2003/05/24

PEALOUT『原始進化』(2000)

  日本が誇る独特な個性を持つトリオバンド、PEALOUTが'00年4月にリリースした5枚目のアルバム。このアルバムから現在所属するビクターに移籍したわけですが、ただ移籍したから心機一転といった簡単なものではない、もっと興味深くて恐ろしい程の変化を味わえる1枚になってます。というよりも、恐らく現在の彼等を支えているであろう多くのファンは、このアルバムからPEALOUTに入っていった人が多いんじゃないでしょうか? かくいう俺もこのアルバムで彼等にハマッたひとりですしね。

  現在も頻繁に行われている「激ロック」という対バン・イベントがスタートしたのも、この前後から。正しくその「激ロック」という言葉に相応しい「轟音の壁」を堪能できる作品集で、けど、だからといってウルサイだけなのかというと、実はそんなことはなく、初めて近藤のピアノをフィーチャーした楽曲を全面導入したのもこの作品からなんですね。まず先行シングル"爆裂世界~世界に追い越されても~"の存在があるわけですが、これがもうこのバンドにとってはエポックメイキングな作品となり、実際この曲で彼等に興味を持ったって人も多いようですね。ベース&ボーカルの近藤がピアノに、ギターの岡崎がベースにシフトチェンジするギターレス編成になるわけですが、まぁこういう編成自体が別にロック界では特別なことではなく、数年前にもBEN FOLDS FIVEがこういうスタイルで大成功を収めているので(実際、このアルバムの歌詞にも彼等の名前が登場するしね)、「何だよ、パクリかよ‥‥」って思うかもしれないけど‥‥これがね、全然違うのよ。メロディアスだけど激しい。ギターレスなんだけど、全然そのデメリットを感じさせない音圧。そして日本語詞‥‥それまで英語詞だった彼等が、この辺りから積極的に日本語詞に取り組み始めます。実際、アルバム収録曲8曲中6曲が日本語ですからね。この辺の意識革命もその後の彼等の人気に大きく影響するわけですし。

  ピアノ導入だけが大きな出来事ではなく、先にも書いたように「轟音の壁」ともいうべき激しいサウンド、そしてハードコアにも近い暴走ナンバー‥‥アルバム1曲目"瞬間のカーニバル"でゆらゆらと始まりながら、それをぶち破るかの如く走りまくる"心臓が動き出すとき"でのハードコアサウンド、続くピアノ曲4連発("爆裂世界~世界に追い越されても~"、"BEAT FOR YOUR RIGHT"、"PIANOMAN R&R SHAKE, SHAKE, SHAKES"、"あてのない手紙")のバラエティ豊かさ。特に"BEAT FOR YOUR RIGHT"でのテンションの高さ、ピアノバラード"あてのない手紙"の切なさ。この曲はストリングスまで導入してますからね。如何にこのバンドが当時「変化」を求めていたかが、こんなナンバーからも伺えるんじゃないでしょうか。そして再び疾走ギターロックチューン"BEFORE TODAY"で盛り上がり、最後にシングル曲"YOU"で爆裂したまま終わるという、非常に素晴らしい、ロックバンドとしては理想的な構成になってるんですよね。

  未だにライヴでの定番となっている"心臓が動き出すとき"や"爆裂世界~世界に追い越されても~"、"BEAT FOR YOUR RIGHT"といった人気曲が多く収録されていることから、このアルバムが一番好きという人も多いみたいですね。確かにその後の2枚のアルバムはちょっと‥‥って声、たまに耳にしますし。このアルバム、セルフプロデュース曲と上田ケンジプロデュース曲が半々で収録されてることも、作品のバランスに大きく影響してるんじゃないかと思いますね。最近の作品は完全にセルフプロデュース作みたいだし。もうひとりくらい「客観的に物事を見れる人」がいたら、また面白い方向に行くんじゃないかなぁ‥‥と個人的には感じているのですが‥‥

  そういう意味で、このアルバムは本当によく出来た作品集だなと思うわけです。勿論その後のアルバムも素晴らしいですし、その辺のバンドの数倍素晴らしい内容になってるわけですが‥‥8曲で35分程度というトータルランニングが全く短く感じさせない、本当に濃い作品になってるんですね。こういうバランス感覚に優れた作品を作れるというのは、ある種ロックバンドにとっては理想的なことですよね。ホント、完璧ですわ。最強。この時期のライヴ、是非観たかったなぁ‥‥

  このアルバムを「第二期PEALOUT」の始まりとするのならば、今現在の4人編成(サポートベーシストを入れ、近藤はギターやピアノに専念している)は「第三期」になるんだろうから、また新たな展開が見れるのかもしれませんね。好きなバンドだけに今後の動向から目が離せませんね。



▼PEALOUT『原始進化』
(amazon:国内盤CD

投稿: 2003 05 24 12:00 午前 [2000年の作品, PEALOUT] | 固定リンク

2002/12/23

「fuzz maniax」@SHIBUYA-AX(2002年12月22日)

  このイベント自体は全然知らなかったんですが、たまたま復活ピーズが出演するってことで知って、しかも対バンにWRENCHやらPEALOUTやらが出演するってことで喜んで行くことにしたんですよ。

  何やら雑誌「smart」主催らしく、今回も会場内でカルヴァン・クラインの新しいフレグランス「CRAVE」のプロモーションも兼ねてやってましたし。Tシャツが貰えたりもしたし、何だかんだで3,800円でこのボリューム(約5時間で6バンド)は結構お得かも。

  つうわけで、今回も簡単に各バンドの感想等を。

◎the youth
  オープニングアクトってことで、デビューして間もない?the youthという4人組バンドが登場。5~6曲演奏。仙台のバンドだそうで(トルちゃん情報。ボーカルは秋田らしいけど)‥‥最近、In the Soupとかもそうだけど、こういう青春ロックってまた流行りつつあるんですか? 何かブルーハーツ~JUN SKY WALKER(S)辺りの流れを感じさせる熱いロックなんですが‥‥う~ん、特にこれといった特筆すべき点はないかな。単に好みの問題だと思いますが。いや、悪いバンドじゃないですよ。演奏もしっかりしてたし、曲もよく書けてるし、ボーカルの熱さ加減もいい具合だし。けど‥‥CCCDだしな(それはバンドの評価とは関係ないけど)
  個人的には‥‥オープニングのS.E.で流れたSIONだけでお腹いっぱいだったかも。

◎softball
  去年の今頃だったかな、某サイトでsoftball薦められてたんだけど、ずっと手が伸びなくて。で、そうこうしてたら例のオフィシャルサイトでのCCCDに関する発言が‥‥ってことで、自分的には多分今後も必要のないバンドだろうな、と思ってたので意識してなかったんだけど、まぁ観れるんなら観ておきましょうってことで。
  いきなり軍歌(だよね?)のS.E.な流れだし、それに合わせてメンバーがステージ上に登場‥‥ギターの子だけアーミールックで日章旗(大日本帝国時代の旗ね)持って登場‥‥アイタタタタタタタ‥‥もうこの時点で俺的に終了。いや、演奏も曲も悪くないよ。けどね‥‥オフィTにも日章旗が入ってたりして。それで反アメリカとか反戦とか言われても‥‥まぁ彼女達的には「カッコよければ何でもいいじゃん?」なんだろうけどさ。
  あ、唯一の収穫といえば、ベースの萌ちゃんが非常に好みだったことでしょうか?

◎ストレイテナー
  以前、「FACTORY」に出演した時、1曲だけ放送されたのを観てたんだけど‥‥全然記憶に残ってなくて。バンド名だけは非常に記憶に残る名前なんだけど。
  で、ステージ上のセッティングを観て、ああなるほど、そうそうこういうバンドだった、って思い出しました。ギター&ボーカルとドラムの2人組。ジョンスペよりも最小限のバンド構成。で、やってる音楽も非常にアグレッシヴで、ギターはシューゲイザー時代のUKギターロックを思わせる印象で、ドラムはデイヴ・グロールみたいに全身全霊で叩くタイプ。曲も英語だったり日本語だったり(だよね?)で、しかもハードなわりにポップなメロを持ってるんで、非常に好感触。また同じイベントに出演するらしいんで、機会があったら観てみたいと思わせるバンドでした。つうか音源をまず聴いてみたいですな。

◎WRENCH
  何だかんだで、WRENCHも観る機会があったものの、いつも逃してたんだよね。フジロック然り、サマソニ然り。つうわけで、やっと観れましたって感じ。
  とは言いながらも、実は音源自体ももう数年以上も前に出たアルバムをチラッと聴いたのみという。けど、活動してる周辺のバンド(MADとかその辺のラウド系ね)が好みだし、何やら最近はクラブ系の音にも手を出している、なんて話も耳にするので‥‥好みかも。
  で、実際にライヴを観まして思ったのは、普通にラウド系バンドが曲によって打ち込みやダブの要素を味付け程度に取り入れました、といった印象。基本はレイジ以降のラウド系。ボーカルの声が甲高いんで所々聴きにくかったりしましたが、ま、この手のライヴではそんなの日常茶飯事だし。リズム隊がいい感じのグルーヴを持ってて、気持ちよかった。
  個人的にはラウドでヘヴィな曲よりも、ダブっぽかった曲が好きかも。ああいう曲はアルバムの中では特別なのかな? 何にせよ好印象。またライヴ観てみたいと素直に思いました。

◎PEALOUT
  7月のフジロック以来のPEALOUT。やはり今回もサポートのベースを迎えた4人編成で、しかも夏と違う点は最後まで4人で通して、しかも近藤くんがギターまで弾いてた事。これはちょっと驚いたよ。
  基本的な流れはイベント用って感じで、フジの時と同じ印象。ただ‥‥これは夏観た時も思ったんだけど、なんだか3人でやってた頃とはちょっと違った印象を受けるのね‥‥誤解を恐れずに言っちゃうならば「イッちゃってる」といいますか‥‥いや、近藤くんに限っての話なんですが。何かねぇ‥‥ちょっと印象が違うのね、前とは。同じ"心臓が動き出すとき"でも、去年のひたちなかで聴いたものとも、今年のフジのとも違う、もう完全に別の曲になっちゃってて‥‥どうしちゃったの??
  正直なところ、アルバム「原始進化」以降、伸び悩んでる印象を受けるんだけど‥‥これってイベントで観るからそう感じるだけなのかな? 曲は相変わらずいいのにね‥‥。


◎The ピーズ
  久しぶりのピーズ。もうね、ステージ上がすごくいい雰囲気なのね。ハルのノリもいいし、アビさんはかっけーし、それを後ろから微笑ましい笑顔で見つめるシンちゃん(from the pillows)。新曲メインのライヴだったんだけど、全然飽きさせることなく、むしろ「現役バンド」としてのピーズを感じることが出来てとても嬉しかった。もうね、新曲全部サイコーにかっけーのよ! アビさんのギターも暴れまくり、ハルのランニングベースも相変わらずだし、シンちゃんのドラムなんて所々pillowsを思い出させるフレーズが出てくるし。これはもう、来年のベストアルバム間違いなしな1枚になるはず!(まだ2002年のベストアルバムも選べてないのにね)
  当然、過去の曲もやるわけですが‥‥"とどめをハデにくれ"や"タクシー"といった曲では、みんなダイヴ&モッシュで凄いことになってるわけで‥‥えっと、あと何やったっけ‥‥"いんらんBaby"もやってたよな‥‥もうね、終始楽しくて全然覚えてないって。あ、クリスマスソングやってたな。「サンタが家にやってくる」とか、即興で。余裕があるよね、今のハルには。で、それに上手く乗っかるアビさん(いや、乗っかってないか)。もうね、ハル&アビは最強だね。清志郎&チャボ、ミック&キース、スティーヴン&ジョーに匹敵するフロントマンですよ。
  1時間にも満たないステージだったと思うんだけど、もうね、観れただけで十分満足な上に新曲も良かったという。ホントこれからのピーズが楽しみだね。一回どん底を味わったハルだからこそ、今のあの開き直り&ヤケクソな勢い満載の新曲が生まれたんだろうなぁ‥‥とにかくいち早くニューアルバムが聴きたいです。


[SET LIST]
01. 無力
02. ゴーラン
03. 生きのばし
04. とどめをハデにくれ
05. ブリロー
06. いんらんBaby
07. タクシー
08. きよしこのよる(インスト)~ クリスマス
09. サイナラ
10. ギャンブル
 ---encore---
11. SANTA CLAUS IS COMING TO TOWN
12. まったくたのしいぜGO GO

投稿: 2002 12 23 10:58 午後 [2002年のライブ, PEALOUT, Wrench, ストレイテナー, ピーズ, The] | 固定リンク