2005/07/25

THE PREDATORS『Hunting!!!!』(2005)

 海外なんかだと大物バンドのメンバーと玄人ウケするバンドのメンバーとが一緒にユニットをやる、なんて話はよく耳にするし、実際幾つもそういうのを目の当たりにしてきてるじゃないですか。けどこれが日本になると、やれ事務所のしがらみが、とか、やれどのレコード会社から出すか、とかいろいろ揉めることが多いんじゃないでしょうか。あと、「誰(メイン)のバンド」か、とか。正直、聴いてる方はそんなのどうでもいいんですよ‥‥曲と、バンドとしての佇まいさえカッコ良ければ、俺は全然アリなんですけどね。

 the pillowsの山中さわおとGLAYのJIROが中心となってスタートし、そこにストレイテナーのナカヤマシンペイが加わることで完成したスリーピース・バンド、THE PREDATORS。これが意外とサマになってるんだよね、佇まいが。俺はこの中だとthe pillows寄りのモノの見方をしてしまいがちだけど、別にGLAYだって嫌いじゃないし、むしろ好意的に捉えてるよ。そしてストレイテナー‥‥今年久し振りにライヴを観ていろいろと感慨深かったんだけど、その中でもやはりドラムの凄さは相変わらずだなぁとため息混じりに思ったものですよ。そんな3人がバンドをやる‥‥面白いじゃないですか。

 曲自体は大半を山中が書いてるので、まぁthe pillows寄り‥‥というか、そのままpillowsでやっても違和感がないような曲が大半。ただ、そこは別のメンバーが演奏してるだけあって、やはり別物を聴いてるんだな、と思わされるわけ。とにかく勢いというか、このバンド独特な「ノリ」が既にあるわけ。pillowsでも疾走チューンはアルバムに必ずあるんだけど、それともまた違ったノリなんだよね‥‥pillowsの場合はタテノリながらも、横にゆらゆら揺れてる感じ‥‥判りにくいかな‥‥があって、凄く余裕を感じさせるんだけど、このTHE PREDATORSの場合‥‥本人達も口にしてる通り、NIRVANA等のバンドから受けた影響が、プレイに出てるんだよね。曲、というかメロディ自体はpillowsと同じかもしれないけど、それを別のメンバー(リズム隊)で鳴らすことによって、また違ったものになる。当たり前のことなんだけど、これが凄く新鮮で。

 例えばpillowsの場合、ドラムがTheピーズだったり、過去には真心ブラザーズなんかのサポートに参加してたりして、それが良い意味で灰汁抜きになったり、はたまたpillowsにとってプラスになってたはずなんだけど、今回の場合、メインソングライターが別ユニットで、しかも特にpillowsと大きく区別するわけでもなく普通に曲書いて、別のメンバーと演奏する。これはかなり大きいんじゃないかなぁ。灰汁抜き以上の何かを得られるような気がするんだけど‥‥pillows自体、ここ数年はかなり素晴らしい作品を毎年発表してくれてるんだけど、ここでひと休みして次に繋げるのもいいのかなぁという気がするんだよね、このアルバム聴くと。若返りだったり音楽性の変化だったり、いろいろ得るものがあるはずなんだよね。勿論、pillowsとして決して揺るがない要素もあるから、それがいい感じで取り込めれば万々歳なんだけどね。

 あと、他にもJIROが曲を書いてるのも数曲あるんだけど、俺はこっちも好きよ。元々GLAYでもJIROの曲って結構好みだったし。ただ、もっと「やらかし」てもよかったように思うんだけど。凄く山中が歌うってことを意識して書いたせいで、本家以上に爆発することができなかったのかな。っていうのは邪推しすぎ? とにかく、折角だからもっと暴れて欲しかったなぁというのが正直な気持ち。それが出来る男だと思うし、ちゃんとそれが出来て尚かつ受け入れてくれる環境だったと思うんだけど。このバンドがアルバム1枚こっきりで終ることなく、また数年後にセカンドアルバムなりシングルなりが出ることがあったら、その時はもっとやらかして欲しいなぁ‥‥と思うんだけど。

 ドラムに関しては、言うことなし。さすがというべきかしら。俺、この人のドラム、相当好きだわ。最近のストレイテナーのアルバムとか聴いても、ニヤニヤしちゃうもんね、リズム隊聴いて。初めてテナーのライヴを観た時に感じた、「あーきっとこの人、絶対デイヴ・グロウル(元NIRVANA、現FOO FIGHTERS)大好きだわ」って思いは間違ってなかったなぁと、このアルバムを聴いても再確認できたのも、個人的には収穫だったしね。

 肩肘張らずに、それぞれが本家よりユルい感じで、遊びなんだけど本気度が高くて、だけど非常に「FUN」の要素が強い。この絶妙なバランス感が、別ユニット/バンドの強みなんだろうなぁと、改めて思わされました。ライヴも面白そうだなぁ‥‥エゾで観る機会がありそうなので、是非観てみたいと思います。



▼THE PREDATORS「Hunting!!!!」(amazon

投稿: 2005 07 25 01:51 午前 [2005年の作品, GLAY, pillows, the, Predators, The] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック