2004/10/16

とみぃ洋楽100番勝負(59)

●第59回:「Stone Cold Bush」 RED HOT CHILI PEPPERS ('89)

 そうか。ガンズとかエアロとかマイケル・モンローとか言ってたけど、1989年っていろんな意味で節目の年でもあったわけだね。そういった「如何にも'80年代的なバッド・ボーイズ・ロックンロール」から、「オルタナティヴ」と呼ばれる雑多なジャンルへの、ひとつの切っ掛けを作るような1年だったわけだ。

 当時の音楽雑誌「ミュージックライフ」等でも、既に「アメリカ西海岸から新しい『波』が押し寄せてきている」という記事が紹介され始めた、1989年。そんな中に名前が挙がっていたFISHBONE、JANE'S ADDICTION、そしてRED HOT CHILI PEPPERS。それぞれ、ハードロック的なスタイルの中にスカやファンク、サイケな要素等これまでのHM/HRとは一線を画するような音楽性とファッションを持った変わり者ばかり。

 その中でも一際目を惹いたのは、やはりレッチリとJANE'Sでしたね。共に女性の裸をモチーフにしたアルバム・ジャケットで、特にレッチリの方はアナログ盤で見るとそのインパクトが絶大でして。たまたま予備校の講習で千葉に出てた時に、輸入盤で見つけて買ったんだよな、これ。

 全部の曲が新鮮で、自分に取って全く新しいジャンルに感じられたんだけど、その中でも一番気に入っていたのが、ファンキーなアッパーチューン "Stone Cold Bush"。ギターのストロークとベースのスラッピングが兎に角カッコ良過ぎ。そしてアンソニーの若々しいボーカルな。ホント、ドキドキしながら何度も聴いたもん。

 そうだ。この年ってハードロックの世界では「再生組」が沢山誕生した年でもあったんだね。BLUE MURDER、BAD ENGLISH、MR.BIG‥‥勿論どれも良いと思ったけど、やはりストリートから生まれてくる音楽‥‥先のバッド・ボーイズ系だったり、レッチリ等のオルタナ系だったり‥‥の方がよりリアルに感じられたんだよね。もしかしたら、既に気づいちゃってたのかもしれないね、そういった業界の裏側みたいなものに‥‥信用するな、って。

 まぁ兎に角。レッチリは1989年に初めて出会って、何故かチャンスがなくて2002年まで生で観る機会がなかったんだよね。あ、2度チャンスを奪われてるのか‥‥1992年の、最終公演中止(よりによって、この公演のチケットしか持ってなかった)と、1997年のフジロック1年目(出発前日に肺炎でダウン)と‥‥つくづく俺にとって厄介な存在なんですわ、ええ。



▼RED HOT CHILI PEPPERS「MOTHER'S MILK」 (amazon

投稿: 2004 10 16 12:01 午前 [1989年の作品, Red Hot Chili Peppers, 「100番勝負」] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック