風に消えていき、最後に床に置かれたギターだけが残る。正直、スーパーカーごときで(って別にバカにしてたわけじゃないけど)こんなにググッとくるとは思ってもみなかった。これまで俺にとってのスーパーカーはポップな楽曲にミキちゃん、それだけだった(笑)。正直、ギターレスになろうがテクノに走ろうが、曲が親しみやすいものであれば何の文句もない。けど‥‥今日この日のステージは、2年前のあのブリッツ公演を忘れさせるくらいに素晴らしいものだと思った。これは成長なのか、単に変化しただけなのか‥‥自分達にできることしかやってこなかったイメージのある初期と比べて、今の彼らからは試行錯誤だとかチャレンジだとか、そういった「前進したい」という心意気みたいなものを感じる。それが個々のソロ活動だったりDJだったりするのだろう。既に「ロックバンド」という形態をも取っ払って「自分達が気持ちよくなれる、いい曲を作りたい」っていう、至極シンプルな結論に達したのかもしれない。俺はそれを支持するし、今後も見守っていきたいと思う。また機会があったら観たいなぁ‥‥そう思わせるに十分なアクトだった。お見事!


01. Changes
02. White Surf style 5.
03. ReSTARTER
04. Baby Once More
05. Strobolights
06. PLAYSTAR VISTA
07. Seven Front
08. Karma
09. FAIRWAY
10. BE


◎JJ72 (at GRASS STAGE)

  ライヴ開始前に再び渋谷陽一が現れ、「彼らはこのためだけに来日した。イギリスではメディアで大絶賛の新人で、そこら中で引っ張りだこ。そんな彼らに対して暖かい拍手で迎えてあげてください」という、とても日本一売れている音楽雑誌社の社長の発言とは思えないような言葉を耳にして、絶句。しらけることが判ってるなら、何で呼ぶの? 前日のジョンスペだって、散々だったっていう話じゃないか!? そんなくらいなら呼ぶなよ‥‥マジで怒りを覚えた。

  そして、ステージにメンバーが現れる。バンドメンバー3人と、サポートのキーボードひとりの計4人。ボーカルの声の線が細く、それでいてかなり高音。最近、この手のボーカル、多いよな‥‥マニックス云々ってポップをレコード屋で目にしたが、単にプロデューサーが一緒、3人編成って位しか共通項は見受けられない。悪くはないけど‥‥はっきり言って、こんなんじゃアルバム2~3枚で消えるな、そう感じた。よくいる「今年のブライテスト・ホープ」ってやつだろう。しかしここ数年、この手のバンドがどれだけ生き残ってる? MUSEのような力強さ(音楽的にではなく、バンドとしての)を感じさせることもなく、個性のようなものも感じることができなかった。周りが完全に無関心を決め込んでいるという環境も災いしているのだろう‥‥正直、個人的には何の接点も感じられなかったし、今後も必要ないだろうと思った。好きな人には申し訳ないが、こういうバンドばっかりだから、英国ギターロックシーンに面白味を感じられなくなったんだろうなぁ‥‥と何となくそんなことまで考えてしまった。

  それにしても、お客の寒いこと、寒いこと。曲中は完全に棒立ち、曲が終わるとお情け程度の拍手ときたもんだ。曲間、シーンとしてたもんなぁ‥‥声援もなければ、キャーって声もなし。本当、この日一番の静寂を感じたよ。


01. OCTOBER SWIMMER
02. LONG WAY SOUTH
03. SURRENDER
04. FORMULAE
05. SNOW
06. ALGERIA
07. DESERTION (ACOUSTIC VER.)
08. WILLOW
09. OXYGEN
10. BUMBLE BEE


◎BOOM BOOM SATELLITES (at LAKE STAGE)

  今年のフジロック前夜祭にシークレットゲストとして出演し、俺を失望のどん底に陥れたブンブン。そういう噂は耳にしていたが、まさか本当だったとは‥‥行けたのに、前夜祭‥‥ガッカリ。そんななので、やっぱり今日は観ておこうということに。素晴らしいアルバム後のライヴだけに、やっぱりタイミング的にはいいんじゃないかなぁ‥‥

  驚いたことに、彼らのライヴはアルバム以上にロック然としていたこと。つうか、ありゃ完全にロックバンドだよ。下手すりゃヘヴィ系と言われても違和感ないもん。ダンサブルなロックバンドがテクノロジーを導入しました、しかもそれが機能的に上手くいってます‥‥そういうイメージのライヴだった。勿論アルバムからも、そういうロックアプローチを存分に味わうことができたが、こりゃライヴの方が数段素晴らしい。ドラムが素晴らしかったね、特に。ある意味、フュージョン的とも言えなくはないが、それよりはロックだね、ライヴ。

  タテノリもあれば、腰にググッとくるリズムもある。曲間も上手く繋ぎ、間を空かせることがない(この辺がDJ感覚っていうか、ダンスバンドなんだなぁと実感させた瞬間だった)‥‥聴き手を全く飽きさせない。特にキーボード/コンピューター/ベースの中野がよかったなぁ。コンピューターいじってる最中、曲の途中でいきなり前に出てきて踊って暴れて客を煽るし(笑)。何で彼らが海外でウケたのか‥‥その理由が何となく見えた一時だった。薄暗いクラブで踊るのもいいけど、夕焼けバックに野外でこの手の音楽で踊るのも、また気持ちいいね♪


01. SHINKYOKU(新曲)
02. SOLILOQUY
03. DIG THE NEW BREED
04. SINKER
05. PUSH EJECT
06. SCATTERING MONKEY


◎MR.CHILDREN (at GRASS STAGE)

  さぁ、ミスチルですよ、奥さん!(笑)ミスチルがフェスに出演する‥‥それだけで俺はこのRIJF行きを決めたようなもんなんだから‥‥5月中旬の発表後、すぐに振込したもんなぁ(笑)。そのくらい、俺はミスチルがフェスに出演することを熱望していたし、ぴったりだと思っていた。どうせならフジロックに‥‥とも思ったが、まぁそれは現実問題として難しいだろう。エゾロック(RISING SUN ROCK FESTIVAL)だったらまだなきにしもあらずだが。珍しく今年の夏、ミスチルは夏のスタジアム(野外)ツアーを決行している。その一環としての出演ということになるのだが、果たしてセットリストはどういうものになるのだろうか? 先日発売されたばかりの2枚のベスト盤を中心としたものになるのだろうか、それとも「rockin'on」リスナーを意識した「ロック然」としたものになるのか‥‥どっちにしろ「ミスチルなんかロックじゃねぇ」とのさばる輩を黙らせなくてはならない、そう、今日の彼らにはそうした命題が課せられていたのだった。

  予定のスタート時間を30分遅れ(19時スタート予定だったが、実際にはこの日、セッティング等で徐々に徐々にと遅れていき、結果30分押しとなってしまった)、照明が消える。大歓声‥‥真ん中よりはかなり前の方に陣取っていたのだが、後ろを振り返ると‥‥人の海。前の週に苗場で体験したOASISを彷彿とさせる、そんな人混みだった。そして例の如く、後ろから押され、どさくさ紛れにけっこう前の方まで流れていった。メンバーの顔を目視できるポジション。こんな位置で彼らを観るの、どれくらい振りだろうか?
  暗転した場内に流れ始めたのは、アルバム「深海」のオープニングを飾るSE"Dive"‥‥おいおい、ま、まさか‥‥「あれ」をやるのか???

  メンバーがひとり、またひとりとステージ上に登場。最後に赤いTシャツに黒い皮パンツを履いた桜井が登場する。風貌的には半年前にさいたまスーパーアリーナで観たときと余り変わらない姿で(髪の長さも前と同じくらいかな)、見た目かなり気合い入ってるように感じられる。アコースティックギターを受け取り‥‥ということは、やっぱり「あれ」から始めるのかよ、おい‥‥!!!

  桜井がコードを弾く‥‥やはり、1曲目は「深海」から"シーラカンス"だ。すっげ‥‥鳥肌立ったよ。封印したとは言ってないが、明らかに演奏することを拒んでいたように思える「深海」からの曲をオープニングに、しかも「rockin'on」相手にぶつけてくるとは‥‥この男の決意みたいなもんを「これでもか!?」って位に感じた。4年半振りに演奏されるこの曲だが、前のような悲壮感や疲れは感じることはなく、むしろ力強さを更に感じる歌声だった。何度でも言うが、復活後の彼ら‥‥特に桜井は本当に調子がいいようで、この日の歌も最後まで完璧に近かった。後半のPINK FLOYD「吹けよ風、呼べよ嵐」的パート(笑)での川口氏のスライドプレイも4年半前以上にググッときたし‥‥ってここで書いておくが、サポート陣も半年前と全く同じ。つまり「DISCOVERY」ツアー以降の固定メンバーということになる。バンドとしてもかなり脂の乗りきった、安定感ある的確なプレイを聴かせてくれた。

  アルバム通りに"手紙"へと流れる。ピアノと桜井の歌だけという小バラード、既に数万人のオーディエンスの心を完全に鷲掴みしたようだ。つうか、本当に前みたいに痛々しさを感じさせない、聴いててググッとくるよなぁ、今日の「深海」楽曲群は。

  更にもう1曲「深海」から、シングルカットもされた"マシンガンをぶっ放せ"で、観客を煽る。と、ここまでベスト盤の楽曲は1曲もプレイされていない(笑)。完全に「rockin'on」相手の選曲ってことになるのだろうか?(後に判明したが、今回の野外ツアーでもこれらの「深海」メドレーはプレイされているそうだが、決してオープニングからというわけではない。これからスタートするってのは、やはり相手になめられたくないという気持ちが働いたのだろう)

  続いて、テクノ的4つ打ちサウンドが聞こえてきた。一瞬、新曲か?とも思ったが‥‥そこに桜井が歌を乗せる‥‥"ニシエヒガシエ"のニューアレンジだ。ワンコーラスそれで唄い切った後、バンドが加わりいつも通りのアレンジに戻る。最初はアコギを持っていたものの、バンドが加わってからはギターを置き、右へ左へといつものように動き回り、客を煽り、そしてセクシーなポーズ(笑)で女性達を悩殺する。きっと、ミスチルを"innocent world"や"シーソーゲーム"なんかのイメージで捉えていた人達にとって、まさかミスチルがこんなにも攻撃的なライヴをやるなんて思ってもみなかっただろう。ファンにしてみれば、これはいつも通りのことなのだが‥‥がしかし、今日の桜井はいつもとちょっとだけ違う。そう、笑顔が一度もないのだ。気負い過ぎだよ、って思えるくらいに今日の彼は熱い。考えてみれば、直前まで尊敬する奥田民生が演奏しているのだ。しかも彼らは、それをずっと袖から観ていたと聞く‥‥そりゃ負けられないよな。俺でもきっと、そうすると思うし。

  再びテクノチックなシーケンス音に導かれ、新たなアレンジの"光の射す方へ"を披露する。この曲でもワンコーラス終わった時点でバンドが加わり、いつも通りのアレンジへと戻っていく。考えてみれば、ここまでの5曲、まぁシングル曲が内3曲とはいえ‥‥「みんなが望むミスチル」をまだ演じていないんだよなぁ‥‥つまり、初期の"innocent~"や"抱きしめたい"といった、ベスト盤でいえば「肉(通称)」の方の曲をまだ1曲も披露してないのだ。しかし、それでも多くのオーディエンス‥‥ミスチル目当て以外の人達も含めて‥‥を惹きつけている。小川くんが後に「メガヒットバンドの恐ろしさを目の当たりにした」と語っていた通り、これが百戦錬磨、常に数万人ものオーディエンスを相手に戦ってきた、そしてチャート上では常に上位入り、ミリオンヒットを当たり前とされてきたバンドの「凄み」なのだ。まさかこういう時に、彼らが本領を発揮するとは思ってもみなかった。善戦するだろうとは思っていたが、ここまでやるとは‥‥ファンながら、あっぱれあっぱれと思ったよ。

  そして、遂にここで、あのピアノのメロディーが‥‥ここにきてようやく、メガヒット曲"Tomorrow never knows"が登場! 大歓声というよりも「オオォ~」っていう、低音に近い驚きの声がそこら中から上がる。相変わらずうざったい手拍子があったが、桜井が唄い出すとその手拍子もいつの間にかなくなり、みんな歌に聴き入ってしまっていた。そして‥‥気づくとそれが大合唱に変わっている。サビの「Wow~wow♪」では老若男女、誰彼問わずにみんなが唄う。これはある意味、OASISと同等の凄さを感じた。「俺は唄ってない!」と否定する人もいるだろう。しかし、そんなのがごく僅かだということは、あの日あの場所にいた何万もの(3万5千人と聞いているが‥‥)ミスチルに惹きつけられたオーディエンスが証明してくれるだろう。当日購入した公式パンフレットにも「OASISに対抗できるバンド、日本にはもはやミスチルしかいないのではないだろうか?」なんてことが書かれていたが、それは全面的に同意する。あれだけのメガヒット、そしてライヴをやれば動員数は常に下がることはなく、そして売れているからこそ貶す「自称・ロックファン」も多い。昔の方がよかったと嘆く「元・ファン」も数多く、そしてなんだかんだ言いながら多くの人間が代表曲を口ずさめる‥‥そんな「ロックバンド」は、俺が知る限りでは数少ない。少なくとも、ここ日本には‥‥どれだけいる? それを否定するのは誰にでもできる。しかし、何故彼らがロックなのか、何故彼らがこれだけ受け入れられるのかを真剣に考えたことがあるのだろうか? 口当たりのいい曲をシングルに持ってきてるから? そんなの、当たり前だろう。その為の「シングル」でしょ? アルバム聴けって、アルバム。「DISCOVERY」や「Q」を越えるアルバム、どれだけあるのさ!?

  さすがにね、俺‥‥この曲の時にマジ泣きしてしまった。どうしてもこの曲だけは、俺の涙腺を弱めるだけの何かを持っているようで‥‥まぁいろいろあったからなぁ、この数年。この曲にも助けられたし‥‥そんなことを考えながら、声を振り絞って一緒に唄う。俺の周りにいた、AIR JAM系のTシャツを着た少年達も口ずさんでたっけ。

  それにしても‥‥前回のツアーの時に感じられた「違和感」を、今日は全く感じられなかった。メンバー自身が楽しんでいるのが判ったし(そこに笑顔はなかったが)、惹きつけてやろうって意気込みも感じられた。そう考えると、前回の「温度差」ってのは、やはりそれだけ新作「Q」に対する自信の表れだったのかもしれない。「何でもっとみんな、新しい曲を求めてくれないんだよ!?こんなに素晴らしい曲ばかりなのに」っていう。それが受け手と送り手との間で空回りしてしまっていた。しかも会場は3万人前後も入るような、当時のツアーで最大のキャパシティー。上手く伝達していなかった‥‥今ならそう考えることができる。

  バンドは続けて、今月末に発表される新曲のカップリングとなる、"花-Memento-Mori-"のニューアレンジ・バージョンを披露した。原曲ではアコギだった桜井がエレキを持ち(しかも珍しくストラトだ)、代わりに川口氏がアコギにスイッチ。アレンジ的には'80年代前半の産業ハードロック・バラード的になっており、FORIGNER "Waiting For A Girl Like You"やJOURNEY "Who's Crying Now?"を彷彿とさせるピアノメインのアレンジに変わっていた。そしてサビになるとギターのパワーコードが入るという、ハードロックにありがちなバージョンだった。前のシンプルで、歌を伝えるのに十分な演奏とは違い、ここには単純に歌が持つ力強さをより強調したようなパワーを感じる。個人的な好みで言わせてもらえば‥‥やはりずっと親しんできたということもあって、どうしても新アレンジには馴染めなかった。まぁもうじきシングルもリリースされるので、それを聴き込んだ上で改めて発言することとしよう。けれど、オーディエンスにはこの大ヒット曲も好意的に受け入れられ、最後のサビではみんな大合唱となっていた。

  ここで初めて桜井がMCを取る。「できたばかりの新曲を演奏します」という言葉に続いて、いよいよ1年振りに発表される新曲"優しい歌"が披露される。浦氏のアコーディオンに続いてバンド全体の演奏に入る。曲調としては"名もなき詩"や"旅人"タイプといえる。タイトルとは裏腹に、歌詞には「甘えていた鏡の中の男に復讐を誓う」なんて尖った言葉もたびたび登場する。内容についての俺の解釈はまた後程、シングルレビューでやるのでここでは控えるが、これはある意味画期的な内容となっている。完全に「ああ、ベスト盤で一区切りつけたんだな。「Q」ってアルバムはそれだけメンバーにとっても重要な作品だったんだな」ってことを意識させる内容となっているからだ。

  桜井が途中、何度か袖の方に確認の合図を取っているように見えた‥‥残り時間の確認だろうか? 当初19時スタート予定だったことから、この日の彼らには90分近い演奏時間が与えられていたはずだ。しかし、実際には30分遅れでスタート。どう考えても、60分で終了せねばなるまい‥‥ということは‥‥時計に目をやる。現在スタートして約40分。どうやらこの曲で終了するようだ‥‥短い、短すぎる! これだけ素晴らしい楽曲と素晴らしい演奏を前にして、もう帰れっていうのか!? ソープに行って前戯だけ散々やって、いざ本番って時に「延長なしよ。もう終わり」と宣言されたようなもんだ、こりゃ!(笑/って行ったこと、ないですけどね、俺)桜井の「バイバァ~イ!」も今日だけは空しすぎる‥‥そりゃ、アンコールを求める声もいつも以上に大きくなるわな?

  暫くして、再び照明が明るくなる‥‥おおっ、さすがトリだ。ちゃんとアンコールが用意されているんじゃないか。さすがに桜井もこのときだけはホッとしたような笑顔。「今日出演した全バンドを代表して言わせてください。今日は本当にどうもありがとう!」ステージで微笑んでいるその男が桜井和寿だと確認できるような位置でミスチルを観ること自体久し振りだが、こんなにピュアなMCをかます桜井も随分久し振りじゃないかな?(いや、そうでもないか/苦笑)

  「月がキレイだね‥‥」と言って、ステージとは反対側にある月を指さす。みんな振り返る。本当に綺麗だ‥‥こんなに月を大きく感じたの、久しくないな。いや、こんなマジマジと月を見たのも随分なかった‥‥そして「次の曲は月とは前々関係ない曲なんですが‥‥」と言って桜井がギターをかき鳴らす‥‥アンコールとして選んだのは、復活後のミスチルにとってとても大切な曲と言える"終わりなき旅"だ。やはりここでも低音に近い「オオオォ~」っていう声が響く。どうやらこの曲で今日のフェス2日目を終えるようだ。この曲は今日を含めて3度ライヴで聴いているが、毎回違う表情を見せ、そして毎回ハズレがない。これだけ唄うことが難しい楽曲を、今日も桜井は全身の力を振り絞って唄う。そしてそれが痛い程に伝わってきて、また男泣き。ミスチルだけはひとりで観ようと決めていた。それは‥‥絶対に泣くから。ここ2回、確実に泣いてたからね、俺(苦笑)。だからひとりで行ってるんだよ、いつも。この曲、ここ数年の俺のテーマ曲みたいなもんだったから、尚更響く。30になっても、40になっても、壁にぶつかったら、俺はこの曲の歌詞を噛みしめて、再び前進しようと決めた。そしてこれを書いている今この瞬間も‥‥

  エンディングでは例の如く、ステージ上のメンバーが皆向かい合って一丸となり演奏する。ちょっとニール・ヤングみたいだ。そして演奏終了。この日一番の拍手が彼らに送られる。使命を果たした桜井に再び満面の笑みが戻った。「気を付けて帰ってね。バイバァ~イ!」と、いつもの桜井がそこにはいた。そのミスチルを、そして我々を祝福するかのように、花火が上がる。気づけば、今年初の花火だった。同じこの日、地元では花火大会だったが、俺にはこっちの方が似合ってる。今も、そしてこれからも‥‥

  結局、この日演奏された曲は全て今回のツアーで演奏されている楽曲群だが、それらを並び替えることによって、また厳選することによってここまで「rockin'on」リスナーをも圧倒することになるとは。いや、これは楽曲だけの力ではなく、バンドの気力がそれを上回ったということになるのだろう。久し振りにバンドの底力をまざまざと見せつけられた。圧巻。やっぱり桁違い。スケールが違うって。バカにする奴は死ぬまでそうやってればいい。桜井は自分達のことを「ポップをやっていく恐竜」と例えた。「恐竜」が何を意味するのか、ちょっとロックを好きな人間なら判るはずだ。彼らは選んだ、いや、決意したのだ。今後も「俺達はポップをやってくロックバンド」なんだってことを‥‥たった50分程度だったが、それを感じられただけでも、ひたちなかまで来た甲斐があったってもんだ。


01. Dive ~ シーラカンス
02. 手紙
03. マシンガンをぶっ放せ
04. ニシエヒガシエ
05. 光の射す方へ
06. Tomorrow never knows
07. 花 -Memento-Mori-(再録音バージョン)
08. 優しい歌(新曲)
  ---encore---
09. 終わりなき旅

投稿: 2001 08 18 03:49 午前 [2001年のライブ, BOOM BOOM SATELLITES, MO'SOME TONEBENDER, Mr.Children, PEALOUT, ROCK IN JAPAN FESTIVAL, ゆず, スーパーカー] | 固定リンク

2001/08/12

「FUJI ROCK FESTIVAL '01」DAY 2@苗場スキー場(2001年7月28日)

◎NUMBER GIRL (at GREEN STAGE / 11:00~11:50)

  定刻通りにメンバーがステージに登場。向井「福岡県●▲出身、ナンバーガール~」等と自己紹介。いきなり和む。しかしギターが鳴らされた瞬間、場の空気は一変した。のっけからファストナンバーを連発だ。PAのやぐら前あたりで観ていたのだが、始まった瞬間、ブロックのかなり前の方まで走っていた。

  向井の歌は、こうやってライブで聴いていると、何となくカートを思い浮かべることがあった。確かにNIRVANAと共通する要素はいくつかあると思うが、単なるフォロワーではなく、それなりにオリジナリティを持ったバンドだ。例えば、向井がただ1曲だけギターを持たずにビールを持って歌った「Destruction Baby」は、完全にレゲエ/ダブ要素を加えたアレンジに変えられていたし(またそれが気持ちよかった)、そういう「パワー一辺倒」では終わらないところに今後の彼らが進むべき道を見たような気がした。

  向井のMCもなかなか笑わせてくれる。乾杯三唱をさせられたときにはどうしようと思ったが、それも今となってはいい思い出だ。結局45分程度のステージで、「この後ホワイトステージに行くんで、これにて終了」と言ってバンドは去っていった(11:30からホワイトではeastern youthが演奏していたのだが、この後本当に向井はホワイトで目撃されている)。朝イチで観る長さとしては腹八分目で丁度いい感じだった。


◎MO'SOME TONEBENDER (at RED MARQUEE / 12:40~13:20)

  何の期待もせずに、ステージ前近くで開演を待った。ドラムがサウンドチェックしてるとき、あるフレーズを延々と叩いていたのだが……あれ、これって何の曲のリフだっけ……あぁ、そうか、NIRVANAの「In Bloom」だ。しかもハードヒットで、リズムキープにも独特な重さを感じる。本当にデイヴ・グロールのプレイを聞いてるようだった。

  ライブ本編では、幻想的なシーケンス音に導かれてメンバー3人がステージに登場。続いてベースが独特な重さを持ったフレーズを弾き始める。それに呼応するかのように、ドラムもユニゾンプレイを繰り返す。ボーカルは線が細い声で危うさを感じさせるが、逆にそこが魅力的。特にヒステリックにシャウトしたときの歌い方が好きだ。

  楽曲はグランジ+サイケといったイメージで、パンキッシュなファストナンバーから幻想的なミディアムスロウまで多彩さを感じる。ガレージっぽいバンドの曲って、どちらかというとモノトーン調なイメージがあるのだが、このバンドの曲にはいろんな色彩を感じ取ることができる。そのへんがサイケ的イメージと直結してるのかもしれない。とにかく、音を肌で感じていて気持ちいい(特にラストに演奏された「Echo」が圧巻だった)。この日は演奏時間を短く感じてしまうほど、入り込んでいた。もっと観たい。

  MCらしいMCも特になく、最後に「終わりっ!」の一言で現実に引き戻された。この感覚、こりゃドラッグミュージックですわ。本当、気持ちよかった。


◎ソウル・フラワー・モノノケ・サミット (at FIELD OF HEAVEN / 15:10~16:20)

  一応「モノノケ」名義なのだけど、メンバーが揃わなかったこともあって、結局この日限りのスペシャルメンバー&スペシャルセットで挑むこととなったソウルフラワー。ユニオン=バンド形態でモノノケ=チンドンスタイルの楽曲を演奏するそうだが、果たしてどうなることやら。

  ステージに登場した中川は、客を観て驚く。一番前にいたのでその時まで気づかなかったが、ふと振り返ると、すごい人の海。昨日のくるりに匹敵するほどの人が入ってる。裏ではパティ・スミスがやっているってのに、本当に物好きが集まったもんだ(自分を含めて)。ステージ上には左から洋子さん、ベースの河村、中川、ヒデ坊、山口洋(HEATWAVE)。後方はドラムのコーキの右隣にキーボードの奥野という、大所帯。

  最初はユニオンの「ロンドン・デリー」からゆったりとスタート……かと思いつつ、この曲サビではタテノリになるんだった。後ろから押し潰されそうになったり、前の奴が腰で俺を突き飛ばしたりで倒れそうになるものの、何とか持ちこたえる。こりゃ音を堪能してる場合じゃないな。暴れて、踊ってナンボの音楽。最後まで踊り狂ってやるか! そう覚悟を決めたら最後、汚い笑顔で踊り狂う。

  セットリストとしてはユニオンが7、モノノケが3といった比率で、上手い具合に交互に演奏されていた。モノノケの楽曲もユニオン用アレンジに変えられており(中川は三線だったが、山口はエレキ、ドラムもそのままといった感じ)、古来の民謡や仕事歌もこういうアレンジで聴かされるとユニオンの楽曲の中のひとつとして聴けるのだから、意外だ。

  特に印象的だったのは、やはり新譜「SCREWBALL COMEDY」からの楽曲。いい意味で「ロック然」としているのだ。新作は原点回帰とかいろいろ言われているが、確かにこれまでの作品の中では最もストレートでニューエスト・モデル色が濃い。それにライブとスタジオテイクの違和感の差がそれ程感じられない。先の野音でもここから何曲か聴いていたが、ただストレートでノリがいいだけじゃなく、記憶に(心に)残る曲ばかりだったこと、そこが大きいと思う。特に、野音で初めて聴いて心臓を鷲掴みにされた「荒れ地にて」は、ここ苗場の大自然の中、日中に聴いてもググッときた。いい曲というのは場所や時間、シチュエーションを選ばないってことなのか。しかも立て続けに「満月の夕」「竹田の子守歌」とやられた日にゃあ……放水された水が顔面を直撃したお陰でうまい具合に涙を隠せたはずだ。

  そうえいば、ステージ袖の奥の方に非常にノリノリで踊ってるキレイなおねぇちゃんがいるなぁ、と思って見とれていた。しかも見覚えあるんだよなぁ、前に会ったことなかったっけ?なんてデジャブに近い勘違いでボーッとしてたら、終盤「エエジャナイカ」で中川に呼ばれてステージに登場した。「from THE 3PEACE!」 あぁ、かおりさんか! 前夜祭に登場したTHE 3PEACEのボーカル&ギターの原と、ベースの永野が飛び入りで参加したのだった。永野かおり嬢はメスカリン・ドライヴ~ソウルフラワーの1枚目まで参加しているので、早い話がファミリーなのだ。気づけばヒデ坊、洋子さん、かおりさんとメスカリンの3人が揃ってる。最後にはお約束の「海ゆかば 山ゆかば 踊るかばね」で大宴会。一度エンディングを迎えながらも、再び演奏を始めてしまう、いや、始めさせてしまう熱気。この文章だけで伝わるかな?

  「フジはいつも特別」とメンバーもファンも口にする通り、通常のライブとは違う熱気とおまけが付いたひととき。70分の予定が、「時間なんて気にしなくてもいいよな?」という中川の言葉通り、結局90分近い熱演となった。次のバンドまで1時間のインターバルがあったからよかったものの……「普段もこれくらい盛り上がってくれれば」との中川の言葉がすべてを物語ってるだろう。


01. ロンドン・デリー
02. サヴァイヴァーズ・バンケット
03. ホライズン・マーチ
04. 水平歌 ~ 農民歌 ~ 革命歌 [モノノケ]
05. 戦火のかなた ~ I don't like (MESCALINE DRIVE)
06. 霧の滴
07. 殺人狂ルーレット
08. アリラン ~ 密陽アリラン [モノノケ]
09. 聞け万国の労働者 [モノノケ]
10. 風の市
11. 荒れ地にて
12. 満月の夕
13. 竹田の子守唄 [モノノケ]
14. インターナショナル [モノノケ]
15. エエジャナイカ
16. 海ゆかば 山ゆかば 踊るかばね


◎MOGWAI (at WHITE STAGE / 18:50~19:40)

  ホワイトステージ手前の川で、メンバーのMCが聞こえてきた。どうやら丁度始まったとこみたいだ。7時前ってことで、いい具合に暗くなりつつあり、その静寂を断ち切るようにギターノイズが悲鳴を上げる。アルバムでしか聴いたことのなかったMOGWAI。どういうステージなのかまったく想像がつかなかった。

  メンバーは5人だったと思うが、ギターが3人(その内のひとりが曲によってキーボード、後半はチェロを弾いていた)とリズム隊で、ギターの轟音がとにかくすごい。それに合わせるかのように、照明のストロボが暗闇を裂く。新作「ROCK ACTION」からの楽曲がメインだったと思うが、とにかく楽曲云々よりも雰囲気を含めた全てを持ってMOGWAIのライブなんだな、という気がする。普通だったらマスターベーションと切り捨ててしまうようなギターノイズも、意外と計算されている印象を受けたし、ちゃんと楽曲として成り立っている。アルバム自体も日々好んでこればかりを聴くというタイプの音楽ではないが、この時この瞬間の気分やシチュエーションにはぴったりだったと、今はそう思う。

  万人を納得させる音楽では決してない。「ポストロック」なんてカテゴライズ、俺にはよく判らない。気持ちいいか否か、踊れるか否か。今の俺にとって、これがすべて。この日のMOGWAIは気持ちよかった。まぁ踊るどころか、呆気にとられて終始棒立ちに近い状態だったが。時々目を瞑り、その音圧のみを身体で感じてみたりもしたが、本当に気持ちよかった。頭を空っぽにして、ただ身体だけで感じる。せわしない日常の中で、こんな機会はそうはない。周りに何千、何万人いようがこうやって自分の空間を作り出すことができる。それがフジロックの好きなところだ。


◎渋さ知らズオーケストラ (at FIELD OF HEAVEN / 19:30~20:50)

  FOHに到着すると、まずその人の数に驚く。後ろの方まで人がいるのだ。しかもみんな気持ちよさそうに踊ってる。聞こえてくる音も気持ちよさげな音。響く音に合わせ踊りながら人混みに近づくと、ステージ上の人数に仰天する。少なく見積もっても20人はいるんじゃなかろうかという人の塊。決して広いとは言い難いFOHのステージ上、最前列にダンサーの女性陣が5~6人。その脇に歌&コーラスの男女がやはり7~8人。中央には指揮者。楽器隊はドラムがまったく見えず、ブラス隊、キーボードの女性が見えるのみ。間違いなくギターやベースといった楽器隊がいるはずなのだが。

  音楽は、もうノリノリでファンキーなソウルミュージック。レビュー形式で進んでいって(昨年サマソニのジェームズ・ブラウンみたいな感じ)、1曲が長くてそこにいろんなパートのソロを入れてく感じ。ここで初めてドラムが2人いることが判った(ドラムソロになったら、全員腰を屈めて後ろにもドラムが見えるように気遣うし)。

  曲の間に寸劇を挟んだりして、曲毎にメンバーが入れ替わったりする。途中、スーツ着てターバン巻いてたヒゲの男性が、石川さゆりの名曲「天城越え」を大熱唱。さらに後半、銀色の竜が客の頭上を飛び回る……が、すぐに心ない客の手によって破壊される。

  後半、山海塾(といって一体どれだけの人に理解してもらえるものか)も真っ青な全身白塗りダンサーが登場して、パフォーマンス。数曲のつもりが結局最後まで気持ちよく踊っちゃったもんなぁ。そのくらい、時間を忘れさせる程魅力的なライヴだったのだけは確か。こういうのは、家で聴くよりもこういう大自然の中で、大人数で消費するのが一番気持ちいいし、楽しい。


◎NEW ORDER (at WHITE STAGE / 22:20~24:00)

  16年振りですか、ここ日本にいらっしゃるのは。しかも今回はビリー・コーガンがギターで参加。ニール・ヤングと直前まで悩んだのだが、結局自身の“青春”を取ることとした。

  いやぁ、正直「Atomosphere」のイントロを聴いた瞬間、ジワッと涙が滲んだよ。懐かしさとかいろんなことがフラッシュバックして、その想いがとめどなく溢れそうになった。何で俺、NEW ORDERごときで泣かなきゃならねぇんだよ!って自分を疑ったが、こればっかりは仕方ない。暗黒の高校時代を思えば、それも致し方ないのかも。

  それにしてもビリー、あんま目立ってなかったね? スマパン時代はその「ガタイのデカさ」と「頭」だけが記憶に残る彼だが、この日はさすがサポートだけあって控えめ。一歩後ろに下がって、自身のプレイに徹する。時々コーラスを取ったり、バーニーとのデュエット的楽曲もあったが、最後まで帽子を被ったまま。あの威圧感がゼロだった。きっと、心底楽しんでるんだろうな、自分が憧れた、音楽を始める切っ掛けのひとつとなったバンドの一員としてフジロックみたいな大舞台に立てるんだから。スマパンの呪縛から解き放たれたような印象を受けたよ。こんな肩の力を抜いた雰囲気でのソロも見てみたい気がする。

  一方のNEW ORDERの面々は、ピーター・フック、暴れまくり。この日は参加できなかったギリアンがいないぶん、MARIONのギタリスト、フィル・カニンガムがキーボード&ギターとして参加。結局、JOY DIVISION+MARION+スマパンという、一見何が何やらな組み合わせだったのだけど……個人的には数々の名曲を思う存分聴けたこと、特にJOY DIVISION時代の「Isolation」「Love Will Tear Us Apart」といった大好きな曲を聴けたことが嬉しかった。勿論「Regret」や「Bizzare Love Triangle」「True Faith」「Temptation」等の代表曲も生で聴くと気持ちよかったし、新曲群も「これぞNEW ORDER!」的要素と「これからのNEW ORDER」を感じさせる要素が詰まった佳曲ばかりで、非常に期待が持てるものばかりだった。

  スタートが20分近く遅れた(実際には22:40頃スタート)ため、アンコールの時点で0時近かったが、そんなことお構いなし。前作からの「Ruined In A Day」他を披露後、最後の最後に超名曲「Blue Monday」。バーニー、ギターを置いて妙なステップで踊る。当然、声を振り絞って歌う。ロングバージョンとなった「Blue Monday」が終了した時点で、0時を10分程回っていた。結局90分というフルステージ状態のライブで底力を見せつけたNEW ORDER。「また16年後に会おう!」というバーニーの最後の一言、冗談に受け取れなかったんですけど。

  最後の最後に、ビリーにジャンプで飛びつくフッキー。帽子を取られたビリーを見て、あぁ、やっぱりビリーだな、と実感。

  聞けば裏のグリーンステージにおけるニール・ヤングも2時間半に渡る大熱演だったらしい。結局、どちらかを選ばなきゃならない運命だったのかなぁ。いやぁ、それにしてもいい夢観させてもらった!


01. Atomosphere
02. Crystal
03. Regret
04. Love Vigilantes
05. Isolation
06. Your Silent Face
07. Slow Jam
08. Turn My Way
09. Bizzare Love Triangle
10. Close Range
11. Touched By The Hand Of God
12. True Faith
13. Temptation
14. Love Will Tear Us Apart
---Encore---
15. Ruined In A Day
16. '60 Miles An Hour
17. Blue Monday


‥‥‥‥‥‥To be continued.

投稿: 2001 08 12 12:00 午前 [2001年のライブ, FUJI ROCK FESTIVAL, HEATWAVE, MO'SOME TONEBENDER, Mogwai, New Order, Smashing Pumpkins, Soul Flower Union, ナンバーガール, 渋さ知らズ] | 固定リンク