カテゴリー「Primal Scream」の10件の記事

2019年4月24日 (水)

THE CHEMICAL BROTHERS『SURRENDER』(1999)

本国イギリスで1位、アメリカでも最高14位という好記録を残した前作『DIG YOUR OWN HOLE』(1997年)に続いて、1999年6月にリリースされたTHE CHEMICAL BROTHERSの3rdアルバム。本国では引き続き1位、セールス的にも前作の倍近いダブルプラチナムを記録する大ヒット作となりました。

基本的には前作の延長線上にある作風といっていいかもしれません。が、いわゆる“デジロック”的なゴリっとしたテイスト(ビッグビート的スタイル)は後退し、より(広い意味での)テクノに接近した1枚なのかなと。それが1999年という世紀末感にフィットしたのでしょうかね、今振り返ると。

少ない音数とチープな電子音で構築されたオープニングトラック「Music:Response」は当時TV CMにも起用されたので覚えている方も少なくないかも。この曲からアッパーな「Under The Influence」、バーナード・サムナー(NEW ORDER)のボーカル(バックボーカルではPRIMAL SCREAMのボビー・ギレスピーも参加)をフィーチャーした「Out Of Control」へと切れ目なく続く3曲の流れは圧巻。これだけでも、本作は“勝った”と実感できる内容かもしれません。

そこからブレイクビーツ/ヒップホップ色濃厚な「Orange Wedge」を経て、ノエル・ギャラガー(当時OASIS)が前作の「Setting Sun」に続いて参加したキャッチーな「Let Forever Be」、8分半にも及ぶ一大抒情詩「The Sunshine Underground」とサイケデリックゾーンへ。前者は二匹目のドジョウを狙ったらより濃いものが生まれてしまったある種偶然の産物(?)でもあり、後者は「俺らが本気出せばこんなもんよ?」的な気合いが感じられる。オープニングからピークの連続みたいな作品ですが、間違いなくこの中盤はこのアルバムのクライマックスと言えるでしょう。

ホープ・サンドヴァル(MAZZY STAR)の気怠い歌声がチルな空気にぴったりな「Asleep From Day」、ブラックミュージックと同じくらいYMOからの影響も見え隠れする「Got Glint?」で少し落ち着いたところで、アゲアゲ(死語)のクラムアンセム「Hey Boy Hey Girl」で再び潮目が変わると、ポップさが際立つ「Surrender」、ジョナサン・ドナヒュー(MERCURY REV)のボーカル/アコギ/ピアノを前面に打ち出した“涅槃からのささやき”的エンドロールナンバー「Dream On」という豪華な構成でアルバムを締めくくります。

久しぶりに聴いても、やっぱりその内容/完成度は随一。ロックサイドからの入門編的には前作『DIG YOUR OWN HOLE』がとっつきやすいかもしれませんが、THE CHEMICAL BROTHERSの本質を知る上では本作から入るのがベストではないでしょうか。リリースから20年経った今も、最強のダンスミュージックアルバムです。

 


▼THE CHEMICAL BROTHERS『SURRENDER』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

続きを読む "THE CHEMICAL BROTHERS『SURRENDER』(1999)" »

2019年3月13日 (水)

PRIMAL SCREAM『VANISHING POINT』(1997)

1997年のデジタルものが続いたので、もう1枚だけお付き合いください。こちらはPRIMAL SCREAMが1997年7月(日本では6月)にリリースした通算5枚目のスタジオアルバム。『GIVE OUT BUT DON'T GIVE UP』(1994年)から3年ぶりの新作で、前作同様全英2位という好記録を残しています。

本作の制作期間に(当時)元THE STONE ROSESのマニ(B)が正式加入。レコーディングは「Kowalski」「Motorhead」の2曲のみでしたが、以降のライブには全面参加し、ローゼズ再結成までの15年近くにわたり在籍することになります。

前作での60年代末〜70年代前半のストーンズ/アメリカ南部サウンド路線から一転し、本作ではサンプリングを多用したダブからの影響が強いサウンドがベースになっており、それもあってかボビー・ギレスピー(Vo)が参加しないインストゥルメンタル曲(あるいはそれに準ずる楽曲)が複数含まれているのが特徴。「Get Duffy」や8分もの長尺曲「Trainspotting」(同名映画のサウンドトラックに提供したもの)や、ほぼつぶやきに近いボーカルを含む「Kowalski」「Stuka」がそれにあたります。

また、ボーカル入りの楽曲にしてもインストパートが大半を占める楽曲が多く、このあたりは代表作『SCREAMADELICA』(1992年)とはまた異なる“らしさ”が強調され、新たな独自性が開花するきっかけとなりました。

かと思えば、前作の延長線上にあるバンドサウンド構成のロックンロール「Medication」があったり、ダビーで牧歌的なバラード「Star」があったり、かのMOTÖRHEADのデジタルカバー「Motorhead」があったりと、相変わらずの無軌道さも示されており、そのアンバランスそうでしっかりバランスが取れた作風もさすがの一言。オープニングを飾る「Burning Wheel」にしろ60年代後期のストーンズを思わせるメロ&テイストですし、なんだかんだでこの色合いを捨てていないところにも好感が持てます。

とはいえ、ここ日本では前作『GIVE OUT BUT DON'T GIVE UP』で一般的認知度を獲得し、「Rocks」や「Jailbird」のようなわかりやすい曲が評価されたあとだけに、このアルバムの作風は難解に映ったのもまた事実。雑誌やツウの間では高評価を獲得したものの、前作で寄って集まった“一見さん”は少しずつ離れていったのでした(まあ、それでよかったんですけどね)。

ここでの経験がさらに追求されたのが、続く“もうひとつの代表作”『XTRMNTR』(2000年)。本作から次々作『EVIL HEAT』(2002年)までの3作はある種の連作的な色合いもあるので、ぜひあわせて聴いてほしいところです。また、本作にはよりダブ色を強めたリミックスアルバム『ECHO DEK』(1997年)も用意されているので、そっち側の素養がある方はぜひこちらにもトライしてみてください。



▼PRIMAL SCREAM『VANISHING POINT』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

続きを読む "PRIMAL SCREAM『VANISHING POINT』(1997)" »

2018年10月18日 (木)

THE CHARLATANS『TELLIN' STORIES』(1997)

1997年4月に発表された、THE CHARLATANSの5thアルバム。本作からメジャーレーベルのMCA / Universal Recordsからの流通となり(イギリス以外。本国イギリスでは本作まで古巣のBeggars Banquet Recordsからのリリース)、それも影響してか(また、折からのブリットポップムーブメントの影響もあってか)、バンドはこのアルバムで通算3度目の全英1位を獲得。前年に発売されたシングル「One To Another」(全英3位)を筆頭に、「North Country Boy」(同4位)、「How High」(同6位)、「Tellin' Stories」(同16位)と数々のヒットシングルが生まれます。

アルバムのミックス作業中だった1996年夏、メンバーのロブ・コリンズ(Key)が交通事故で死去。結果として、ロブを含む布陣での純粋な作品はシングル「One To Another」が最後となってしまいます。しかしバンドは PRIMAL SCREAMのキーボーディスト、マーティン・ダフィーをゲストに迎えて作業を継続。1997年初頭に無事本作が完成します。

90年代前半という時代性を反映させた初期のダンサブルな作風から徐々に変化を遂げ、この5作目では強いビート感はそのままに、ティム・バージェス(Vo)のボーカルの深みやマーク・コリンズ(G)のギタープレイの多彩さが増したこと、また残されたロブのプレイのみならず、ゲスト参加のマーティン・ダフィーの尽力もあって、ハモンドオルガンやピアノの存在感もより強いものとなり、バンドとしての表現力が急成長。ソングライティング面でも歌詞に具体性が増し、メロディやバンドアンサンブルも鉄壁と言わんばかりの仕上がり。文句なしの1枚なんですよね。

初期のサウンドが好きだというリスナーからは拒絶されたのかもしれませんが、逆に僕のような“好きな曲と嫌いな曲の差が激しかった”リスナーにはこの内容には当時かなり驚かされました。

ストーンズにおける60年代後半のサイケ期〜南部サウンド系統期の中間にあるようなサウンドといい、一見古臭いのに一周回って新しい(と感じてしまう)方向性といい、90年代後半の時代性と見事に一致したんでしょうね。そういえば、「One To Another」や「With No Shoes」「Tellin' Stories」のループを手がけたのが、THE CHEMICAL BROTHERSのトム・ローランズでしたし。なるほど、そりゃ売れるわ。

上に挙げたようなシングル曲はもちろんですが、個人的にはアルバム中盤の山場に置かれたインスト「Area 51」がお気に入り。「You're A Big Girl Now」のようなアコースティックチューンも本作ならではですし、パーカッションを強調した「Only Teethin'」も捨てがたい。ロブに捧げられたラストのインスト「Rob's Theme」含めて、1曲たりとも聴き逃せない、だけど肩の力を抜いて楽しめる名作です。



▼THE CHARLATANS『TELLIN' STORIES』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / 海外盤2CD

2018年10月 9日 (火)

PRIMAL SCREAM『GIVE OUT BUT DON'T GIVE UP』(1994)

1994年3月にリリースされた、PRIMAL SCREAMの4thアルバム(日本では同年4月発売)。前作『SCREAMADELICA』(1991年)で全英8位、50万枚を超えるヒットを記録し、バンドは時代の寵児となりました。が、当時すでにヘロイン中毒でヘロヘロだった彼らは、この状態で次のアルバム制作に突入。イギリスを離れ、アメリカ・テネシー州メンフィスにてトム・ダウド(アレサ・フランクリンエリック・クラプトン、ロッド・スチュワートなど)をプロデューサーに迎えてレコーディングに突入したのですが……。

このへんは近く発売される本作のオリジナルバージョン『GIVE OUT BUT DON'T GIVE UP: THE ORIGINAL MEMPHIS RECORDINGS』と比較していただければおわかりいただけると思いますが、元のセッションはとにかく毒気の抜けたユルユルの“ストーンズもどき”なんですわ。もちろん、テイクによってはオリジナル版のほうが好み、っていう楽曲もなくはないですが、それでもすべてをこのままリリースするわけにはいかなかったと。

曲によってはジョージ・クリントンが参加&リミックスを担当してそれらしくなったものの、さすがに“ジャンキーがほぼ勢いで作ったかのような代物”をそのまま世に出せるわけもなく、ジョージ・ドラクリアス(THE BLACK CROWESRIDEREEFなど)が新たにミックスし直し、現代的な要素が加わることに。こうして、総制作費42万ポンド(笑)と言われる名(迷)作が難産を経て完成したわけです。

が、個人的にはこのアルバム、リリース当時から好きだったんですけどね。きっとミック・ジャガーは嫉妬したんじゃないかな、って。たぶんミックがストーンズでやりたいことって、こういうことなんじゃないの?って思ったわけです。

確かに『SCREAMADELICA』という、新たな時代を作る作品の後にここまでレイドバックされたら、そりゃあ呆れますよ。だけど、ボビー・ギレスピーというロックバカがお薬の力を借りて、なんの工夫もなくストレートにやりたいことをやった結果がオリジナル版であり、そこに多少の“作為”を加えた結果、少しだけ時代に寄り添った。最高じゃないですか。

「Rocks」(全英7位)も「Jailbird」(全英29位)も、その“作為”があったから名曲になったわけだし、アルバム自体も(セールス的には前作に及ばないものの)全英2位という好記録を残せたわけだしね。2ndアルバム『PRIMAL SCREAM』(1989年)でのガレージロック色や8thアルバム『RIOT CITY BLUES』(2006年)でのオーガニックなロックンロール色とも違う、1994年という時代の転換期にしか生み出せなかったであろうこの異色作、間もなくリリースされるオリジナル版とともに、ぜひこのタイミングにじっくり浸ってみてください。



▼PRIMAL SCREAM『GIVE OUT BUT DON'T GIVE UP』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

2005年8月12日 (金)

ドキュメント・FRF'05

 遅くなりましたが、7/28〜8/1の間参加した今年のフジロックフェスティバルについて、簡単なレポートというか、まぁ「記憶の記録」でもしておこうかと。ハッキリ言って、他所のサイトみたいに(あるいはこれまでのライヴみたいに)キッチリしたライヴレポートは書く気、全くないです。つーか書きたくないので。今、そういうのに対して殆ど興味がないというか、やりたいと思わないのですよ。

 てなわけで、今年は趣向を変えて、7/28〜7/31の4日間、某所にてリアルタイム更新をしていた時のログと携帯で撮影した写真とを併せてアップしようかな、と。そんなこまめに更新してたわけじゃないけど(いや、今見たら結構尋常じゃない数アップしてたのね俺)雰囲気だけは伝わるかな、と。正直、苗場でのフジロックは個人的にも今年で6回目だし、そろそろそういう「ライヴレポ」的なものはいいかな、と‥‥

 ではでは前夜祭当日、7/28(木)早朝からいきましょう。もう2週間も経っちゃったのね‥‥

続きを読む "ドキュメント・FRF'05" »

2004年3月22日 (月)

「MAGIC ROCK OUT」@幕張メッセ(2004年3月20日)

  「MAGIC ROCK OUT」に行ってきました。昨年からスタートした屋内オールナイト・イベントなんですが、何か全然盛り上がってないですよね? 実は昨年の時も俺、行こうと思ってたんですよ。恐らくメインを張ることになるであろうFOO FIGHTERS、注目のTHE VINES、そしてDEATH IN VEGAS辺りを目当てに。が、その中のひとつ、THE VINESが直前になってキャンセルになり、結局行くのを止めたという(元々当日券で行くつもりだったから被害はなかったんですが)。

  で、今年。PRIMAL SCREAMとIGGY AND THE STOOGESがダブルヘッドライナーという豪華振り。しかもテーマはズバリ「ロックンロール!」ときたもんだ。そりゃ行くしかないっしょ!というわけで、張り切ってチケット取って会場入りしたわけですが‥‥

  当日(3/20土曜)はあいにくの雨。しかもこの日の俺、17時開場だったにもかかわらず、目が覚めたのが14時ちょっと前という‥‥前日、4時頃までネットラジオ聴いたりサイト弄ったりしてたからなぁ。先週睡眠時間少なかったのもあるし。つうわけで、焦って準備して、雨の中高速飛ばして(コラコラ)無事16時半に幕張メッセ到着‥‥いや、予定より早く着き過ぎだから俺。

  17時ちょっと前に入場口前に行ってみたんだけど‥‥思ったよりも全然人が並んでなくて、ガックシ。とりあえず寒かったので、列に並んでみて‥‥10分くらい入場が遅れたのかな。けどまぁ手荷物チェックする辺りでの混雑はあったものの、思ったよりもすんなり入れました。車だったから手荷物もないし、傘もささずに駐車場から歩いて来たから楽なこと。

  とりあえずフロアへ下りてみるも‥‥ガラガラ。ま、仕方ないか。また始まった‥‥いや、始まってないもんな。物販や飲食店をブラーッと観てからステージへ‥‥人、ホントいないし。これなら楽々前へ行けそう。ま、いくらなんでもこの後増えるだろうけどさ。

  聞くところによると今回のチケット、さすがに完売にはならず、当日券目当てで来た人も結構いたみたい。まぁ18時スタートってのと雨っていう悪条件が重なって出足が悪いってのもあるんでしょうけど‥‥とりあえず1発目、期待のDIFFUSERを観て楽しむことにしますか‥‥


●DIFFUSER

  1発目はDIFFUSER。先月に日本でもセカンドアルバム「MAKING THE GRADE」がリリースになったばかり。王道ともいえるアメリカン・ハードロックを基調とし、今風のいろんな要素を取り込んだ、まぁ流行りものっぽいパンクポップなんだけど、これがやはり良かった。アルバムより雑な印象が強かったけど、'80年代のHRバンドを思わせるボーカルの決めポーズ、とにかく定位置という言葉が存在しないベース、しっかりボトムを支えるドラム、怪しいフレーズ満載のリードギター、等々。客は少なかったけどね。俺は好きだよ。

  で、改めて「やっぱり'80年代のUSハードロックの影響強いよなぁ‥‥」と思ってた矢先に、「Shot through the heart, and you're to blame~」っていう、それこそ俺が14才のころから数万回と口ずさんだフレーズをボーカルが歌うわけですよ、ええ。当然BON JOVIの "You Give Love A Bad Name" なわけですが‥‥これをまかさこの場でカバーしてしまうとは‥‥!! 引いてる客、前へ前へと進んで行く客、賛否両論といった感じですが、俺はずっと笑ってた、腹抱えて。で、妙に納得しちゃったよ。もうね、大好きになった、このバンド。

  多分今のアメリカのポップパンクシーンを支えてる世代って、こういったBON JOVI等のハードロックバンドが不遇の時代だった'90年代半ばに音楽を聴き始めた世代なんだと思うけど‥‥嬉しいよね、グランジとかに走らないでこっちに進んでくれて。勿論そっちも聴いてたんだろうけどさ。SR-71なんかもそうだけど、こういったバンドがもっとオーバーグラウンドで日の目を見ることを願ってます。バンドとしてはまだまだ未熟な面があるけど、間違いなく「これから」を感じさせる、いいバンドなのでね。


01. Karma
02. New High
03. Here's To You
04. You Give Love A Bad Name [BON JOVI]
05. She's All Mine
06. Why
07. Get It On
08. Only In The Movies
09. Nothing Left To Say
10. I Wonder
11. Leaving With A California Tilt


●UN

  この日、観るのが一番怖かったのが、この元ROOSTERSの大江慎也率いるニューバンド・UN。空白の10数年、いや、自分にとっては約20年近い「不在」だったわけですよ。アルバムの中の大江しか知らないんだから‥‥

  昨年ROCK'N'ROLL GYPSIESのライヴに飛び入りした辺りから大江の周囲がざわつき始め、気づけばこの旧知の友人達と組んだ新しいバンドで、いきなりアリーナクラスでライヴをやってるんだから‥‥本当に心配という言葉以外、頭になかった。

  けど、そんな心配は無用だったよ。大江は確かに太ったし、以前のような精細さはあまり感じられないかもしれない。けど、前進することを選んだんだから。それが十分に伝わってくる、時にルーズで、時に切迫感溢れるロックンロールをオーディエンスにぶつけて来た。戸惑う奴もいれば、明らかにノリノリの奴もいる。多分、ルースターズなんて名前しか知らないような子が多かったんじゃないかな‥‥そんな中で、UNは、大江は善戦したと思う。実際、俺もずっとステージを凝視しっぱなしだったし。

  あとね、このバンド、元ロッカーズの鶴川の存在も大きい。ビジュアル的にも、そして大江を支える意味でも。リズム隊の安定感に関しては言うまでもないでしょう。とにかくオリジナル曲がカッコ良かった。音源としてリリースされる機会があるのかどうかは疑問だけど、できることならちゃんとした形で聴きたいな。

  7曲のオリジナル曲の後、とうとう鳴らされたルースターズナンバー。しかもよりによって "CASE OF INSANITY" を選ぶなんて‥‥この曲の時だけ、明らかに大江は「狂って」た。演技か、それとも素なのか‥‥とにかく、俺は泣いたよ。思いっきり目頭が熱くなったもん。いろんな意味で興味深い、そしていろんな意味で感慨深いステージでした。


01. THEME OF UN
02. NONE KNOWS
03. DUST IN MY HEAD
04. CALL ME
05. I'M NOT LIKE YOU
06. MAKE YOU HAPPY
07. CRY MY HEART
08. CASE OF INSANITY [ROOSTERS]


●FUNERAL FOR A FRIEND

  MRO唯一のヘヴィメタルバンド(いやだから違うから)、FUNERAL for a FRIEND。とにかくこのイベントは出演者それぞれの色が殆ど被ってない。そこが素晴らしくもあり、取っ付き難さを醸し出してるのもありで、一長一短かな、と。ある程度の統一感があったら、もっと集客も良かったんだろうけどさ(個人的には全然「アリ」なんですけどね)。

  で、FFAF。ボーカルがフレッドペリーのポロシャツを着て来た時には思わず苦笑いしちゃったけど、そういうところも含めて全てが「Very British」なバンドでした。豪快なエモ/スクリーモ・サウンドを聴かせてくれるんだけど、繊細さがあるんだよね。サウンドやボーカルに陰があるというか。そういうところが気に入ってる面でもあるわけですが。

  とにかく客の受けが良かったな、と。こういうバンドのファンばかりじゃなかったはずなのに、多分ライヴ観てハマッたって人が多かったってことなのかな。勿論俺もライヴ観て更に気に入ったわけですが。

  ラストに決めナンバー "Juneau"、"Escape Artists Never Die" の2連発。これは効いた。その前にやられた激ハードコア "Art Of American Football" もパンチが効いてて良かったし。夏頃に単独で来日すればいいのに。あるいはLOSTPROPHETS辺りと一緒に回るとかさ。


01. She Drove Me To Daytime Television
02. Rookie Of The Year
03. Bend Your Arms To Look Like Wings
04. This Year's Most Open Heartbreak
05. Red Is The New Black
06. Kiss And Makeup (All Bets Are Off)
07. Bullet Theory
08. Art Of American Football
09. Juneau
10. Escape Artists Never Die


●Ken Yokoyama

  間違いなく、この日最初の山場だった横山健初のソロステージ。こんなにも祝福ムードで迎えられながらも、本人は若干緊張気味で、かなりMCが長かったのもその表れかな、と。出て来ていきなり「今日はメガネ外してきましたーっ!」にまずやられた。そしてエレキを抱えてアルバム1曲目のアコースティックナンバー "I Go Alone" を歌い出すんだけど‥‥途中でバンドが加わってパンクバージョンへと様変わり。つうか今回のツアーメンバー、アルバムと違うメンツなのな。しかももう一人のギター(リードを取る機会多し)とベースが外人という‥‥なんじゃこりゃ!? ま、健さんらしいというか。

  多分、ここにいる子達の何割かはHi-STANDARDが実働していた頃をリアルタイムで知らない若い世代なんじゃないかな‥‥そんな気がするんだけど、だとしてもこれだけ支持されるというのは、やはりハイスタが持つ普遍性と、そしてその後に健さんがやってきた事に対する結果の表れだよね。それが凄く実感できるステージでした。事実、俺にとってもハイスタ、特に'99年のフジロックでのステージは自分の人生における5本指に入る程のライヴなわけだし。逆に健さんソロを観ることで改めて、彼らの不在の大きさを実感させられました。

  ある曲の演奏中に照明が真っ暗になってしまうというトラブルがあり、演奏中断。が、そこは健さん。「ちょっと待って! 押尾学風に言えば、ファッキンライト?」‥‥会場大爆笑。俺はそんなあなたが大好きですよ。

  普通曲と曲の間にMCが毎回入るとダレてしまうんだけど、何故か今日だけはそう感じなかったのは、やはり贔屓目もあるし、それ以上に例の「祝福モード」が大きかったように思います。あと、1曲1曲の濃度の濃さね。特に名曲度ハイランクなラスト3曲の流れといったら‥‥素直に感動しました。最後の方のMCで「夏頃にまたみんなに会いたいね」とか例のフジロックに呼べ的発言とか、いろいろ興味深い内容もありましたが‥‥うん、また夏に会いましょう。


01. I Go Alone
02. Eight-Hour Drive
03. Waiting For So Long
04. Popcorn Love [BBQ CHICKENS]
05. The Story Of The Fallin' Sleet
06. Funny Things
07. Handsome Johnny
08. The Cost Of My Freedom
09. Believer
10. Running On The Winding Road


●THE DISTILLERS

  もうね、パンク版ジョーン・ジェット! 多分立ち位置(RANCIDのティム・アームストロングの元妻。男女混合バンドのシンガー、等)からコートニー・ラヴと比較されることが多いと思うけど、明らかに別の位置にいる人だな、と。コートニーはもっとエンターテイメント性が強いけど(自ずとそういう方向にいっちゃったしね)、ブロディの場合は‥‥ストイック過ぎるのよ。メチャクチャカッコいい。すっげー近くで観てたんだけど、エロくてカッコいい(しかも写真よりも実物の方がカッコいいしキレイ)。しかもそれが全然滑稽じゃない。曲のカッコ良さもあるんだけど、それ以上にひとりのフロントマンとして既に完成しちゃってるのよ。うん。

  曲は昨年出た3rd「CORAL FANG」を中心に、古い曲もバシバシやってたんだけど、60'sガレージのTHE 13TH FLOOR ELEVATORSの曲なんかもやってて意外。あと、やっぱり "City Of Angels" はいい曲だよな、とか、新作の曲はシンガロング出来るのが多くて好きだな、とか、こないだネットラジオでかけた "Die On A Rope" からステージが始まってドキリとしたな、とか。とにかく50分でこれだけ内容の詰まったライヴをやられちゃうと、本気でまた観たくなるじゃないですか。ラストの "Death Sex でのどうしようもないくらいの疾走感、そしてそのままなだれ込むインスト‥‥フォードバックノイズを残してステージを去るんだけど‥‥正直、すっげーヤラれた、と。カッコ良さだけでいったら、この日ナンバーワン。昇天しました。


01. Die On A Rope
02. Dismantle Me
03. City Of Angels
04. Sing Sing Death House
05. Bullet And The Bullseye
06. The Gallow Is God
07. Hall Of Mirrors
08. I Am Revenant
09. Beat Your Heart Out
10. You're Gonna Miss Me [THE 13TH FLOOR ELEVATORS]
11. The Hunger
12. Gypsy Rose Lee
13. Sick Of It All
14. Drain The Blood
15. Death Sex


●IGGY AND THE STOOGES

  実はこの方達も最初はすっげー不安だったのよ。去年のフジで観たイギー・ポップのソロが、昨年1年を通してもベストに挙げられるような素晴らしいライヴだっただけにね‥‥折角良いバンドをバックに付けたのに、よりによって暫く現役を退いてたようなオッサン達をまた引き連れて、しかもSTOOGESとしてやるわけだからさ‥‥35周年という名目以外に、イギーがどういうつもりでこのメンバーでまたやろうと思ったのか判らないけど(勿論一時的なものではあるわけですが)‥‥とにかく大好きなイギーが、STOOGESとしてライヴをやるという事実が嬉しい反面、不安要素の大きいものでもあったわけですよ。

  で、実際はどうだったかというと‥‥そんな心配、無駄でした。だってイギーはどこにいてもイギーなんだもん。いや、むしろオリジナルに忠実に再現されるSTOOGESの名曲の数々に鳥肌立てまくる俺がそこにはいたわけですよ。頭2曲の流れは去年のフジと全く同じなので、目新しさはなかったんですが、それでも「アルバムと同じように再現される」演奏には正直ググッとくるものが‥‥ギターのロン・アシェトンはただの太ったオッサンだったし、ドラムのスコット・アシェトンも普通のオッサンって感じだったけど‥‥唯一、今回STOOGESのメンバーではないベースのマイク・ワット、彼の存在が一番大きかったように思います。とにかくね、派手にベースを弾きまくるわけですよ、バキバキとベースを叩きながら。判りやすい例えて言うと、レッチリのフリーみたいな感じ?(いや、全然違うんだけど) それくらいのインパクトはありました。

  当のイギーもかなり機嫌が良さそうで。フジの時はマイクを床に投げまくりだったのに、今日のイギーは少しフレンドリーな気が‥‥けど、いざ歌い出すと殺気立ったアクション連発なんですけどね。マイクを腹筋の辺りでバンバン叩いたり(しかも本気で)、両脇のアンプによじ上ったり、客席にマイク投げたり、自ら下りていったり、恒例の「ステージにファンを上げる」時間もあったり(今回はSTOOGESってことで "Real Cool Time" の時でした)。STOOGESだろうがソロだろうが、イギー・ポップはイギー・ポップのままでした。当たり前だけど。

  意外だったのが、「RAW POWER」の楽曲が一切無視されていたこと。ジェームズ・ウィリアムソン在籍時代に対して、アシェトン兄弟的に嫌な思いがあるのか、それとも単に「オリジナルSTOOGES」にこだわった結果なのか。正直 "Raw Power" や "Search And Destroy" といったナンバーを期待していただけに、ちょっと肩すかし。ま、ここら辺はソロでも聴けますしね。逆にいえば、それだけ'60年代のSTOOGESに対して、イギーがそれだけ思い入れを持ってるとも取れるわけだし‥‥それに演奏されるとは思ってなかった曲("Dirt" や "Little Doll" といった辺り)が聴けたのは正直嬉しかったし。どの曲も原曲の雰囲気をそのまま再現してくれてたし。そこは凄く嬉しかった。

  ちゃんと新作「SKULL RING」に収録されたSTOOGESとしての新曲も演奏され、しっかりと「今の」STOOGESで本編が終わる辺りは、さすがというか。現役感タップリでした。

  それにしても‥‥アンコールで再び "I Wanna Be Your Dog" を演奏した時には、ビックリしたと同時に発狂しちゃったね。あり得ねーっ!!って。持ち曲もっとあるだろうに、そんな中でもこの代表曲を再び演奏しちゃう辺りに、イギーの「やってる方もホント楽しいんだよ!」っていうような気持ちが伝わって来たような気がして、観てるこちらとしても嬉しかったりしてね。いや、いい曲は何回演奏しようがいいんです! 完全肯定。つうか否定したら本気で殴られそうなので、この際却下!


01. Loose
02. Down On The Street
03. 1969
04. I Wanna Be Your Dog
05. T.V. Eye
06. Dirt
07. Real Cool Time
08. No Fun
09. 1970 (I Feel Alright)
10. Fun House
11. Skull Ring
12. Dead Rock Star
13. Little Electric Chair
---encore---
14. Little Doll
15. I Wanna Be Your Dog


●PRIMAL SCREAM

  実はPRIMAL SCREAMのライヴを観るのって、10年振りくらいだったりします‥‥「今まで何やってたの!?」って突っ込まれそうだけど、ホントなんだから仕方ない。「GIVE OUT BUT DON'T GIVE UP」での1回目の来日('94年。翌'95年にも来ましたよね)を観に行って、それっきり。特にここ5年くらいはフジとかサマソニとか単独で毎年のように来てるんだけど、何故か一度も観る機会がなく、「俺、プライマルと相性悪いんじゃないかな‥‥」なんて思い始める始末。いや、単に俺が他のスケジュールだったり、フェスでも他のアーティストを優先したが為に観れないだけなんですが。

  というわけで、満を持してのプライマル。そうか、ケヴィン・シールズどころかマニが加入してからも初のライヴってことになるのか、俺にとって。マニとか普通にフジロックの会場内で出くわしてるのにね。不思議な感覚。

  で、肝心のライヴですが‥‥悪い訳がない。正直、直前のイギーで完全に心も体も満たされていて、観るのキツイなーとか思ってたんですよ。後ろで座って観ようかな、とか。けど開演前のSEに往年のパンク名曲メドレーが延々とかかるわけですよ。DAMNEDだったりCLASHだったりRAMONESだったり。そりゃ前に行きますよ、ええ。

  「VANISHING POINT」以降のアルバムは全部、自身の年間10枚に選ぶ程好きな作品ばかりなので、それらを中心としたベストヒット的内容だもん、いいに決まってるわけですよ。しかもライヴになると超轟音、超テンポアップするパンクチューン "Accelerator" からライヴがスタートするもんだから‥‥マジで心奪われた。そのまま "Miss Lucifer" や "Rise" といった打ち込みと同期する曲も、マイブラが恋しくなるような轟音キラメキナンバー "Shoot Speed / Kill Light" といい、人工ファンク "Exterminator" や "Burning Wheels" といい、サイケな且つダビーな "Long Life" といい、21世紀のプラスチック・ソウル "Kill All Hippies" といい‥‥って全曲例えちゃいそうな勢いだけど、ホントどれも馴染み深い曲ばかりで、それらが生で演奏されることで更に強烈な個性を発揮するという、如何にも彼ららしい魅力を再認識。ボビーといい他のメンバーといい、既に40を超えるオッサンばかりなのに、そしてある意味イギーとは向かってる方向が違うようなのに、何故か気づくとリンクしているという。毎回てんでバラバラなことやってるのに、この説得力。やっぱりプライマルはカッコ良かった。今までスルーしてきたことを改めて後悔。ホントすんまそん。

  当初セットリストにはなかった即興 "Jesus" なんていうレア曲や、アンコールでも予定になかった "Medication" を聴けたりして(その代わりに "Loaded" がカットされたそうですが‥‥嗚呼)、とにかくアンコールは「ロックンロール」にこだわった、ノリが非常によろしい選曲で嬉しかった。テクノロジーを駆使したりダブの要素を取り入れたりとかしながらも、しっかり根底には「パンク/ロック」が未だに生き続けている。だからこそファンは彼らのことを信用し切ることができるんだろうね。そしてこれだけの人を毎年集められるんだと。ベスト盤が続いたけど、そろそろ新しいアルバムが聴きたいです‥‥って多分来年だろうけどさ。次の単独来日は絶対に行くんで! 必ず!


01. Accelerator
02. Miss Lucifer
03. Rise
04. Shoot Speed / Kill Light
05. Exterminator
06. Burning Wheels
07. Long Life
08. Kill All Hippies
09. Detroit
10. City
11. Rocks
12. Kowalski
13. Swastika Eyes
14. Jesus
15. Movin' On Up
---encore---
16. Medication
17. Jailbird
18. Skull X


●SOUTH

  ‥‥で、イギーとプライマルで完全に「終わった」空気が会場を包む中、申し訳程度な客の数を前に、SOUTHが深い時間帯(3時過ぎ‥‥)に登場。正直メンバーもあの冷えきったフロアを見て、さぞガッカリしたことでしょうね。

  まぁそうはいいながらも、彼らの出番を心待ちにしていたファンも結構いたようで、チルアウト的役割は十分に果たしていたと思います。実際、観たいけど体がついていかない状態に陥っていた俺も、結局最後までステージ間近で立ったまま観てましたからね。

  一応トリオ編成なんですが、サポートメンバーがひとり入っていて、曲によってキーボードだったりギターだったりベースだったりを弾くマルチプレイヤー振りを発揮。ボーカルは通常ベースを弾くんですが、新作からも曲ではアコギを弾いたりもして、音の広がり感はトリオとは到底思えないような印象。リードギターもエフェクトをいろいろ使ってて、スペーシーな色付けをしたりしてて、結構好み。アルバムではいろいろ音を重ねてたので「正直ライヴはどうなの?」と思ってたけど、上手い事再現してましたね。圧巻でした。

  が、機材トラブルにギターが悩まされたり、ちょっと詰めが甘いかなと思わせる部分があったり等、まだまだこれからかな‥‥と思う一面も。勿論、曲はかなり良かったし、実際最後まで飽きさせなかったわけですが。これで経験や実力がもっとついたら、本当に素晴らしいバンドになると思いますよ。うん、もうちょっと長いセットで観てみたいですね。正直40分じゃちょっと物足りなかったし。

  あ、ボーカルが「イギー・ポップと同じ会場で、同じステージに立てるなんて‥‥Wao! 感激だよ」みたいなことを言ってたのが印象的。心の底から感激してるのがしっかりと伝わってきました。こういうピュアなところ、ちょっと好きかも。


01. Broken Head
02. Colours In Waves
03. Loosen Your Hold
04. Fragile Day
05. Nine Lives
06. Motiveless Crime
※ゴメン、ちゃんとしたセットリスト判らず。誰か教えて!


●総評

  で、イベント自体はこの後もJUDEやプライマルのマニによるDJプレイ等が朝6時半過ぎまであったわけですが、俺は4時過ぎに限界突破。車だったし、本格的に眠くなる前に岐路につきました。4時半に会場を後にして、4時50分に駐車場を出て、6時20分に無事帰宅。雨の後ってことで霧が濃い中、高速を飛ばして帰りましたよ。勿論、安全運転で!(いや既に安全じゃないからそれ)

  さて‥‥俺はこのイベント、大いに楽しめました。つうかこれで11,000円なら安いもんだと思いますよ。これからっていうニューカマーを幾つも楽しめ、大江の復活の場にも立ち会え、横山健の新たなる第一歩にも立ち会え、STOOGESの伝説的なステージをほぼフルステージで体感でき、尚かつプライマルもベストヒット的内容のステージをほぼフルステージ体験できたんだから。収穫も多かったし、とにかくハズレが全くなかった。ま、これは俺が今回のイベント前に全出演者(UNとJUDEは除く)のCDを聴き込んで臨んだから、というのもあるんでしょうけどね。最初から最後まで、本当に笑顔の絶えないオールナイトイベントだったと断言できます。

  じゃあ来年も行くの?と問われると‥‥まぁこの手のイベントものはフェスとは違うし、何よりもテーマや出演者に左右されるところが大きいですからね。もし来年も開催され、今年みたいな感じでやってくれるなら、喜んで参加するんですけどね。つうかテクノ/ダンス系は「ELECTRAGLIDE」があるわけだし、いっそのことMROは毎年「ロックンロール」をテーマに、国内外の有名/無名、大物/ニューカマーをバンバン出していけばいいんじゃないかな、と思います。それこそHANOI ROCKSとコンタクトが同じステージに上がってしまうような、そんな訳の判らないイベントね!(と、完全に思い付きで書いてみたけど、食い合わせ悪そうだなぁそれ)

  ま、とにかく。行った人、大正解でしたね。行けなかった人、ザマァミロ!(嘘ウソゴメン。けどホント後悔した方がいいかも)

2004年3月 5日 (金)

PRIMAL SCREAM『DIRTY HITS』(2003)

「この程度で俺等のこと、解った気になるなよな!」っていうボビー・ギレスピーの叫び声が聞こえてきそうな気がしないでもないですが、とりあえず本人達の選曲ってことである種の開き直りすら感じられる、このベストアルバム「DIRTY HITS」。既にPRIMAL SCREAMも結成して20年近くが経ち、こうやってベスト盤が出せるまでに成長しました‥‥けど、このベスト盤はいろんな意味で厄介な存在でもあるわけでして。

本来、ベスト盤って「それまでそのアーティストに対して興味がなかった(あるいは知らなかった)初心者が、手っ取り早くそのアーティストの歴史を理解するための教科書的アイテム」なわけですよ。まぁ出す側としては「ここらで活動にひと区切りつけたいし、新しいことにチャレンジしたいから、ベスト出しておくか」とか「レコード会社の移籍も無事決まったし、とりあえず未発表曲が数曲あるから、これを古巣に渡してベストでも出してもらうか」程度の軽い気持ちで出すのかもしれませんが。あるいは「契約残ってるし、消化するために出しますか」とか「んーだよー、契約消化する前に解散すんなよなー! しょーがねー、アルバム2枚しか出してなかったけど無理矢理ベスト盤出して消化しますか」っていう大人の事情でリリースされる場合もありますが(実は大半がこれだったりして)。

プライマルの場合はどうだったか知りませんが、とにかく出ちゃったわけですよ。ま、こうやってベストでも出ればツアーも出来るし、バンド側にとってはいい口実なのかもしれないよね。実際、このベスト出してからUKツアーもやったし、この3月にはまたまた日本にやって来るし(この約1年ちょっとの間に3回くらい来てるしね)。

で、これまでそんなプライマルに「取っ付き難い」という印象を持っていたロックファンにとって、正に「これから聴いてみれば大丈夫かも‥‥」と思わせるような存在が登場した。それがこのベスト盤なのかな、と。しかし、いざ蓋を開けてみると‥‥ファースト&セカンドからは選曲されず、出世作となったサード「SCREAMADELICA」から'02年の最新作「EVIL HEAT」までの5作からしか選曲されておらず、しかもアルバムタイトル通り、その殆どがシングル曲という豪華さ(そしてある意味の手抜き加減)。そりゃね、初心者からするとそういったヒット曲から入って行くのが一番なんだろうけど、ことプライマルに関してはそうはいかないのね。このバンドってアルバム毎にコンセプトやサウンドが異なるでしょ。同じダンスミュージックを背骨に持ちながらも、「SCREAMADELICA」と「VANISHING POINT」とでは全くの別物だし、アメリカ南部への憧れをそのまま体現してしまった「GIVE OUT BUT DON'T GIVE UP」に関してはもう‥‥ねぇ。そんな彼らの(ある意味)代表曲を年代順に並べているんだけど、やはり3~4曲毎にスタイルが変わるっていうのは、初心者的にどう映るんだろうね。その辺はちょっと聞いてみたいかも。

ぶっちゃけ、もしプライマルを本気で知りたいのなら、アルバム単位で聴いていった方が絶対いいと思います。勿論、1曲1曲を抜き出して聴けば当然カッコいいわけですが、これがね‥‥ "Higher Than The Sun" の後に "Rocks" がきたりしちゃうと、さすがにね。勿体ないと思うんですよ。

そうはいっても、何度も言うようにやはりどの曲も優れものなのは確かなので、流し聴きする分には丁度いいコンピレーション盤かもしれませんね。ただ、彼らの歴史を勉強するにはちょっと不向きな気がします。それでも‥‥各アルバム毎にまとまって曲が収録されてるから、気に入った時期があったら、それらが収録されているオリジナルアルバムに手を出す、そういう風に聴いていけば確かに役立つかも。ええ、そういう風に使ってみてください。むしろそうすべきです。

個人的には、もしこれからプライマルを聴こうと思っているのなら、迷わず最新オリジナルアルバムの「EVIL HEAT」を聴けばいいと思うし、彼らのライヴでの爆裂振りを伺い知りたいのなら、昨年日本限定でリリースされた「LIVE IN JAPAN」を聴くのもいいかと。こっちもある種ベスト盤的役割を果たしてくれるのでね。

最後に。もしこれからこのベスト盤を買おうと考えている人がいたら、注意してもらいたい点がひとつ。実はこのベスト盤には初回限定仕様が用意されていて、その特典が日本盤とUK盤(US盤も含む)とでは全然違うのね。日本盤はPV9曲が収録されたDVDが、UK盤は過去のシングルに収録されていたリミックスワークが13曲入ったCDが付いてきます。PVも普段観る機会がない人にはいいだろうけど、ここで声を大にして言いたいのは‥‥「迷わずUK初回限定盤をゲットせよ!」ということ。これから聴いてみようって人、このロックバンドが如何に「ダンスミュージック(テクノ/ハウス/ダブ/ファンク等)」にこだわっているか、それがこのリミックスワークから存分に伝わってくると思います。参加してるリミキサー陣の名前だけ挙げてみても、エイドリアン・シャーウッド、THE ORB、SABRES OF PARADISE、TWO LONE SWORDSMEN、THE CHEMICAL BROTHERS、MASSIVE ATTACK、アレック・エンパイア等々。どうよこれ? 2002年に出たMANIC STREET PREACHERSのベスト盤付属のリミックスCDも凄かったけど(これもシングルに収録されてたものをひとまとめにしたもの。UK盤は初回限定のみ、日本盤は常に2枚組仕様)、こっちも改めて聴いてみて、やっぱり凄いな、と。正直、これだけの為にこのベストを買ったとしても決して高い買い物ではないはず。解説とか歌詞が載ってないけど、それでも2,000円以下でヒット曲も、リミックス曲もそれぞれ70分強楽しめるんだから、絶対にUK盤でしょう!



▼PRIMAL SCREAM『DIRTY HITS』
(amazon:国内盤CD+DVD / 国内盤CD / 海外盤2CD / 海外盤CD

2002年12月31日 (火)

MY BEST OF 2002

今年もとうとうこの時期が来たわけですね‥‥早いもんだなぁ、1年が経つの。て優香、このサイト始めてこの年末企画も早5回目ですよ‥‥誰がこんなに長くこのサイトが続くと思ってた!? いや、俺だってこんなに長く続けるつもりはなかったよ!?(と愚痴ってみても始まらないっしょ)‥‥まぁ愚痴はこの辺にして、大晦日恒例の「とみぃが選ぶ『BEST OF 2002』」を紹介しようと思います。アンケートの方にも既に何名かの方が参加してくださってますが、それの参考にでもしてもらえればってことで、毎年大晦日の慌ただしい時にこれをアップしてるわけですね‥‥ええ、暇人なわけですよ(笑)。つうわけで、2002年分から例年と違って「SONG OF 2002」が5曲から10曲に増えた以外、特に変わり映えのない企画なんですけどね。何で10曲に増やしたかというと‥‥大体想像つくと思いますが、ハロプロ枠です(爆)。けど、実際冷静に2002年の10曲を選ぶとなると、意外と5曲も選べないもんですね。結果は後でご覧になってもらえば分かると思いますが‥‥

とりあえず、アルバムの10枚の方から見てもらいましょう‥‥(全てにおいて特に順位は付けてません。順番はアルファベット順ですので他意はありません。その辺はご理解ください)


DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN『DCPRG3/GRPCD2』

いろんな意味で、今年は菊地成孔との出会いが大きかった気がします。これはリミックスとライヴという両極端なディスク2枚からなる編集盤ですが、共にその魅力を最大限に発揮した素晴らしい内容になってます。

Mr.Children『IT'S A WONDERFUL WORLD』

桜井の小脳梗塞というあの出来事さえなくても、間違いなく今年の日本を代表する1枚。いや、あの出来事を通過した結果、余計に力強く心に響く楽曲が増えたかも。早くも次のアルバムが楽しみで仕方ないですよ。

the pillows『Thank you, my twilight』

今年このバンドとちゃんと向き合えたことが最大の収穫かもしれません。自分より年上の人がこういったアルバムを作ってくれることが何よりも心強いです。

PRIMAL SCREAM『EVIL HEAT』

前作の延長線上にありながら、あれをいとも簡単に越えてるって時点で驚愕。更に内容聴いて座り小便モノ。40越えてもここまでアグレッシヴってのはホント尊敬に値します。

SKETCH SHOW『AUDIO SPONGE』

自分のルーツとなる人達が三度集結して、50越えてもこういったアルバムを作ってくれるってことが、もう俺的には涙モノなわけですよ。ライヴ観れなかった事が2002年最大の心残り!

SUPER BUTTER DOG『ラ』

ライヴでベスト盤という反則合わせ技だけど、それを差し引いても「サヨナラCOLOR」は2001年に聴いておくべきだった1曲なわけで。これで踊れない奴は死んだ方がいいですマジで。

中村一義『100s』

トータルでは前作「ERA」より劣るかもしれないけど、それでも今年を代表する10枚に選ぶ程のクオリティーはさすが。ライヴを観たことで更に評価が高まりました。

ナンバーガール『NUM-HEAVYMETALLIC』

結果としてこのアルバムを越えるような作品を作るまでいかずに解散してしまったってことは、やはりこれがバンドとしての臨界点だったのか‥‥ブッチギリの大傑作。

松浦亜弥『ファーストKISS』

ハロプロだから選んだのではなくて、文句なしで今年を代表する日本のポップアルバムの1枚だと言い切れる作品。つんく♂だから凄いのではなくて、あややだから凄かったんですよ、このアルバムは。

モーニング娘。『4th「いきまっしょい!」』

多分今年一番聴いたアルバムかも。あややのアルバムよりクオリティは劣りますが、それでもここまで力強く「肯定」を叫ぶアーティストは過去10年いなかったんじゃないでしょうか? 子供向けだからこそ判りやすく響くというのも頷ける作品。


勿論、ここに挙げた10枚が全てではないですよ。現時点、12/31の時点ではこの10枚だということです。個人的によく聴いたアルバムをただ10枚挙げただけで、選外だったものの、やはりうちのレビューで取り上げたアルバムというのはどれも「2002年の10枚」に入ってもおかしくない存在でしたし。

未だにレビューでも取り上げていないアルバムで惜しかったなぁ‥‥というのは、BON JOVI「BOUNCE」とかNINE INCH NAILS「LIVE : AND ALL THAT COULD HABE BEEN」、THE HELLACOPTERS「BY THE GRACE OF GOD」、FLASHCUBES「LIVE IN JAPAN -RAW POWER POP-」、RHYMESTER「ウワサの伴奏」、54-71「enClorox」、cymbals「sine」、BUGY CRAXONE「NORTHERN HYMNS」とかかなぁ‥‥他にもいろいろあると思うんですが。あ、くるりとスーパーカーは周りが騒ぐ程のアルバムだと思いませんでした。勿論、悪くはなかったですけどね。ただ、プレイヤーに載せる回数は前のアルバム程じゃなかったというのが俺的に全てを物語ってるかなぁ、と。


続いて「SONG OF 2002」の10曲を紹介。これもアルファベット順に並べただけで、順位は特になしです。


・BUMP OF CHICKEN「Jaded」
何だかんだで、やっぱりバンプの曲は心に響くものが多いです。厨房呼ばわりされようが、やっぱりいいものはいいということで、これを選びました。シングル「スノースマイル」も名曲だけど、今はこっちを。

・GRAPEVINE「ナツノヒカリ」

昨年同様、俺の夏のテーマソングとなったのがバインでした。アルバムは惜しくも選外だったけど、楽曲としてはこれだけは外せません。

・Mr.Children「LOVE はじめました」

「蘇生」「HERO」と最後まで競ったんだけど、先日の12/21ライヴで観たこの曲のインパクトにやられました。ミスチルのダークサイド/ヘヴィサイドを更に追求したひとつの完成型。

・POLARIS「季節」

「フィッシュマンズ後」をちゃんと形にしたのが、結局元メンバーの手によってだったという、しかもただの継続ではなくて新たな地平を突き進んでいる点が評価に値すると思います。これも夏よく聴きました。

・グループ魂「竹内力」

インパクト大賞ってのがあるとしたら、間違いなくこれ。ロックやパンクとして十分成り立つ上にあの歌詞。正月「ミナミの帝王」観たくなったもん(笑)

・後藤真希「手を握って歩きたい」

2002年を振り返ると、最も泣かされた曲ってことでやはりこれを外すことは出来ないな‥‥と。「ハロプロ楽曲大賞」ではハロプロ限定ってことで判りやすいものを選んだけど、普遍性って観点で選ぶとこれは外せません。

・中村一義「キャノンボール」

「僕は死ぬように生きていたくはない」、これが全てです。

・ハナレグミ「家族の風景」

どれに1位をつけるってことは敢えてしないんだけど‥‥それでもこれが個人的には1位かも。いや、スタジオ音源よりライヴでの弾き語りだね。是非ライヴ観たいです。

・メロン記念日「香水」

2002年後半は、娘。よりもメロンの方に重点を置くようになった俺ですが、それを差し引いても名曲中の名曲。何故これを評価しないヲタがあんなにも多いんでしょうか? 年末になって有線チャート11位まで上昇という事実が全てを物語ってますよね?

・モーニング娘。「そうだ!We're ALIVE」

このサイトを続ける上での原動力となった、そして今のとみ宮の在り方を決定づけた1曲。今後「2002年ってどんな年だった?」と聞かれたら、この曲をまず最初に挙げるでしょうね。


だいぶ悩んだのがここで、ハロプロ枠5曲なのに結局3曲しか選ばなかったり、先日日記の方で選んだ「ハロプロ楽曲大賞」と違った曲が入っていたりで‥‥ま、これも今日の時点での10曲なので、数時間後にはハロプロ8曲とか選んでるかもしれませんし。そういうことです。

毎年選ぶ時に「アルバムで選んだアーティスト、またそのアルバムに入ってる曲は極力避けるようにして、出来るだけ多くのアーティストを紹介できるようにしよう」と決めているんですが、今年はご覧の通り、アルバムにも選んだアーティスト、そのアルバム収録曲を3つも選んでしまいました。これは、そういう枠決めを破ってでも紹介したい、選びたいと思わせるだけの曲だったっていうことです。ここに選ばれなかった曲でもホントいい曲、今年散々聴いた曲は沢山ありますし、挙げたらキリがないですが、やっぱり今はこの10曲ですね、うん。


続きまして、今年観たライヴから選ぶ「LIVE OF 2002」を。


・ナンバーガール@水戸ライトハウス (7/5)
・DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN@フジロック (7/28)
・HANOI ROCKS@サマソニ (8/17)
・メロン記念日@赤坂ブリッツ (12/9)
・The ピーズ@SHIBUYA-AX (12/22)


ナンバガは結局あれが自分にとってラストとなってしまったのですが、そういうのを抜きにしても本当に凄いライヴでした。未だに上手い言葉が見つからない、「何だったんだあれは!?」というライヴでしたねマジで。

デトコペはやはり衝撃でしたよ。フジで朝イチという過酷な状況の中、最終的には1万人もの人を集めてしまった、あるいは他のアクトを観ようとしていた人の足を止めてしまったというのが全てを物語っているのではないでしょうか?

ハノイは‥‥文句なし。あれを見れなかった人は可哀想ですねって言いたくなる程の内容。文句なしでブッチギリ、今年最高のライヴでした。あれ観たらガンズとか見れないよマジ。

メロンは‥‥もう言葉では言い尽くされた感がありますが、やはり何度でも言いますよ。あれは伝説だったと。カラオケバックのいちアイドルのライヴでモッシュ&ダイブが起こるなんて‥‥あれを観てしまったら他のハロプロライヴ、全てが霞んじまうって!
 
最後は、俺にとって2002年最後のライヴとなったピーズ。デビュー間もない頃に観たっきりだったんですが、やっぱりいい意味でショック受けましたね。そしてまだ出てないけど、2003年2月リリース予定のニューアルバムは既に2003年を代表する名盤に決定です!

今年は30数本ものライヴを観てるんですが、その約3分の1がハロプロ系という考えられない結果になりましたが、やはりあんまりハズレはなかったですね。ただひとつだけ、市(ry

それとは別に、どうしても忘れられなくなってしまったライヴというのもありまして‥‥朝霧JAMで観たジョー・ストラマーがそれですね。観た後は「いつも通り良かった」程度だったのに、結局あれが最後になってしまったわけですから‥‥バンドが解散しても、生きている限りそこに属したメンバーのライヴというのはどこかしらで観ることが出来るわけですよ、音楽活動さえ辞めなければ。けど、死んでしまったら何もかもお終いですよ‥‥改めて、ご冥福をお祈りします。

2003年も沢山の素晴らしい音楽と出会えますように……

2002年12月26日 (木)

PRIMAL SCREAM『EVIL HEAT』(2002)

PRIMAL SCREAMの通算7作目のアルバム(ダブ・リミックス集「ECHO DECK」は除く)。プライマルはデビュー時と現在とでは比べものにならないくらい別物のバンドになってしまったわけですが、それでも一環している点がひとつだけあるんですね。それは中心人物であるシンガーのボビー・ギレスピーのパンク振り。プライマル以前のJESUS & MARY CHAIN時代(当時はドラマー)から彼のキャリアはスタートしてるわけですが、そこでも終始一貫してパンクしてるわけです。この「EVIL HEAT」のブックレット裏表紙に、革ジャンの背中に「REBEL 25」と書かれた写真があるんですが、ボビー曰く「俺はパンクロッカー歴25年」というところからきてるそうで‥‥もうね、この頭の悪さが最高なわけですよ。

そんなプライマルの新作は、前作「XTRMNTR」を更に強力に、凶悪にした印象を与える楽曲によって構成されています。前作も十分にパンキッシュで攻撃的な作品集でしたが、新作を聴いてしまうともうなんていうか‥‥あれだけ良いと思ってた前作ですらヤワに聞こえてしまうんですから‥‥

まずね、プロデューサー陣からして狂ってるわけよ。前作にも参加していたジャグズ・クーナー("Miss Lucifer")の他に、MY BLOODY VALENTINEのメンバーで現在はプライマルズのサブメンバーでもあるケヴィン・シールズが6曲("Deep Hit Of Morning Sun"、"Detroit"、"Rise"、"The Lord Is My Shotgun"、"City"、"Skull X")、かのアンディ・ウェザオールによるTWO LONE SWORDSMENが5曲("Autobahn 66"、"Some Velvet Morning"、"A Scanner Darkly"、"Space Blues #2"、"Substance D")それぞれプロデュースを手掛けているわけです。また、シングルオンリーですがATARI TEENAGE RIOTのアレック・エンパイアが"Miss Lucifer"のリミックスを手掛けていたりもします(これがまんまアレックといった感じで笑えるのですが)。

そういったバラバラな製作陣が携わったアルバム、やはり音楽的にも結構多岐に渡っています。バンド演奏によるシンプルなパンクソング"City"や"Skull X"もあれば、完全にエレクトロニカしている"Deep Hit Of Morning Sun"や"Space Blues #2"もあるし、KRAFTWERK的なジャーマン・テクノっぽい"Autobahn 66"や"A Scanner Darkly"もあるし、前作に収録された"Swastika Eyes"の発展型的エレクトロ・パンクチューン"Miss Lucifer"、"Detroit"もあるし、初の試みであろうエレクトロ・ブルーズ"The Lord Is My Shotgun"もある。正しく「ELECTRONIC GARAGE BAND FUTURE ROCK'N'ROLL」という表現がピッタリな音だよね。アルバムとして音楽的な一貫性はあまり感じられないのかもしれないけど、俺にはこれが一本筋の通った音楽に聞こえるんだよね。それが先の「パンク」って言葉だったり、「REBEL MUSIC」という表現だったりするんだけど。

ジョー・ストラマーという人はCLASHを通してロックンロールに拘らず、スカやレゲエ、ダブ等多岐に渡る音楽を「REBEL MUSIC」として表現してきたわけだけど、正しくプライマルというバンドはこのCLASHの後継者的存在なわけですよ。'87年という時代にサイケ色の強いファーストアルバムでデビューし、'89年に時代錯誤なガレージロックを、'91年にはロックバンドとしてはいち早くレイヴ・カルチャーに接近し、かと思えば'94年には祖先帰り的なアメリカン・ルーツミュージックに接近し、トム・ダウドやジョージ・クリントンまで引っ張り出してしまう。'97年にはレゲエやダブ等に影響を受けたエレクトロミュージックを我々に提示し、'00年には更にそれらの音楽を拡大/拡散したような作品を生み出す‥‥アルバム毎に音楽的変化を繰り返しながらも、常にボビーの頭の中には「パンク」というキーワードがあったはずなんです。それは社会に対する怒りであり、ロックシーンに対する挑戦状であったり、我々ファンに対する啖呵であったり。人によっては「こうコロコロとやってること変えるなんて信用ならない」と思うでしょうけど、俺は逆に「だからこそ信用できるんだよ、この男は」って感心しちゃうんだわ。

音楽的にはもう、何も言うことはないよ。聴いて肌で感じで欲しい、そんな狂った音が満載。是非大音量で聴いて欲しいですね。そして出来れば日本盤の英詞を読みながらもう一度聴いてみてください(ボビーの意向によって対訳は載せていないそうです。が‥‥当初は全曲対訳が付くはずで、実際それに当たった人が全訳したそうですが、内容があまりに過激で酷かったそうで、日本のレコード会社側が掲載を中止した、という裏話も耳にしてます)

これがロックンロールの未来だとは言わないけど、間違いなくこれもロックンロールやパンクロックのひとつの形だと思います。人によってはこれを「エレクトロ・ロック」と呼ぶかもしれないし、あるいは「テクノ」もしくは「エレクトロニカ」と呼ぶかもしれない。もっと酷い人になると「クズ」と言い切ってしまうかも‥‥それでいいと思います。そういう風に一筋縄でいかない、ホントにイカレたアルバムだと思うので。個人的には2002年の10枚に入る作品ですね。



▼PRIMAL SCREAM『EVIL HEAT』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

2000年12月31日 (日)

「MY BEST OF 2000」

とうとうミレニアム、ミレニアムって騒いでた2000年もあと十数時間で終わりを迎えようとしてます。思えば今年は本当にいろいろありました。「激動の年」でした‥‥って言おうとしたけど、毎年言ってるな、これは(苦笑)。要するに、それなりに年を重ねていくと、まぁいろいろ大変な事があるって事でしょうか。家族、恋人、会社、友人関係、そしてこのインターネットでも‥‥改めて思うのは、失敗も成功も、いろいろ積み重ねて大人になっていくのだなって事。「汚い大人」と呼ばれようが「ガキ」扱いされようが、他人の評価は他人の評価って事でさ。新たな気持ちで21世紀を迎えようじゃないか、と思うわけです。

さて、恒例となった今年のベストアルバムを選出する企画。俺がこの2000年によく聴いた、愛したアルバム/楽曲を紹介するわけですが‥‥一昨年、去年の10枚と比べると‥‥俺の音楽の趣味が若干変わってきてるような気が‥‥特に今年、それも後半になってそれが顕著に表れたような気がします。例えば‥‥いや、それは下に選んだ10枚をみてから皆さんに判断してもらいましょうか?(尚、特に順位はありません。アルファベット順に紹介してます)


AT THE DRIVE-IN『RELATIONSHIP OF COMMAND』

サマーソニックでのライヴではそこまでピンとこなかったものの、アルバムは激ヤバだった。エモにも括れれば、ヘヴィロックにも括れるそのエモーショナルな音楽に惹かれた人は多く、早くも年明けには単独再来日。もう一度、ちゃんと観たいなぁ‥‥

Cocco『ラプンツェル』

音の質感はファーストの頃に近いものの、内容的には過去2枚を更に越えた、素晴らしいものになってる。丁度祖母の看病~葬式の間に、自身のセラピーとしてよく流していたのがこのアルバム。だからこそ、今でも聴くと心が少し痛む‥‥ライヴとの相乗効果もあって、一生忘れられない作品になりました。

DEFTONES『WHITE PONY』

それ程評価されてないようだけど、この夏最も熱かったのがこのアルバムだと断言するよ。今日も聴いたけど‥‥先のAT THE DRIVE-IN同様、非常にエモーショナルな音楽を聴かせるバンド。トリップホップなんかの要素も感じ取れる、ヘヴィロックの一言で片づけられない存在。早いとこ来日してもらえないでしょうか?

PRIMAL SCREAM『XTRMNTR』

1月リリースって事で印象が薄くなりつつある気がするけど、かなり聴き込んだ1枚。ロック/テクノ/パンク/ダブ等々、自分達が興味を持った要素を全て詰め込むスタイルが、いよいよここで完成型に一歩近付いた気が‥‥これを嫌っちゃう人はもう死んでください!って言えちゃう位にいいんだよぉ、マジで。

RADIOHEAD『KID A』

これが「OK COMPUTER」から2年半後に出された結論。ロックがロックであることを捨てた!? 冗談じゃない! これこそがロックの進化した姿なのだよ。音響系等の要素を取り入れつつ、常に前進しか考えていないトム・ヨークはじめ5人のメンバーには脱帽もんです。しかも5月には早くも次のアルバムをリリースするという‥‥その意欲に敬意を表しつつ、早いとこ来日してください(笑)。

THE SMASHING PUMPKINS『MACHINA: THE MACHINES OF GOD』

「ブリトニー・スピアーズと同じ土壌で戦う事に~」なんて言い訳はいい。誰が何と言おうが、君達こそが2000年のメインストリームを支えるべき存在だったのではないの? 頂点にいながら常にオルタナティヴであろうとしたビリー・コーガンという男の、戦闘姿勢には頭が下がるよ。前作「ADORE」での実験要素を見事に消化した、過去も現在も未来も詰め込んだ大傑作。これが最後になってしまったというのが、何だか切ない‥‥

SUPER$HIT 666『SUPER$HIT 666』

ジンジャーものとしては昨年末からこれまでに3枚のアルバムが発表されているが、これが一番鳥肌モノでした。たった6曲、20分に満たない内容だが、そこには60分以上もある下らないアーティストの糞アルバムの何百倍ものエキスが凝縮された、激ロックとなっている。ジンジャー以上にニッケやドレゲンの色の方が強いというのも、何だか微笑ましい。つうか、負けるなよ、ジンジャーさんよぉ!?(笑)

UNDERWORLD『LIVE; EVERYTHING, EVERYTHING』

これまでの俺の選出基準からすれば反則だが(ベストやライヴ盤は選出外)、それを覆してでもオススメしたかったのが、この歴史に残るライヴアルバム。いや、どっちかっていうとDVD版の方をオススメしたいのだが‥‥もうねぇ、どんな大袈裟な言葉を並べるよりも、とりあえず聴いて欲しい。

エレファントカシマシ『GOOD MORNING』

「ガストロンジャー」で興味を持ったにわかファンを失望させた(毒舌)大傑作。エレカシがなんたるかを凝縮した、すんばらしい楽曲が詰まってます。初期のぶっきらぼうな表現こそないものの、ここには成長した彼ら(特に宮本)の表現を堪能する事が出来ます。初期のファンも、最近のソフト路線のファンも満足できる1枚なのでは?

中村一義『ERA』

意外だった? ミスチルよりも俺はこっちにピンと来た、というのが正直な感想。彼も嫌われる事が多い存在だが(実は俺も「ジュビリー」聴くまで好きではなかった)、こんなに素晴らしいアルバムを目の前に突きつけられたら、何を言えばいい? 歴史的名曲が山程詰まった、正に2000年の日本のロック/ポップスを代表する1枚。


というわけです。今年は邦楽が3枚でしたね(1999年は4枚)。後半に行くに連れてそうでしたが、日本の、日本語によるロックに更に強く拘った気がします。昨年のこの日記で「(日本のロックに拘る)そういう傾向は年が明けた今年、更に強まってる気がするな」と書いてましたが、本当にそうでしたね。

ヘヴィロックが昨年よりも減った事、そして所謂「癒し系」も全くない事。この辺はどうなんでしょうか?(って言われても、俺自身の事だからね/笑)これまで絶対に手にすることがなかった中村一義なんてもの、我ながら意外だったなぁ。こうやって名前だけ見てみると、今年初めて聴いた(名前を耳にした)アーティストが多いこと。ATDIやDEFTONES、中村一義もそう。それ以外にも、所謂ギターポップ系に更に興味が向かったのも2000年。TFCしかりJ MASCISしかり。

所謂ビッグネームの作品が不作だと感じたのも2000年の特徴。勿論、俺自身にとってね? 昨年の10枚に選んだLIMP BIZKITやRAGE AGAINST THE MACHINE等がそう。まぁレイジの場合はカヴァーアルバムという特質があるものの、どうにもピンとこなかったなぁ。10枚には選ばなかったものの、MARILYN MANSONやOFFSPRINGもそこに入るでしょう。作品的には何ら問題なく、前作を踏まえた上での佳作なのだけど、セールス的にはイマイチ振るわなかったという。特にマリリンは昨年(1999年)の少年銃乱射事件が尾を引いているようですね。ジャケットが反キリスト的だということで、スーパーマーケット等では置かないという事態にまで発展したし(その後、黒塗りジャケットで再発されてます、悲しいことに)。GREEN DAYなんかも音楽性を変えながらもここ日本では成功しましたが、欧米ではイマイチだったようで‥‥

今回選んだ10枚にはやっぱりそれぞれに理由があるわけだけど、やっぱり共感できるか?とか、自分自身と重ね合わせて聴く事が出来るか?ってのが重要になってくるわけです、俺の場合(って昨年と同じ事書いてる俺)。でね、そういう事も踏まえて「どれだけ聴き込んだか?」ってのがポイントになってくるのだけど‥‥聴き込んだにも関わらず、選出されなかった作品もあるわけで。例えば、みんなが「へっ?」って意外に思ったであろうミスチルやBON JOVI。これらは最初選んだ時には入っていたのだけど、結局「今の俺」が選ぶと選出外となってしまったという。まぁ2000年はUNDERWORLD以外は、10位以下もそれ程大差ないんだよね。だって、ホントならここに浜崎あゆみを入れても、俺的には何ら違和感ないわけで。それこそモーニング娘。のアルバムを入れても(冗談抜きで、これはいいアルバムでした。つんくのソングライターとしての底力を改めて見せつけられた気がしたよ)OKなわけで。そういう意味では「更に何でもあり」だったのが、ミレニアムにあたる2000年だったと(って「ミレニアム、ミレニアム」って使えるのも、あと数時間だしね/笑)

毎年毎年書いてるけど、21世紀も沢山の、いろんなジャンルの素晴らしい音楽に出逢えますように‥‥

その他のカテゴリー

1963年の作品 1966年の作品 1967年の作品 1968年の作品 1969年の作品 1970年の作品 1971年の作品 1972年の作品 1973年の作品 1974年の作品 1975年の作品 1976年の作品 1977年の作品 1978年の作品 1979年の作品 1980年の作品 1981年の作品 1982年の作品 1983年の作品 1984年の作品 1985年の作品 1986年の作品 1987年の作品 1988年の作品 1989年の作品 1990年の作品 1991年の作品 1992年の作品 1993年の作品 1994年の作品 1995年の作品 1996年の作品 1997年の作品 1998年のライブ 1998年の作品 1999年のライブ 1999年の作品 2000年のライブ 2000年の作品 2001年のライブ 2001年の作品 2002年のライブ 2002年の作品 2003年のライブ 2003年の作品 2004年のライブ 2004年の作品 2005年のライブ 2005年の作品 2006年のライブ 2006年の作品 2007年のライブ 2007年の作品 2008年のライブ 2008年の作品 2009年のライブ 2009年の作品 2010年のライブ 2010年の作品 2011年の作品 2012年のライブ 2012年の作品 2013年の作品 2014年の作品 2015年の作品 2016年の作品 2017年のライブ 2017年の作品 2018年のライブ 2018年の作品 2019年のライブ 2019年の作品 =LOVE A New Revenge A Perfect Circle AAAMYYY AC/DC Accept Aerosmith AFI After the Burial aiko Air (France) AIR (Japan) AKB48 Alcatrazz Alcest Aldious Alice Cooper Alice in Chains Almighty, the Alter Bridge Altitudes & Attitude Amaranthe American Head Charge American Hi-Fi Anaïs Andrew W.K. Andy Black Andy McCoy Andy Taylor Angra Annihilator Annisokay Anohni ANTHEM Anthrax Anti-Flag Aphex Twin Appice Arcadia Arch Enemy Architects Arctic Monkeys Aretha Franklin Armored Saint ARROWS, the Art of Fighting Ash Asia Asian Dub Foundation ASIAN KUNG-FU GENERATION Asking Alexandria At The Drive-In Atari Teenage Riot Atomic Bitchwax, the Audioslave Avenged Sevenfold Avril Lavigne Azusa B'z Baby Chaos BABYMETAL Babyshambles Backyard Babies Bad Company Bad English Bad Moon Rising Badlands Baroness BAZRA Be the Wolf Beartooth Beastie Boys Beatles, the Beck Behemoth Belle & Sebastian Ben Folds Ben Harper Bernard Butler Berryz工房 Biffy Clyro Big Brother and the Holding Company Billy Corgan Billy Idol Billy Talent BiSH Björk Black Crowes, the Black Earth Black Label Society Black Midi Black Sabbath Black Star Riders Black Veil Brides BLANKEY JET CITY Blessing a Curse Bleu Blind Guardian Blind Melon Bloc Party Blood Orange Blue Murder Bluetones, the Blur Boards of Canada Bon Iver Bon Jovi BON-BON BLANCO bonobos BOOM BOOM SATELLITES BOOM, THE Boris Born of Osiris Boston Boston Manor Boxer Rebellion, the Boy George BOØWY BRAHMAN brainchild's Brian May Brides of Destruction Brides of Lucifer Bring Me the Horizon Brink, the Bruce Dickinson Brujeria Brutal Truth Bryan Adams BUCK-TICK Buckcherry Budderside Buddy Guy Buffalo Daughter BUGY CRAXONE Bullet for My Valentine Bulletboys Bullets and Octane BUMP OF CHICKEN Buono! Burn the Priest Burning Witches Bush Butch Walker Butcher Babies Cacoy Caesars callme Cane Hill Carcass CAROL Catatonia Cathedral Cats in Boots Charlatans, the Charlie Sexton Cheap Trick Chemical Brothers, the Children of Bodom Chk Chk Chk (!!!) Chris Cornell Chrome Division Chthonic Chuck Berry Chvrches Cigarettes After Sex Cinderella Clam Abuse Clash, the Click Five, the Clutch CO-FUSION Cocco Code Orange Coheed and Cambria Colbie Caillat Coldplay Compilation Album Confusion Master Converge Cornelius Cornershop Corrosion of Conformity Courteeners, the Courtney Barnett Courtney Love Coverdale・Page Cozy Powell Cradle of Filth Crazy Lixx Cream Creed Cribs, the Crosses (✝✝✝) Crossfaith Cry of Love Crystal Lake Cult, the Culture Club Cure, the Cybernauts Cymbals D'ERLANGER D-A-D Dachambo Damageplan Damn Yankees Damned Things, the Damned, the Danger Danger Danzig Darkness, the Dashboard Confessional DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN DATS Datsuns, the Daughtry David Bowie David Lee Roth Dead by April Dead by Sunrise Dead Cross Dead Daisies, the DEAD END Dead Kennedys Deafheaven Death Angel Death of Lovers Debbie Gibson DECAYS Deckard Deep Purple Def Leppard DEF.DIVA Deftones delofamilia Delorean Demolition 23. Departure, the Depeche Mode detroit7 Devin Townsend Project Diamond Head DIAMOND☆YUKAI Diffuser Dillinger Escape Plan, the Dimmu Borgir Dinosaur Jr. Dio DIR EN GREY Dirty Pretty Things Distillers, the Disturbed Dizzy Mizz Lizzy DMBQ Dogs D'Amour, the Dogs Die in Hot Cars Dokken Don Dokken Donavon Frankenreiter Donnie Vie Doors, the Down downy Dragon Ash DragonForce Dream Theater Dreamboy Dreams Come True Dregen DRY & HEAVY Duff McKagan Duran Duran DUST'N'BONEZ, THE DYGL Earthshaker eastern youth EGO-WRAPPIN' ELECTRAGLIDE Electric Six Elliott Smith Eminem Emperor End Machine, the ENDRECHERI Enforcer Entombed Enuff Z' Nuff Eric Clapton Eskimo Callboy Europe Eurythmics Evanescence Eve Exodus Extreme E・Z・O Faceless, the Fair Warning Fairground Attraction Faith No More Falco Fall Out Boy Faster Pussycat Fatboy Slim Fate Father John Misty Fear Factory Feeder Feeling, the Fever 333, the Fight Filter Firehouse Firestarter Firewind Five Finger Death Punch Flashcubes Flatbacker Fleetwood Mac Flotsam and Jetsam Flyleaf FM Foo Fighters Foreigner Fountains of Wayne fra-foa Frank Black Frankie Goes to Hollywood Franz Ferdinand Freddie Mercury Free Fudge Tunnel Fugees, the FUJI ROCK FESTIVAL Funeral for a Friend Futureshock Fuzzbubble G. Love GALNERYUS Gamma Ray Garbage Garth Brooks Gary Moore Gathering, the Gene Simmons Genesis George Harrison George Lynch George Michael Georgia Satellites, the Get Up Kids, the GHEEE Ghost Gilby Clarke Gin Blossoms Ginger Wildheart GLAY Glenn Hughes GLIM SPANKY GO!GO!7188 Godsmack Godspeed GOING STEADY GOING UNDER GROUND Gojira Goldie Lookin Chain Gotthard Graham Bonnet Grapevine Graupel GREAT ADVENTURE Great White Green Day Greta Van Fleet GTR Gun Guns n' Roses H.P. オールスターズ Halestorm Halford Hanoi Rocks Hanson Hardcore Superstar Hardline Harem Scarem HARISS Harry Styles Hatebreed Haunted, the Heart HEATWAVE Hellacopters, the HELLO WORKS, THE Hellogoodbye Helloween Helmet HER NAME IN BLOOD Hermann H. & The Pacemakers Hi-STANDARD hide HIGH and MIGHTY COLOR HIGH-LOWS, THE Hives, the Hole Hollywood Rose Hollywood Vampires Honeycrack Hoobastank Huaska Hurricane Hurricane #1 HUSKING BEE I See Stars Iggy Pop Ihsahn Imminence Impellitteri Imperial State Electric In Flames In the Soup Incubus Indianhead INORAN Inxs Iron Maiden Izzy Stradlin J Jack Johnson Jack White Jake Bugg James Bay James Brown Jane's Addiction Janet Jackson Janis Joplin Japan Jeevas, the Jeff Beck Jeff Beck Group Jeff Buckley Jellyfish Jerusalem Slim Jesus & Mary Chain, the Jesus Jones Jet Jetboy Jimi Hendrix Jimmy Page Jimmy Page / Robert Plant Joe Lean & the Jing Jang Jong Joe Lynn Turner Joe Perry Joe Satriani Joe Strummer & the Mescaleros John Corabi John Diva & The Rockets of Love John Lennon John Sykes Johnny Winter Jomi Massage Jon Bon Jovi Jon Spencer Blues Explosion, the Jonathan Davis Josh Todd Josh Todd & the Conflict Joss Stone JOUJOUKA Journey Joy Division Judas Priest JUN SKY WALKER(S) Juno Reactor JYOCHO Kaato Kadavar Kamasi Washington Kasabian Katatonia Katmandu Keane Keith Richards KEMURI Ken Yokoyama Kendrick Lamar KENZI & THE TRIPS Killers, the Killing Joke Killswitch Engage King 810 King Crimson King's X Kingdom Come KISS Kix KLF, the Knack, the KOOK Korn Kottonmouth Kings Kraftwerk Kreator Kula Shaker Kurt Vile KXM Kylie Minogue L'Arc-en-Ciel L.A.Guns La'cryma Christi LA-PPISCH Lacuna Coil Lady Gaga Lamb of God Last Days of April Led Zeppelin Lemon Twigs, the Lemonheads, the Lenny Kravitz Liam Gallagher Libertines, the Light the Torch Like a Storm Lily Allen Limp Bizkit Linkin Park Lita Ford Little Angels Little Caesar Living Colour Lonerider Lords of Black LOST IN TIME Lou Reed LOUD PARK LoudLion Loudness LOVE PSYCHEDELICO LOVEBITES Luby Sparks Lucer Lullacry LUNA SEA Lynch Mob M/A/R/R/S Machine Gun Kelly Machine Head Mad Capsule Markets, the Mad Season Madball Madonna Magic Numbers, the Maison book girl MAN WITH A MISSION Man, the Mando Diao Manic Eden Manic Street Preachers Manowar Mansun Mantar Marilyn Manson Mark Slaughter Marmozets Mars Volta, the Marvelous 3 Massive Attack Mastodon Matchbox Twenty Matt Cameron Matthew Sweet McAuley Schenker Group MD.45 Meathook Seed Megadeth MELTONE Mercury Rev Meshuggah Metal Church Metallica Michael Jackson Michael Monroe Michael Schenker Michael Schenker Fest Michael Schenker Group Michael Sweet Mick Jagger Midnight Bankrobbers Mighty Mighty Bosstones, the Migos mihimaru GT Ministry MO'SOME TONEBENDER MODS, THE Mogwai Mondo Generator Mondo Grosso Monkees, the Monster Magnet Mooney Suzuki, the Morrie Mother Love Bone Motley Crue Motorhead Mott the Hoople Mouse on Mars Mr. Big Mr. Mister Mr.Children MUCC Mudhoney Muse Music, the Mutation My Chemical Romance My Little Lover Myles Kennedy Nailbomb Napalm Death Nashville Pussy Nelly Nelson Neurotic Outsiders Neve New Order New York Dolls NEWS NGT48 Nicke Borg Homeland Nickelback Night Ranger Nine Black Alps Nine Inch Nails Nirvana Noel Gallagher's High Flying Birds Nothing NOVEMBERS, THE Nuclear Valdez O.P.KING Oasis Obituary Oblivion Dust Obscure Ocean Colour Scene OCEANLANE Of Mice & Men Offspring, the OGRE YOU ASSHOLE ONE OK ROCK Oneohtrix Point Never Opeth ORANGE RANGE Orbital Ordinary Boys, the Orgy Orianthi ORIGINAL LOVE Outrage Overkill Ozzy Osbourne Panic! at the Disco Pantera Papa Roach Paradise Lost Paul Draper Paul McCartney Paul Stanley Paul Weller PE'Z PEALOUT Pearl Jam PENPALS Perfume Periphery PERSONZ Pet Shop Boys Peter Gabriel Phantom Planet Phil Campbell and the Bastard Sons Phish Pig Destroyer pillows, the Pink Cream 69 Pink Floyd Pixies Placebo Plastic Tree Playmates, the Poison Polaris Police, the Polyphonic Spree, the POLYSICS Porcupine Tree Portishead Power Station, the Powerman 5000 Praying Mantis Predators, the Pretty Boy Floyd Pretty Maids Pride & Glory Primal Scream Primus Prince Privates, the Probot Prodigy, the Prong Protest the Hero Public Enemy PUFFY Pulp pupa Qemists, the Queen Queens of the Stone Age Queensryche Quiet Riot Quireboys, the R.E.M. Raconteurs, the Radiohead RADWIMPS Rage against the Machine Rainbow Rammstein Ramones RAMRIDER Rancid Rapture, the RAREDRUG Rasmus, the Ratt Raven RCサクセション Red Dragon Cartel Red Hot Chili Peppers Red Warriors Reef Refused Rex Brown RHYMESTER Richie Kotzen Richie Sambora Ride Riot Riot V RIP SLYME Rise of the Northstar Rival Sons RIZE Rob Zombie Robert Plant Rock City Angels ROCK IN JAPAN FESTIVAL ROCKBOTTOM Rocket from the Crypt Rolling Stones ROMANS RON RON CLOU Ronnie Wood Rooster ROOSTERS, THE ROSSO ROVO Roxy Music RSO Run D.M.C. Rush Russian Circles Sabaton Sacred Reich Sads Saint Vitus Salems Lott Sam Smith Samantha's Favourite Sammy Hagar Santana Saosin Saxon SBK Scorpions Scott Weiland Scour Screaming Soul Hill Sean Lennon Sebastian Bach Secret Machines SEKAI NO OWARI Selfish Cunt Senses Fail Septic Tank Sepultura Serj Tankian Sevendust SEX MACHINEGUNS Sex Pistols Shadow King Shadows Fall Shinedown Shinning Shobaleader One Sick of it all Sigh Sigue Sigue Sputnik Silver Ginger 5 Silvertide Simple Minds Simply Red SION Sixx:A.M. SKE48 SKETCH SHOW Skid Row Skillet Skin Skindred Skunk Anansie Slash Slash's Snakepit Slaughter Slayer Sleep sleepyhead Slipknot Sloan Slowdive Smashing Pumpkins Smiths, the smorgas SNAKE HIP SHAKES Sneeze Snow Patrol SOFT BALLET Soilwork Sons of Apollo Sons of Texas sora tob sakana Soul Asylum Soul Flower Union Soulfly Soulwax Soundgarden South Spaghetti Vabune! Sparta Sparta Locals Spiritual Beggars Spiritualized Spoon Squarepusher SR-71 STALIN, THE Starcrawler Static-X Steel Panther Steelheart Stephen Pearcy Steriogram Steve Perry Steve Stevens Steve Vai Steve Winwood Steven Tyler Stevie Salas Stills, the Sting Stone Roses, the Stone Sour Stone Temple Pilots Stooges, the Strokes, the Struts, the Stryper Strypes, the STU48 Styx Suede Suicidal Tendencies Sum 41 SUMMER SONIC SUPER BUTTER DOG Super Furry Animals Super$hit 666 Superchunk SUPERSNAZZ Survive Sweet & Lynch Syrup16g System of a Down t.A.T.u. Taking Back Sunday Tank task have fun Team Sleep Tears for Fears Teenage Fanclub Television Terence Trent D'Arby Terrorizer Terrorvision Tesla Tesseract Testament THEE MICHELLE GUN ELEPHANT Them Crooked Vultures Therapy? Thin Lizzy Thirteen Senses Thirty Seconds to Mars Thunder Thunderpussy Thy Art is Murder Tin Machine Tinted Windows TMG TNT Toad the Wet Sprocket Todos Tus Muertos Tokyo Dragons Tokyo Motor Fist TOKYO ZAWINUL BACH Tom Misch Tommy Lee Tony MacAlpine Tool Tortoise Toto Towers of London Traening Train Travis TREEBERRYS TRICERATOPS Trivium Trixter Twenty One Pilots Twisted Sister Two (2wo) Two Door Cinema Club Two Lone Swordsmen Tygers of Pan Tang U.D.O. U2 UA UFO Ultraphonix Underworld Unearth United Unkle Vader Vain Van Halen Veil of Maya Velvet Revolver Venom Verve, the Vibrators, the Vince Neil Vinnie Vincent Invasion Vixen Voivod w-inds. W.A.S.P. WANIMA Warrant Warrior Soul Weezer Wham! Wheatus While She Sleeps White Lion White Stripes, the Whitesnake Who, the Wildhearts, the Willard, the Winger Wings Witch Within Temptation Wombats, the Wrench W(ダブルユー) X JAPAN Yellow Magic Orchestra YELLOW MONKEY, THE Yes Yngwei Malmsteen YO-KING Yo-Yo's, the Zakk Wylde Zeppet Store ZIGGY ZYX ZZ Top ℃-ute 「100番勝負」 「10年前」 「1年のまとめ」 「20年前」 「AIN'T IT FUN」 「CCCD」 「DJ / イベント出演」 「R.I.P.」 「アンケート」 「ゾ」 「ネットラジオ」 「フェス」 「仕事紹介」 「再結成」 「分析ネタ」 「平成の30枚」 「私的ベスト10」 「記事一覧」 「音楽配信」 あぁ! おとぎ話 くるり けやき坂46 すかんち どうぶつビスケッツ×PPP ぼくのりりっくのぼうよみ ももいろクローバーZ ゆず ゆらゆら帝国 アイドルネッサンス アンジュルム インビシブルマンズデスベッド ウルフルズ エイプリルズ エレファントカシマシ カントリー娘。 カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。) カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。) カーネーション キュウソネコカミ キリンジ ギターウルフ クラムボン クリープハイプ クレイジーケンバンド グループ魂 ゲスの極み乙女。 コンタクト サザンオールスターズ サンボマスター サ上と中江 ザ・クロマニヨンズ スカート スガ シカオ スチャダラパー ストレイテナー スネオヘアー スピッツ スーパーカー ソニン タンポポ チャットモンチー トリプルファイヤー ドレスコーズ ナンバーガール ニューロティカ ハナレグミ ハロー!プロジェクト ピーズ, The フィッシュマンズ フジファブリック フラワーカンパニーズ プッチモニ マキシマム ザ ホルモン ミドリ ミニモニ。 ムーンライダーズ メロン記念日 モーニング娘。 モーニング娘。おとめ組 モーニング娘。さくら組 ユニコーン レミオロメン ロッカーズ ロマンポルシェ。 三浦大知 中島美嘉 中村一義 中村佳穂 中澤裕子 乃木坂46 佐野元春 八代亜紀 凛として時雨 加藤いづみ 勝手にしやがれ 原田知世 吉井和哉 堂島孝平 大槻ケンヂ 大江慎也 太陽とシスコムーン(T&Cボンバー) 奥田民生 宇多田ヒカル 安倍なつみ 小沢健二 小泉今日子 尾崎豊 岡村靖幸 岡村靖幸と石野卓球 左とん平 市井紗耶香 布袋寅泰 平井堅 後浦なつみ 後藤真希 忌野清志郎 怒髪天 惑星 折坂悠太 押尾コータロー 推定少女 新垣結衣 日暮愛葉 星井七瀬 星屑スキャット 星野みちる 星野源 曽我部恵一 月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。) 有村竜太郎 朝霧 Jam 木村カエラ 東京スカパラダイスオーケストラ 松浦亜弥 柴田淳 桑田佳祐 森重樹一 椎名林檎 椿屋四重奏 欅坂46 氣志團 氷室京介 永井ルイ 浅井健一 浜崎あゆみ 浜田麻里 渋さ知らズ 片平里菜 玉置成実 田中フミヤ 真心ブラザーズ 矢口真里 石川梨華 砂原良徳 私立恵比寿中学 米津玄師 絢香 羅針盤 美勇伝 菊地成孔 藤本美貴 道重さゆみ 遠藤ミチロウ 銀杏BOYZ 陰陽座 電気グルーヴ 頭脳警察 飯田圭織 1975, the 2 Many DJ's 22-20s 3 Colours Red 44MAGNUM 54-71 9mm Parabellum Bullet

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ