2017/01/09

祝ご成人(1996年4月〜1997年3月発売の洋楽アルバム20枚)

新成人の皆さん、おめでとうございます。2014年度に初めて実施したこの企画、今回で3回目を迎えます。今年も新成人の皆さんが生まれた年(学年的に1996年4月〜1997年3月の期間)にリリースされた洋楽アルバムの中から、個人的思い入れがある作品を20枚ピックアップしました。どれも名盤ばかりなので、もし聴いたことがないという作品がありましたら、この機会にお手にしてみてはいかがでしょうか。とは言いながらも大半が名盤中の名盤なので、聴いたことがあるものばかりかもしれませんが。

作品の並びはすべてアルファベット順です。(2014年度の新成人編はこちら、2015年度の新成人編はこちらです)


ATARI TEENAGE RIOT『THE FUTURE OF WAR』(Amazon

BECK『ODELAY』(Amazon

BLUR『BLUR』(Amazon

DEF LEPPARD『SLANG』(Amazon

THE HELLACOPTERS『SUPERSHITTY TO THE MAX!』(Amazon)(レビュー

HONEYCRACK『PROZAIC』(Amazon)(レビュー

KORN『LIFE IS PEACHY』(Amazon)(レビュー

KULA SHAKER『K』(Amazon

MANIC STREET PREACHERS『EVERYTHING MUST GO』(Amazon)(レビュー

MANSUN『ATTACK OF THE GREY LANTERN』(Amazon)(レビュー

MARILYN MANSON『ANTICHRIST SUPERSTAR』(Amazon)(レビュー

METALLICA『LOAD』(Amazon)(レビュー

OCEAN COLOUR SCENE『MOSELEY SHOALS』(Amazon

PANTERA『THE GREAT SOUTHERN TRENDKILL』(Amazon)(レビュー

RAGE AGAINST THE MACHINE『EVIL EMPIRE』(Amazon

REEF『GLOW』(Amazon

SUEDE『COMING UP』(Amazon

TOOL『AENIMA』(Amazon)(レビュー

U2『POP』(Amazon)(レビュー

WEEZER『PINKERTON』(Amazon)(レビュー


残念ながらセレクトから漏れた作品も多いです。以下、主だった作品をざっと羅列します。

AEROSMITH『NINE LIVES』
ALICE IN CHAINS『UNPLUGGED』
ARCH ENEMY『BLACK EARTH』
ASH『1977』
BEN FOLDS FIVE『WHATEVER AND EVER AMEN』
THE BLACK CROWES『THREE SNAKES AND ONE CHARM』
THE BOO RADLEYS『C'MON KIDS』
BJORK『TELEGRAM』
BRYAN ADAMS『18 TIL I DIE』
BUSH『RAZORBLADE SUITCASE』
CARCASS『SWANSONG』
THE CARDIGANS『FIRST BAND ON THE MOON』
THE CURE『WILD MOOD SWINGS』
DAFT PUNK『HOMEWORK』
DAVID BOWIE『EARTHLING』
DINOSAUR JR.『HAND IT OVER』
ELVIS COSTELLO & THE ATTRACTIONS『ALL THIS USELESS BEAUTY』
FIONA APPLE『TIDAL』
FOUNTAINS OF WAYNE『FOUNTAINS OF WAYNE』
GEORGE MICHAEL『OLDER』
HELMET『AFTERTASTE』
IMPERIAL DRAG『IMPERIAL DRAG』
JAMIROQUAI『TRAVELLING WITHOUT MOVING』
JOURNEY『TRIAL BY FIRE』
LUSCIOUS JACKSON『FEVER IN FEVER OUT』
MACHINE HEAD『THE MORE THINGS CHANGE…』
MANOWAR『LOUDER THAN HELL』
MATTHEW SWEET『BLUE SKY ON MARS』
MICHAEL SCHENKER GROUP『WRITTEN IN THE SAND』
NIRVANA『FROM THE MUDDY BANKS OF THE WISHKAH』
PATTI SMITH『GONE AGAIN』
PEARL JAM『NO CODE』
PET SHOP BOYS『BILINGUAL』
PRINCE『EMANCIPATION』
R.E.M.『NEW ADVENTURES IN HI-FI』
ROLLINS BAND『COME IN AND BURN』
RUSH『TEST FOR ECHO』
SCORPIONS『PURE INSTINCT』
SLAYER『UNDISPUTED ATTITUDE』
SLOAN『ONE CHORD TO ANOTHER』
SOUNDGARDEN『DOWN ON THE UPSIDE』
STEVE VAI『FIRE GARDEN』
STRAPPING YOUNG LAD『CITY』
SUPER FURRY ANIMALS『FUZZY LOGIC』
VERUCA SALT『EIGHT ARMS TO HOLD YOU』
ZAKK WYLDE『BOOK OF SHADOWS』
THE WiLDHEARTS『FISHING FOR LUCKIES (East West Version)』
ZZ TOP『RHYTHMEEN』


1995年から1996年初頭がブリットプップの最盛期と昨年のブログに書きましたが、続く1996年から1997年にかけてはその最盛期から末期に向かっていく過程。BLURが1997年初頭に発表したセルフタイトルアルバムが「ブリットポップの終焉」を決定づけたのは間違いないでしょう。KULA SHAKERやMANSUNのデビュー作、MANICS、OCS、REEFの諸作、そして選外でしたがASHのデビュー作などはその末期に輝いた傑作だと思っております。

そして、アメリカではRATM、KORN、TOOL、MARILYN MANSONのブレイクにより新たなヘヴィロックシーンが確立されるタイミング。と同時に、ベックやWEEZERといったアーティストたちも新たなオルタナシーンを築き上げておりました。その一方で、METALLICAやDEF LEPPARDといった大御所たちが迷走していたのも、このタイミングの面白いところ。それぞれピックアップした作品は、各バンドのキャリアの中でも迷作扱いされることの多いものですが、今聴くと意外と悪くないから不思議。今回選出した動画20曲の中に混じっても、実はあまり違和感がない音楽性だったりします。面白いもんですね。

あ、1997年に入ると同時にU2が『POP』を出したり、ATRの2ndアルバムが話題になったりと、新たな可能性が見え始めたのも興味深いですね。

ちなみに日本での1996年4月〜1997年3月といいますと、TK作品のチャート独占やプリンセス・プリンセスの解散、米米CLUBの解散発表(ラストライブは翌年)、TMRやPUFFY、ELT、SPEEDのデビューなど、音楽産業的にもピークを迎えつつあった時期でした。

最後に。ここではピックアップしませんでしたが、1996年で特に印象に残っているのは「恋のマカレナ」と「Wannabe」です。



▼SPICE GIRLS『SPICE』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2017 01 09 12:00 午前 [1996年の作品, 1997年の作品, Atari Teenage Riot, Beck, Blur, Def Leppard, Hellacopters, The, Honeycrack, Korn, Kula Shaker, Manic Street Preachers, Mansun, Marilyn Manson, Metallica, Ocean Colour Scene, Pantera, Rage Against The Machine, Reef, Suede, Tool, U2, Weezer] | 固定リンク

2003/12/02

REEF『TOGETHER, THE BEST OF...』(2002)

昨日の更新でLED ZEPPELINの「HOW THE WEST WAS WON」というライヴ盤を取り上げましたが、あの音源自体30年以上も前のものなんですが、全然色褪せてないんですよ。所謂「ブリティッシュ・ロック」と呼ばれるスタイルの基本となるものの全てがあそこに凝縮されているという意味でも、非常に興味深い作品であると同時に‥‥果たして最近のバンドでこういったスタイルを受け継いでいるバンドがどれくらいいるのか‥‥非常に気になるところです。

よくZEPをハードロックバンドとして捉える人がいます。それも間違いではありませんが‥‥そうすると、後期に行くに従って徐々に苦しくなるわけです。そういったスタイルからかけ離れていくわけですし。そういった意味での「ハードロック的側面の後継者」というのは、これまでもかなりの数いたと思うんですが、もっと広意義での「ロックバンド」となると‥‥特に'90年代以降のイギリスにはあまりいなかったように思います。そんな中、STONE ROSESがセカンドアルバム「SECOND COMING」で示したスタイルというのは正しく「'90年代的ZEPスタイル」でした(が、ファンには不評でしたが)。同じようなスタイルで考えると昨年ブレイクしたTHE MUSICもこの系譜に入るでしょう。

しかしもっと泥臭い、コテコテなスタイルとなると‥‥これが本当に数少ない。自分が思いつく限りでは、今回紹介するREEFくらいじゃないでしょうか。他にももっといたんでしょうけど、セールス的にも成功を収めたバンドとなると、やはりREEFしか思いつきません。上記の2バンドが非常に現代的でスタイリッシュなのに対し、このREEFはホントに時代遅れで、何もこんなことを21世紀目前にやらなくても‥‥と呆れてしまうようなど真ん中の剛速球を投げ続けてきたんですから。そんな直球勝負の歴史を綴ったのが、今回紹介するベストアルバム、「Together, The Best of...」。日本では2002年の秋に先行発売され、本国イギリスでは今年2003年初頭になってようやくリリースされたこのアルバム、歴史を総括する以上の意味合いを持つ1枚となってしまいました。

所謂シングルヒットを殆ど抑えた内容になっていて(勿論選外になった曲もあるんですが、大ヒットナンバーはほぼ収録されてます)、ファーストアルバムから2曲、ファースト未収録のシングル1曲、大ヒットしたセカンドから4曲、サードからは1曲(何故 "New Bird" を外したんだよ!!)、4作目「GETAWAY」からも1曲という形になってます。まぁ確かにサードと4作目は大ヒットには程遠いし(サードはそれでもまだトップ10入りしたんだよね。4枚目は10位圏外だったけど)、大ヒットしたセカンドからのシングルは全部入ってるんで、入門編としては非常に重宝する内容かと思います。

そしてこのアルバムの凄いところは、それ以外に新曲が5曲収録されている点でしょう。ポップでストレートな方向に移行した「GETAWAY」路線ではなく、サード以前の泥臭いルーズでグルーヴィーなロックンロール路線に回帰している点が非常に興味深く、「やっぱ小難しいこと、俺達にゃ無理!」という開き直りすら感じられます。自分達が最も得意とする方法で、更に純度の高いモノを生み出す。これが功を奏し、ただのベスト盤というよりも「REEFの第2章」を予感させる内容になってるんですね。プロデューサーもセカンドやサードを手掛けたジョージ・ドラクリアスが復帰、正に「あの時代」を彷彿させる作風で、好きな人にはたまらない内容になってます。

日本盤には更に2曲の新曲(内1曲はスティーヴィー・ワンダーのカバー、"Love Having You Around")がボーナストラックとして追加収録されてます。これはシングルカットされた新曲 "Give Me Your Love" のカップリング用にレコーディングされた曲なんですが、これらを含めると都合7曲の新曲が聴けることになります。既出ヒット曲が9曲に新録曲が7曲。バランスとしては最高じゃないでしょうか? ベスト盤だからいいや‥‥とかいって無視すると罰が当たりそうな程に豪華で、重要な1枚。ブリティッシュ・ロック好きを自称する人なら絶対に聴くべき1枚ですよ、これ。

上で「歴史を総括する以上の意味合いを持つ1枚」と書きましたが、正にそういうことなんです。ところが‥‥それだけでは済まなくなってしまったんですね。まず‥‥ま、ベスト盤リリースの時点で何となく想像がついてましたが‥‥このベスト盤リリースを機に、REEFはレーベルからドロップしてしまいます。更に‥‥ドラムのドミニクが脱退してしまったという話が飛び込んできてます(今年4月には来日公演も行ってるし、6月にはインディーズ・レーベルから新曲 "Waster" もリリースしてるので、恐らくその後のことなんでしょうね)。今後を占う意味でも非常に重要な作品だったのに、ホントの意味での一区切りとなる作品集になってしまうとは‥‥残念でなりません。

とにかくこのアルバム、日本盤をオススメします。全16曲で60分にも満たない、本当に濃い作品集ですよ。「グルーヴって何さ?」とか言ってる人、これ聴けば判りますから。



▼REEF『TOGETHER, THE BEST OF...』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2003 12 02 04:04 午後 [2002年の作品, Reef] | 固定リンク

2000/11/15

REEF『GETAWAY』(2000)

前作「RIDES」('99) からたったの1年4ヶ月で届けられた、REEFの4作目となるアルバム。プロデューサーを2作目「GLOW」('97)と前作を手掛けたジョージ・ドラキュリアスからアル・クレイ(STEREOPHONICS, THERAPY?, WiLDHEARTS等)に変え、スタイル的にもこれまでよりも一歩前進させた、意欲作となっている。それにしてもこいつら、今年の2月には前作のツアーで来日し、こないだ(8月)にはサマーソニックで再来日してるのに、一体いつの間にアルバムなんて作ったんだよ!?(って3月から7月の間ですね、ハイ/笑)前作のセールス的失速が原因なのか、こんなハイペースでのリリースは? まぁファンとしては素晴らしいバンドの素晴らしいアルバムがもう1枚、こんなに早く聴けるんだから嬉しいけどね?

意欲作って事で、これまでとはちょっと違う面を打ち出しているこのアルバム。まず、聴いて貰えば判る通り、楽曲のテンポアップを図っている。サマーソニックでも披露されたM-1~3("Set The Record Straight", "Superhero", "Getaway")のハイパー振りには、当日のライヴを体験した俺も驚いた。特に"Superhero"なんてツェッペリンの"The Song Remains The Same"みたいなリフを持った、素晴らしいロック・アンセムだ。楽曲の良さに関しては文句なし。前作でのグルーヴィーな曲とアコースティカルな曲を全面に出した作りから更に新たな地点にたどり着いた印象を受ける。勿 論、従来通りのグルーヴィーな楽曲もあれば、男泣きのバラードもある。この手のロックが好きな人間にはたまらない内容だ。

さて、ここで改めて彼等の素晴らしさを説くのも面白みに欠けるので、ちょっと視点を変えて‥‥「逆猿メタル」的お薦めをしてみようかと思う。逆猿メタル‥‥つまり、メタル・オンリーの方々にもお薦め出来る作品という視点で語っていこうかと ‥‥

まず‥‥REEFというバンド。俺は彼等を「現代のHUMBLE PIE」だと思っている。よく俺はTHUNDERとREEFを比較してきた。オールドスタイルのブリティッシュロックを伝承するバンドとして、常にに注目していた。世間がブリットポップだ何だと大騒ぎしてた中、これらのバンドは「周りなんて関係ねぇぜ」てな感じで独走してきた。特にブームの真っ直中にデビューしたREEFはその煽りを受けてもいいものの、全く無関係な立ち位置を取り、成功を勝ち取ってきた。

THUNDERを俺は「現代のFREE/BAD COMPANY」と表現した事がある。ブルーズ寄りのFREEと比べると、HUMBLE PIEにはソウルやゴスペルの要素を感じる事ができる(勿論、ブルーズの要素だってあるだろう)。ただここで言っておきたいのは、両バンド共にブルーズやゴスペルの影響は受けているだろうという事。特にその色が濃く現れているという意味で、それぞれを「現代の~」と表現しているので、勘違いなさらないように‥‥

これまでのREEFというと、特にセカンドの音の感触が「STICKY FINGERS」(ROLLING STONESが1971年に発表した名作)みたいだという事からROLLING STONESと比較される事があった。実際にREEFはストーンズの前座もやったしね。まぁ伝統的なブルーズロックを体現しているという意味では、ストーンズと比較されるのも判らんでもないけど‥‥1枚目の頃はFREEとか言われてなかったっけ?(笑)で、そんな彼 らがよりアーシーなサウンドにシフトチェンジしようとしたのが前作「RIDES」だったように思う。そしてその完成型により近づいた(よりナチュラルになった)のが、今回の「GETAWAY」なのではないだろうか?

さて、そのHAMBLE PIEというと、HM/HRファンはあるバンドを思い浮かべないだろうか?‥‥ちょっと強引だけど、彼らの曲"30 Days In A Hole"をカバーした、あのMR.BIG。今回の「GETAWAY」を最初に聴いた時、MR.BIG(ファーストの頃や、リッチー・コッツェン加入後の最近に限定)をまず思い浮かべた。もっと金属的なサウンドだったら、間違いなくMR.BIGだ。特に今作のM-5バラード"All I Want"なんてMR.BIGの"Just Take My Heart"みたいだし(特にサビメロがかなりいい感じに似てる)。他にも共通点は山程ある。REEFのギタリスト、ケンウィンがテレキャスターをよく使っているが、MR.BIGの2代目ギタリスト、リッチー・コッツェンもテレキャスターをメインに使っている。ベーシストが両バンド共よく暴れる(笑)、等々。多少こじつけているが‥‥それでもエリック・マーティンとゲイリー・ストリンガーが共にソウルフルな歌い手だという点は間違いなく共通しているし、その歌をバンドの軸としている点、楽器隊が個々を主張しながら歌を見事にバックアップしている点、楽曲に独特なグルーヴ感が存在する点‥‥もし、互いのバンドの曲を交換して演奏したら(例えばREEFがMR.BIGの"Superfantastic"を、MR.BIGがREEFの"Place Your Hands"を)意外とハマるんじゃないだろうか? もし機会があったら、シングルのカップリングにでも如何だろうか?

てなわけで、意外な共通点を今回は紹介してみたが、もしMR.BIGとかあの辺のブルージーなロックが好きなHM/HRファンがこれを読んでいたら、騙されたと思って一度、REEFの「GETAWAY」に手をだしてもらいたい。こういう音が好きなら、どこかしらリンクするところがあるはずだ。



▼REEF『GETAWAY』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD

投稿: 2000 11 15 04:01 午後 [2000年の作品, Reef] | 固定リンク