2018年3月 9日 (金)

SAXON『THUNDERBOLT』(2018)

SAXON通算22作目のスタジオアルバム。IRON MAIDENDEF LEPPARDと並ぶNWOBHM(=New Wave Of British Heavy Metal)の代表格バンドのひとつですが、ビフ・バイフォード(Vo)とポール・クィン(G)以外のメンバーは様変わりしており、現編成は2005年から13年にわたり続いているので、まぁ安定しているほうなのかなと(ドラムのナイジェル・グロックラーは歯抜けで不参加時期もあるけど、何気に1981年から参加しているので、ギターのダグ・スカーラットが参加した1996年から数年は現編成がすでに揃っていたんですけどね)。

結成40周年を超え制作された本作。僕自身は近作を熱心に聴いてきたリスナーではないし、いまだに80年代前半のイメージしかなかったわけですが、改めて聴いてみたらこれが素晴らしいのなんの。新作としては2015年の『BATTERING RAM』以来3年ぶりということになるのですが、サウンドそのものは王道のHR/HMであり、楽曲の質もなかなかのもの。ミディアムテンポで攻めるのかなと思っていたら、序盤から「Thunderbolt」「The Secret Of Flight」と疾走感の強い楽曲連発で、続く「Nasferatu (The Vampires Waltz)」もドラマチックなアレンジが施されており、聴き応えバッチリです。

かと思えば、再びアッパーな「They Played Rock And Roll」で往年のSAXON節を聴かせたり(しかもこの曲、タイトルからも想像できるようにMOTÖRHEADレミーのトリビュートソングで、曲中盤にはレミーの音声もフィーチャーされてます)、ヘヴィなシャッフルナンバー「Predator」でアクセントをつけたり、重々しいビートが心地よいミディアムチューン「Sons Of Odin」で自身の世界に引き込んだりと、想像以上にバラエティに富んだ楽曲が並びます。

後半も「Sniper」や“これぞSAXON!”と言いたくなる「Speed Merchants」などアップテンポの曲と、ヘヴィでリズミカルな「A Wizard's Tale」や泣きメロギターが気持ち良い「Roadie's Song」などが交互に並び、スルスル聴き進めることができます。

IRON MAIDENはひたすらプログレッシヴな方向に突き進み、DEF LEPPARDはポップかつ王道のブリティッシュロックを追求する中、SAXONはBLACK SABBATH(主に“DIOサバス”)やJUDAS PRIESTが作り上げた王道ブリティッシュHR/HMの世界を極めている。本作を聴いてそんな印象を受けました。

自分たちに何ができるか、何が一番得意なのか。それを「HR/HMとは?」という命題とともに真正面から向き合った結果が、この路線でありこのアルバムなんでしょね。新鮮さは皆無だけど、このバンドにそういったものを求める人はもはやいないでしょうし、むしろこのサウンドだからこそ信頼できる。40年も活動すれば“枯れ”や“いぶし銀”も自然と浮き出てきそうですが、そういったものを一切出さずに貫禄を感じさせるこのストロングスタイルは、もはや国宝級と呼んでいいのでは? 最高以外のナニモノでもない、唯一無二のヘヴィメタルです(本作は全英29位と、1986年の『ROCK THE NATION』以来32年ぶりに全英トップ40入りしたのも納得です)。



▼SAXON『THUNDERBOLT』
(amazon:国内盤CD / 海外盤CD / MP3

投稿: 2018 03 09 12:00 午前 [2018年の作品, Saxon] | 固定リンク