2019年3月12日 (火)

「#平成の30枚」

Twitterのハッシュタグでよく目にする「#平成の30枚」という企画。これ、面白いですね。30年を30枚のアルバムで紹介するというのは、いろんな側面があると思うんですよ。一般的な名盤なのか、その年バカ売れしたものなのか、あるいはもっと私的な選出なのか。でも、そのどれを取ってもいろいろ見えてくるものがある。30枚くらいだからちょうどいいんでしょうね。これが昭和だったら……無理か(苦笑)。

ということで、こういうのに便乗するのが好きな私としては、とりあえず記録として残しておこうと。ただ、普通にTwitter上に残すのは違うよね、せっかくならこっちだよねってことで、無理くり1989年から2018年までの30年をすごい勢いで振り返ってみました。平成元年(1989年)っていうと、自分が高2〜高3の時期。音楽的にも多感だった10代後半の終盤ですね。特に90年代半ばまでは思い出深い作品がたくさんあるだけに1年1枚縛りはなかなかキツイものがありますが……あえて自分内でルールを作って選出しました。

① 同じアーティストのアルバムは複数枚選ばない(バンド/ソロは例外とする)
② 可能な限り今の自分の直感に従う(過去BEST OF企画の年間1位に選んだとしても今回も選ぶとは限らない。今の感覚で選ぶ)
③ 2枚同時発売など連作となっているものは例外として2枚選出も可(ガンズとかラルクみたいなね。ガンズは関係ないけど)

以上、これだけを守って選んだら……やっぱりキツかった(笑)。さて、個人的な思い入れ乱れまくりの30枚、ぜひご堪能あれ。


平成元年(1989年)
X『BLUE BLOOD』(Spotify

平成2年(1990年)
ユニコーン『ケダモノの嵐』(Spotify

平成3年(1991年)
BUCK-TICK『狂った太陽』(Spotify

平成4年(1992年)
佐野元春『sweet16』(Spotify

平成5年(1993年)
LUNA SEA『EDEN』(Spotify

平成6年(1994年)
THE YELLOW MONKEY『jaguar hard pain』(Spotify

平成7年(1995年)
スピッツ『ハチミツ』

平成8年(1996年)
Mr.Children『深海』(Spotify

平成9年(1997年)
中村一義『金字塔』(Spotify

平成10年(1998年)
THEE MICHELLE GUN ELEPHANT『ギヤ・ブルース』(Spotify

平成11年(1999年)
Hi-STANDARD『MAKING THE ROAD』

平成12年(2000年)
エレファントカシマシ『GOOD MORNING』(Spotify

平成13年(2001年)
SOUL FLOWER UNION『SCREWBALL COMEDY』

平成14年(2002年)
ナンバーガール『NUM-HEAVYMETALLIC』(Spotify

平成15年(2003年)
Theピーズ『Theピーズ』(Spotify

平成16年(2004年)
フラワーカンパニーズ『世田谷夜明け前』(Spotify

平成17年(2005年)
銀杏BOYZ『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』(Spotify)、『DOOR』(Spotify

平成18年(2006年)
ザ・クロマニヨンズ『ザ・クロマニヨンズ』

平成19年(2007年)
L'Arc-en-Ciel『KISS』

平成20年(2008年)
Perfume『GAME』

平成21年(2009年)
DEAD END『METAMORPHOSIS』

平成22年(2010年)
凛として時雨『still a Sigure virgin?』(Spotify

平成23年(2011年)
OGRE YOU ASSHOLE『homely』(Spotify

平成24年(2012年)
Ken Yokoyama『Best Wishes』

平成25年(2013年)
ももいろクローバーZ『5TH DIMENSION』(Spotify

平成26年(2014年)
BABYMETAL『BABYMETAL』(Spotify

平成27年(2015年)
星野源『YELLOW DANCER』

平成28年(2016年)
BOOM BOOM SATELLITES『LAY YOUR HANDS ON ME』(Spotify

平成29年(2017年)
ONE OK ROCK『Ambitions』(Spotify

平成30年(2018年)
Maison book girl『yume』(Spotify


以上、30枚。「そのアーティストがそのアルバム?」っていうやつ、たくさんあると思います。LUNA SEAは『MOTHER』(1994年)じゃないの?とか、THE YELLOW MONKEYは『SICKS』(1997年)じゃなくていいの?とか、星野源は最新の『POP VIRUS』(2018年)だろ?とか。わかります、その気持ち。でも、「あの年にあれが入るとそれは入れられないよね」とか「世の中的にこっちのほうが評価高いんだろうけど好きなのはあっちなんだよね」とか、そういう理由も含まれていますので、ご了承ください。

にしても、やっぱり偏ってるなあ(笑)。わかってはいたけど、こういう結果になりますよね。我ながらも清々しいくらいに納得できるものになりました。だいたいどのアルバムも、その年に聴きまくったもの、あるいは今でもよく聴く作品ばかりだもんなあ。そんな中で、2000年代半ば前後から後半にかけての一時期が、自分の中で非常に曖昧なことに気づきました。このサイトを一番やってた時期から前職で音楽の仕事に就いた頃だから、記事的にはいろいろ聴いていたはずなんだけど……で、気づくわけです。「あ、この頃ってハロプロばっか聴いてたからだ!」と(笑)。

ハロプロ。悩みました。どれか1枚入れるべきだろうと。ももクロやベビメタを入れているわけですし、個人史的にも絶対に必要だろうと。ただ、「今の視点」となると、また違うんですよね。残念ながら。そういう意味では、2010年にAKB48の『神曲たち』も入れるべきか悩みましたが、こちらも選外に。ただ、そのへんも考慮には入っていたことはご理解いただきたいです。

だって、いきなり元年からRED WARRIORSの『SWINGIN' DAZE』を外す羽目になるし。けど、今の感覚的にはやっぱり『BLUE BLOOD』だしなあ。難しいですね。

あと「この人たちの作品、サブスクで配信されてないのね」とか「この時期の作品だけ配信されてないのかよ」とか、新たな気づきもありました。いろんな事情もあるでしょうから深くは追求しません。けど、勿体ないな、と。

一応「平成」ってことで邦楽縛りで選出しましたが、これ洋楽編を作ったらどうなるんでしょうね……我ながら、ちょっと気になります。なので、続く……かも(笑)。

投稿: 2019 03 12 12:30 午前 [BABYMETAL, BOOM BOOM SATELLITES, BUCK-TICK, DEAD END, Hi-STANDARD, Ken Yokoyama, L'Arc-en-Ciel, LUNA SEA, Maison book girl, Mr.Children, OGRE YOU ASSHOLE, ONE OK ROCK, Perfume, Soul Flower Union, THEE MICHELLE GUN ELEPHANT, X JAPAN, YELLOW MONKEY, THE, 「平成の30枚」, ももいろクローバーZ, エレファントカシマシ, ザ・クロマニヨンズ, スピッツ, ナンバーガール, ピーズ, The, フラワーカンパニーズ, ユニコーン, 中村一義, 佐野元春, 凛として時雨, 星野源, 銀杏BOYZ] | 固定リンク

2008年6月 1日 (日)

Perfume@横浜BLITZ(2008年5月31日)

昼過ぎにかろうじて目覚めて、だらだらしてたらもう夕方。この日は18時から横浜BLITZでPerfumeのライブがあったので、なんとか16時半には家をでました。

アルバム「GAME」のツアーを観るのはこれが初めてだったけど、周りの友人たちの話を総括すると、ツアー・セミファイナルとなったこの日のライブは非常に洗練されたものだったとのこと。僕はフロア後方でまったりと観るつもりだったんだけど、オープニングからがっつりやられました。

曲順もなかなかだと思ったし(アルバムからの新曲が少なかったのが残念かも)、ダンスもキレがあってかっこよかったし、3時間という長丁場を感じさせない素晴らしいライブだったと思います。いや……でもやっぱり立ちっぱなし3時間はちょっとだけキツかったかも。

21時ちょい前に終了して、そのままひとり駅に駆け込み帰宅。仕事がかなりたまっていたもんで……すみませんね。

下北に着いてから、蕎麦屋でそば食らいつつ梅酒呑んでちょっと落ち着きました。その後は仕事して、深夜にまた呑みはじめて、録画してた「アイドリング!!!」などを消化。気づいたら、結局この日も朝になってました。



▼Perfume『GAME』(amazon:日本盤

投稿: 2008 06 01 03:45 午後 [2008年のライブ, Perfume] | 固定リンク

2007年11月24日 (土)

Perfume『ポリリズム』(2007)

今年に入ってから、というか例のAC公共広告機構のCM出演が決まったあたりから流れが変わりましたよね、Perfumeに対する世間の。木村カエラがPerfumeの大ファンだとか、アイドルマスターで彼女たちの楽曲が大人気とか、とにかくネタが尽きることなく9月の「ポリリズム」発売を迎え、インストアイベントが大盛況、地上波の音楽番組にも出演など、彼女たちがいわゆる「サブカル層のアイドル」から「一般層にとってのアイドル的存在」へと成長しつつある流れができつつあるといってもいいでしょう。実際、この「ポリリズム」もオリコン・トップ10入りを記録。年末の「COUNTDOWN JAPAN 07/08」への出演も決定し、あとは「ミュージックステーション」などの人気番組への出演と、年末の紅白歌合戦に出ることができたら完璧ですよね。

彼女たちの人気や魅力については今さら言うまでもないので、ここでは割愛。とにかく中田ヤスタカという男は、どれだけ短い期間でクオリティの高い楽曲を量産するんだ、という話ですよ。彼がこの1年間にどれだけの楽曲を量産したかは、ファンサイト辺りを調べてくれれば一目瞭然かと。一時期のつんく♂もスゴイものがあったけど、あれとはレベルが違う。つんく♂は曲を書いてプロダクションに携わるのがメイン。でも中田は自分で曲作ってアレンジして、レコーディングして、またそれをいじって完パケすると、そこまでやってるわけだよね。もちろん一時のハロプロとは量は比べようにないけど、それにしても自身の活動もちゃんと精力的に続けつつ、Perfumeをはじめとする他アーティストへも同等のクオリティの楽曲を提供しているわけだから、本当に頭が下がります。一説には、彼は2〜3日で1曲を完パケしてしまうという話ですよ。

でも、この曲はやはりPerfume用に書かれた曲だよなぁ。あの3人あってこその楽曲。確かに過去のシングル曲と比べれば「最高の1曲」とは呼べないかもしれないけど、でも水準以上のものすごいポップソングでしょう。このシングルの場合はタイトル曲以上に、新境地を見せつける「SEVENTH HEAVEN」の存在が大きいかな。ちょっとウルッときそうなメロディや展開など、今までのPerfumeにはなかったタイプの楽曲だけに、これまでのファンにも、そして「ポリリズム」から新たに入ってきたファンにも十分にアピールする強力な1曲に仕上がっていると思います。

いやぁ、それにしても「ポリリズム」は本当にポリリズムなんだもんなぁ(なんだその表現は)。クラブとかで大音量であのパートを聴くと、本当に覚醒しますね。来年1月には早くもニューシングルが発表されますが、どれだけ高クオリティの新曲を届けてくれるのか、今から楽しみで待ちきれません。



▼Perfume「ポリリズム」(amazon:日本盤日本盤w/DVD

投稿: 2007 11 24 11:24 午後 [2007年の作品, Perfume] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック