2017年11月 3日 (金)

SAM SMITH『THE THRILL OF IT ALL』(2017)

世界的メガヒット作となったデビューアルバム『IN THE LONELY HOUR』(2014年。日本盤は2015年)から、気づけば3年半ぶりの新作。プレッシャーもひときわ大きかったと思う。しかし、そんなことは余計な心配だった。

サム・スミスは本作制作にあたり「ポップレコードではなく、私的な日記を作るつもりだった」と語っている。これはまさにそういう作品であり、リードシングルの「Too Good At Goodbyes」は過去の恋愛について独白する、非常にパーソナルな内容だ。それにあわせてか、サウンドもどこか内向的で、アルバムが進むにつれてダークさが増していく。

音数の少ないアレンジ、特に終盤にかけて登場するゴスペル色の強いコーラスワークからは、そういった彼の胸の内があらわになっているように思え、刹那や悲しみすら感じさせる。万人ウケするハッピーなアルバムではないかもしれない。しかし、こういった“正直な作品”こそ今の世の中もっとも求められていることも知っている。そういう意味では、これは時代が求めた必然的作品かもしれない。深夜、ひとりでじっくり向き合いたい1枚。

※このレビューは本作リリース時、『TV BROS.』に掲載されものを加筆・修正して掲載しています。



▼SAM SMITH『THE THRILL OF IT ALL』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / 海外盤デラックスCD / MP3

投稿: 2017 11 03 12:00 午後 [2017年の作品, Sam Smith] | 固定リンク