2019年3月 3日 (日)

ARCH ENEMY『COVERED IN BLOOD』(2019)

2019年1月に発表された、ARCH ENEMYのカバーアルバム。バンド初期からシングルのカップリングやアルバムのボーナストラックとして収録されてきた歴代のカバー曲を1枚にパッケージした作品で、その内訳も初期3作のヨハン・リーヴァ時代、ブレイクのきかっけを作ったアンジェラ・ゴソウ時代、現在のアリッサ・ホワイト=グラズ時代と3世代にわたる、ある種のオールタイム“裏”ベストアルバムとなっています。

取り上げられているカバーはIRON MAIDENJUDAS PRIESTEUROPEMEGADETH、MANOWAR、QUEENSRYCHEPRETTY MAIDSSCORPIONSKISSなど彼らのルーツにあるHR/HMバンドからG.B.H.、DISCHARGEといったハードコアバンド、SKITSLICKERS、ANTI-CIMEX、MODERAT LIKVIDATIONという地元スウェーデンのハードコア/クラストコアバンド、マイケル・アモット(G)がかつて在籍したCARCASS、そしてTEARS FOR FEARSやマイク・オールドフィールドといったポップ寄りまで、バラエティに富んだもの。JUDAS PRIEST、IRON MAIDEN、EUROPE、SKITSLICKERSはボーカリスト違いで複数選ばれているものもあります。

全24曲中、M-1「Shout」からM-11「City Baby Attacked By Rats」までがアリッサ時代、M-12「Warning」からM-20「Symphony Of Destruction」までがアンジェラ時代、ラスト4曲がヨハン時代としっかりブロック分けされているので、そこまで違和感を感じることはないかと。特にアリッサ時代はM-5「Nitrad」から「City Baby Attacked By Rats」までのパンク/ハードコアのカバーが続く流れで統一感を作るなど、構成も考えられていますしね。

ARCH ENEMYの活動を追っているリスナーには、すべて既出で所持している音源ばかりでしょう。しかし、こういった“ファン”アルバムは出すことに意味があるので、そこに文句をつけるのは野暮というもの。そんな中、M-1「Shout」は昨年発売されたアナログボックスセット『1996-2017』やアナログ7インチ盤「Reason To Believe」に収録されていたものですが、CD化はこれが初めて。原曲をよりヘヴィにしたアレンジはどことなくツェッペリン「Immigrant Song」に似ていて、DISTURBEDのカバーバージョンとは違った味わい深さがあります。

そのほかのカバーに関しては原曲まんまのものから凝ったアレンジのものまでさまざまですが、基本的には原曲に対する愛情が強いものが多い印象です。個人的にはPRETTY MAIDS「Back To Back」、EUROPE「Wings Of Tomorrow」、CARCASS「Incarnated Solvent Abuse」、IRON MAIDEN「Aces High」がお気に入りです。

ちなみに、CDブックレットにはマイケル・アモットによる各曲の解説入り。残念ながら日本盤はおろか、配信&ストリーミングもなしの本作ですが、特にストリーミングに関しては過去作もゼロなので、これを機に動いてほしいものです。



▼ARCH ENEMY『COVERED IN BLOOD』
(amazon:海外盤CD / 海外デラックス盤CD


※国内からは試聴不可ですが、念のため貼っておきますね。

投稿: 2019 03 03 12:00 午前 [2019年の作品, Arch Enemy, Carcass, Europe, Iron Maiden, Judas Priest, KISS, Megadeth, Pretty Maids, Queensryche, Scorpions, Tears for Fears] | 固定リンク

2017年4月 2日 (日)

PRETTY MAIDS『SIN-DECADE』(1992)

活動歴35年を超え、今や母国デンマークの人気HMバンドにまで上り詰めたPRETTY MAIDSが、1992年3月にリリースしたのが本作『SIN-DECADE』。僕は前作『JUMP THE GUN』からこのバンドの音に触れたのですが、DEEP PURPLEのロジャー・グローヴァーがプロデュースした同作は、疾走感あるファストチューン含め当時のパープル諸作品に通ずる“野暮ったさ”が感じられ、なんとなく素直に好きと言えない1枚だったことをよく覚えています。「Attention」とか男臭いバラード「Savage Heart」とか、良い曲も多かったんだけどね。

その後、ツインギター&キーボードを含む6人編成だったバンドからメンバーが次々に脱退。気づけばロニー・アトキンス(Vo)、ケン・ハマー(G)の2人だけになってしまい、そこにケン・ジャクソン(B)、マイケル・ファスト(Dr)が加入し、新たに4人編成でバンドを立て直して本作を完成させたわけです。

プロデューサーはMETALLICAの初期作品を手がけたフレミング・ラスムッセン。分厚いドラムビートから始まる「Running Out」を筆頭に、本作はパワフルなファストチューンとヘヴィなビートが気持ち良く響くミドルチューンをバランス良く配置した聴き応えのある1枚に仕上がっています。タイトルトラック「Sin-Decade」のドラマチックさも素晴らしいし、「Nightmare In The Neighbourhood」や「Come On Tough, Come On Nasty」のキャッチーさ、「Know It Ain't Easy」でのアコースティックギターを取り入れたアメリカンロック的な爽やかさなど、実は楽曲のバラエティ豊かさも絶妙で硬軟のバランスが非常に良いんですよね。そこにしっかり「Raise Your Flag」「In The Flesh」みたいな疾走パワーメタルチューンが加わることで、“メタルバンドのメタルアルバム”としてしっかり成立している。

そんなアルバムのラストを飾るのが、ジョン・サイクスが過去にヒットさせた楽曲「Please Don't Leave Me」のカバー。この仕上がりがまた最高でして……ここまでアルバムの締めくくりにふさわしい曲が他にあるのか?と問いただしたくなるくらい、完璧な選曲だと思います。また、原曲を知らない世代にもこの曲の素晴らしさをアピールすることに成功し、結果として当時BLUE MURDERとして活動していたジョン・サイクスも自身のライブでこの曲を取り上げ始めることになるわけです。

ただし、このカバーの成功がひとり歩きしてしまったのも事実。こんなにも硬派なアルバムを完成させ、かつ成功させたにも関わらず、「Please Don't Leave Me」のカバー1曲だけで片付けられることも多かったと記憶しています。事実、バンドはこのカバーのヒットにより、次作のミニアルバム『OFFSIDE』(1992年)、5thフルアルバム『STRIPPED』では「Please Don't Leave Me」のアコースティックカバーを制作することになってしまうのです(当時はアンプラグドブームでしたしね)。このへんはバンドの意思というよりも、二匹目のドジョウを狙ったレコード会社からの指示だったんでしょうね。

と、良くも悪くもバンドのその後を左右させてしまった、歴史にも記憶にも残る1枚。それがこの『SIN-DECADE』でした。内容は間違いなく最高なので、ぜひ一度聴いてみてほしいです。



▼PRETTY MAIDS『SIN-DECADE』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2017 04 02 12:00 午前 [1992年の作品, Pretty Maids] | 固定リンク