2018年12月31日 (月)

2018年総括(2):邦楽アルバム編

洋楽アルバム編に続いて、邦楽アルバム編。こちらのエントリーでは2018年もっとも気に入った邦楽アルバム10枚(+次点10枚)を紹介します。順位は付けませんが、特に印象に残った作品には「●」を付けています。


■邦楽10枚(アルファベット→五十音順)

こちらも次点の10枚から紹介していきます。

<次点>
・brainchild's『STAY ALIVE』
・Crystal Lake『HELIX』
・ENDRECHERI『HYBRID FUNK』
・Luby Sparks『Luby Sparks』
・sads『FALLING Ultimate Edition』
・sleepyhead『DRIPPING』
・折坂悠太『平成』
・けやき坂46『走り出す瞬間』
・星屑スキャット『化粧室』
・吉澤嘉代子『女優姉妹』

Crystal Lakeは国内ラウド系ではもっとも衝撃を受けた1枚。聴く頻度でいったらCrossfaithやHER NAME IN BLOOD、DIR EN GREYのアルバムのほうが高かったんだけど、2018年という時代をあとで振り返ったときにこのアルバムがこの年に発売されたことを忘れないためにも選びました。sadsはなんだかんだで、やっぱり良いですね。従来のsadsらしさをキープしながらも、ちゃんとモダンにアップデートされている。活休前にもう一度、生で観たかった。

Luby Sparksはアルバムリリース後に前任ボーカルが脱退しちゃいましたが、後任も良さげだし、こないだ出たEPもなかなかだったので、来年も期待してます。星屑スキャットもなんだかんだ、年間通して聴きまくったなあ。

ひらがな(けやき坂46)は最後まで10位内に入れるか悩んだけど、これも毎回言ってるように「全曲聴くには複数仕様全部集めないといけないし、アルバムとしての体が崩壊しているから」あえて落としたところがあります。けど、サブスク主流の時代になりつつある今、もはやこういう考え方は古いのかもしれませんね……。

続いて、本編となる今年の10枚です。

・BUCK-TICK『No. 0』(Spotify

・DATS『Digital Analog Translation System』(Spotify

・JYOCHO『新しい終末サイクル』(Spotify

●Maison book girl『yume』(Spotify

・w-inds.『100』(Spotify

・エレファントカシマシ『WAKE UP』(Spotify

・おとぎ話『眺め』(Spotify

・中村佳穂『AINOU』(Spotify

・三浦大知『球体』(Spotify

・道重さゆみ『SAYUMINGLANDOLL~東京~ オリジナルサウンドトラック』


けやき坂46のアルバムに対して自身のアルバムというフォーマットに対するこだわりを書きましたが、そういった意味で今年の1枚に選んだMaison book girl、そして三浦大知のアルバムは「アルバムという形でなければいけない」表現方法に重きを置いた、おそらく最後の作品になってしまうのではないか……そんな気がします。もちろん単曲でも素晴らしいのですが、やっぱりこの2枚に関してはアルバムを1曲目から通して楽しみたい。そんな気持ちが強いんです。

かと思えば、JYOCHOのような新しいバンドとの出会いがあったり、相変わらずエレカシやおとぎ話の鳴らす普遍的なロックに心ときめかせたり、デビューから30年経とうが常に進化し続けるBUCK-TICKの最新形にワクワクしたり、やっぱり道重さんは問答無用で可愛かったり(音と関係ない)。2018年、最高の1年でしたね。

この20枚から漏れた中にも、さらにたくさんの候補があったのも2018年の特筆すべき点でした。道重さんのもう1枚のアルバム『SAYUMINGLANDOLL~宿命~ オリジナルサウンドトラック』や凛として時雨『#5』、ジェニーハイ『ジェニーハイ』、NEWS『EPCOTIA』、LOVEBITES『Clockwork Immortality』、Mr.Children『重力と呼吸』あたりは最後まで悩んだなあ。


アイドルソング&印象的なライブ編に続く)

投稿: 2018 12 31 01:01 午後 [2018年の作品, brainchild's, BUCK-TICK, Crystal Lake, DATS, ENDRECHERI, JYOCHO, Luby Sparks, Maison book girl, Sads, sleepyhead, w-inds., 「1年のまとめ」, おとぎ話, けやき坂46, エレファントカシマシ, 三浦大知, 中村佳穂, 折坂悠太, 星屑スキャット, 道重さゆみ] | 固定リンク

2005年7月 8日 (金)

寝る前にこれ聴け!(1)

 新コーナー。昔懐かしい(といっても、'80年代半ば〜'90年代前半を中心とした)HM/HRのアルバムを毎回3枚取り上げるというコーナー。単純に、俺が寝る前にこの3枚をCD棚から引っ張り出して聴くだけ、という話。何の役にも立たないかと思いますが‥‥

まず1枚目。


・SKID ROW「SLAVE TO THE GRIND」('91)
 久し振りに引っ張り出して聴いてみたら、スゲーかっこ良かった。全米初登場1位とか、当時GUNS N'ROSESやMETALLICAといったバンドのオープニングアクトをやってたとか、前座にFAITH NO MOREやSOUNDGARDEN、PANTERA等を使ってたとか、そういった情報はどうでもよく、とにかくひたすらカッコいい。そして泣ける曲多し。


▼SKID ROW「SLAVE TO THE GRIND」(amazon


・WINGER「IN THE HEART OF THE YOUNG」('90)
 RATTのプロデューサー(ボー・ヒル)が手掛けてることから、RATTフォロワー的に思われてたデビュー当時。何となくサウンドと声がそれっぽかったからね。けど、メンバーは全員スタジオミュージシャンなり誰かのバックなりで鍛え上げられた名手ばかり。テクニカルHRの極み。
 けどこのアルバムではDEF LEPPARD的な楽曲指向を強めてるんだよね。曲によっては打ち込みベースを使ってたり、あるいはプログレ並みのテクニカル路線だったり。バランス的に一番好き。中途半端っていう人もいるみたいだけどね。


▼WINGER「IN THE HEART OF THE YOUNG」(amazon


・SADS「THE ROSE GOD GAVE ME」('01)
 唯一色の違う、しかも邦楽、そして2001年の作品。けどこれがメチャメチャ良い。
 ほぼ全編英語(日本語曲は数曲のみ)、MOTLEY CRUEやMARILYN MANSONなんかを彷彿させるヘヴィロック路線。SADSは「BABYLON」までしか聴いてなくて、その後の清春ソロは聴いてたんだけど、良いねこのアルバム。普通にハードロック/ヘヴィロックじゃんか。ギターとドラムが現在THE DUST'N'BONEZにいるせいか、空気感が似てるよね。ま、プレイとかはまんまだけど。
 ボーカルのせいで好き嫌いハッキリするだろうけど、意外と洋楽HRファンにもアピールするんじゃねーの? 俺は肯定派。


▼SADS「THE ROSE GOD GAVE ME」(amazon

投稿: 2005 07 08 01:30 午前 [1990年の作品, 1991年の作品, 2001年の作品, Sads, Skid Row, Winger] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック