2004/05/27

THE RASMUS『DEAD LETTERS』(2004)

フィンランドというと、何となくだけど‥‥「ロック後進国」みたいなイメージがあるような、ないような‥‥いやね、ひと昔前だと(いや、数年前に再結成してるから最近もだけど)HANOI ROCKSとかいるけどさ、後が続かなかったじゃない? ところがここ最近‥‥今年に入って、現地では既に人気のあるバンドがワールドワイドで(あるいは日本で)CDをリリースする機会を得たり、来日する機会を得たりしてるわけ。NEGATIVEなんていうバンドもそのひとつだし、今回紹介するTHE RASMUSもそのひとつ。けどTHE RASMUSに関しては、まだ日本デビューは先の話。現時点では7月に今回紹介する「DEAD LETTERS」をリリースするという話だけど‥‥

俺がこのバンドを知ったのは、今年4月。とあるPVを流す番組で偶然彼らのPVを観て。今思えばそれは "Still Standing" という曲だったんだけど、これがね‥‥何ていうか‥‥いや、メロディアスなハードロックだな、というファースト・インプレッションがありつつ、けどちょっと違うぞ、何が違うんだこれ‥‥と興味深く最後まで画面に釘付けになってしまったわけです。髪に黒い鳥(カラス?)の羽をつけた、全身黒でちょっとビジュアル系っぽいボーカル。そしてバックを支える如何にもハードロック系な3人。ドラムなんて短髪にメガネだもんなぁ‥‥なんだこれ? しかも曲はメチャクチャメロウだし、適度にハードだし、ちょっとゴスっぽい印象もあるし‥‥

で、ここまできて気づいたわけよ。あ、これって最初にEVANESCENCEを聴いた時と同じ印象かも、と。まぁ向こうは女性ボーカルでしたけどね。

このTHE RASMUSというバンド、フィンランド出身の4人組で、既に現地では大人気のバンド。この「DEAD LETTERS」というアルバムも現地では既に2003年にリリース済みで、何枚ものシングルヒットを飛ばした大ヒット作なんだそう。で、メジャーの「Universal Group」と契約し、このアルバムを引っ提げて2004年3月にワールドワイド・デビューというわけ。

アルバムを聴いてもらえば判る通り、とにかくメロウでキャッチーな楽曲のオンパレード。俺はUS盤を買ったんだけど(UK盤は曲順が異なるみたいです)、ド頭からいきなり哀愁感タップリな "In The Shadows" からスタートし、そのまま同じくメロウなマイナーチューン "Guilty" へと流れ、3曲目にして最大のハイライトといえる(つうか俺的にはこのアルバムの中で一番好きな) "First Day Of My Life" の登場。この曲、とにかくイントロのギター&ベースのユニゾンプレイからしてカッコ良過ぎ。ちょっとMUSE辺りにも通ずる演奏スタイル&耽美性を前面に押し出し、サビでドロドロに溶けそうな程の甘いメロディを浴びせるという、ホント名曲中の名曲。勿論その後も先の "Still Standing" やヘヴィな "In My Life" とか名曲のオンパレード。バラードもあったり、メジャーキーを用いたポップチューンありで、とにかくすんなり聴けてしまう1枚。ボーナストラックである(4thアルバム収録曲で現地で大ヒットした) "F-F-F-Falling" まで、全く飽きさせない構成になってます。更にエンハンスド仕様で "In The Shadows" のPVも観れるんだから、お得ですよこれ。このPV観て、バンドのビジュアル面を補ってみてくださいね。とにかく曲の良さとバンドのビジュアルイメージがかなり好みのバンドですよ。

きっとレコード会社は「どこかに『第二のEVANESCENCE』いないか?」と血眼になって世界中をあたったんでしょうね。そんな中で所謂ロック未開の地的なイメージのあるフィンランドで、英語で活動するバンドがいた、と。しかも非常に素晴らしい楽曲を沢山持ったバンドあった、と。そりゃ胸を張って世界中にオススメするわな普通。ハードロックとかゴスとかポップとか、そんなの関係ねーよ。曲の良さが全てなのよ!ってな感じでね。いやーこれは驚きですわ。

多分今年後半、日本でも注目される機会が多くなると思いますよ。間違いなく来日も果たすでしょうし、雑誌メディアへの露出も増えるでしょう。既にかの伊藤政則氏もイチオシしているという話を耳にしてますし(彼、EVANESCENCEの時も大プッシュしましたしね)。北欧メタルとか哀愁メロディアスHM/HRファンのみならず、上に挙げたようなバンド‥‥EVANESCENCEやMUSE等、あるいはBON JOVI辺りのメロウな楽曲とか‥‥を好んでいる人にこそ、是非聴いてもらいたいアルバム。いやいや、それ以外の人も是非!



▼THE RASMUS『DEAD LETTERS』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2004 05 27 03:57 午後 [2004年の作品, Rasmus, The] | 固定リンク