2004/06/25

PRIMUS『SUCK ON THIS』(1990)

最近全然ウワサ聞かないなー、解散しちゃったのかなー、とか思ってたら本当にここ数年活動休止中だったPRIMUS。昨年後半に新曲5曲入りCD+全PVと2時間以上に渡る秘蔵DVDという「ANIMALS SHOULD NOT TRY TO ACT LIKE PEOPLE」という作品をリリースして復活したと思ったら、今度はフェス(FUJI ROCK FES.)で久し振りの来日を果たすというじゃありませんか! つうか最後に来たのって何時だっけ!? 初来日は'94年頃?‥‥ってことは、確実に10年経ってるんじゃん。ここ日本では熱狂的に迎えられることがまずない彼らですが、本当に凄いんですよ、アルバムといいライヴといい。いや、特にライヴは凄いから。こんなトリオバンド、間近で観たらマジで失禁するから。だってさ、ドラム+ギター+ベースのトリオでさ、全部がある意味リード楽器だからね。勿論リズム隊はボトムをしっかり支えてるんだけど、その暴れようといったらね‥‥バンドやってる人、是非聴いて欲しいよね。

そんなPRIMUS、フジロックでの来日に備えてまずどのアルバムから聴けばいいのか‥‥その大半が廃盤となってしまっている現在、7月に来日記念盤としてリリースされる「ANIMALS SHOULD NOT TRY TO ACT LIKE PEOPLE」日本盤を買うというのも手かもしれませんね。代表曲PVが全部網羅されてるわけだし、ライヴ映像も入ってるから大体の感じは掴めるし。そして新曲も入ってるから、現状までしっかり見えてくるしね。

けどね。ここで敢えて俺は彼らのファースとアルバムにしてライヴアルバムでもある'90年の名作「SUCK ON THIS」をオススメしたわけよ。この若々しくて暴走するだけの変態サウンドにこそ、彼らの原点、そして「すべて」が集約されていると思うんですよね。

後にスタジオ作「FRIZZLE FRY」や「SAILING THE SEAS OF CHEESE」に再収録されることとなる楽曲が大半を占める(9曲中6曲が後にスタジオテイクで再録音されている)、ある意味では初期PRIMUSのベスト盤とも呼べなくもない1枚。録音~リリースされた'90年というのは、前年にリリースされた2枚のアルバムによって「クロスオーバー」と呼ばれるジャンルが盛り上がりつつあった時期。その2枚とはRED HOT CHILI PEPPERSの「MOTHER'S MILK」と、FAITH NO MOREの「THE REAL THING」。FAITH NO MOREは'90年にシングル "Epic" が全米チャートのトップ10入りし知名度を上げ、レッチリは続く'91年の「BLOOD SUGAR SEX MAGIK」で世界的大ブレイクを果たすわけですが、PRIMUSに関してはデビューから現在においても「世界的大ヒット」を記録したことなんてなく、特にここ日本では「マニアの為のマニアックなバンド」といった印象が強い存在でありつづけています。'90年代末にはかの「FAMILY VALUES」ツアーにも参加してますが、それはあくまでアメリカでのお話。日本ではねぇ‥‥あー、書いてて悲しくなってきたので、もうこの辺で止めます。つうかそれくら、悲惨な状況だったわけですよ、ここ日本では。

まず、聴く機会が少な過ぎるから、ただ単に「変態バンド」というイメージが一人歩きしてしまう(ま、俺みたいなのがこういう書き方するから勘違いされるんだろうけど)。来日しても小さなハコで1~2回。マニアのみが集う集会みたいになってしまう。そういう意味では今回のフジロック出演、そんな壁をぶち壊す絶好の機会だと思いますよ。

俺がこのバンドを好きな理由は、勿論曲がカッコいいというのもあるし、演奏が独特で上手く優れたアレンジ力を持っている、という点も挙げられるんですが、とにかくそれ以上に‥‥「RUSHの後継者的存在」というイメージがあってね、俺の中で。登場する時代が時代だったら、間違いなくRUSHだってこういった路線に走ってたに違いないと思うし。それがカナダではなくてアメリカ出身だとしたら、なおさらだよね。

これからデビューするという新人バンドが、自分達の魅力を余す事なく伝えるにはやはり、やり慣れたライヴの様子をそのままパッケージすればいい。予算がなかったから、というのもあるんだろうけど、このライヴ盤はそういう意味で大成功していると思います。事実、俺もこのライヴ盤を当時のバンドメンバーにダビングしてもらって興味を持つようになったんだから(そして俺はそのお礼としてJANE'S ADDICTIONのライヴ盤にしてファーストアルバムである「JANE'S ADDICTION」をダビングしてあげたんだっけ‥‥)。後に変態度は更に増していくわけですが、そういう面も含めて一番バランスが良いのもこのライヴ盤かもしれませんね。

今年のフジロック、間違いなく俺内での3つの注目株でございます(当然ひとつはPIXIESであり、もうひとつが!!! (CHK CHK CHK)なんですけど)。勿論フジロックに行けないって人も、うちのラジオを聴いて想いを遠く苗場に地に馳せるか、このアルバムを手にしていろいろ想像してみてください‥‥ま、そんな想像する前に、きっと内容に失禁してしまうだろうけどね!



▼PRIMUS『SUCK ON THIS』
(amazon:海外盤CD

投稿: 2004 06 25 03:44 午後 [1990年の作品, Primus] | 固定リンク