2018年4月17日 (火)

PINK CREAM 69『ONE SIZE FITS ALL』(1991)

ドイツ出身のハードロックバンド、PINK CREAM 69が1991年2月に発表した2ndアルバム。日本では同年5月に発表されており、今作にて日本デビューを飾りました。

当時のメンバーはアンディ・デリス(Vo, G/現HELLOWEEN)、アルフレッド・コフラー(G)、デニス・ワード(B)、コスタ・ツァフィリオ(Dr)で、アンディとアルフレッドのみドイツ人。デニスはアメリカ人、コスタはスイス人という、ドイツ出身ながらも編成は多国籍なバンドでした。それも影響してか、そのサウンドは当時主流だったクサメロによるジャーマンメタルとは一線を画する、アメリカンハードロックに近いものでした。

確か僕は当時、本作のオープニングを飾る「Livin' My Life For You」をラジオで最初に聴き、それでしばらくしてから発売された国内盤を手に取ったのかな。日本人好みのメロディと適度な疾走感とハードなサウンドに、当時すでにブレイクしていたFIREHOUSEや、80年代のDOKKENあたりにも通ずる魅力を感じたことをよく覚えています。

アルバム自体も、とてもドイツ出身バンドとは思えないくらいジャーマンメタルとはかけ離れたもので、ヘヴィメタル調のサウンドに不思議なハーモニーを乗せた「Hell's Gone Crazy」や、どこかWINGERあたりに似たものを感じる「Do You Like It Like That」、プログレッシヴなパワーバラードといった印象の「Ballerina」とひと癖もふた癖もある楽曲がずらりと並びます。

後半もリフがひたすらカッコいいアグレッシヴな「Signs Of Danger」を筆頭に、不思議な変拍子を取り入れた「Walkin' Out To Heaven」、演奏力の高さがキラリと光る「Piggy Back Bitch」、アコースティックギターの切ないメロディが耳に残るバラード「Where The Eagle Learns To Fly」などなど、印象的な楽曲が目白押し。アメリカンなカラーもありつつ、歌メロにヨーロッパのバンドらしい泣きの要素や湿り気の強いメロディも至るところに散りばめられており、そこがこのバンドの独特な魅力確立に一役買っています。

セルフタイトルのデビューアルバムもあとから国内盤がリリースされ、追って聴くと本作に勝るとも劣らない名盤だったわけですが、個人的にはこの2枚目のほうが好きだったりします。それはアンディが参加した3作品中もっとも「アンディ・デリス色の強いアルバム」だからなのかな。実際、のちの参加するHELLOWEENにも通ずる要素がいろんな曲から感じられますし。自分がアンディ加入後のHELLOWEENが好きなのは、そういう理由もあるのかもしれませんね。

現在は別のシンガーを加え、独自のスタンスで活動を続けるPINK CREAM 69。今も悪いわけじゃないけど、個人的にはあまり引っかからないのは、上記のような理由も大きいんでしょう。

追伸。AppleMusicやSpotifyでは1stと3rd『GAMES PEOPLE PLAY』(1993年)は配信されているのに、この2ndは未配信というのは、何故なんでしょうね。勿体ない。



▼PINK CREAM 69『ONE SIZE FITS ALL』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2018 04 17 12:00 午前 [1991年の作品, Helloween, Pink Cream 69] | 固定リンク